前衛 ―― アジアカップ準決勝 韓国戦

 

AFCアジアカップ カタール2011 準決勝 日本-韓国

 

結果:2-2 (1-1)〈延長戦後〉 3-0〈PK戦〉

得点

【日本】36分 前田遼一 97分 細貝萌

【韓国】23分〈PK〉 奇誠庸(キ・ソンヨン) 120分 黄載元(ファン・ジェウォン)

会場:アル・ガラファ・スタジアム

[テレビ観戦]

 

 

 

120分の試合はおわり、PK戦がはじまつた。

悠然と本田圭佑が、ペナルティマークに歩をすすめる。

だが強気で鳴らす二十四歳の目は、わづかに泳いでいる。

 

 

ザッケローニ監督は、本田の名をリスト最上部にしるした。

ある意味で冷酷な措置だ。

 

 

背番号18の脳裏に焼きつく、20分前の悪夢。

彼はPKを失敗したばかり。

 

 

あのことは、考えるな。

いま、ここに、集中しろ。

もう真ん中には蹴れない。

隅をねらい、悪いイメージを振り払え。

 

 

当然、敵はそれを読んでいる。

甘いコースにうてば、止められる。

右上に、全力で突き刺せ。

その分、確率はさがるが。

五割くらいか?

オレが外せば、この試合は負ける。

だからどうした。

ほかに道はない。

 

 

拳銃は火をふき、カウボーイひとりが死体と化す。

 

 

卑屈な笑みをうかべる鄭成龍(チョン・ソンニョン)。

勝負は0.5秒できまつた。

 

 

 

 

 

キッカーの順序は、カタール戦の前に決めたもの。

ザッケローニにとつて、「戦術」ではなく「戦略」に属する事柄らしい。

その日の出来事には左右されない。

ビビつて失策をかさねる男なら、端から第一キッカーに選びはしない。

 

 

尖兵の剛愎さに度肝を抜かれ、終了間際に追いつき、

勢いづいていたはずの韓国は、PK戦で一点もとれなかつた。

 

 

 

この大会で代表チームから引退する、朴智星(パク・チソン)。

二十歳前後の三年を京都ですごした選手で、

両国の因縁の深さについて、誰よりもくわしい。

試合後すぐ日本側に歩みより、握手をもとめた。

サッカーの歴史は、あらたな章が書き始められるのだろう。


関連記事

テーマ : アジアカップ
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03