アウトレーテ

 

AFCアジアカップ2011 グループB 日本-ヨルダン

 

結果:1-1 (0-1)

得点

【日本】90+2分 吉田麻也

【ヨルダン】45分 ハサン

会場:カタールSCスタジアム

[テレビ観戦]

 

 

 

アジアカップの緒戦、わが日本代表は引き分けに終るが、

指揮をとつたアルベルト・ザッケローニの弁解に違和感をおぼえた。

オウンゴール、オウンゴールとくりかえすことに。

え、あれつて自殺点だつたの?

 

 

 

 

 

いつもは憎たらしいほど予知能力のたかい遠藤保仁は、

前半終了間際の疲れで判断がにぶつたか、ヒラリかわされる。

 

 

名はかわいらしいが、実は身長189cmの巨漢、吉田麻也の左足がのびる。

 

 

爪先が分岐器となり、列車は無事に目的地へ。

駅員の川島永嗣に見送られる。

 

 

くやしがる吉田。

しかし流れのなかの自然な反応にすぎず、彼を責めるものはいないはず。

 

 

裏方のオジサンもまじえて、礼拝がはじまる。

信心ぶかいのは結構だが、そこに神の介入などない。

たたえられるべきは、得点者ハサンの技術と、チームの粘りだ。

 

 

 

 

 

イタリア語で自殺点のことを「アウトレーテ」という。

このサイトで発音がきける。

彼らのカルチョ観にもとづくと、味方が爪先でチョンとさわれば、それは「アウトレーテ」。

 

ザッケローニ監督は「アウトレッテ(オウンゴール)」と言っていた。

イタリアの基準なら、間違いなくあれは吉田のオウンゴールという記録になる。

 

後藤健生

『J SPORTS』のコラム

 

あんなのは不運な事故だから、「失点」ぢやない!

エエカッコシイのイタリア人は、なにより無失点であることを優先し、

万が一ゴールネットをゆすぶられても、絶対にそれが失点だと認めない。

カルチョとは、わづか一点で勝敗がきまる苛酷な競技だが、

そのなかに世界各地の多様な価値観をふくんでいて、

恥をかくのを異常に嫌う、伊達男の美学なんてのもある。

しればしるほど、興味ぶかい。

 

 

 

 


関連記事

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03