やまむらはじめ『姫ヤドリ』

 

 

姫ヤドリ

 

作者:やまむらはじめ

掲載誌:『月刊サンデーGX』(小学館)2017年‐

単行本:サンデーGXコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

1970年代のハンガリーなどを舞台とする物語である。

国を追われた姫君である三姉妹の、魔法を駆使しながらの逃亡劇をえがく。

 

 

 

 

年代物の銃や車が多数登場する。

マニアにはたまらないのではないか。

銃撃と魔法をくみあわせたアクションも見ごたえあり。

 

 

 

 

冷戦期の東欧とゆう、われわれ一般読者になじみの薄い舞台をえらんだのは、

「現代のお姫さま」を描きたいからだろう。

 

 

 

 

冷酷なロシア美女など、おいしいキャラクターも出てくる。

よくしらべた内容を、ベテラン作家らしい説得力で表現している。

 

 

 

 

1巻時点でのストーリーは、目的が「安全をもとめての逃亡」なのか、

それとも「復讐のための帰還」なのかよくわからない。

国際規模の陰謀がからむので、ひろげた風呂敷をたたむのが大変そう。

 

ただ、独特の繊細でやわらかい筆致でえがかれる、

三人のお姫さまがイチャイチャする様子は、とても魅力的だ。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

土屋計『鉄刻の清掃員さん』

 

 

鉄刻の清掃員さん

 

作者:土屋計

掲載誌:『月刊コミックガーデン』(マッグガーデン)2017年‐

単行本:マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ

[ためし読みはこちら

 

 

 

他人の時間を売りさばく「ブローカー」が暗躍し、混乱におちいった世界で、

それと戦う「清掃員」を描くダークファンタジーである。

 

 

 

 

このテの話の常として、世界観はやや難解。

ただ黒々としたヴィジュアルの魅力はつたわるだろう。

 

 

 

 

インタビューによると、作画はフルアナログらしい。

たしかにアクションの生々しさがちがう気がする。

 

 

 

 

清掃員たちは高校などでも仕事をする。

若ければ若いほど時間の値打ちは高い。

リスクを軽視し、大金を手にした生徒もいる。

 

 

 

 

幼い子供の命は「神の時間」とよばれ、特別な価値をもつ。

愛する兄のため禁を犯した「まひろ」のエピソードは痛切。

 

 

 

 

インクがたっぷり染みこんだ紙面の迫力。

漫画らしい漫画だ。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  

くろは『有害指定同級生』

 

 

有害指定同級生

 

作者:くろは

掲載誌:『ジャンプスクエア』(集英社)2017年‐

単行本:ジャンプコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

右側の、性欲をもてあましている高校2年の「都城玲華」が、

三つ編みでマジメな同級生「八橋みやこ」を翻弄するギャグ漫画。

作者のトレードマークであるあざらしも活躍する。

 

 

 

 

セックスに興味がありすぎる都城は、いろいろすっ飛ばして売春へ走ろうとする。

さすがに無視できず、みやこは延々とつづく猥談に引きずり込まれる。

 

 

 

 

ツッコミの鋭さが、作者の特徴だろう。

「類語辞典かお前は」なんて冴えたセリフ、なかなか思いつかない。

 

殺伐となりがちな会話を、あざらしで中和するバランス感覚も健在。

 

 

 

 

フリーダムな言動についてゆくには、教養がもとめられる。

もともとゲームネタを得意とするくろはだが、

「オープンワールド」など用語がアップデートされている。

 

 

 

 

藝術あつかいされる江戸時代の春画は、現代ならエロ漫画みたいなものだから、

自分は「未来の藝術」を読んでいるのだと、都城は正当化をはかる。

 

下ネタ連発でも、ところどころ知性でピン留めするので、下品にならない。

 

 

 

 

基本的に教室での会話劇であり、作品全体をつらぬくプロットはない。

とはいえ、ふたりが心をかよわせる百合要素は存在する。

 

 

 

 

悪ノリしすぎた都城が、みやこを深刻に傷つけてしまうシーン。

 

いわゆる萌え文化は、それにどっぷり漬かってる僕が言うのもなんだが、

「性的搾取」とゆう負の側面があるのは否定できない。

実際のところ、楽しけりゃいいってものじゃない。

そして、いかにも世間をナメてる風でありながら、

くろはは表現の暴力性に自覚的で、作風は一本筋がとおっている。

 

グダグダトークとゆう持ち味を、部活もののフォーマットへ落とし込んだ、

『帰宅部活動記録』の完成度には劣るかもしれないが、本作も魅力的だ。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

多治見尚哉『お姉さんは無精者』

 

 

お姉さんは無精者

 

作者:多治見尚哉

掲載サイト:『マガポケ』(講談社)2017年‐

単行本:講談社コミックス 月刊少年マガジン

[ためし読みはこちら

 

 

 

ちょっとエッチな家庭教師もの。

主人公の「正義(せいぎ)」は、いとこの「みゆき」と10年ぶりに再会。

正義は中1だが、小学校低学年に見えるので、

親戚なのに年齢を忘れてるみゆきは妙に無防備。

 

 

 

 

丈の長いTシャツの下に短パンを穿いてると、みゆきは言う。

しかしローアングルから見たら穿いてなかった。

 

ズボラなお姉さんと、むっつり中学生のコメディである。

 

 

 

 

正義は、大学生であるみゆきに勉強を教わることに。

ただし年齢についての勘違いは正さない。

異性として意識されたら、役得がなくなるから。

 

みゆきは二回めから短パンを穿くが、これはこれでエロい。

 

 

 

 

狭い部屋での会話劇がたのしい。

正義の幼なじみ「夏菜」は潔癖な性格で、みゆきが売春婦ではないかと疑う。

みゆきは適当な発言で火に油を注ぐ。

 

 

 

 

こちらはみゆきの妹である「茜」。

姉とちがってしっかり者。

第11話で明かされる幼少期のエピソードは笑える。

山犬との交流とか。

 

 

 

 

会話劇の見どころを紹介するのは結構むつかしい。

一方で、女の子の描き分けの巧さは伝わったのではないか。

みゆきもポニテでノースリーブだと、だいぶ雰囲気変わる。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  

須藤佑実『みやこ美人夜話』

 

 

みやこ美人夜話

 

作者:須藤佑実

発行:祥伝社 2018年

レーベル:フィールコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

謎めいた和装の美女「ミヤコ」を狂言回しにすえた、

京都を舞台とするオムニバスである。

いわゆる作者買いだが、今回も満足させられた。

 

 

 

 

第2話だけは、時代設定が1950年代。

お座敷遊びが好きな映画女優と、不器用な舞妓の交流をえがく。

高峰秀子あたりをモデルにした様な、きっぷのよさが印象的だ。

 

 

 

 

須藤佑実は昭和の女も描けるし、現代の女も描ける。

お団子ヘアでバカっぽい「美咲」のグダグダトークとかたのしい。

 

 

 

 

蓄膿症と診断された美咲は、急遽手術することに。

入院先で白衣の天使と出会う。

スカートのナース服なんて古風だが、実はこの服装が伏線だったりする。

 

 

 

 

ノスタルジックだけどベタベタしない、稀有な作風。

表情、しぐさ、ファッションへのこだわり。

「短篇の名手」「珠玉の短篇集」などと形容されるだろうけど、

また『流寓の姉弟』の様な長篇も読みたい。





テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 須藤佑実 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03