樋口陽一/小林節『「憲法改正」の真実』

『甲鉄城のカバネリ』(テレビアニメ/2016年)

 

 

「憲法改正」の真実

 

著者:樋口陽一 小林節

発行:集英社 2016年

レーベル:集英社新書

[特設サイトはこちら

 

 

 

2009年の衆議院選挙で、自由民主党は弱体化した。

勉強熱心な叩き上げの議員が落選し、世襲議員ばかりが残った。

舛添要一などは見切りをつけて離党した。

 

自民党の法務族は世襲議員が多い。

憲法なんて利権が絡まないから、強い地盤をもつ連中の趣味でやっている。

三世四世議員は、旧体制の支配層の子孫だ。

たとえば安倍晋三の祖父・岸信介は、ファシズム期の文官の最高責任者。

ゆえに彼らはファシズム期の10年を憧憬し、戦後を否定する。

私怨にもとづいてるから本気だ。

日本国憲法への憎悪が、彼らのアイデンティティなのだ。

 

 

 

 

学校教育では明治憲法を批判し、日本国憲法を賞讃する。

しかしその評価はバランスを缺いていると、樋口陽一はのべる。

 

明治憲法は、19世紀後半の基準でみれば立派だった。

「ビリケンさん」にまつわるトリビア(p37)、「神聖」とゆう文言の意味(p59)、

民衆の憲法運動(p75)、伊藤博文の議論(p83)などの例を挙げ、

上から下まで一丸となり近代国家建設にとりくんだ努力を、本書はおしえる。

 

つまりファシズム期の10年が異常なだけ。

 

 

 

 

憲法テロリストは法と道徳を区別できないので、

改憲草案で「家族を尊重せよ」などと謳い上げる。

これでは一人暮らしや離婚の自由がなくなる。

すくなくとも憲法で保證されなくなる。

なにしろ草案では「個人」の概念が消滅してるのだ!

 

「伝統」や「和」といったタワゴトは、明治憲法に出てこない。

似たものを探すなら、ナチスに従属したフランスのヴィシー政権だ。

 

 

 

 

大日本帝国は滅亡したが、上の方はほとんど入れ替わってない。

安倍晋三がその證明である。

学校教育で立憲主義を教えないのも、ファシズム期の名残りだ。

 

ではなぜ、財界などから憲法テロへの批判がおきないのか。

 

小林:新自由主義によって人々が分断され、

安定した社会基盤が壊されていくなかで、

スローガンとしては愛国だの、家族だの、

美しい国土だのを謳いあげて、社会の綻びを隠そうということですね。

 

憲法テロリストは無知だが、無知を装ってる側面もある。

全身全霊で叩き潰さねば日本は終わりだ。






テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

エドワード・ルトワック『中国4.0 暴発する中国帝国』

『ラブライブ!』(テレビアニメ/2013年)

 

 

中国(チャイナ)4.0 暴発する中華帝国

 

著者:エドワード・ルトワック

訳者:奥山真司

発行:文藝春秋 2016年

レーベル:文春新書

[ためし読みはこちら

 

 

 

ロシアには「戦略文化」があると著者は言う。

戦争をすれば必ず勝つ。

ドイツが必ず負けるのと対照的に。

 

戦略文化とは、言葉の重さだ。

それがない国、たとえば中国の習近平の言葉は軽い。

「尖閣は中国領」だと宣言しても、その実現のためになにもしない。

プーチンだったらとっくに占領してる。

 

 

野田サトル『ゴールデンカムイ』(ヤングジャンプコミックス)

 

 

ではなぜロシアは日露戦争で、日本を打ち負かせなかったのか。

「シーパワー(海の軍事力)」で優っていても、

その上位概念である「海洋パワー(maritime power)」を理解しなかったから。

 

「海洋パワー」は、他国との関係性からもたらされるもの。

日本の同盟国イギリスは、当時世界中の港を支配しており、

妨碍されたバルチック艦隊は、日本海に到達するころには疲弊しきっていた。

 

 

 

 

筆者の「大国は小国に勝てない」説の補足が必要だろう。

例としては日露戦争・冬戦争・ベトナム戦争などがあげられる。

大国が小国を脅かせば、ほかの大国がその小国を支援する。

パラドクシカルだが、これが歴史の論理だ。

 

