鈴木マナツ『コネクト』2巻

 

 

コネクト

 

作者:鈴木マナツ

掲載誌:『ウルトラジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス・ウルトラ

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

『コネクト』は、ネットを介してあつまった高校生の男女が、

それぞれの才能をいかして音楽活動をする物語。

活動の規模はまだ、動画サイトへの投稿やイベントでのCD頒布などにかぎられ、

つまりフリフリの衣装で踊ったりしないので、絵面の地味さは否めない。

鈴木マナツはそれでも、カラオケ店で歌うkanonのたたずまいなどで、

彼女にしか表現できない空気をかもしだす。

 

 

 

 

となりの部屋からギュイーンとかっこいいギターの音がきこえる。

様子をうかがうと、ひとりでギターを弾きに来た制服の少女がいたが、

演奏に夢中で和奏たちに気づかない。

ちょうどギタリストがほしかったので声をかける。

 

 

 

 

ノリノリな演奏の一部始終をみられた少女は、

パーカーのファスナーをあげて顔をかくし、一目散に遁走。

 

 

 

 

定番の「パーカー女子」ではあるが、頭部全体を覆うのはめづらしいし、

目のところが涙で濡れて怪人っぽく見えるなど、非凡なキャラ造形だ。

 

 

 

 

彼女は「矢野天音」、高校3年生。

亡き父におそわったギターをこっそり弾いてるのは、

両親の離婚によって板挟みの立場におかれたから。

女子らしい葛藤をドラマティックに描写しており泣ける。

 

 

 

 

藤尾さんがひとりカラオケの魅力をかたるシーン。

たとえばアイマスの曲をうたえば、

大好きなキャラクターたちと一緒にいる気がして、元気をもらえる。

 

ぱっとしない現実から軽やかに離陸する、作者ならではの世界観。

 

 

 

 

そしてマナツ先生は、女の子の脚を描かせたら日本一。

構図のおもしろさや、直線性と曲線性のバランスや、

ハムストリングの描写など、いくら見ても飽きない。

 

さまざまな少女たちが星座をなす様にきらめく、絵になる空間。

繊細さと力づよさを兼ね備えた作風は、もっと評判になるべきとおもうけど。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 鈴木マナツ 

鈴木マナツ『コネクト』

 

 

コネクト

 

作者:鈴木マナツ

掲載誌:『ウルトラジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス・ウルトラ

ためし読み/同作者の過去記事

 

 

 

『阿部くんの七日間戦線』以来3年ぶり、待望のオリジナル作品だ。

 

主人公は男子高校生の「一ノ瀬和奏(わかな)」。

音楽一家にうまれ、自分もアニソンの作曲家になるのが夢。

つまりオタクであり、学校では趣味をおおっぴらにできない。

 

 

 

 

ただ同級生に、プロの漫画家として活躍する「藤尾藤子」がいた。

自作の映像化に関心があり、ふさわしい音楽をさがしている。

 

 

 

 

藤子に口説かれる和奏。

たとえばHoneyWorksみたいに、若い才能があつまる様子をえがくのが、

この青春漫画『コネクト』のテーマだ。

 

藤子の髪のボリューム感は、『peeping analyze』の清衣をおもわせる。

 

 

 

 

それにしても本作は地味だ!

登場人物が椅子にすわって会話する場面ばかり。

これまでは『阿部くん』も『ズヴィズダー』も『peeping analyze』も、

ドッタンバッタンいそがしい物語だったから、意図的なのだろうけど。

 

藤子のうつくしい瞳に吸いこまれる。

鈴木マナツ作品は女子とゆう小宇宙により、世界観が無限に拡張される。

 

 

 

 

人気の歌い手の「小日向花音」からメールがとどく。

ニコ動へ投稿した曲を気にいったそうだ。

カフェで待ち合わせて会ってみたら、高校の後輩だった。

自分が歌い手と證明するため、花音は耳に口をよせて歌う。

 

インターネットを介しての「つながり」をえがくと思いきや、

主要人物はみな身近にいるため、現代性をじゅうぶん表現できてない。

でも以前書いた様に、鈴木の作風は反時代的要素をふくむから理解できる。

 

