守月史貴『捻じ曲げファクター』/箸井地図『ホーンテッド・キャンパス』

 

 

守月史貴『捻じ曲げファクター』(ヤングアニマルコミックス)3巻。

ふわふわとろけそうな「鴨川紗知」のカラダは、あいかわらずおいしそう。

 

 

 

 

紗知にちょっかいを出す、謎のツインテ少女「灰子(はいね)」にも見せ場あり。

言うまでもなく守月史貴は豊満な体型を得意とする作家だが、

濡れたブラウスごしに透ける小ぶりな胸の乳首でも、読者をしびれさせる。

 

 

 

 

百合ビッチな「九重百花」は表紙を奪取するだけでなく、

「九重P」を名乗り陰謀をくわだて、紗知を幼なじみの男から引き離そうとする。

 

こんな具合で3巻は脇役に食われ、ヒロインの影がうすい。

シンプルなラブコメに分類しづらくなったのは、よろしくない傾向だ。

まあそれはともかく、九重Pはかわいい。



 

 

 

 

 

箸井地図/櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス』(Nemuki+コミックス)3巻。

かなしいが箸井版の「灘こよみ」はこれで見納め。

 

 

 

 

当ブログでは、「清楚」や「透明感」みたいな常套句をできるだけ避けてるが、

箸井版灘こよみに関しては禁を破りたくなる。

飾り気ないが洗練された服装、マジメな性格がにじみでる表情。

理想の女子大生とよぶべき隙のないうつくしさ。

 

 

 

 

最終11話。

自殺が頻発すると噂される沼での怪現象をえがく。

ビアズリーの絵みたいな幻想性にとむ扉絵だ。

 

 

 

 

アップでは勿論のこと、背景の一部としても絵になる箸井版こよみだが、

その恋模様はもどかしいほど進展ないままだった。

 

ヒロインの寿命は永遠ではない。

息のあるうち、もっともっとはげしく燃え上がってほしい。




関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 守月史貴  箸井地図 

箸井地図/櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス』2巻 スピリチュアル灘こよみ

 

 

ホーンテッド・キャンパス

 

作画:箸井地図

原作:櫛木理宇(角川ホラー文庫刊)

掲載誌:『Nemuki+』(朝日新聞出版)2014年-

単行本:Nemuki+コミックス

ためし読み/1巻の記事/『ハイリコ』1巻/2巻

 

 

 

第4話は浴衣回。

藍さんが飲んでるのはアサヒスーパードライ。

作画担当者は、女の子の趣味では傑出しているが、

ビールにはさほどウルサくないらしい。

原作が銘柄に言及してるかもしれないけど。

 

われらが灘こよみの浴衣はスルー。

 

 

 

 

かわりに、こよみ秋冬コレクションがたのしめる。

 

冬になると、セーターを着た女と面したとき、目のやり場に困る。

たとえ胸が小さくても、細さを確認せずにいられない。

そこで視線をさりげなく首から上へ誘導する柄がエレガント。

 

 

 

 

5話では、中2の引きこもり少女「巴絵」を助ける。

なにかに取り憑かれているらしい。

 

 

 

 

仲谷鳰『やがて君になる』は、女らしい体の線を隠しつつ強調する、

ボレロのシルエットの機微を捉えた作品だった。

本作はピンチの場面でこよみが身をひねらせ、絶妙な角度を見出す。

闘牛士よりセクシー。

 

 

 

 

ネタバレなのでくわしく触れないが、こよみが可愛い女子の象徴として、

存在論的に再定義される神秘に、読者は戦慄するだろう。

 

 

 

 

ちなみに扉絵でのみ浴衣姿を披露。

引き立て役の八神をしたがえながら、デジタル迷彩で夏の闇へ溶けこむ。

灘こよみは、重層的にフェイクな霊的存在となった。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 箸井地図 

箸井地図/櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス』 おそるべし灘こよみ

 

 

ホーンテッド・キャンパス

 

作画:箸井地図

原作:櫛木理宇(角川ホラー文庫刊)

