板倉梓『きらきらビームプロダクション』

 

 

きらきらビームプロダクション

 

作者:板倉梓

掲載誌:『月刊まんがライフオリジナル』(竹書房)2015年-

単行本:バンブーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

「きらきらビームプロダクション」は芸能事務所の名前で、

3人組のアイドルグループ「からぁ~ず☆」が所属する。

美人で長身で巨乳の「星ひかり」が社長をつとめる。

 

さまざまなジャンルを手がけてきた板倉梓の新作は、

コロコロ可憐な絵柄をいかしたアイドルもの。

 

 

 

 

リーダーの「大月あかね」が一番かわいいかな。

黒髪ショートの元気者だが、体型までボーイッシュなのが悩み。

 

 

 

 

ファンにチェキ帳を見せてもらったら、自分の顔がコピペしたみたいに同じとか、

地下アイドルあるあるネタで笑わせたり。

 

殺し屋のアクションものから、5歳の双子のファミリーものまで。

良く言えば万能選手、悪く言えば器用貧乏なあずにゃん先生らしく、

未経験のジャンルをさらっとソツなくこなしている。

 

 

 

 

マネージャーは26歳の「宝田麻人」。

地味だが誠実な人柄で、褒めるときは全力で褒め、

可愛いと言われ慣れてるアイドルさえ赤面させる。

 

 

 

 

海辺での泊まりの仕事。

3人組が眠ったころ、社長と部下がサシで飲みはじめる。

なんだかいい雰囲気に。

 

ピチピチした16歳が飛んだり跳ねたりするのと並行して、

しっとりしたオトナの恋をえがくのが板倉流。

 

 

 

 

宝田は、ネットでたまたま10年前のアイドルグループをしらべてたとき、

そのなかのひとりが今の社長であると気づく。

当時の純情さは欠片もないが、顔立ちとホクロの位置が一致。

 

サブプロットを絡めつつ、じわじわ盛り上げる語り口はあいかわらず。

 

 

 

 

どうも板倉梓は「かわいい絵の漫画家」と認識されてる気がする。

事実なのだが、ちょっとあなどられてる。

シンプルで洗練されてるのに親しみやすい、稀有な絵柄がかえって災いしてか、

構図やストーリーテリングの才能が注目されない傾向がある。

もっとスポットライトがあたるべき作家だ。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓  萌え4コマ 

柳原満月『軍神ちゃんとよばないで』3巻

 

 

軍神ちゃんとよばないで

 

作者:柳原満月

掲載誌:『まんがタイムファミリー』(芳文社)2013年-

単行本:まんがタイムコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

いよいよ決戦がちかづいてきた。

武田軍の先鋒をつとめるのは、弾正こと高坂昌信。

ツインテの男の娘として描かれる。

 

戦記物は登場人物がふえすぎるのがネックだが、

本作はいまのところ味は薄まってない。

 

 

 

 

前巻であざやかに内乱をしづめ、22歳で越後国を統一した虎千代だが、

隠居した兄・晴景の死を見届けることになる。

 

 

 

 

戦国時代は過酷だ。

親兄弟で殺し合うのが当たり前の世界。

嫌々大名になった虎千代は、来し方行く末を思い悩む。

 

 

 

 

柳原満月は疾風怒濤の大河ドラマに、普通の女の子の心情をうまくのせている。

たとえば衣装のデザインで、和服は肌の露出がすくないから、

自身の強みであるエロい曲線をいかそうとアレンジしたり。

 

 

 

 

信濃の支配をめざす信玄を阻止するため、虎千代はしぶしぶ川中島へ出陣。

なんとなく刀を振ったら家臣に勘違いされ、はからずも大将みづからの突貫攻撃に。

隻眼の軍師・山本勘助が周到に練った作戦を崩壊させる。

 

 

 

 

それを迎え撃つ弾正が噛みしめる切迫感。

「逃げ弾正」の異名をとった理由があきらかに。

 

 

 

 

第1次川中島の戦いのあと、虎千代は上洛する。

将軍に直訴して大名を辞めさせてもらうために。

 

越後の田舎侍とイケズな京都人の異文化交流などが描かれ、

上杉謙信とゆう歴史的存在への興味もふかまる。

 

 

 

 

歴史を解釈するおもしろさ。

手に汗にぎる合戦の迫力。

かわいいひきこもり女子のグータラな日常。

どうかんがえても傑作だ。

読まぬなら、読ませてみせよう、『軍神ちゃん』。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 

晴瀬ひろき『魔法少女のカレイなる余生』

 

 

魔法少女のカレイなる余生

 

作者:晴瀬ひろき

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2015年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

魔法少女モノの4コマ漫画である。

上掲画像のとおり、「かわいさ」とゆう当ジャンルの必須条件を満たしている。

 

晴瀬ひろきは10年以上のキャリアをもつ作家で、

単行本の表紙をならべて見比べると、絵柄の変化がわかりやすい。

いまは縦長で、キャラによっては瞳孔を白くするなど、

瞳の表現にクセがあるがバランスはよく、独特の洗練を感じさせる。

 