 

 

 

中国はロシアの資源をもとめており、そのための力を蓄えている。

いづれロシアは日米の側につき、中国に対するバランシングをおこなう。

日本はロシア嫌いのアメリカの顔色をうかがいつつ、手を差しのばすのが正解。

 

とるべき戦略は、「受動的な封じ込め政策」。

こちらからはなにも仕掛けず、ひたすら八方美人としてふるまう。

当てにならないアメリカと馴れ合いの関係をつづけつつ、

テーブルの下でロシアの手を握り、夜郎自大な中国に愛想をふりまく。

 

ブチ切れて第二の真珠湾攻撃をおこせば、また国を滅ぼすから。






テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

親米左翼とゆう視座

『干物妹!うまるちゃん』第10話(テレビアニメ/2015年)

 

 

2015年4月に発表された日米防衛の「新ガイドライン」で、

日本政府は作為的翻訳をおこなっている。

たとえば、supplementを「補足する」でなく「補完する(本来はcomplement)」と、

mayを「してもよい」でなく「できる(本来はcan)」と訳した。

誤訳や意訳などではない。

米軍が日本防衛に加わる印象を強めるためのトリックだ。

 

2010年に外務省が、鳩山とオバマの会話内容を読売新聞に漏らしたとか、

春名幹男『仮面の日米同盟』(文春新書)は政府の無軌道ぶりの記録が満載で、

読んでいて無力感におそわれた。

なぜこんな理不尽がまかり通るのかと。

 

 

 

 

「在日および在沖縄米軍基地はほとんどすべてが

米軍の兵站の目的のためにあ」ることを忘れてはなるまい。

そんな日本の地政学的な価値を最も熟知しているのはアメリカであって、

認識が最も浅いのは日本人自身かもしれない。

 

ペリー提督来航から、アフガニスタン・イラク戦争にいたるまで、

アメリカは日本を「物資補給の有力な拠点」としか見做してない。

これだけ尽くしているのだから、すこしは信用してくれてもいいのに、

やつらのわれわれへの評価は、倉庫の管理人程度のもの。

 

1971年の沖縄返還協定で、法理論をアクロバティックに駆使し、

尖閣諸島の領有権争いに中立を決めこんだアメリカの狡猾なふるまいは、

「そもそも何のための安保か」とゆう問いを日本人に突きつける。

 

 

 

 

誰が泣こうが喚こうが、アメリカは自国の利益を追求するし、中国は膨張する。

日本は太平洋の荒波にもまれながら舵取りせざるをえない。

説明責任を放棄した政府のもとで。

これが手詰まりでなければ何なのか。

 

そこで、エマニュエル・トッドが『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』で語っていた、

「親米左翼」とゆう視座をおもいだす。

 

実際私は、ヨーロッパにおけるアメリカの優位は、

政治体制としてのデモクラシーがそうであるように、

さまざまな解決策の中で最もマシなものだと考えています。

われわれの大陸がどれほどのイデオロギー的崩壊の中にあるかと思えば、

致し方なしというところです。

 

イデオロギーの死んだアジアの中心で、デモクラシーを叫ぶ。

左翼思想を保持するためアメリカをうけいれ、餌をやり、鎖につなぎ、

行儀が悪ければ叱り、番犬として飼いならしながら、つつがなく隣人とつきあう。

それができるのは親米左翼だけ。






テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

エマニュエル・トッド『シャルリとは誰か?』

『ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow』Vol.3「アルンヘムの橋」(2015年)

 

 

シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧

 

著者:エマニュエル・トッド

訳者:堀茂樹

発行:文藝春秋 2016年

レーベル:文春新書

公式サイト/同著者の『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』

 

 

 

エマニュエル・トッドは情け容赦ない。

 

1月7日の17名の死は本当に、

ワールドトレードセンターの2977名の死に匹敵しただろうか。

感情過多だとしてかくもしばしばバカにされるアメリカ以上に、

フランスは過剰反応した。

いったいぜんたい、2015年1月11日、合理主義的で皮肉のセンスが

あるはずのフランス精神はどこへ行ってしまっていたのだろうか。

 

