カヅホ『キルミーベイベー』

 

キルミーベイベー 第一巻

 

作者:カヅホ

発行:芳文社 平成二十一年

[まんがタイムKRコミックス]

 

 

 

里見英樹(よつばスタジオ)による、買う気にさせる装丁にだまされ、

ふらふらとレジにむかう。

「学校で人を殺してはいけません。」とか、帯のアオリも完璧。

帯をすてるにしのびなく、置き場所にこまる。

これは、「萌え四コマ」に分類される作品かな。

金髪ツインテールのソーニャ、黒髪のやすな。

キュートな女子高生ふたりの、ドタバタ学校生活をえがく。

異色なのは、ロシアむすめ(推定)のソーニャが、プロの殺し屋だってこと。

ひとが背後にたつと、反射的に攻撃するのはお約束。

そういや、映画『ニキータ』の主人公もスラブ系の名を称してたな。

荒唐無稽な設定も、ロシア人ならアリ。

なのかも。

 

 

 

 

ガラス瓶を、たやすく素手で切断するほどの戦闘力をもつソーニャだが、

動物とオバケが大の苦手。

恐れをしらないやすなに、散々もてあそばれる。

やすなは、おとなしそうな顔のわりに、

暴走気味のボケとツッコミで、殺し屋以上の破壊力。

右の四コマ目、壁にはりつくソーニャがかわいい。

絵柄は愛くるしいが、なかなかどうして活劇もいきがよい。

かぎられたコマのなかで、多彩なアクションをみせる。

 

 

 

 

授業中に何気なくはじまる、暗殺。

のはずなのだが、ギャグ漫画とはおそろしいもので、

おぞましい殺人が下ネタにひきずりおろされる。

教室は無法地帯に。

四コマ漫画の新趣向なんて、とっくに出つくしたとおもっていたが、

漫画家の想像力に限界はないらしい。

『キルミーベイベー』は、よっつのコマのなかで、

現実ばなれした殺陣と、美少女キャラの萌えを交配させ、

なれしたしんだ日常を転覆する過激作だ。





キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス)キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2009/01/27)
カヅホ

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03