さよなら、ブリタニー

 

 

 

一月二十四日に、ブリタニー・マーフィ主演作品『ラーメンガール』をみて、

ボクの平成二十一年ははじまつた。

太平洋のかなたのあこがれの女優が、新宿のきたないラーメン屋で、

西田敏行にシゴかれる姿に目をうたがつた。

なんの天変地異の前ぶれかと、おそれおののいた。

そして年の瀬をむかえ、にゃもさんのブログ『Heart Attack』をのぞいたら、

「女優ブリタニー・マーフィさん亡くなる 32歳」という見出しがあつた。

にゃもさんが、ブリトニー・スピアーズの名をタイプミスしたなら良いのにと、

不謹慎な反応が、やにわに脳裏をよこぎる。

数秒後、ボクは現実をうけいれた。

ブリタニーは十二月二十日、心不全で命をおとした。

 

 

 

ボクがもつている数少ないDVDである、

『8 Mile』(カーティス・ハンソン監督/アメリカ・ドイツ/二〇〇二年)をみた。

つぶらな瞳のしたに隈をつくり、やさぐれて不健康なブリタニーがそこにいた。

うつくしかつた。

 

 

昼休み中の自動車工場の重機のかげで、愛しあう。

右の手のひらを、唾液で入念にぬらすブリタニー。

男のそれを湿らすために。

一秒でもはやく、うけいれたい。

せつかちすぎる愛。

でもこの一瞬をのがせば、つぎの機会はいつかわからない。

事実ふたりが体を重ねたのは、このときだけ。

 

 

はげしく動き、果てた男を、小馬鹿にする様にわらう。

その滑稽な一部始終がおかしくて。

でも、なんだかいとおしくて。

 

 

 

じり貧の田舎町から抜け出したい、ただその一念で、

ブリタニーがほかの男と寝たせいで、ふたりの関係はおわる。

あつけなく。

 

 

実質上の、別れの場面。

手のひらとニット帽ごしに、キスをおくる。

あのときみたいに、右手を口につけて。

たしかにそれは儚い出来事で、おたがいの顔も名前も、すぐに忘れるかもしれない。

でもわたしは、すくなくともあの瞬間は、本気だつた。

だれがなんと言おうと。

 

 

数時間後、MCバトルの大会で優勝した恋人は、群衆のなかにブリタニーをさがす。

そしてふたりは、出会つたときと同じ様に、挨拶がわりに中指をたてる。

涙なんて、わたしたちに似合わない。

 

 

 

さよなら、ブリタニー。

この時代にしか存在し得なかつた個性。

ボクが映画を見つづけるかぎり、キミのことは忘れない。


関連記事

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03