サーカスとワラジムシ ― ミシェル・オンフレ『哲学者、怒りに炎上す。』

ワラジムシ

哲学者、怒りに炎上す。
Traces de feu furieux: la philosophie féroce II

著者:ミシェル・オンフレ
訳者:嶋崎正樹
発行:河出書房新社 二〇〇八年


フランスで大学にはいるには、さきに統一国家試験をうける必要があり、
そこでえられる資格が「バカロレア」とよばれる。
国民の六割以上がこの資格をもっているらしい。
ことばのひびきはあまり頭がよさそうではないが、
実際にどんな問題がでるのか、
『A batons rompus』というサイトでしらべてみた。
どのコースも「哲学」から試験がはじまる。
まずは総合コース「文学系」。

1. 哲学(la philosophie)は諸科学(les sciences)についての
考察(une reflexion)をせずに済ますことができるか?
2. ある芸術作品(une oeuvre d'art)が美しいということを
他人に根拠を示して説得する(convaincre)ことができるか?


こういった問いに対して、四時間かけて論述をおこなう。
「科学系」の設問も楽ではない。

1. 人は何によってある出来事が歴史的であると認識するのか?
2. 人間の自由は労働の必要性によって制限されるか?


ニキビ面のガキの大言壮語をよまされる採点者に、同情してしまう。
それはともかく、この国で平均的な教育をうけた人間なら、
抽象的な哲学の議論を、だれでもこなすことができるという次第。
フランス人が傲岸不遜である理由のひとつだ。


『コルシカ』という雑誌に連載した時評をまとめた、
本書の著者である一九五九年うまれのミシェル・オンフレは、
そんな哲学ずきの国で活動する哲学者。
もともとは高校で哲学をおしえていたとか。
日本でも、「辛口コラムニスト」といった手合いはめずらしくないが、
デカルトをうんだ、栄光あるフランス哲学の俊英となると趣きがちがう。
無遠慮、単刀直入、見さかいなし。
全方位にむかってその難点を糾弾するので、
よんでいて心がやすまるひまがない。
矛先がむけられた対象をあげると、
精神分析医、内務大臣時代のサルコジ、カトリック教徒、
フェミニスト、ユダヤ人、アメリカ政府、消費者運動の活動家、
右の政治家、左の政治家、同業の哲学者、などなど。
あまりにも多方面を批判しているので、
この人の立ち位置がどこにあるのかわからないが、
なぜか通読していて安定した軸を感じる。
伝統あるサーカスできたえられた藝人ならではの、
あやうい綱わたり藝なのだろうか。
ほかにも、ジョイスの『ユリシーズ』は難解で意味不明と白状していて、
個人的にそういう正直な人は信用できる。
普通は頭がわるいとか、無教養とおもわれたくないし、
丸谷才一先生をおこらせたいともおもわないもの。


だれもが敬してとおざけるイスラムにも手きびしい。

イスラムについて、いつもながらの常套句の繰り返しをやめさせるには、
一度もコーランを通読したことのない人には
意見を言わせないようにする必要があると思う。
ひとたびその書を読めば、読者はそれぞれに、女性蔑視、ユダヤ人差別、
不寛容、暴力、好戦的な文言が繰り返されていることを知り、
正しい判断を下すことができるはず。
そうなってはじめて、僕たちは西欧の鼻先に突きつけられた
挑戦に対応できるようになる。
それはつまり、啓蒙を受け継ぐのか、
それとも野蛮な封建時代に戻るのか、という問いだ。


勇気ある発言だ。
そして、世間的な生活にまどわされる人間を「ワラジムシ」とよび、
「哲学的な生」をおくることを提唱する。
「ワラジムシ」は、おなじ種族の発する信号にしたがうだけで満足し、
いきるためにうごき、石のしたのほんの数平方センチの領土を支配し、
メスをしたがえ、交尾し、生殖し、種族をふやしてゆくだけ。
それに対し「ホモ・サピエンス」は、本能をわずかながら減じ、
文化をわずかばかりふやすことを目標に、梯子をいくつかよじのぼる。
さらに「哲学的な生」とは、おおくの場合、
世間から隔絶した別の世界で、きわめて孤独にすごすことを意味する。
綺麗ごとをいっているようにおもうし、
フランス野郎の舌先三寸にはのるものか、と警戒したくもなる。
ただ、俗世間のできごとと同時進行でかかれた本書をよんでいると、
陳腐な造語や専門用語をしきつめた哲学書よりも、
「哲学的な生」についてふかく考えさせられる。


哲学者、怒りに炎上す。哲学者、怒りに炎上す。
(2008/08/23)
ミシェル オンフレ

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03