鍵空とみやき『ハッピーシュガーライフ』5巻

 

 

ハッピーシュガーライフ

 

作者:鍵空とみやき

掲載誌:『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)2015年-

単行本:ガンガンコミックスJOKER

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

焦らしプレイがやや鼻についたこの百合サスペンスは、

5巻に入っていよいよ話がうごきだす。

直接的な暴力が牙をむく。

 

 

 

 

さとうは、しおとの愛の巣をまもりたい。

狭まる包囲網を逆に利用し、局面の打開をはかる。

 

 

 

 

幼女に幻想をいだく三星に対し、脱ぎたてのしおの靴下を投げつける。

ほのかにただようミルクの匂いが変態的。

 

 

 

 

人間は欲求に駆られる、ただの動物にすぎない。

餌付けすれば、たやすくコントロールできる。

 

 

 

 

だがさとうの世界観は、ドライなだけではない。

因果関係で説明できない、ピュアな愛情を信じている。

さとうが恋愛論を熱く語る第20話は、本作のハイライトのひとつ。

 

 

 

 

ほとんど台詞なしで描かれる第23話。

しょうこはさとうを理解しようとするが、それは不可能なミッションだった。

悲劇は必然だった。

 

 

 

 

『ハッピーシュガーライフ』は緻密で論理的な作品だが、

不意に恋情と暴力が炸裂し、理性を崩壊させる。

こんなカタルシスをあたえる作品は、ほかに見当たらない。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

中山敦支『うらたろう』3巻

 

 

うらたろう

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

『うらたろう』第15話は温泉回。

現代サブカルチャーのハイライトである。

でも中山敦支の場合、エロくならない。

異端だが、健全な作家だ。

 

 

 

 

主人公一行は、目的地である黄泉比良坂へひとっ飛び。

離陸の仕方が少年漫画的でおもしろい。

 

 

 

 

たのしい空の旅は、鬼である「金熊童子」に妨碍される。

『トラウマイスタ』4巻を髣髴させる急展開。

 

 

 

 

ちよの家族がいる六波羅京は、妖怪によって滅ぼされていた。

廃墟と化した世界と言えばトラウマイスタ5巻だが、こちらの方がすさまじいイメージ。

 

 

 

 

苛酷な環境で男女がまっすぐな感情をぶつけあうのは、『ねじまきカギュー』の反響。

独自解釈をとりいれた和風の世界観は、『こまみたま』

 

 

 

 

死と隣り合わせの旅のなかで、ちよは成長してゆく。

『アストラルエンジン』のロランドみたく崇高なうつくしさ。

 

 

 

 

僕は『うらたろう』2巻に脱帽し、1巻へくだした低評価を猛省したが、

3巻はまたとっちらかった内容になっている。

それでもファンなので、ナカヤマらしさの欠片をいくらでも見つけられる。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 

いちかわ壱『ねーちゃんはぼくが守るっ』

 

 

ねーちゃんはぼくが守るっ

 

作者:いちかわ壱

掲載誌:『まんがホーム』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

急に同居生活をはじめた「家族」をえがく物語。

12歳の「真矢」と5歳の「真人」は、母が病気のため実家へやってきた。

母の弟、つまり叔父である「晴一」に出迎えられるが、初対面なので気まづい。

 

 

 

 

真矢は年のわりに落ち着いており、慣れない田舎でも平然としている。

もっと子供らしく大人に甘えていいと晴一がアドバイスすると、

ためこんでいた感情が一気にあふれだす。

 

えらそうに家族面しないで。

ここは私の家じゃない。

すぐ都会へもどって、ママと一緒に暮らすんだから。

 

 

 

 

やさしさが反発を招くこともある。

憤慨した真矢は家をとびだすが、田舎の夜の暗さにおびえて足が止まる。

 

思春期女子の繊細さが丹念にえがかれる。

 

 

 

 

ある朝真矢が目覚めたら、知らない人が勝手に居間に上がっていて仰天。

都会ではありえない。

「山育ち」と作者がカバー袖で語るだけあり、田舎あるあるも面白い。

 

 

 

 

作者はほかにBL系の単行本が4冊ある。

「恋愛メインでない漫画を描くのは初めて」と後書きにあり、

たしかに全体的に淡白で、運動会など見せ場の描写が物足りない。

 

それはともかく、瑞々しいヒロインが成長してゆくさまに心惹かれる。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

弐瓶勉『人形の国』

 

 

人形の国

 

作者:弐瓶勉

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2017年-

単行本:シリウスKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

本作の舞台は、一面雪におおわれた人工天体。

かつて「漆黒」が弐瓶勉のトレードマークだったが、

『シドニアの騎士』の途中から絵が白くなり、本作で極限に達する。

 

 

 

 

主人公は、ゴスロリ風の服を着た少女が軍隊に追われるところに遭遇。

よくわからないメモリや銃弾をわたされる。

世界の命運がかかるほど重大な物らしい。

 

人間のあいだの軍事衝突とゆうテーマは、弐瓶作品ではめづらしい様だ。

 

 

 

 

本作のおたのしみは、サイボーグ同士のバトル。

「鎧」を身にまとい、特殊能力でたたかう。

 

陰鬱な世界観を、強烈な銃撃一発で顛覆させるカタルシスが作者の持ち味だが、

本作は特撮ヒーロー的な描写が中心で意外性あり。

 

 

 

 

ただし拷問シーンなど、作者らしい非情さは健在。

すり潰される様に人間が死んでゆく。

 

 

 

 

シドニアで人気だったおしっこネタが本作でも。

殺伐とした物語ゆえ、しみじみとしたおかしさがある。

 

 

 

 

全体的にミリタリー色が濃いのも特徴。

銃器の描写もそうだが、たがいのリソースをすこしづつ削り合う、

人間同士の駆け引きが読みどころとなっている。

 

 

 

 

シドニア以降の好調を維持しつつ、さらに作風をひろげた、

SF好きなら無視できない作品にちがいない。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 近未来 

火事屋『わたしと先生の幻獣診療録』

 

 

わたしと先生の幻獣診療録

 

作者:火事屋

掲載誌:『月刊コミックガーデン』(マッグガーデン)2016年-

単行本:ブレイドコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

主人公である小柄な少女「ツィスカ」は、獣医師の見習い。

ただ世界観はファンタジーなので、

ドラゴンやサラマンダーなど幻獣を治療の対象とする。

ツィスカも微弱ながら魔法をつかえる。

 

 

 

 

獣医ものとして結構本格的で、手術シーンも緊迫感あり。

ツィスカは光の魔法でサポート。

前髪をピンで留めてるのが可愛い。

 

 

 

 

丁寧な作画のおかげで、読者は雰囲気にひたれる。

なにげない市場での売り込みがストーリーの伏線になってたり。

 

 

 

 

ツィスカが師事する「ニコ」とのやりとりがたのしい。

麻酔のため取り出した麻薬をみて、妙な心配をするツィスカ。

 

 

 

 

最高なのは4話。

謎の新薬を自分の体でためしたツィスカにあらわれる効果とは?

おかしくて、いじらしくて、たまらない。

 

 

 

 

愛くるしいヒロイン、ファンタジックな設定、命をすくう努力をえがくストーリー。

それらが結びついた各エピソードは鮮烈な感動をあたえる。

 

 

 

 

傷ついた幻獣を癒やすため、日夜がんばる少女。

応援せずにいられない。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03