「攻めない」というリスクを負ったオジェック

忘れない内に土曜日にTV観戦した試合についても書いておこう
横浜対浦和だ
またも戦術面をふりかえりたい

フォーメーションは「3-5-2」同士の対戦だ
正確に言うと3-4-1-2
この組み合わせだと、前線でも中盤でも守備側が一枚余る
これだとボール回しを楽しめないことが多い
もちろん両サイドは1対1の闘いだから、そこが見所だとも言える
しかしそんなのは机上の空論だ!
WBが裏を取られたら一気にゴールラインまでえぐられるわけで、誰もそんなリスクは犯せない
たいていのWBは常に自分の後ろのスペースのことを気にしながらプレーする
監督や味方選手に怒られてまでオーバーラップしたくはないのだ

土曜の試合では、小宮山対平川、田中対相馬の対決が見られた
総じてほぼ互角ではあったが、横浜の方がやや押していたと言える(特に横浜右サイドの田中)
結果もそれを反映したものになった
(小宮山のゴールで横浜勝利だが、ロニーが出場停止をくらう)
負傷欠場のアレックスがいれば展開は違ったかもしれない
戦術的に見るべきところはほとんどなかったが、
本職ではない山瀬と松田を中盤の底に並べた横浜の方が面白味が感じられた
なかなかオシャレな配置だし、山瀬の適応力にも感心させられる

浦和のトップ下は山田で、ほとんど機能しなかった
浦和の背番号6を過小評価するつもりはないが、彼がボールを持っても攻撃は活性化しない
梅崎を起用した方が面白かったのではないか?

開幕戦だというのに昨日の浦和には変化が感じられなかった
俺はオジェックがひたすらリスクを嫌うサッカーでACLを制したのは高く評価している
だが何年もそれを続けられても困ってしまう
高原だってDFが一枚あまってれば止められる
相馬や平川が相手なら逆に押し込むことだってできる
驚きや意外性のないサッカーでは停滞し、いずれ追い抜かれる
オジェックが攻撃のオプションをどう増やすのか注目していきたい

FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03