一心同体! 韓国併合

伊藤博文と皇太子李垠(1908年)

 

 

1909年10月26日、韓国統監だった伊藤博文が銃殺された。

韓国併合に慎重だった伊藤とゆう重石がはづれても、政府は冷静さをたもつ。

しかし翌年5月、寺内正毅陸軍大臣が第3代統監を兼任するにいたり、

併合計画は前進しはじめる。

 

本稿のネタ本は、新城道彦『朝鮮王公族 帝国日本の準皇族』(中公新書)。

 

 

 

 

日本は大韓帝国皇室を、「王公族」として帝国内へ編入したが、

これを東アジア的な「冊封体制」とみるのは間違い(「冊す」と「冊封」の混同)

もともと日本が提示した尊称は「大公(グランドデューク)」であり、

韓国側が、伝統的で単に響きのいい王称をのぞんだ。

 

王冊立の席次でも、東西に座をもうけ「君臣の関係」を回避、

「対等な合意」を演出することで李王を懐柔する。

 

日本にとり前近代の礼観念など無価値だった。

条約締結権をもつ皇族におとなしくサインさせ、

西欧列強がケチをつけられない形で植民地をえれば満足。

 

 

大韓帝国時代の漢城。左奥は独立門(1905年ごろ)

 

 

地図の上朝鮮国にくろぐろと墨をぬりつゝ秋風を聴く

 

石川啄木はそう詠み、夜郎自大な近代日本を呪った。

大学生だった芦田均は「朝鮮人が可哀相だ」と書きしるす。

まあ知識人はなんでも批判したがるもの。

 

朝鮮では暴動もおきず平穏だった。

圧政にくるしんでいた民衆は、朝鮮王朝に同情などしない。

 

相手の顔をたてつつ実利をとる。

実は日本外交も、やればできる子らしい。

 

 

外遊中の李垠一行

 

 

皇太子裕仁につづいて1927年、李垠夫妻はヨーロッパ外遊にでる。

行程もほぼおなじ。

旅先で李垠は、裕仁と同格の「大日本帝国のプリンス」を名乗った。

御附の篠田治策もそれを訂正しない。

 

戦間期のアジアはおおらかだった。




朝鮮王公族―帝国日本の準皇族 (中公新書)朝鮮王公族―帝国日本の準皇族 (中公新書)
(2015/03/24)
新城道彦

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

旅順虐殺事件 近代日本の縮図

亀井茲明「敵屍を旅順口北方郊野に埋葬するの状況」

 

 

「旅順」といえば日露戦争より、日清戦争。

1894年11月に日本軍は、そこで大勢の捕虜や民間人を虐殺した。

第2軍司令部もみとめた事実だ。

大谷正『日清戦争』(中公新書)を手がかりに、ことの次第をさぐろう。

 

虐殺の原因のひとつは「報復」とかんがえられる。

清軍による残虐行為に、下級指揮官・下士官・兵は怒っていた。

ありがちな話だ。

問題は上級指揮官がそれを抑えず、むしろ煽ったこと。

 

ニュースは欧米世界へまたたく間にひろまる。

文明国として認識されたいなら、日本は責任をとれと袋叩きに。

伊藤博文首相や陸奥宗光外相は、慌てるばかりで無為無策。

軍部を調査し処分する能力はない。

それどころか虐殺の事実自体、欧米メディアを通じ知った。

 

 

 

 

そもそも無謀な作戦だった。

第2軍の兵力は、守備側のおよそ2倍程度。

北方を牽制しつつ、堅固な要塞を攻撃するには小所帯すぎる。

 

 

パンチ誌の風刺画

 

 

「日露にくらべ日清は楽勝」みたいなイメージは捨てるべき。

参加人数は日露戦争の3割強、規模は意外とおおきい。

清軍は鋳造鋼鉄製の野砲と山砲や、ドイツ製の新型の連発銃など装備し、

日本より装備がすぐれていたのも知っておきたい。

 