風刺週刊誌の社屋への襲撃を、瑣末な出来事だと斬って捨てる。

そしてイスラム恐怖症をばら撒く元兇は、ウエルベックの小説を読む様な、

一見穏健そうな、中産階級に属する中高年の人々だと統計にもとづき論證。

 

 

 

 

トッドはサルコジ嫌いの左翼だが、社会党に甘くない。

社会党は「差異」を強調し、移民の子供がネイションの一員となるのを拒み、

経済的・政治的・文化的に隔離していると説く。

フランスの本質は、中産階級の中産階級による中産階級のための福祉国家だ。

決して、1%が99%を牛耳っているのではない。

 

(フランソワ・オランドは)ゾンビ・カトリシズムの完璧な体現者だ。

彼はカトリック教徒のゾンビというもののウェーバー的な意味における

理念型と見做されてもよいだろう。

 

 

 

 

若い世代でイスラム教徒に分類されるフランス人は、人口の10%を占める。

ここまで食い込んだ集団と「対決」する体力はフランスにない。

受け入れ、同化させるしかないし、イスラム教徒の方もそれを望んでいる。

かつてカトリック教会をスムーズに世俗性へ取り込めたのだから、できるはず。

 

 

 

 

中産階級の中高年は、ますます年老いてゆく。

ますます幼少時代のノスタルジーに浸り、現実から視線を逸らすだろう。

 

フランスを批判するのは、

そうすることがフランス市民としての自分の義務と考えるからであり、

また、フランスがひとつの人類学的ケースとして特別に興味深く、

他のさまざまなネイションの現実を考察する上でも

非常に参考になると思えるからです。

 

優先すべきはシリアへの空爆でなく、都市郊外の、労働階層の荒廃の救済だ。






テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

矢野耕平『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』

(イラスト:平井さくら)

 

 

女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密

 

著者:矢野耕平

発行:文藝春秋 2015年

レーベル:文春新書

 

 

 

左から順に、東大合格者数と制服のダサさで名を轟かす桜蔭、

私服通学で自由放任の女子学院(通称JG)、

セーラー服が憧れの的となっているお嬢様校の雙葉。

 

女子校文化を知らねば、日本は理解できない。

本書は「女子御三家」について学ぶための参考書だ。

 

 

 

桜蔭といえばジャンパースカートの制服。

夏服と冬服のデザインがほぼ同じなのも、野暮ったさを増幅する。

あまりにダサすぎ、どんなに可愛い子が着ても可愛くならないので、

最初は抵抗する生徒たちも、高2くらいになると諦めてしまう。

 

桜蔭生がオシャレのかわりに熱中するのは勉強。

先生の人気は話のおもしろさでなく、授業のレベルで決まる。

修学旅行でさえ事前に徹底調査し、学びの場とする。

東大寺のガイドは彼女らの知識量に恐れをなし、

「桜蔭が来る」となれば毎年勉強し直すのだとか。

 

 

 

JGは制服がない。

ほかの私服通学の女子校は大抵スカート指定だが、それすらない。

化粧も許される。

 

行事や部活も生徒主導。

JGのクラブ活動は「部」でなく「班」とよばれ、

練習メニュー・スケジュール・荷物の手配など全部自分でやる。

顧問の先生は顔を出さないのが当たり前。

対外試合で、先生に叱られる他校生を見るとカルチャーショックをうける。

 

ただし、学年間の上下関係はきびしい。

自由とゆう伝統を守るには秩序が必要だ。

そんなこんなで、JG生の多くは先輩に恋してしまう。

自立した立ち居振る舞いがまぶしすぎるから。

 

 

 

雙葉は、幼稚園からの一貫教育をほどこすのが、他の二校とちがう。

それゆえ内部生と外部生の軋轢、イジメなどが発生する。

担任の教師を標的にして辞めさせた事例まであるとか。

 

比較すると、桜蔭やJGほどの個性はない様だが、

先輩に恋する文化は雙葉にも勿論ある。

 

 

 

 

 

 

豊島岡女子学園などの台頭で、「女子御三家」の地位は揺らいでいる。

時代遅れの幻想となりつつある。

それでもやはり彼女らは、僕たち私たちが憧憬する存在。






テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03