掲載誌:『Nemuki+』(朝日新聞出版)2014年-

単行本:Nemuki+コミックス

ためし読み/前作『ハイリコ』の記事→1巻/2巻

 

 

 

人気ホラー小説シリーズの漫画化。

大学のオカルト研究会の面々が、壁にあらわれた人面などの怪事件にいどむ。

 

 

 

 

若者たちのリア充ライフと並行し、心霊現象の怖さと、暴力のおぞましさを描く。

当世風の「ライトホラー」とでもよぶべき物語。

 

 

 

 

だが読み進めるほどに、箸井地図ならではの缺点があらわに。

女の子がかわいすぎ、オシャレすぎ、印象的すぎ、筋が頭にはいらない。

 

 

 

 

作者は副部長の「三田村藍」を、ポニーテールで巨乳にかえた。

そして描きづらそうなデザインの服をきせる。

ファッションに命をかける女子大生のはなやかさを演出。

かぐわしい花の香りすら感じられる。

 

 

 

 

キャラデザをいじったのは、ヒロイン「灘こよみ」とのコントラストのためか。

黒髪ショートボブで痩身、いつもしかめ面で、ちょっと近寄りがたいタイプ。

 

 

 

 

憂い顔がサスペンスをもりあげる。

守ってあげたくならなきゃ、ホラーのヒロイン失格。

 

 

 

 

こよみちゃんが眉間に皺をよせるのは、ド近眼で偏頭痛もちだから。

徐々に表情はやわらぎ、花をせおって登場する機会もふえる。

 

 

 

 

大学のそばの古い喫茶店でおしゃべり。

蕾みたいにほころんだ口元に感動。

 

 

 

 

こんな娘とキャンパスライフをおくれるなら、幽霊が束になり襲いかかっても怖くない。

むしろうらやましいほどで、ホラーとして失敗作かも。

 

 

 

 

背筋がのびたマジメそうな佇まいに、ワンピースがよく似合う。

本がたくさん入りそうな、しっかりした作りのトートバッグも勉強家っぽい。

ここにいるのは理想の女子大生、ひと目で読者の心に憑依する。




ホーンテッド・キャンパス 1 (Nemuki+コミックス)ホーンテッド・キャンパス 1 (Nemuki+コミックス)
(2015/02/25)
箸井地図、櫛木理宇

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 箸井地図 

箸井地図/坂本光陽『ハイリコ』2巻完結

 

 

ハイリコ

 

作画:箸井地図

原作:坂本光陽

発行:集英社 2012-13年

レーベル:ヤングジャンプ・コミックスGJ

[1巻の記事はこちら

 

 

 

彼女は探偵「能見マナ子」。

推理はしない。

視力と記憶力と分析力で、犯人をおいつめる。

 

 

 

 

2巻は誘拐犯「西牟田」が相手。

公園などで母親が目をはなしたすきに赤ん坊をつれさり、

15分以内にATMから「ベビーシッター代」10万円おろさせる。

 

ブキミな目玉模様の女はアシスタント。

 

 

 

 

西牟田は、藝能界で活躍する天才メイクアップアーティスト。

その変装技術は、「眼力探偵」にとり天敵。

 

 

いわゆる倒叙型であり、ネタバレではないので御安心を

 

 

なにせ正体が男とだれもきづかない。

おどろくことに、主人公「堂本」の行方不明だった父でもある。

美人探偵が接触したのは、西牟田の情報をえるためだった。

 

 

 

 

1巻では空気ぽかった主人公に、父と息子の相克とゆう見せ場があたえられる。

マナ子たんの華奢な手足をめでるだけの漫画じゃない。

 

 

 

 

ハイリコ能力(hyper recognizer)発動!