なにせ清は大国、人材も豊富だ。

李鴻章の部下である馬建中は、フランス留学し国際法にくわしく、

朝鮮に介入する際、外交面の洗練ぶりで日本に差をつけた。

 

 

浅井忠「戦争後の旅順市街」(1895年)

 

 

福澤諭吉は日清戦争を讃美した。

「文明国」が「野蛮国」と戦うのは当然と、献金などで積極的に協力する。

 

開戦時の陸相だった大山巌は、国際法遵守に意慾的。

法律顧問を従軍させ、その知識を活用したが無意味だった。

 

兵士が敵を憎むのはあたりまえ。

だがもし味方が敵を無差別に殺したら、自分たちで裁かなくてはならない。

不愉快な仕事だが、そのため指揮官は存在する。

軍隊に必要なのは学者でなく、覚悟だ。

 

 

陸奥宗光

 

 

陸奥宗光が開戦をのぞんだのは、

条約改正交渉での不手際への批判を躱すためだったらしい。

ひどい話だ。

 

イギリスとロシアの制止を無視したので、強国からの支援がなく孤立。

戦勝後は、軍部や輿論の度をこした領土獲得慾求に翻弄される。

事前に予想された三国干渉への対応も拙劣。

朝鮮をおさえるための戦争だったのに、閔妃殺害事件やらなにやらで、

反日親露派政権が誕生するとゆう最悪の結果をまねいた。

 

慎重な明治天皇は「朕の戦争に非ず、大臣の戦争なり」と不快感をしめす。

途中で気がかわり、広島の大本営で健気に応援団長をつとめたけど。

なんとも幼稚な「文明国」だ。

 

 

『2001年宇宙の旅』(イギリス・アメリカ映画/1968年)

 

 

僕は日本に、世界で尊敬される国になってほしい。

でも「武器をもって昂奮し、暴れまわる猿」とゆう、

鏡にうつった姿から目をそむけてるうちはダメだろうな。




日清戦争 (中公新書)日清戦争 (中公新書)
(2014/06/24)
大谷正

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

白峰旬『新解釈 関ヶ原合戦の真実』

 

 

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い

 

著者:白峰旬

発行:宮帯出版社 2014年

 

 

 

関ヶ原合戦でドラマチックな裏切りをしたとされる赤座直保と朽木元綱は、

そもそも出陣していなかったかもしれない。

偵察で貢献した黒装束の久保島孫兵衛にいたっては、架空の人物なのは確実。

 

著者は「天下分け目の戦い」から小説的な脚色をとりのぞく。

 

 

参謀本部編纂『日本戦史 関原役』

 

 

各時代の歴史書の引用元をさかのぼると、江戸時代の軍記物などにゆきつく。

そりゃあ、面白おかしくなるわけだ。

特に参謀本部が編纂した『日本戦史』の布陣図は、

その権威ゆえ後世にフィクションと事実を混同させた。

 

鈴木眞哉の「遠戦主義」も本書で批判される。

「天下人中心史観」をくつがえす、平山優(例1/2らの研究にちかい立場だ。

戦国時代の問い直しは、戦術レベルから列島レベルの議論にすすんでいる。

 

 

 

 

小早川秀秋は開戦と同時に裏切り、石田三成方は瞬時に敗北した。

これが本書のテーゼ。

史実はあっけなくつまらないので、スリリングなストーリーがでっち上げられた。

 

徳川家康が、福島正則や山内一豊らをあつめた「小山評定」は、

いかにも大河ドラマ的な名場面だが、これもウソらしい。

 

 

家康が遣わしたとされる「問鉄砲」隊

 

 

家康が小早川隊にぶっ放した「問鉄砲」は、江戸中期の創作。

天保期に、幕府の奥儒者・成島司直が正史『徳川実記』に収録したことで、

決定的な影響力をもった。

神君家康公の智謀をたたえるイデオロギーにすぎない。

 

 

内府ちかひの条々

 

 

合戦当時、家康は指揮権を剥奪されていた。

「上杉討伐」を名目に諸大名を動員しようとしたが不発。

結局のところ関ヶ原は、豊臣家の内ゲバだった。

 

