睦月のぞみ『白銀妃』

 

 

白銀妃

 

作者:睦月のぞみ

掲載誌:『ハルタ』(エンターブレイン/KADOKAWA)2013年-

単行本:ビームコミックス

[同作者の記事→『兎の角』1巻/3巻/『ハコニワ喜劇』1巻

 

 

 

トルコ風の宮廷のハーレムへはいった、

銀髪の娘「リリーニャ」を主人公とする華麗なる絵巻物。

その美貌は後宮でもきわだつ。

 

 

 

 

睦月のぞみは人をくった作風のもちぬしで、ヒロインは超天然。

王の側室になったのも、褒美にネコがほしいから。

 

 

 

 

18歳の「アルスラ王」は、自由時間を読書についやしたいタイプ。

いやいや夜伽をつとめる女も、ガツガツ寵愛をもとめる女も、とおざけたい。

ハーレムとか無理、萎える。

 

 

 

 

先輩の「マルテナさん」から新人いびりにあうが、

リリーニャのたわわな乳房は、同性すら幻惑。

 

 

 

 

マルテナさんが褐色肌の「エーデル」に唇をうばわれる。

可愛かったのでつい。

国王そっちのけで狂い咲きする百合の花。

 

 

 

 

リリーニャいわく、女の子同士はノーカウント。

 

ぬるいハーレムラブコメが流行する業界の意表をついた、

リアルハーレムの物語だが、愛慾のもつれとか、政治的陰謀とか、

宮廷を舞台とする物語なら当然からむはずのイヴェントをスルー。

作者独特の、ヘンテコでピュアな恋愛観はゆるぎない。

 

 

 

 

マルテナさんは、継母に奴隷として売られた薄幸の少女。

「売られた」「買われた」なんて窮地を淡々と、いやむしろ冷淡にえがく。

かわいそうだけど、わらえる。

 

 

 

 

「王様との性的行為をやらないとダメなんだ」と、後宮の心得を説くエーデルさん。

ムードぶちこわしな、身も蓋もない言葉のチョイスが最高。

不毛すぎるガールズトーク。

 

ひきあいに出してわるいが、森薫の諸作みたいな、

勿体ぶるため異国の歴史を借りる安直さがない。

 

 

 

 

そして見開きのうつくしさ。

本作から手描きにもどしたそうで、流麗な筆づかいは冴えわたる。

 

 

 

 

残念系女子のリリーニャは、だまっていると背景に花がさくので、

妍をきそうマルテナさんとしては、ずっと天然発言をさせようとする。

 

 

 

 

つまり本作の主題は、「ムダに美人」。

女のうつくしさ自体をギャグにするなんて、きいたことない。

 

漫画家からひとり天才をあげろといわれたら、ボクは睦月のぞみをえらぶ。




白銀妃 1巻 (ビームコミックス)白銀妃 1巻 (ビームコミックス)
(2014/07/15)
睦月のぞみ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 睦月のぞみ  百合 

睦月のぞみ『兎の角』完結

短篇の名手が成長?

 

 

 

 

兎の角

 

作者:睦月のぞみ

発行:エンターブレイン 2010-13年

レーベル:ビームコミックス

[第1巻の記事はこちら]

 

 

 

 

つくづくおもうのは、睦月のぞみは短篇むきの作家てこと。

失礼ながら、心身ともに持久力がたりなさげ。

そのかわり「壁に恋する少女」とか、「リア充爆発しろとさけぶ女王・卑弥呼」とか、

珍妙な着想を核に十数ページかかせると、他の追随をゆるさない。

 

 

 

 

このたび全三巻で完結した『兎の角』も、題材そのものは、

もつと重厚長大な、それこそアニメ化される様な人気作となつておかしくない。

 

主人公は除霊師の「アヤ」。

ツインテ、詰襟にミニスカ、そして男の娘。

設定だけでゾクゾク。

 

 

 

 

金髪巨乳ヒロインの「イズミ」とふかい仲に。

花をせおい慈しみあう。

 

でも作者は、「なんだこのバカップル」とツッコまずにいられない。

「ダッチワイフ」連呼もそうだが、キャッキャウフフなラブコメのテンプレートを忌避。

 

 

 

 

第一巻こそ、全寮制の女子高のややこしい人間関係を追い、

ベタとはいえ、幽霊ものとして読みごたえあつた。

 

 

 

 

だがふたりはさつさと退学。

 

だれより流麗な描線の持ち主で、売れ筋の話もかたれるのに、

まさに誰得な巨大ナマコを偏執的にかきこむ。

それが睦月センセイ。

 

 

 

 

 

 

 

三年つづいた連載なので、内面を掘りさげた部分もある。

アヤの姉「サヤ」は特に重要。

 

「弟」とちがい霊能力をもつが、一家にまつわる呪いをうける。

楚々たる挙措動作。

着物の柄のうつくしさ。

これだけかけるのに、ナマコに夢中になる漫画家つて……。

 

