アシュラガールズの日本文化論 ― Perfume『ポリリズム』

阿修羅

ポリリズム

Perfumeのシングル曲
作詞・作曲・編曲:中田ヤスタカ
(2007年/徳間ジャパンコミュニケーションズ)


七十年代はじめの「日本語ロック論争」ってご存知ですか?
黎明期の日本のロックは英語でうたわれるものが主流で、
「日本語はロックのリズムにのらない」が定説だった。
内田裕也などのミュージシャン、中村とうようなどの評論家によって、
はっぴいえんどに代表される「日本語ロック」が糾弾された。
この手の論争は何度もむしかえされる宿命にあり、
たとえば最近では「日本語でラップは可能か」など、
愚にもつかない議論でエネルギーが無駄についやされている。
外国の音楽は現地語でうたうのが一番適しているのはあたりまえで、
論争においては洋楽純粋主義者がつねにただしい。
だがしかし、いうまでもないことだが、
どの論戦においても日本語が最終的に勝利した。
ロックであろうと、ヒップホップであろうと、「日本語」はペロリと胃袋におさめる。
抵抗は無益だ。


Perfumeの楽曲を制作する中田ヤスタカ(以下ystk)は、
松本隆や桑田佳祐が苦心してつくりあげた
日本語ポップスの秘術を自家薬籠中のものとしている。
音楽の才能があって、わかくして成功して、見た目もよくて、
しかも言葉を魔法のように自由につかいこなせるのだから、
正直嫉妬せずにはいられない。
かれのつむぐ言葉はメロディやトラックと微妙にひびきあい、
わかい娘の繊細な恋愛感情を丁寧にえがきだしながら、
ときに絶妙な言葉あそびをまじえて聞くものをニヤリとさせる。

あの日の思い出 もう離さないで
やっと縮められた キミとの距離は
まだ元通り じゃないしスローリー
心の氷 溶かせたらいいね

"Twinkle Snow Powdery Snow"

はやいテンポの曲なので、語呂あわせが耳にここちよい。
スローリーなかしゆかの歌いかたもかわいらしい。
"I still"→「あいしてる」 (パーフェクトスター・パーフェクトスタイル)
"see new world"→「死ぬよ」 (edge)
のように、ystkは空耳系のもじりも得意だ。


で、ようやく『ポリリズム』の話なのだけど、
この曲の歌詞の職人藝がまたあざやかだ。

ほんの少しの 僕の気持ちが
キミに伝わる そう信じてる
とても大事な キミの想いは
無駄にならない 世界は廻る
ほんの少しの 僕の気持ちも
巡り巡るよ


NHKと公共広告機構によるCMへの起用をうけてかかれた曲で、
恋愛と環境保護のメッセージが重ねあわされている。
恋人どうしの愛と、環境をまもろうという愛は根がおなじだと。
本当かどうかしらないが、曲として提示されているから説得力がある。
そして『ポリリズム』という曲名は、間奏でもちいられている複合リズムと、
ポリ容器の「ポリ」の語呂あわせだ。
この着想はやはり斬新だとしかいいようがない。


『ポリリズム』にかぎらず、Perfumeの楽曲はどれも平仄が独特だ。
全体的に言葉数が多めで、しばしば不自然なリズムを歌い手にしいている。
難解な技巧をさりげなく聞かせるPefumeもエライのだけれど。
とくにのっちはリズムをキープする能力がたかく、
日本語として聞きとれるかどうかギリギリの線までくずしてうたう。
たとえば"love the world"では、

きっと、ひ~とりでな・や・ん・で 教え、て~くれて、いんだよ

てな具合。
ショートカットのリズム天使は、テクノの軽快なリズムにノリながら、
女の子らしい情感をたっぷりと言葉にまぶしている。
あ~ちゃんはどちらかといえば優等生的な歌い手で、
かしゆかは舌たらずでかすかに拍子におくれぎみ。
そして、この三位一体が不思議な歌の空間をつくりだす。
のっちの才能も非凡なのだけれど、
どんなリズムでもノせてしまう日本語の力もおそろしいというか。
支那でもポルトガルでもイギリスの言語でも、
ロックでもテクノでもヒップホップのリズムでもノッてしまう。
とりあえず、その場その場でカッコよければええんじゃけー。
のんべんだらりと抑揚にとぼしいリズムレス言語だからなのか。
それとも高度かつ難解な韻律をもったポリリズム言語なのか。



Zepp Tokyoでのライブ

さらにこの動画。
MC大将軍あ~ちゃんが観客をあおりにあおり、
一気に『エレクトロワールド』~『ポリリズム』となだれこむ。
七分十秒からの「ポリループ」での熱狂の渦がすさまじい。
三度にわたって絶叫にちかい歓声があがる。
たかが間奏なのに…。
Pefumeの動画もいろいろ見てるからちょっとやそっとじゃおどろかないが、
これにはさすがに鳥肌がたったよ。
インド舞踊のような振りつけがおもしろい。
まるで三面六臂の阿修羅像をみるかのようだ。
「ポリループ」にはいるまえの殺気だった面もち、
天竺風のクールな無表情、ループ後のさわやかな笑顔。
みっつの顔をコロコロとかえながら、三人娘はうたいおどる。
とくにかしゆかのポーカーフェイスはどこの菩薩さまかとおもってしまうよ。
てなわけで、ポリリズム文化の国のポリアイドルは、
人界をかるがると飛びこえてしまいそうだから底がしれない。
『ポリリズム』は本当に桁はずれの名曲だ!


ポリリズムポリリズム
(2007/09/12)
Perfume

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03