 

 

 

14歳の「黎明しじま」が主人公。

魔法少女見習いとして養成学校の寮に入居するが、

そこには引退した「元」魔法少女3人が住んでいた。

 

魔法少女は、引退した時点で体の成長がとまる。

上でキレている「桜花リラ」の外見は幼女だが、実年齢は100歳以上。

ロリババア好きの心を鷲掴みにするキャラだ。

 

 

 

 

高3で魔法少女になった「銀河ささり」の外見は大人っぽいが、

実年齢は30歳前後で、寮のなかでは若い方。

でもときどき言動から、しじまとの世代差がバレてしまう。

 

 

 

 

生活費を稼ぐため、コンビニでバイトしたり。

魔法少女幻想をぶち壊す様な、モラトリアム生活がえがかれる。

 

 

 

 

髪型や服装はひらひらふわふわと装飾がおおく、

4コマにしては情報過多と言えるが、たとえばツンデレお嬢様である、

「白鳥ななほし」の内面を付き人にフリップで代辯させるなど、

手法面でも工夫が凝らされていて、読みごたえあり。

 

 

 

 

入浴シーン。

つるぺたロリから、ボンキュッボンの三十路JKまで、

艶のある曲線で描き分ける手腕にうならされる。

 

 

 

 

本作の「痒いところに手が届いてる」感じが、以上の拙文でつたわったろうか。

ゆるゆるだけど、隙がない。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  きらら系コミック  ロリ  百合 

らぐほのえりか『すくりぞ!』

 

 

すくりぞ!

 

作者:らぐほのえりか

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2015年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

とある女子高の宿直室をのぞいたら、パンツ丸出しの女の子がいた。

随分とくつろいでいる。

 

 

 

 

寝るのが大好きな「寝子」、その親友で意識高い系の「蒼」、

宿直室を不法占拠していた「にゅう」、理事長の孫である「リン」の4人は、

その場の勢いで「スクールリゾート部」を結成。

学校を快適なホテルにかえるため、活動をはじめる。

 

「部活モノにすれば大体いける」(はまじあき『きらりブックス迷走中!』)とゆう、

きららメソッドを確信犯的に踏襲している作品だ。

 

 

 

 

4人は、それなりに真剣にホテルのいろはを学ぶ。

たとえばバスローブの下は何もつけないとか。

身も心も裸になり、オトナへの階段をのぼる。

 

 

 

 

ためしにホテルらしいサービスを提供してみる。

予算の都合で、ディナーは購買のパン(半額)だけど。

 

 

 

 

パンばかりでは起業できそうにないので、カレーを自作。

試食したら、集団食中毒みたいな大惨事に。

コロコロした絵柄だが、ギャグは破壊力がある。

 

 

 

 

らぐほのえりかは、『けいおん!』の二次創作などで有名らしい。

ひとりだけ日焼けしすぎた蒼などに、あずにゃんテイストが滲み出る。

 

 

 

 

「『すくりぞ!』の特色を1パラグラフでまとめろ」と求められると難しいが、

この平和なマンネリズムもふくめ、きららの優等生であるのは確か。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ 

ひみつ『担当編集ボツ子さん』

 

 

担当編集ボツ子さん

 

作者:ひみつ

掲載誌:『まんがタイムきらら』(芳文社)2015年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/同作者の『ぺたがーる』の記事

 

 

 

うだつの上がらない漫画家「田中一人」に、あらたな担当編集がついた。

新人の女性編集者である「刺子愛(さしこ あい)」。

SMの女王様みたいな恰好で度肝を抜く。

 

 

 

 

打ち合わせのときの言動も女王様風で、容赦なく責める。

作品や技術だけでなく、人間性まで否定。

仕事とゆうより趣味でやってそうでこわい。

 

 

 

 

一方で、いきなり嫉妬心を露わにしたり。

なにを考えてるのか、ますますわからない。

 

 

 

 

プライベートの服装はフツウで、物腰もおしとやか。

作家に「ムチを入れる」ため、仕事ではキャラをつくってるらしい。

 

刺子さんが編集業に入れこむ様になった、幼少時のきっかけも語られる。

おっかなくて憎たらしいけど、かわいくってしかたない。

 

 

 

 

こちらはライバル出版社の編集者「犬井夢子」。

なぜか田中の読み切りを気に入り、コンタクトしてきた。

 

中学生にしか見えない外見、だぶだぶのスーツ。

髪型を工夫してシルエットで識別しやすくするなど、キャラデザがたくみ。

 

 

 

 

田中の妹・刺子・犬井の3人での女子トークは、萌え4コマの楽しさがつまってる。

『ぺたがーる』で、「おっぱいの大きさ」とゆうあまり上品でないテーマを、

「百合」の世界観に落とし込んだ作者の技が冴えている。

 

 

 

 

4話からは縦位置の扉絵を多用するなど、演出面でアイデア豊富。

ギャグもヴィジュアルもセンス抜群だ。

 

版元を変えても安定のパフォーマンス。

本作でひみつは、自身が萌え4コマのマエストロであると證明した。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03