ギャルっぽいけど律儀、ビッチっぽいけど純情。

『阿部くん』の鳳撫子を髣髴させる花音のたたずまいに、マナツファンは小躍り。

 

 

 

 

椅子にすわっての「打ち合わせ」の場面が8回もあり、1巻は動きにとぼしい。

創作活動に付き物としても、読者がそんなところにリアリティをもとめるだろうか。

たとえば雨のなか相合傘しながらとか、自転車に二人乗りしながらとか、

プールや夏祭りの最中だって打ち合わせは可能だ。

 

主人公が受け身で、全体的にユルいのも気になるところ。

アニソンの作曲家になりたいとして、なれなかったらどうなのか伝わらない。

別にどうってことなさそう。

『阿部くん』ではミッション失敗は死を意味した。

リアルな青春ものでも、読者は「賭け金」の額がわからないとノレない。

 

 

 

 

不満をのべたのは、この作家が好きだから。

だれよりうつくしい絵を描くから。

風になびく髪と衣服、ニーハイがかるく食いこんだ太腿……。

一読者でさえ、この娘のためなら死んでもいいと思えるわけで、

主人公はもっとがんばるべき。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 鈴木マナツ 

鈴木マナツ/岡田麿里『selector infected WIXOSS -peeping analyze-』完結

 

 

selector infected WIXOSS -peeping analyze-

 

作画:鈴木マナツ

原作:LRIG

ストーリー原案:岡田麿里

掲載誌:『ウルトラジャンプ』(集英社)2014年-

単行本:ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ

ためし読み/当ブログの記事→1巻/『阿部くんの七日間戦線』1巻/2巻

 

 

 

ウィクロスのスピンオフが2巻で完結。

少女らはカードで戦い、笑顔で裏切り、復讐で傷ついてゆく。

 

 

 

 

物語とゆう名の螺旋階段が、ドリルの様に心を穿孔する。

そこは暗くて冷たい。

 

 

 

 

カードに閉じこめられた、呪われた存在に身を落としても、

少女らは少女でありつづける。

嘘、後悔、不安定な心、はかない夢。

 

 

 

 

カードゲーム特有の華やかでドラマティックな道具立てを、

鈴木マナツは非の打ちどこころなく視覚化した。

作家としておおきく「グロウ」したのは明々白々。

 

 

 

 

だがマナツファンは、マナツらしさに注目する。

第一に女の子のスタイル。

ことさら肉感的でも、露出過多でもないが、やたらなまめかしい。

 

 

 

 

トレードマークはX脚ぎみの足。

たとえ季節が冬で厚着してても女らしく、しとやかなシルエット。

 

 

 

 

鈴木マナツの作風は、いわば「遅れてきたゼロ年代作家」。

いい意味で外連味がある。

「がんばるぞい」的な軽さより、「残酷な天使のテーゼ」的な重さを好む。

ところが10年代の最強武器「百合」まで手に入れ、もはや別格の存在に。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 鈴木マナツ  百合 

鈴木マナツ/岡田麿里『selector infected WIXOSS -peeping analyze-』

 

 

selector infected WIXOSS -peeping analyze-

 

作画:鈴木マナツ

原作:LRIG

ストーリー原案:岡田麿里

掲載誌:『ウルトラジャンプ』(集英社)2014年-

単行本:ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ

[ためし読みはこちら

 

 

 

トレーディングカードゲーム『WIXOSS』のアニメからスピンオフした作品。

「ピルルク」「蒼井晶」などのキャラに焦点あてる。

 

 

 

 

カードにしるされた「ルリグ(girlの逆さ読み)」とよばれる少女たちは秘密があり、

そのかなしくも残酷な過去を、鬱屈とした筆致でおりなす。

 

 

 

 

「ここで、しよ」

 

鈴木マナツの絵柄は端正で、淡白ですらあるが、

いわく言いがたいエロスがいつとなしに充満する、まれな作風。

 

 

 

 

闘いのなかで剥き出しとなる少女たちのエゴも、仮借なくえがく。

 

高校が舞台のデスゲームを主題とする傑作、

『阿部くんの七日間戦線』の作者を起用したのは、最良の人選だろう。

 

 

 

 

ジュヴナイル的な日常芝居は、丁寧でドラマティック。

ぐいぐい読者を物語へひきこむ。

 

 

 

 

