わがままジュリエット ― ハルミチヒロ『恋をするのが仕事です。』

ロミオ

恋をするのが仕事です。

作者:ハルミチヒロ
掲載誌:竹書房『ビタマン』(2007年6月号~)


一巻表紙でほほえむヒロイン「沢村みのり」の、
さわやかなたたずまいにひかれて読みはじめたが、
なぜかそれ以来心にひっかかっている作品。
『ビタマン』はコンビニのアダルトコーナーによくおかれている雑誌で、
本作でも毎話律儀にセックスの場面がえがかれているけれど、
雑誌にも単行本にも「成年向け」のマークはついていない。
つまり正統派とエロのあいだのグレーゾーンで、
こうるさい検閲者の目をぬすみながらの商売だ。
わるくいえばどっちつかず。
男性読者の性欲処理への奉仕を義務づけられながら、
地下で暗躍するエロマンガ家たちのように、
過激な実験をためすこともできない。
でもそんな生ぬるい現場だからこそ、
類型にあてはまらない新風がふくこともあるのでは。


『恋をするのが仕事です。』の第一話は、同棲中の亮とみのりが、
新入社員として初出社するところからはじまる。
この設定は掟やぶりだ。
物語がはじまる時点で、すでにながい同居生活を経験しており、
これ以上たがいの恋愛感情がたかまる隙がないのだから。
のちに亮を誘惑する同僚があらわれ、
トライアングルができそうになるのだが、
まじめかつ鈍感な主人公は結局恋人ひとすじ。
物語はふたりの会社生活を中心にすすんでゆく。
のほほんとしているのに腹黒い「笑里先輩」、
新入社員組で一番の美人なのに無鉄砲な「相馬さん」など、
同僚たちもみな個性的で、会社コメディとしても中身がこい。

みのり
ヒロインの「沢村みのり」

こちらも性格はまじめで仕事熱心。
二巻の後半では、亮にちょっとした嘘をつかれてケンカになるが、
いうべきことを相手につたえたあとは、必要以上にキレることもなく、
関係修復を優先するような分別のもちぬし。
ボクたちのとなりにいてもおかしくないような、かしこくて常識的な女の子。
姿かたちがよすぎるという点に目をつぶれば、だけど。
それとなく流行をとりいれた衣装もはなやかで、
女流作家(おそらく)ならではの現実味があってたのしめる。
あまりにクセがなさすぎて、地味ともいえるけれど。


「萌え」とよばれたりする、ある種の文化のそばに位置する本作だが、
その内容を真摯によみくらべれば、
いわゆるオタク文化と正反対の方向をめざしていることがわかる。
アニメ・マンガ・ゲームなどにおける「萌え」は、
大抵のばあい男性がいだく、比較的よわい立場におかれる、
低年齢の女(おおくは少女)に対する性的衝動をよりどころにしている。
要するに、「女をオモチャにしたい」という感情。
しかし、いうまでもなくわがヒロイン・みのりは、
主人公がおもいどおりにあしらえる人間ではない。
過去と未来を、そして日常生活の瑣末なあれこれを共有する相手。
別にフェミニストを気どってるわけじゃないですよ。
特異な「萌え文化」に、
創作者、または鑑賞者として参加する女はたくさんいるし、
それを否定するつもりもない。
ただ、オレはありきたりのファンタジーがきらいなのだ。
自分はどちらかといえば助平なほうだとおもうが、
だからといって三百六十五日二十四時間、
性欲を優先させて生きているわけじゃない。
現実に他人をオモチャにすることなどできないし、
かりにできたとしても、それは時間と金と労力のムダで、
オモチャ屋がつくったオモチャを買ったほうがマシだとおもう。
そういう意味で本作の亮とみのりが、
「玩具」企業につとめているのが皮肉に感じられておもしろい。


「萌え」という名のセックスの楽園ではなく、
現実世界に足をつけたなかよしカップルの関係は、
職業上の都合で危機をむかえる。
実はふたりがそれぞれ職をえた会社は、
かつて企業スパイの問題をおこした宿敵で、
社員同士の交際は全面禁止、バレたらクビというきびしさ。
さらには亮が、
はからずもみのりの会社の情報を同僚にもらしたせいで、
いうにいえない袋小路にはまってしまう。
反目する組織の抗争によってひきさかれる、わかい恋人たち。
これは現代の『ロミオとジュリエット』だ。
モンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットは、
家族の反対をふりきってひそかに結婚式をあげる。
ふたりの愛が両家の抗争をおわらせることをねがって。
まあ『恋をするのが仕事です。』が、シェイクスピアの名作のように、
主役ふたりのいたましい自殺で幕をとじることはないだろうが、
今後どんな展開をみせるのか興味ぶかい。
なんにせよ、エリザベス朝時代の観客と同様に、
マンガの読者の要求もワガママきわまりない。
それでも、エロや美少女といった毎月のノルマをそつなくこなしながら、
紋切り型からはずれたさわやかな物語を、さりげなく提示するハルミに、
好調なラブコメ作家ならではのしたたかさを感じる。


恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
(2008/01/17)
ハルミ チヒロ

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03