隼人加織『スピード・オブ・サウンド』

画像はアルバム『Lindas』(平成二十一年)のブックレットから

 

スピード・オブ・サウンド

Speed of Sound

 

hayato kaori(隼人加織名義)のアルバム『pluma』収録曲

 

作詞・作曲:マーティン バックランド ベリーマン チャンピオン

制作:ビクターエンタテインメント 平成二十年

[コールドプレイの楽曲のカバー]

 

 

 

十月二十四日、土曜日。

ボクはふたりの女のあいだで引き裂かれた。

かたや西が丘のフィールドを駆ける、閃光の天使・岩渕真奈

もうひとりは、ブラジル人の母と日本人の父をもつ歌手「hayato kaori」。

タワーレコード新宿店でのイベントの参加券を入手していた。

女に天秤にかけられ、ゴミみたいに捨てられた経験は数あるが、

自分が女を比較衡量したことなどないから、頭をかかえた。

結局、はらわたが千切れる思いのまま、凍空のサッカー場にむかう。

しかし寒風ふきすさぶスタンドで、風邪がぶりかえし昏倒しかけ、

ブログ仲間のmiriさんを呆れさせる、みつともない結末となつた。

なぜ人は、体をひとつしか持てないのだろう?

 

 

 

 

 

海鳴りの様にどこか不穏なベース音を越えて、

ピアノが、葉脈をつたう朝露とおなじくらい繊細にきらめく。

さりげなく歌いだすカナリアの声は、ピアノよりも澄んでいる。

かすかに嫋やかさを匂わせながら。

速歩をはじめたベースによりそい、アクースティックギターもさざめく。

鍵盤の上の両手は、競いあう様にはげしくステップをふみ、

聞くものは否応なく、地球の真裏のカーニバルにいざなわれる。

水平線のかなたに飛ぶカナリアを追つて。

 

鳥は音速でとぶ

その幕開けをしらせるため

鳥は地底からきた

みれば信じられたろうに

 

And birds go flying at the speed of sound

To show you how it all began

Birds came flying from the underground

If you could see it then you'd understand

 

(訳は引用者による)

 

圧倒的なスピードで、地平線が水平線にとつてかわる。

一変する風景は、暴力的なまでにうつくしい。

 

 

 

よくしらないが、コールドプレイはイギリスを代表するバンドのひとつで、

『スピード・オブ・サウンド』も、かれらの代表曲のひとつらしい。

そんな名作を、富山うまれの当時二十三歳の女が、

独自の解釈で歌いこなすのが、摩訶不思議な現象におもえる。

特にサンバのリズムの陶酔は、原曲にもとめえない美点だ。

ひとつの体で、東京とロンドンとリオデジャネイロをつなぐ。

歌手ほど神秘的な生業はない。

 






プルーマプルーマ
(2008/03/26)
隼人加織

商品詳細を見る





今回が、ことし最後のエントリになるはずです。

内向的な人間が、内向きにつづるブログとはいえ、

平成二十一年はすこし円の半径がのびたかな。

miriさんをはじめとする、えがたい読者のみなさまに、

うつくしい歌声と、この拙文をささげます。


関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03