膝裏の肉割れ線から犯人を識別する。

 

 

 

 

「見当たり捜査」とゆう題材に目をつけたおもしろい作品だが、

作画に関しては、読者の注意を散漫にさせる失敗作かも。

マナ子たんの服がかわいすぎて。

 

箸井地図は、アニメ『BLOOD+』『ルー=ガルー』のキャラクター原案など、

どちらかといえばイラスト仕事がおおいひとで、デザインはお手のもの。

 

 

 

 

ノースリーヴとミニスカートがすきで、

153センチと小柄だけど、いつも高めのヒールでキレイな脚線をみせて。

各話がファッションショー状態、筋書きが頭にはいらない。

「なんか燃えてるな」って感じ。

 

 

 

 

焼け跡よりマフラーの柄に目がゆく。

無論、憂いの表情にも。

規格外の「ヴィジュアル系探偵」が異様に突出する、フシギな漫画だった。

そのヒロインは、うつくしすぎるとゆう罪をおかしていた。

 

箸井先生、今度はラブコメ寄りの作品はどうでしょう?




ハイリコ 2 (ヤングジャンプコミックス)ハイリコ 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/01/17)
箸井地図

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 箸井地図 

箸井地図『ハイリコ』/相川有『無関心探偵AGATHA』

 

 

箸井地図・作画、坂本光陽・原作『ハイリコ』(ヤングジャンプ・コミックスGJ)。

 

往来でたつたり、すわつたり。

ハデめのワンピがにあう「能見マナ子」は、こうみえ探偵。

警察に協力し、3280万円横領した銀行員をさがす。

 

 

 

 

マナ子たんは「ハイパーリコグナイザ」。

網膜の錐体細胞がひとつおおく、1億色以上識別できる。

さらに映像をカンペキに記憶し分析する、特異な頭脳のもちぬし。

 

 

 

 

おおきな駅へにげこんだコンビニ強盗犯をおう。

監視カメラがあれば、そこは能見マナ子の庭同然。

ついでに関係ないスリまでみつけたり。

 

それにしても、描きづらそうな柄の服だこと。

作者の画像処理能力も尋常でない。

 

 

 

 

漫画にふさわしく、「絵」で推理する探偵。

「袖口のボタンがとれ糸が二本でていた」とゆう記憶をたよりに、人混みでうずくまる犯人を発見。

敵にまわしたくない女だが、自分にむけられた恋心に鈍感なのはカワイイ。




ハイリコ 1 (ヤングジャンプコミックス)ハイリコ 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/09/19)
箸井地図

 

 

 

 

 

 

「私立イスカリオテ学園」の朝。

水飲み場で、まぶたに傷をもつ少女がしづむ。

 

相川有『無関心探偵AGATHA』(バーズコミックス)から、もうひとり探偵ヒロインを紹介。

 

 

 

 

その名は「阿嵩小杖(あがさ こづえ)」。

だれよりはやく事件の痕跡にきづき、パンツまるだしで捜査をおこなつた。

こつた構造のスカート、ツインテ、ウサ耳ぽいリボン!

 

 

 

 

液体をたれながし、白目むいて居眠り。

「無関心探偵」の異名どおり、ステキな造形は台無し。

 

 

 

 

たしかにコトはおきていた。

学園一の美少年「都成詩紋(となり しもん)」が、顔の肉をそがれ惨殺。

 

風変りな名づけは、イエス・キリストの十二使徒を下敷きとする。

本格派ゴシックミステリーの幕あけ。

 

 

 

 

無関心探偵は、イケメン教師「鞠吾(まりあ)」が犯人と断定。

推理モノの見せ場をビシッときめる……

 

 

 

 

……とおもいきや、数分後に逆の意見をのべたり。

発言に齟齬はないが、きまぐれで説明不足のアガサたんに翻弄される。

 

 

 

 

探偵ヒロインは矛盾をはらむ。

美少女にロジックはにあわない。

上から目線の推理は可愛げないが、可愛くなければヒロインぢやない。

ジャンルそのものが、解決不能な完全犯罪。




無関心探偵AGATHA (1) (バーズコミックス)無関心探偵AGATHA (1) (バーズコミックス)
(2013/09/24)
相川有

 

 

 

 

『ハイリコ』

 

 

そもそもオンナノコ自体が、世界最大のミステリー。

ミニスカートに、華奢な手足に、やさしい笑顔にまどわされ、犯人さがしどころでなくなる。

紅茶のかおりをたのしみながら、名探偵ぶる余裕をもちたいけれど。



関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 箸井地図 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03