松阪『大奥より愛をこめて』

 

 

大奥より愛をこめて

 

作者:松阪

掲載誌:『まんがタイムオリジナル』(芳文社)2018年-

単行本:まんがタイムコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

第11代将軍・家斉時代の大奥を舞台とする、歴史もの4コマである。

金髪碧眼の「蒔乃」が新しい女中としてやって来るのが、物語の始まり。

 

 

 

 

さっそく蒔乃は新人イビリの洗礼をうける。

有名な「裸踊り」である。

実在を疑われてはいるが、捨てがたいエピソードだろう。

 

 

 

 

御台所(正妻)の「寧姫」は、引きこもりのコミュ障として描かれる。

家斉とは幼なじみの関係だが、結婚後も実事はなく、

側室が懐妊したという知らせを聞いて気落ちしてしまう。

 

お付きの女中が気を利かせて人生ゲームで遊ぶが、むしろ逆効果に。

 

 

 

 

大奥ならではの華やかさを、ワイド4コマ形式で演出する。

僕のお気にいりは、眉が特徴的な寧姫の部下。

武家の女らしい凛とした言動がいい。

 

 

 

 

漁色家の家斉に仕える以上、身分の低い蒔乃も「お手つき」になりうる。

しかし本人は故郷に想い人がおり、床入りには否定的。

本作は、将軍家の血統維持を目的とする機関において、

いかに純情でありつづけられるかというテーマがある。

 

 

 

 

寛政の改革で知られる松平定信が、大奥を敵視する悪役として登場。

将軍などは、幕政を司るための単なる道具とみなし、

家斉と寧姫の幼なじみの恋を踏みにじる。

やたらと家斉が女に手を出したのは、寧姫を守るためだった。

 

たしかに幕府主導の婚姻政策は、安定した統治に有効だったが、

大奥での浪費が財政を圧迫したのもまた事実。

功罪半ばであり、そこに歴史ものとしてのドラマが生まれる余地がある。





テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 

赤城あさひと『少年、ちょっとサボってこ?』

 

 

少年、ちょっとサボってこ?

 

作者:赤城あさひと

配信サイト:『コミックDAYS』(講談社)2019年-

単行本:モーニングKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

少年の通学路には、ガス会社の小さな事務所があった。

そこには、派手な色のショートカットのOLが勤めており、

コンビニのスイーツを食べたりして、しょっちゅう仕事をサボっていた。

少年が通りかかると、お姉さんはいつもちょっかいを出してくる。

 

 

 

 

『ちおちゃんの通学路』の向こうを張った、通学路コメディである。

ちなみに作者はワニマガジン社から成人向けの単行本を出している。

親指に伝わる弾力の描写は、あちらの分野で磨いた職人藝だろう。

 

 

 

 

露出控えめのエロスを、本作は追求している。

デニムの皺、シートの反発、臀部の量感。

モノクロームのハーモニーを奏でる。

 

 

 

 

少年の周りには、だらしない女が集まりやすいらしく、

母親も家事をすべて息子に任せるほどの強者だったりする。

でもかわいい。

 

 

 

 

お姉さんがマジメな少年に、息抜きの大切さをおしえるストーリーだ。

それ以上のテーマは特に読み取れない。

とはいえ他に誰もいない事務所で、コーヒーを飲みながら、

ふたりきりで見る夕日のうつくしさは、ちょっと感動するかもしれない。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

米田和佐『だんちがい』8巻

 

 

だんちがい

 

作者:米田和佐

掲載誌:『まんが4コマぱれっと』(一迅社)2011年-

単行本:4コマKINGSぱれっとコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

長期連載中の本作に、これまでで最大の変化が生じた。

それは最近の流行りである「ワイド4コマ」形式の導入。

きららに代表される、起承転結やオチのない4コマ、

4コマである必然性のない4コマが一世を風靡するなかで、

だったらコマを大きくし、普通の漫画っぽく見せようとする動きだ。

 

出版社としては、ネタあたりのページ数を稼げるメリットがあるし、

読者もスマートフォン風のアスペクト比に親しみを感じるかもしれない。

 

 

 

 

拡張された視野で、三女・羽月が躍動する。

豊かな表情、予測不能な行動。

いざとなったら羽月頼り、みたいなところが本作にはある。

 

 

 

 

とはいえ次女・弥生も、ワイド4コマの恩恵をうけている。

雨粒が落ちてきたときの反応をアップで描写したり。

 

 

 

 

