JFL 後期第2節 武蔵野-カマタマーレ讃岐

 

JFL 後期第2節 横河武蔵野FC-カマタマーレ讃岐

 

結果:0-1 (0-0)

得点:90+3分 李賢珍(イ・ヒョンジン)

会場:武蔵野市立武蔵野陸上競技場

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/015.jpg

 

見どころの多い対戦だとおもう。

カマタマーレ讃岐は前から関心があつたし。

町田ゼルビアから移籍した、飯塚亮や鈴木祐輔はがんばつてるかな、とか。

ディフェンダーに転向するも芽が出ず、

つれないサッカーの女神に翻弄される西野泰正とか。

ちなみに「カマタマーレ」という名称は、「釜玉うどん」からとつた。

しかし、うどんを崇拝する讃岐人にとり、

釜玉うどんは観光客むけの俗な品目なので、逆に反感をかつたらしい。

関東人からみて限りなく瑣末な問題だが、うどんへの純粋な愛はわかる。

 

 

 

 

 

でもね。

見どころも見る気になりません。

摂氏三十五度の炎天下では。

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/014.jpg

 

全国のファンのため、三鷹市のキッズチアチーム「クッキーズ」の写真をとつたが、

「子どもは夏でも元気だな」という以上の感想は出なかつた。

 

 

 

 

http://blog-imgs-34.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/017.jpg

 

フライパンの上の死闘。

一分ごとに体重を五十グラム失いつつ、釜玉うどんに食らいつく。

武蔵野は三勝一分七敗で、ふがいない成績だ。

それでもスタジアムの心がひとつに。

失点。

取りかえしはつかない。

焼けただれた芝に、青いユニフォームがあおむけに倒れる。

笛がなり、無風のフィールドを拍手がみたす。

あのハードワークはマネできない。

サッカー選手がはなつ気迫は、胸をゆすぶる。


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03