内臓とミカン ― 宮崎市定『大唐帝国』

橘

大唐帝国 中国の中世

著者:宮崎市定
(1988年/中公文庫)
[元版:1968年/河出書房新社]


三国、西晋、五胡十六国、南北朝、隋、唐、五代十国…。
七百年におよぶ支那の中世をかけぬける一冊。
特に五胡十六国のくだりを読むのが苦痛だった。
五つの民族が十六の国をつくったから五胡十六国なわけだが、
漢字ばっかりの国名を目で追うだけで気がくるいそうになります。
万世一系の国にうまれてよかったと心からおもいました。
支那の子どもは歴史の授業をさぞかしきらっていることだろう。
しかも千円もするこの文庫本を買ったあとで、
すでにこの本を所有していたことに気づいた。
自分の家のなかですらこんな調子ですから、
歴史の知識などほとんど頭にはいりません。
まあ読んでおもしろければそれでよいのです。


宮崎市定ならではの流麗な文体でつづられた通史だが、
出来はそれほどよいとおもえない。
元版発表当時の「時代区分論争」に逸脱することがおおく、
ヨーロッパとの類似を指摘するのに労力をつかいすぎている。

かくして、中国中世は仏教の時代となった。
それはあたかもヨーロッパ中世がキリスト教の時代であったのと軌を一にする。


かなり無理があるだろう。
そもそも支那の歴史がなぜヨーロッパとおなじ軌道をはしらねばならないのか。
宮崎の属していた京都学派は、東大系の唯物史観に対抗し、
内藤湖南以来の時代区分法に固執した。
しかし全世界の歴史をひとつの理論で説明せんとする
野望はマルクスのそれとかわらない。
戦後の本家ヨーロッパでは中世の歴史観が再検討されていたのだが、
宮崎といえども時代の子、当時猛威をふるった
マルクス主義の悪影響はおおきかったようだ。
学者という生きものはとかく群れをつくりたがり、
そのなかできずかれた「理論」に目をくらまされて、
ありのままの現実がみえなくなる傾向がある。


西晋末期、永嘉の乱で支那文化発祥の地である黄河流域一帯は、
史上はじめて異民族によって征服されてしまう。
後世の支那人が史を読んでここにいたると、
みな痛憤やるかたないおもいにとらわれるらしい。
清初の儒者・顧炎武は『日知録』のなかでその原因を論じている。
学問がまず堕落して、それにつづいて天下が混乱におちいり、
異民族が横行し、支那人もその文化も泥まみれにされたのだ、と。
この極端な学問重視がいかにも支那らしくてよいですね。
「中世」の天子たちは絶大な権力をその手ににぎりながら、
「永遠の生」という人間の最終的な弱点をつかれて、
あやしげな薬をのんでかえって死期をはやめた。
ほんとうに不老長生の薬があるのなら、
ながい歴史のあいだには幾人かの実例があって、
いまの世まで生きながらえてみせてくれたはずだ。
しかしおろかな帝王たちは、実験を信ずるよりも道教という「理論」を信仰した。
童男童女の肝をもちいれば不老長生の薬がつくれますとささやかれ、
「なるほど、オレの権力があれば純なる物質が入手できるのか」と誘惑にまけ、
変な麻薬だかホルモン剤だかで体をこわす。


ところかわって、となりの島国のはなし。
ヤマトタケルのおじいさん、垂仁天皇は不老不死の薬といわれた
橘をとってくるよう田道間守(タヂマモリ)を常世の国につかわす。
田道間守は十年かかって橘のなる木をたずさえて帰国したが、
そのときすでに天皇は崩御されていた。
嘆きかなしみながら死んだ間守を人はあわれんで、
かれのなきがらを天皇陵の濠にほうむったとか。
伝説ではあるけれど、おなじ不老不死でもわが国の場合、
随分とあわれでせつない逸話になっている。
儒学よりもマルクス主義よりもナントカ理論よりも、
うつくしい物語の方に魅力を感じるのはオレだけだろうか。
すくなくとも、少女の内臓を食らうより趣味がよいですよね。


大唐帝国―中国の中世 (中公文庫)大唐帝国―中国の中世 (中公文庫)
(1988/09)
宮崎 市定

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03