戦後、大阪城西の丸をうけとったのは福島ら豊臣系武将。

本丸には豊臣秀頼が健在だった。

ちっとも天下の分け目になってない。

 

戦乱に便乗した家康は勝利者の末席に名をつらね、

主筋の豊臣家が没落したのをこれ幸いと、天下人にとってかわった。

姑息な手をつかわないと、ホトトギスは鳴きはしない。




新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い
(2014/10/10)
白峰旬

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

林信吾『超入門『資本論』 マルクスという生き方』

43歳のカール・マルクス

 

 

超入門『資本論』 マルクスという生き方

 

著者:林信吾

発行:新人物往来社 2010年

レーベル:新人物文庫

 

 

 

カール・マルクスは文献を渉猟し、ドイツの無神論哲学、フランスの社会主義思想、

イギリスの経済学を融合させ、独自の世界観をつくりあげた。

24歳で『ライン新聞』の編集長として職歴がはじまるが、本質的には学者で、

際限なく書物にかじりつく調査癖はジャーナリストに不向きだった。

 

 

『新ライン新聞』編集室内のマルクスやエンゲルスら

 

 

そんな実務能力皆無の男を、フリードリヒ・エンゲルスが政治活動へひきこむ。

エンゲルス自身は理論家でありつつ、工場経営者としても成功していた。

途轍もない軍事オタクで、その知識量はマルクスさえ驚かせた。

革命戦争を指揮する準備だったと言われるが、単なるマニアかもしれない。

 

 

オールダムの労働者たち(1900年)

 

 

1847年当時、世界最大の「ドイツ人労働者組織」はロンドンにあった。

手工業の職人たちは外国で腕をみがくことが多い。

産業革命がヨーロッパの社会構造をはげしく撹拌するなか、

マルクスは「労働者は祖国をもたない」と『共産党宣言』でぶちあげる。

 

1848年、フランスで二月革命勃発。

仏在住のドイツ人亡命者は革命を「輸出」すべく、故国へ進撃をはじめる。

費用をまかなったのはフランス臨時革命政府。

厄介払いしたかったからとも言われる。

マルクスは、ドイツでのブルジョワ革命は時期尚早と反対した。

 

市民軍は、ライン川を渡河した直後にプロイセン正規軍と遭遇し、あっさり潰走。

普政府はスパイをもぐりこませ動向をつかんでいたらしい。

 

1848年革命の影響はおおきく、普通選挙運動などがひろまってゆく。

「選挙を通じた社会改革」へながれる活動家もでてきた。

共産主義組織は分裂し弱体化。

 

 

普仏戦争で進軍するプロイセン軍

 

 

マルクスの人生をおもうと、国家は強力な枠組みだと身にしみる。

プロイセン政府は幾度も官憲をロンドンへ密偵としておくり、

マルクス一家の生活ぶりをつぶさに報告、いまや貴重な資料となっている。

 

一連の市民革命は国民国家成立の引き金となり、労働者は愛国心の権化に。

祖国あってこその労働者だった。

歴史は理論をなぞる様にすすまない。

 

 

美人の誉れたかかった妻ジェニー(1830年代)

 

 

ロンドンでの生活は悲惨だった。

コートを質にだして外出できないとか、借金しないと娘の葬式をあげられないとか。

カネがないのではなく、むしろ贅沢に暮らしていた。

いかに散財しようと、どこかで金蔓をみつける才能がマルクスにあった。

 

 

『資本論』初版のタイトルページ(1867年)

 

 

 

最後の仕事が『資本論』執筆。

「経済恐慌がプロレタリア革命の呼び水になる」ことを理論づけようとし、

身をけづり傾倒したが未完のままおわる。

ロシアの農業史をしらべるため一からロシア語を勉強する、とゆう調子だから無理もない。

病気がちとなり会議や集会のおおくを缺席、晩年は革命を指導できなかった。

 

第3巻の草稿では「価格変動」について説明をこころみており、

商品価値が需要と供給の関係できまることも理解してたらしい。

なら「剰余価値」を説く1巻と矛盾が生じるが、未完だからこれも仕方ない。

 