 

 

 

そんなサヤ姉さまはアル中キャラだつたり。

 

 

 

 

女系の家に、男としてうまれたアヤは、霊力がない。

周囲から必要とされず、呪詛で病みおとろえる姉もすくえない。

そんな鬱屈ゆえ、女装をはじめ、家をとびだした。

 

 

 

 

長篇は「成長」をえがかなくてはならない。

勿論だれがなにをかこうと自由だが、一方で作家は精神的に成長すべきで、

そうすれば痕跡は、おのづと長期連載のなかにあらわれる。

 

男子の自覚がめざめ、ゆたかな長髪をきりおとすアヤ。

 

 

 

 

姉がやさしく弟にさとす。

 

「男であるあなたには、女にない特別な力があるの」

 

 

 

 

「それは腕力よっ!!」

 

まさかの腕力オチ。

一体この物語はなんだつたのか……。

 

 

 

 

 

 

 

オトコノコとして、イズミに告白。

 

天才的な短篇作家が、苦心惨憺してたどりついたハッピーエンディング。

 

 

 

 

単行本おまけの後日譚。

四年たち、アヤの身長はのび、ふたりは似合いのカップルに。

 

でもスカートのまま。

やすやすと余韻にひたらせてくれない。






兎の角 3巻 (ビームコミックス)兎の角 3巻 (ビームコミックス)
(2013/01/15)
睦月のぞみ

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 睦月のぞみ  百合  男の娘 

睦月のぞみ『ハコニワ喜劇』

『兎の角』の作者の、2005年以降の単行本未収録作をおさめた短篇集

 

 

「柴立くんと志堅原さん」(2011年)

 

 

ハコニワ喜劇

 

作者:睦月のぞみ

発行:エンターブレイン 2012年

[ビームコミックス]

 

 

 

 

まとめて読むとわかるが、睦月のぞみといえば、やはりラブコメ。

ただしノット・オーディナリー、普通ぢやない。

 

 

 

 

屋上で告白した志堅原さんの背には、天使の羽がはえている。

解釈は読者にゆだねられる。

典型的なヒロインの独善性に対する揶揄かな、とか。

ただ天使が女学生である必然性はない。

もしJKエンジェルが存在するなら、こんなだろうという、絵の説得力だけある。

 

 

 

 

 

「メランコリック卑弥呼様」(2012年)

 

 

「……リア充は……皆……爆発すれば……いい」

ボソボソと卑弥呼さまがつぶやく。

巫女として女王として、自由をうばわれ、憂鬱にもなろう。

 

 

 

 

邪馬台国の王の威厳ある艶姿。

弥生時代の女の造形として比類ない。

短篇にしておくのが惜しい。

それも、歴史上の人物にネットスラングを言わせたいだけの。

 

 

 

 

神通力で国が滅びかねないので、とりあえず無害そうな(?)ゴリラをあてがう。

女王は草食系男子ぶりが御不満の様子。

このあと両者それぞれ固有スキルが発動し、最後にひと捻りくわえオトす。

みごとな十四ページ。

ゴリラである必然性さえ詮索しなければ。

 

 

 

 

 

「M441☆」(2005-6年)

 

 

無能なメイドロボットが生活を破壊する「M441☆」が収録され、

古参の睦月ファンは狂喜した。

イラストが得意なM441は、テーブルに料理の絵をかいて奉仕。

テレビや本棚やネコもかく。

 

作者の漫画観があらわれている。

絵だけでは食い足りない。

たとえ誰より描線が流麗で、デザインが創意に富むとしても。

 

 

 

 

 

「ハコニワ」(2009年)

 

 

老舗の四コマ漫画誌『まんがタイム』(芳文社)の連載。

「リア充死ね」が合言葉の作者なりに、

掲載誌の色にあわせ一生懸命、ほのぼのファミリーをえがく。

 

父子家庭がむかえた再婚相手は、死神だつた。

 

 

 

 

ほのぼのしてるし、ハートウォーミングでもある。

でもお母さんが死神つて、終末感ただよいすぎ。

死神に看病されるなんて、心細すぎ。

三話で打ち切りも納得。

 

本書の題に「ハコニワ」を復活させ、無念をはらした。

 

 

 

 

 

「片恋ひ迷子」(2009年)

 

 

「私……キレイ?」

口裂け女が主人公の作品。

作者お気にいりのキャラで、単行本『ゾンビ ロマンチシズム』(芳文社)にも登場する。

 

 

 

 

勿論、恋におちる。

美少年とキスもする。

耳元まで口裂けてるけど。

 

箱庭での実験の記録、それが睦月作品だ。

 

 

 

 

 

「インターバルノエル」(2006年)

 

 

警察の取調室での食事の定番はカツ丼。

もし被疑者が若い娘で、食い逃げ犯で、

カツ丼をタカりたいだけなら、そこに物語が生まれるかも。

……なんて目論む漫画家は、のぞみんセンセだけ。

 