好きと言ってほしいのか、ほしくないのか。

いや勿論言ってほしいに決まってるけど、どれくらい強く望んでるのか。

ツンデレはワイドコマが似合う。

 

ちょっとした移り変わりはあっても、四姉妹はいつだって可愛く、

本作のエバーグリーンな魅力は輝きを増してゆくのだった。





テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  米田和佐 

まの瀬『顔がこの世に向いてない。』

 

 

顔がこの世に向いてない。

 

作者:まの瀬

配信サイト:『少年ジャンプ+』(集英社)2019年-

単行本:ジャンプコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

人気者の「北見」に告白された、自他ともに認めるブスの「野宮」が、

ネガティブすぎる性格ゆえ、ひたすら迷惑がり逃げまくる4コマ漫画。

 

 

 

 

作者はやたら80年代推しだ。

たとえばこの引用部分だけで4つのネタを見て取れる(『愛は勝つ』は90年)

世代的に僕は解るし、面白がれるが、だからこそ一層謎な作家と思う。

 

 

 

 

グレッグ・イーガンとかSF小説ネタも満載。

なぜかサブカル界隈ってハードSF好きが多い印象。

BLとか現代オタクネタも、独特の間合いで料理する。

 

 

 

 

本作を読んでいると、わたモテやポプテピなど、

最近のサブカル系ギャグ漫画との類似にあれこれ気づく。

でも一番近いと思うのは、阿部共実かな。

思春期の女の子の生き様を、まるごと抉り取ろうとする迫力において。

 

 

 

 

漠然とした不安を感じさせる空虚さ。

でも儚いからこそJKはJKで、ゆえにJKはすべてだ。

そして僕たちは、無限ループする宇宙消失を目撃しつづける。





テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 

板倉梓『泉さんは未亡人ですし…』

 

 

泉さんは未亡人ですし…

 

作者:板倉梓

発行:竹書房 2019年

レーベル:バンブーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

医学生の「肇」が下宿先を訪れると、話とちがってその家は、

若くうつくしい未亡人「透子」のひとり住まいだった。

ちなみに物語の舞台は昭和初期。

情報が正確に伝わらないこともあるだろう。

 

高橋留美子のファンだと公言する作者が、

『めぞん一刻』にオマージュを捧げてるのは、冒頭からビシビシ伝わる。

 

 

 

 

なにかと世間の目のうるさい時代だ。

透子は家に男子学生を置けないと拒否し、肇もそれを受けいれる。

ただ野宿させるのは不憫なので、一晩だけ泊まらせることにした。

 

しかしその夜。

夫を事故で失って以来、不眠に悩んでいた透子は、

ぼうっとした頭で、勝手に肇と添い寝してしまう。

 

 

 

 

翌朝、透子は肇に部屋を貸すと決めた。

ただし条件は、毎晩添い寝させてもらうこと。

自分がぐっすり眠るために。

 

肇が適当に口走った「女に興味がない」という発言を真に受けるなど、

透子の天然な言動も本作の見どころ。

 

 

 

 

透子は普段は看護婦として働いている。

肇とケンカして不機嫌なとき、顔は笑ってるけど内心は怒っていて、

無意識に患者に八つ当たりするシーンとか可愛い。

 

響子さんは 嫉妬深くてメンドくさい女ですね 笑

でもすごく内面が丁寧にリアルに描かれてて

時々 あーわかるよ響子さん て思ったり…

結局あたしも含め女はメンドくさい生き物ってことか 笑

 

作者ブログから引用

 

数々の忘れがたいヒロインを送り出してきた板倉梓だが、

今回はあの音無響子と渡り合おうとし、ある程度成功している。

 

 

 

 

本作は膨大な資料でリアリティを追求する、典型的な時代物ではない。

とはいえ浅草の夜景をバックに、しっとりした場面も描かれる。

 

幼い頃から

浅草界隈をはじめ銀座や神田や上野や新宿を

祖父たちと歩いた思い出は

大人になったら東京に住むんだ~と思わせるに

十分な動機になったと自覚してます

 

作者ブログから引用

 

頭でっかちになりそうでならないのが、板倉作品の美点だ。

 

 

 

 

舞台が戦前なのは、大家さんが未亡人でどうちゃらこうちゃらに、

2010年代の貞操観念を適用しても、ちっとも面白くないからだろう。

小津安二郎の映画みたく、日本人の心のうつくしさを描きたかったのでは。

 

しかし板倉ヒロインは、原節子とはちがう。

いろいろ参照してるけど、彼女らは板倉ヒロイン以外の何者でもない。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03