『GUILD 01』 ―― 松野泰己らの挑戦

『GUILD 01』(レベルファイブ)「クリエイター・ゲーム紹介」映像

 

いつの間に日本ゲーム界を背負う立場になつた須田剛一は、イイ男だ。

そつちの趣味はないけど、みるたびドキッとする。

「葬儀屋→ヒューマン→バッタ屋」という経歴そのものがカッコイイ。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h36m18s157.jpg

 

人材集めに目がない日野晃博につかまり、3Dシューティングを作らされたらしい。

「本気度100%」とか吹いている。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h44m40s36.jpg

 

その『解放少女』。

百年後の未来。

新日本国大統領をつとめる、女子高生の大空翔子が主人公。

巨大ロボットで天を駆け、崩壊した祖国をとりもどす。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h37m49s145.jpg

 

すでにワケわからないし、どうせドンデン返しでさらに突き放すんでせう?

たのしみだなあ。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h49m19s201.jpg

 

こちらもステキな履歴書が書ける松野泰己。

二番目の会社がつまらないが……。

レベルファイブ入社の報せは、根づよい死亡説を打ち消した。

でもあいかわらず生気にとぼしく、無表情で、理路整然とまくしたてる。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h52m18s109.jpg

 

『GUILD 01』に収録される『クリムゾン シュラウド』は、

テーブルトークRPGを意識したアドヴェンチャーゲーム。

ころがる八面体と十面体のダイス。

こういうの今、ネットでなんて言うんだつけ?

「俺得」?

松野先生が仕切るTRPGセッションつて、どんなかな。

当然、ルールは自作。

世界設定をしるした分厚いノートを、事前に読まされそう。

想像するだけでウザいなあ。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h57m44s244.jpg

『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』(アトラス)

 

ディジタルゲームが、アナログ要素に注目しだしたのは、

おそらく『世界樹の迷宮』が端緒だろう。

タッチパネルでわざわざ地図を描かせる仕様は、古風なのに新鮮。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h58m25s203.jpg

 

そしてゲームブック風の、無愛想な言い回し。

つれなくされると喜ぶ、ゲーマーの悲しい性をくすぐる。

だがヴィデオゲームは、TRPGをまだ吸収できない。

MMORPGで、いくらか需要が満されたせいでもあるし、

実はTRPGは人気復調ぎみで、いくつか手にとり調べたが、

いまもヴィデオゲームから遠く、ライトノヴェルの周縁に位置する様だ。

溝はあまりに深い。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h53m54s0.jpg

 

あゝ、四面体ダイス!

天井のない、うつくしき佇まい。

六面体で代用可能な、半端な数字。

そもそも乱数なぞ、コンピュータで求めた方がはやいけど、

賽の目は、サイコロに書かれてはじめて、意味をもつ。

ボクらは疑似乱数に、命を賭けられない。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/vlcsnap-2011-10-18-10h50m24s231.jpg

 

精一杯のほほえみ。

いくら松野先生でも、コンピュータでコンピュータの限界は超えられない。

論理的にありえない。

「ちよつと手のこんだゲームブック」程度の仕上りになるのでは?

それでもゲームマスターの無謀な挑戦を、みとどけたい。

 

 

 

 


関連記事

テーマ : ニンテンドー3DS
ジャンル : ゲーム

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03