管仲の災害対策

『世界史年表・地図』(吉川弘文館)

 

 

 

『管子』は、春秋時代の斉の宰相・管仲の言行をしるした書物。

紀元前701年にその位についたというから、孔子よりずつと前の人。

王の桓公から、相談をもちかけられる。

 

「西部は水害で餓死者が出ているのに、東部は豊作で米の値段が安い。

うまく調整する方法はないか?」

管仲はこたえた。

「米価は実に十倍の開きがあります。

あたらしく徴税令をだし、米に換算して納入させませう。

米の安い東部の人民は十倍供出しなければなりません。

そして倉にあふれた米を、西部に払い下げるのです」

 

2700年まえに、この経済観念の開明ぶり。

支那はおそろしい。

 

 

 

管仲にとつては市場がすべてで、物価を抑えるため心をくだいた。

商業利潤が薄くなれば、人民は農業生産にいそしむ。

したがつて国家財政も安定する。

ちなみに当時は鉄器や役牛がひろまり、農業がハイテク産業だつた。

市況も留意すべき。

市場に贅沢品が出まわつているとき人心は浮ついており、

実用品が多いとき政治は落ちついている。

ときに当局は市場に介入。

まづ諸侯・大臣・上大夫に命じ、穀倉をつくらせる。

米価は三倍に高騰、相対的に諸物価は下がり、

大商人が打撃をうける一方、農民は莫大な利益をあげた。

独占禁止法などなくとも、公正な競争はたもてる。

 

 

 

無論管仲も、「物価は人為的に操作できない」とみとめる。

平素から他国の物産をあつめ、他国の人民をまねき、

いざというとき天下万民の心をつかめるよう備える。

周の天子に、封禅の儀式の費用を無心されたときのこと。

斉にそんなカネはないが、周室の権威は役にたつので、

管仲は智恵をしぼり金策を講ずる。

 

「長江と淮河にはさまれた地方で、めづらしい青茅がとれます。

ここを天子の直轄地としてください。

つぎに天子は諸侯に、青茅を祭壇の敷物とするよう命じます」

 

諸侯が周の専売品をわれ先に買いもとめ、価格は十倍にはねあがつた。

天下の富がながれこむ。

周室は七年ものあいだ、寄付をあおがずにすんだ。

ウォーレン・バフェットが政治家に転職したみたいで、不気味ですらある。

 

 

 

名宰相は、戦争も銭でカタをつける。

目の上のコブである魯梁を帰属させるため、手はじめに王に厚絹を着せる。

斉で厚絹ブームがおこり、特産地の魯梁は、農民まで織物をつくるありさま。

だが十三か月すぎて突然、斉は厚絹を禁じ、魯梁との交通を遮断。

敵国の人民は飢えくるしみ、税も収められない。

あわてた君主は、厚絹の生産をやめ農業に専心するよう命ずるが、

荒れはてた畑で効果があがるはずもない。

三年にして、魯梁の君は服せんことを請うた。

 

 

 

余命わづかとなつた管仲は、桓公に言いのこす。

 

長男を蒸し焼きにして献上した料理番の易牙、

すすんで去勢し後宮をおさめる豎刁などの四人を遠ざけてください。

わが子わが身を大切にしないものが、どうして主君につくせませう。

 

遺言どおり四人を追放したが、王は途方にくれる。

料理はまづいし、後宮の風紀も乱れるばかり。

「ああ、管仲でも間違うことがあるのか!」

四人は呼びもどされる。

一年後、かれらが叛乱をおこしたとき、

桓公は「管仲にあわす顔がない」と嘆き、白布で顔をおおつて死んだ。

 

 

 

この記事は、松本一男・訳『管子』(徳間書店)を参考にしました。


管子 (中国の思想)管子 (中国の思想)
(1996/09)
松本 一男

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03