女の子の描き分け、表情のゆたかさ、ミニスカートの脚線美。

濃厚な百合の匂いにめまいがする。

 

 

 

 

『世界征服~謀略のズヴィズダー~』のコミカライズは原作をなぞるだけで、

能天気なノリもマナツ先生にふさわしくなかった。

外伝である本作は制約がすくなく、漫画らしいハッタリがきく。

 

 

 

 

ウィクロスの悪辣なルールを逆手にとり、「願い」をかなえる乙女たち。

裏切りの連鎖で、だれもが傷をふかめてゆく。

 

 

 

 

鈴木マナツは、いい意味で「ゼロ年代」的な作家だ。

中二病やセカイ系みたいな、サブカルの素養が自然とにじみでる。

TCGのアニメからスピンオフした漫画なんて、

いかにもイマドキの企画だが、よんでいるとなんとなくなつかしい。

 

 

 

 

それでいてX脚ぎみの女の子のたたずまいで、すべて語りつくす、

「10年代」的プロトコルをつかいこなすトップランナーでもある。

 

『阿部くん』から『スヴィズダー』まで、一年ほど連載がとぎれ心配したが(参照:ツイッター

『ピーアナ』は「オレの目に狂いはなかった」とおもわせるし、

いづれまた一夏みたいにアナーキーなキャラが狼藉をはたらく、

偉大なオリジナル作品をとどけてくれるはずと期待させる。




selector infected WIXOSS─peeping analyze─ 1 (ヤングジャンプコミックス)selector infected WIXOSS─peeping analyze─ 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/12/19)
鈴木マナツ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 鈴木マナツ  百合 

鈴木マナツ『世界征服~謀略のズヴィズダー~』描き下ろし版第1話

 

 

世界征服 ~謀略のズヴィズダー~

 

作者:鈴木マナツ

原作:hunting cap brothers

協力:ばう

掲載誌:『Comic REX』(一迅社)2014年3月号

[以前の記事→『阿部くんの七日間戦線』1巻2巻/アニメ2話3話

 

 

 

アニメ『世界征服~謀略のズヴィズダー~』本篇をコミカライズした単行本が3月27日にでるが、

『Comic REX』3月号で1話だけ先行掲載されている。

 

 

 

 

ボクは鈴木マナツとズヴィズダー双方のファンだけど、

アニメの脚本を忠実になぞる話を窮屈に感じた。

「アニメのコミカライズ」はこんなものかなあ。

ズヴィズダーも大概だが、マナツ先生の前作『阿部くん』もブッ飛んでたから、

1話からぐいぐい攻めてほしかったかも。

 

 

 

 

キャラクター原案の黒星紅白のインタヴューがおもしろい。

ウド川のくらい水底から世界征服をたくらむ組織ゆえ、

クリオネ・シャチ・タコ・カメ・カニなどの海洋生物をモチーフにした。

 

 

 

 

悪の秘密結社の女幹部はセクシー枠がデフォだから、

幼女のヴィニエイラ様をエロくみせるため、おなかと足にがんばってもらう。

硬質のガントレットを脇にそえ引き立たせたり、

ビキニだと縦のラインがきれるのでロングドレスにしたり。

 

キャラデザの陰の工夫がわかると味わいもます。

 

 

 

 

マナツ版ヴィニエイラ様のおなかも全力で堪能したい。

まだつかめてない印象だけど。

 

 

『阿部くんの七日間戦線』(REXコミックス)1巻

 

 

マナツ先生は描線がキレイなひと。

女の子のすべすべやわらかな肌がすばらしい。

X脚ぎみの足も。

『阿部くん』単行本あとがきで「水着回をかけなくて残念」とゆうくらいだから、

幼児体型にあんまし興味ないのかもしれない。

 

 

アニメ2話

 

 

その分、逸花さんやナターシャのセクシーさに期待しようかな。

 

 

 

 

女体の艶をあまねく世界に!

そしてエロスの海でおぼれたい。




月刊 Comic REX (コミックレックス) 2014年 03月号 [雑誌]月刊 Comic REX (コミックレックス) 2014年3月号 [雑誌]
(2014/01/27)

関連記事

テーマ : 世界征服~謀略のズヴィズダー~
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 鈴木マナツ  ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03