コンプレックス ―― J2 第34節 東京ヴェルディ-ジェフ千葉

 

J2 第34節 東京ヴェルディ-ジェフユナイテッド千葉

 

結果:1-2 (1-0)

得点

【ヴェルディ】7分 平本一樹

【ジェフ】60分 アレックス 71分 佐藤勇人

会場:味の素スタジアム

[現地観戦]

 

 

 

新スポンサーをたづさえての出立を祝そうと、

東京ヴェルディは二万五千人を味スタにあつめた。

まえの試合の五倍以上にのぼる。

でも彼らは、ズルをしている。

ゴール裏の入場券を、緑色のTシャツと抱き合わせて半額にしたうえ、

普段は閉鎖しているバックスタンドに客を手引きした。

あぶなつかしい興行手法は、千葉からの来賓の財布を当てにしている。

対戦相手に倍の値段をふつかけるなんて、フェアぢやない。

さりながら。

なりふり構わぬケンカをすれば、だれでも弱みをさらす。

物見遊山の緑シャツの群れは、羊の様におとなしい。

十月に、レッズサポーターの小銭に依存するアルディージャが、

名ばかりの「ホームスタジアム」で敗れたのを思いだす。

サッカーにくわしくない読者にはチンプンカンプンだろうが、

勝負の綾が錯綜しているとわかつていただければ十分です。

 

 

 

結局、ものいわぬ羊に踏みつぶされる、秋田犬。

この日はメニーナと早稲田大学の試合を前にみたので、

中二の籾木結花や、高一の中里優の爪の垢を煎じて、

プロを自称するジェフの選手に飲ませたかつた。

江尻篤彦監督が手勢になにをさせたいのか、

五月にはじめて見たとき理解できなかつたが、半年たつても印象はかわらず。

その神髄をわかつているらしいのは、この世でひとり西部謙司だけで、

コイツはそういや前任者ミラーの太鼓持ちもつとめていた。

後藤健生以外のサッカー評論家は、全員無視すべきだなあ。

ボクが好きなのは、イヴィツァ・オシムであり、岩渕真奈であり、相馬直樹であり、

テキパキと綾とりをさばき、サッカーを簡潔な藝術にしたてる人々だ。

さすがに岩渕真奈と契約するのはむつかしいので、

来季は太田康介とともに、町田ゼルビアから相馬監督をまねきたい。

日曜の江尻監督は交代もはやかつたし、無能と断じるのは気の毒だが、

こんがらがつた糸の塊は、もうみたくないのだ!

 

 

 

 

 

ボクはにぶいので、帰宅後に報道でしつたけれど、

ヴェルディの選手の右腕には喪章がまかれていた。

前日に江尻監督の父である凱一氏が、静岡市の病院で亡くなつたから。

享年七十八。

死に顔だけみた息子は、通夜も告別式も欠席して指揮をつづけたらしい。

もつとも、ヴェルディによる敵将への心づかいには感謝するが、

ならば試合まえに告知もしてほしかつた。

すくなくともボクは、全然しらなかつた。

あらたな金主のゼビオ株式会社に配慮したのかな?

このあたりの匙加減は、きわめて微妙に意をもちいる必要がある。

ボクが主催者なら、なやんだだろう。

無論、人の死のおかげでジェフが勝つたなどと、

口が裂けてもいえないし、実際に勝負ごとはそう単純ではない。

でも、ひとつの義務をすてて、残るひとつの義務のため、

前線にたつ指揮官をみて奮い立たなければ、そいつは男ではない。

サッカーは語り尽くせぬほど複雑だが、その勝利は必然だつた。

ジェフユナイテッド千葉は弱く、いつもバタバタして悲しくなる。

それでもオレたちは、あきらめない。


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03