革命的映画 ― 『2012』

 

2012

 

出演:ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート

監督:ローランド・エメリッヒ

制作:アメリカ 二〇〇九年

[新宿ミラノ1で鑑賞]

 

 

 

ブログの企画で『ニューオーリンズ・トライアル』を取り上げたばかりで、

率直にいうと、ジョン・キューザックのパッとしない顔は見飽きている。

レイチェル・ヴァイスだつたら、何本でもつきあう覚悟はあるけれど。

五年前の『デイ・アフター・トゥモロー』で地球を氷河期におくりこんだ、

不謹慎な趣味をもつローランド・エメリッヒ監督の新作は、

またもや世界が破滅するSFパニック映画。

科学音痴のボクには理解できない理由で、地核やら地軸やらが異常をきたし、

地震、火山の噴火、津波が全人類を根絶やしにする。

新鮮な題材とはいえない。

ただ、つねに内心に裏がありそうなキューザックの芝居は、

百五十八回くらい死にかける物語でも、変に取り乱したりしないので、

観客も安心して、生き残るのが誰かという予測をたのしめる。

リムジンの運転手をして食い扶持をかせぐ、

売れない作家という役柄も、彼に合つていたかな。

 

 

 

 

 

太平洋にしづむロサンゼルス。

「この映画はCGが大迫力だから、ゼッタイ劇場で見たほうがイイ!」

なんて書く人がいるけれど、個人的には大きなお世話だ。

シロウトはだまつてろ、と言いたくなる。

どこかのオタクがコンピュータでいじくりまわした画像なんて、

所詮はただの電気信号にすぎないわけで、家でみれば十分。

たとえば、カメラのまえで鎬をけづる役者同士の熱気。

専門家が舌をまくほど調べつくした、脚本の真実味。

気のきいたセリフまわし。

ひとつのコマも無駄にしない、演出と編集のこだわり。

そして、そのすべてを劇場で共有した観客だけが知る感動。

それを体験したいから、ひとは凍空のもと映画館に足をむける。

ま、そんなボクも「大迫力のCG」を巨大なスクリーンでみたくて、

割引き目当てのいつものシネコンではなく、

定員千六十四名の「新宿ミラノ1」にいつたんですけどね!

津波にさらわれた空母ジョン・F・ケネディ(退役艦のはずだけど)が、

大統領ごとホワイトハウスをおしつぶす場面なんて、

口をあんぐりとしてしまいましたよ。

 

 

 

大災害を予知した各国政府は、どうにか四十万人の命だけでも救おうと、

馬鹿デカいノアの方舟をチベットの山中でつくりあげる。

でもね、これが実に腹の立つ話なのですよ!

極秘に売り出された搭乗券の値段は、なんと一枚が十億ユーロ。

(最新のレートでは、1ユーロ=132.27円)

つまり権力者と大金持ちしか船にのれない。

絶対にまちがつているけど、大いにありうる展開でもあり、

到底のせてもらえない境遇のボクは、主人公に肩入れせざるをえない。

この映画には政治がある。

噂によると、ジョン・キューザックは民主党支持を公言し、

政治的発言がおほい左寄りの役者として有名なのだとか。

また、エメリッヒ監督が公にしているのは、同性愛者であること。

 

 

五十四歳とはおもえぬ美男子ではあるけれど、

神経質そうで、「いかにも」という印象があるでせう?

本作は、米国大統領をふくめて黒人の配役がおほかつたり、

少数派に対するエメリッヒ氏の共感が胸にひびく。

それと同時に、自分の性的嗜好を認めることができないなら、

そんな社会は滅びてしまえという、鬱屈した情念も感じる。

ボクはたわいない話だと思いつつも、

『デイ・アフター・トゥモロー』が結構好きなのだが、

映画作家がかかえる破壊衝動を、直感で読みとつていたのかな。


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03