マルクスの時代は産業革命がはじまって半世紀、まだ資本主義の黎明期。

「株式会社」とゆう形態すら一般的でなかった。

21世紀を生きるお前らが資本主義を理解できないでどうするかと、

かれの著作と人生は後学を叱咤激励しつづける。




マルクスという生き方 (新人物往来社文庫)マルクスという生き方 (新人物往来社文庫)
(2010/12/08)
林信吾

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

門松秀樹『明治維新と幕臣』

神崎かるな/黒神遊夜『武装少女マキャヴェリズム』(角川コミックス・エース)

 

 

明治維新と幕臣 「ノンキャリア」の底力

 

著者:門松秀樹

発行:中央公論新社 2014年

レーベル:中公新書

 

 

 

江戸期の江戸で、武士はなにをしていたろう?

 

すくなくともテレビ時代劇みたいに、探偵ごっこに明け暮れたりしない。

30名以下しかいない町廻りの同心で、100万都市の治安維持なんて無理。

彼らの職務は行政官(または司法官)のそれだった。

言いかえれば「ホワイトカラー」で、ゆえに体制転覆後も重宝された。

 

 

第二次長州征討における幕府軍(越後高田藩兵)行進の様子

 

 

風雲急をつげる幕末、政権の運営方針の転換がこころみられる。

阿部正弘は「安政の改革」で、譜代大名と旗本を中核とする枠組みを、

親藩・外様の有力大名や朝廷から、はては町人・農民までひろげ、

輿論をおもんじる挙国一致体制へ変革した。

 

また、徳川慶喜が西周につたえた新国家構想は、

三権分立や中央集権をとりいれるモダンなものだった。

 

 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(アニメ映画/2012年)

 

 

幕府の歩兵隊は、日本随一の洋式兵力。

海軍にいたっては他を圧倒する。

それでも薩長に負けたのは、司令官がヘボだったから。

 

福澤諭吉ら「明六社」系の知識人も、もとは幕府が登用した人材。

 

 

孝明天皇

 

 

孝明天皇は、たびかさなる攘夷決行要求でおそれられたが、

幕府による統治は支持し、倒幕の意図などさらさらない。

 

なにせ皇室は「禁裏御料」3万石を幕府に依存しており、

もし徳川家と手をきれば、たちどころに機能停止するのが目にみえている。

 

 

『エンジェル・ウォーズ』(アメリカ映画/2011年)

 

 

だが権力慾に毒された西郷隆盛らは、おこす必要のない乱をおこす。

江戸に無頼漢を多数おくりこみ、強盗や放火などで撹乱、

幕臣を挑発し戊辰戦争を勃発せしめた。

 

 

サンフランシスコでの大久保利通

 

 

問題は、薩長土肥の田舎侍が、都道府県レヴェルの統治経験しかもたないこと。

ゆえに、ほぼ無傷でのこる行政機構をひきつぐしかない。

財政担当官まで旧幕臣に委ねるダラシなさに、大久保利通も苦言を呈している。

 

 

「築地梁山泊」の面々

 

 

たしかに明治維新とよばれるクーデタのあと、日本は駆け足で近代化する。

度量衡の統一や鉄道施設などの政策の音頭をとったのが「改正掛」で、

その中心が渋沢栄一や前島密など、またも旧幕臣。

 

看板をかえる以外のことを、薩長がしたのかどうか。

 

 

神崎かるな/黒神遊夜『竹刀短し恋せよ乙女』(角川コミックス・エース)

 

 

幕臣のしられざる有能さについておしえられた良書だが、

サムライが二君にまみえる不忠は、理解できるがスッキリしない。

口では立派な能書きをたれるくせ、実は食うので精一杯、

そんなホワイトカラーのかなしさは今も昔もおなじ。




明治維新と幕臣 - 「ノンキャリア」の底力 (中公新書)明治維新と幕臣 - 「ノンキャリア」の底力 (中公新書)
(2014/11/21)
門松秀樹

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03