鈴木マナツ/曽野由大『HELLO WORLD』

 

 

HELLO WORLD

 

作者:鈴木マナツ×曽野由大

原作:映画『HELLO WORLD』

掲載誌:『ウルトラジャンプ』(集英社)2019年-

単行本:ヤングジャンプコミックス・ウルトラ

ためし読み当ブログの関連記事

 

 

 

9/20に公開されたアニメ映画のコミカライズである。

クレジットは曽野由大との共作となっているが、

繊細な絵柄を見るに、鈴木マナツが作画を担当してると思われる。

 

ストーリーはSF系なので要約が難しい。

量子コンピューティングによって「未来の自分」と出会った主人公が、

現代の京都を舞台に、落雷で死ぬ運命にある同級生の少女を救う話だ。

 

 

 

 

女の子を描けないと務まらないコミカライズなので、鈴木の起用は納得。

図書委員で本の虫で、クラスメイトと容易に打ち解けない、

無表情なヒロイン「一行瑠璃」から可愛さを引き出している。

 

 

 

 

鈴木の特色は、描線のうつくしさだ。

ただし、本作の女性キャラは露出が少なめなので、

作者の強みを十二分には発揮できていない。

それでもペットボトルの水を飲む横顔とか、ハッとする瞬間がある。

 

 

 

 

空間処理も巧みだと思う。

図書館の大きな棚とキャラの配置とか、カメラワークに感心する。

 

 

 

 

鈴木マナツ作品で僕が好きなのは、『阿部くん』『WIXOSS』

思春期女子のピュアなたたずまいを見ると「日常系」が向いてそうだが、

むしろ破壊衝動が暴発する中二病っぽい世界観を得意としている。

ゼロ年代的な資質を持ちつつ、10年代で苦闘する「セカイ系」作家にとって、

本コミカライズは好企画だったのではないだろうか。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 鈴木マナツ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03