デジタルとアナログの町 ― 『天使の眼、野獣の街』

カーフェイ

天使の眼、野獣の街
跟蹤/Eye In The Sky

出演:
徐子珊(ケイト・チョイ) 任達華(サイモン・ヤム) 粱家輝(レオン・カーファイ)
監督:游乃海(ヤウ・ナイホイ)
制作:香港 二〇〇七年
[シネマライズで鑑賞]



二階だての路面電車での追跡からはじまる、九十分の傑作。
煩雑なくらい、こまかいカットわり。
けたたましいエレクトロニカ系の音楽。
音量をまちがえたような町の騒音。
きづいたら、香港の雑踏のなかにいた。
ものがたりは簡素のきわみで、香港警察の監視班の面々が、
とぼしい手がかりをもとに、強盗団のあしどりをおう。
監視カメラの設置や、通信傍受が普及したため、
犯罪者は法執行機関の目をのがれようと水面下にひそむ。
野良犬のように町をうろつきながら、つぎの犯行計画をねる。
そして対抗する警察官も、一市民にまぎれて捜査をおこなうようしいられる。
主人公である暗号名「子豚」は、目標とすれちがうとき、
携帯電話ではなすふりをしながら顔を写真におさめ、
それをすぐに転送して分析させる。
デジタルとアナログがせめぎあうさまに、みるものも緊張する。
先端技術をあつかう警察ものとして、オレのしるかぎり最高の作品だ。



「子豚」ちゃんを演ずるのが、徐子珊(ケイト・チョイ)。

ケイト

本作がはじめての映画出演。
新人女優、なんと甘美なひびき。
ミス香港コンテストでの受賞という、素敵な肩書きのもちぬしだ。
無愛想でするどいまなざしが、印象にのこる。
そして、強盗団をひきいる「影のおとこ」を演じた、
粱家輝(レオン・カーファイ)がすばらしい。
髪をかっちり七三にわけ、一見成功した実業家にみえる。
しかし、おいつめられると凶暴性をあらわにし、
唐突にひとをあやめる。
狂犬のようなこわさ。
「影のおとこ」を尾行中、刺殺された警官をみつけたとき、
新人のケイトは狼狽し、任務を放棄する。
あまいといえばあまいが、全編をいろどるハードボイルドな苦味を、
ほどよくまろやかに中和していた。



警察ものだが、銃をぬく場面はのこり三十分をきってから。
遠距離からおさめる銃撃戦は、あざやかだ。

銃撃

しかし尾行が専門の監視班は、決して武器をつかわない。
ものがたりを、警察と強盗団の頭脳戦に煮つめるのがいさぎよい。
香港の景観は東京より雑然としているし、
陰気なくせに、看板などの色彩はどぎつい。
なのにフィルムばえするというか、きたないはずの町が、
なまなましい美をもって、銀幕にたちあがる。
旅ぎらいのオレでさえ、すぐれた香港映画をみると、
この特別行政区の空気と喧騒にふれたくなるから不思議だ。


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03