マッドリブ「スリムズ・リターン」

 

スリムズ・リターン

Slim's Return

 

マッドリブ(Madlib)のアルバム

『Shades of Blue: Madlib Invades Blue Note』収録曲

 

制作:アメリカ 二〇〇三年

 

 

 

「マッドリブ」ことオーティス・ジャクソン・ジュニアが、

ブルーノート・レーベルにまねかれ、六七十年代の素材を料理した作品。

動画が断トツにクールなので、まづはクリックしていただこう。

 

 

 

 

 

レコードバッグをかかえて、マッドリブ氏が街にくりだす。

犬の散歩をする美女とすれちがう。

 

 

当然ふりかえる。

 

 

実は彼女も、痩せつぽちの男を気にしていた。

都会のあらゆる出会いとおなじく、この二人もすれちがつたまま終る。

巷に運命など存在せず、ただ偶然だけが充満している。

レコード屋にお目当てのネタがあるかさえ、わからないのだから。

すれちがいを補正する様に、DJはレコードを逆回転させるが、

ノイズをまきちらすだけで、事態はなにもかわらない。

そして、ビートはつづく。

 

 

 

 

 

地下鉄にのるビート・コンダクタ。

風景になじみすぎだ。

これほどミュージックビデオ映えしないアーティストもめづらしい。

 

 

宝のありかに到着。

 

 

「BLUE NOTE」のコーナーをあさる。

ちなみにこの曲は、ピアニストのジーン・ハリスが、

六八年にブルーノートにふきこんだ録音を元ネタにする。

 

 

意気揚々と、戦利品をレジにさしだす。

こいつは大漁だぜ!

はやくウチにかえつて皿をまわしたいなあ。

 

 

 

 

 

レコ屋をでた途端、異変にきづいたマッドリブ。

なんだなんだ、LAがおかしいぞ。

 

 

街並が、ブルーノートのジャケットになつた。

でも音楽が好きなら、だれでも日常的に、

街できこえないはずの曲が耳にひびいている。

まあ、わるくない。

これはこれでクールだよな。

 

 

帰宅してすぐ、ターンテーブルにむかう。

名盤、珍盤、駄盤。

すりきれたヴァイナルが、数十年ぶりにビートを奏ではじめる。

そして、この街の鼓動も止むことはないだろう。





Shades of BlueShades of Blue
(2003/06/05)
Madlib

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03