ただひとつ言えるのは、どれほど珍奇な題材だろうと、

つねに「ボーイ・ミーツ・ガール」のトキメキがある。

BLだの百合だの男の娘だの、流行の筋書きにたよらない。

古風すぎるくらい。

 

 

 

 

 

 

 

そして本物の愛をもとめ、ボクらは旅にでる。





ハコニワ喜劇 1巻 (ビームコミックス)ハコニワ喜劇 1巻 (ビームコミックス)
(2012/08/10)
睦月のぞみ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 睦月のぞみ  萌え4コマ 

柊裕一『ゾンビッチはビッチに含まれますか?』

 

 

ゾンビッチはビッチに含まれますか?

 

作者:柊裕一

掲載誌:『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)2011年~

[単行本は「ガンガンコミックスJOKER」として、第一巻まで刊行]

 

 

 

 

二階堂紗季菜。

ツインテに眼鏡、吊り目で優等生の高校一年生。

最高すぎる。

これで普通の学園ラブコメがはじまればよいが……

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-IMG_0009_20120507100746.jpg

 

 

……実はサキナは「ゾンビッチ」だつた。

ではゾンビッチ設定について解説しませう。

「エロい妄想をしないと心臓がとまるゾンビ」のこと。

え、よくわからないつて?

ですよね。

ボクは単行本を読了してもピンときませんでした。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-IMG_0010_20120507100746.jpg

 

 

端的にいつて、つまらない。

「こうた」氏がアマゾンに投稿したレヴューによると、

酉川宇宙『暴想処女』(講談社)の模倣らしい。

いや、パクリでもオマージュでも偶然の一致でも、おもしろければよい。

ただこの条件づけ、逆だよね?

「エロい妄想をすると心臓がとまるゾンビ」ならドキドキできる。

だつて想像力を抑えるのつて、むつかしいぢやない。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/4-IMG_0008.jpg

 

 

シロウトがクロウトに説教するのは滑稽。

オレはアマゾンのバカスタマーを嘲笑してきたし、それくらい承知だ。

作者への敬意が、藝術のよつてたつ基盤とさえおもう。

漫画家は、描きたいものを描けばよい。

でもさ、したがうべき王道が存在するのも事実だよね?

ころされた親の復讐をはかるとか。

借金をせおう主人公とか。

だれもが共感できる、古典的な物語素子を缺いた漫画は、

肉と野菜を煮ただけで、香辛料ぬきのカレーみたいなもの。

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/5-IMG_0011.jpg

 

 

ではでは。

比較対象を用意しました。

睦月のぞみ『ゾンビ ロマンチシズム』(芳文社)所収、「微 カオスチック エンター」。

部員約二名の「微化学部」の部長さんが、ついに惚れ薬を完成!

みづから検体となる。

服用後に手鏡をのぞき、自分を好きになれば成功。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/6-IMG_0011-001.jpg

 

 

二十一世紀に惚れ薬をネタにすること自体、すでにおかしい。

はづみで後輩の哀沢くんと目があう。

なんというお約束!

でもドキドキ。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/7-IMG_0012_20120507100420.jpg

 

 

部長が恋した相手は、壁でした。

王道を視野においてこそ、オチの落差も際だつという好例。

人を笑わせる才能は、おそらく天賦のもの。

「壁に恋する女の子」の着想なんて、脳のどこから湧いてくるの?

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/8-IMG_0006_20120507100420.jpg

 

 

それでも『ゾンビッチ』の柊裕一は、研鑽をつんでほしい。

缶コーヒーで暖をとりつつ、白い息をはくサキナ。

上から目線で物をいうのは、この天才的にあでやかな絵で、

「ちよつとエッチな古典的ラブコメ」を読みたいからさ!






ゾンビッチはビッチに含まれますか?(1) (ガンガンコミックスJOKER)ゾンビッチはビッチに含まれますか?(1) (ガンガンコミックスJOKER)
(2012/04/21)
柊 裕一

商品詳細を見る

ゾンビ ロマンチシズム (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)ゾンビ ロマンチシズム (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
(2008/12/12)
睦月 のぞみ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 睦月のぞみ 

睦月のぞみ『兎の角』

 

 

兎の角

 

作者:睦月のぞみ

掲載誌:『Fellows!』(エンターブレイン)vol.6~

[単行本は「ビームコミックス」として、第一巻まで刊行]

 

《注意》

以下の記事では、物語の核心にふれています。

 

 

 

黒髪ツインテールに、ミニスカートの学ラン。

これだけで目をひく小柄な娘の背には、巨大な鈴が!

祈祷師・真白アヤ。

その人を食つた言動をふくめ、型やぶりなヒロインだ。

 

 

「美少女祈祷師」は、四人の謎の意識不明者をだした女子高に、

その原因と噂される「幽霊」を退治するためよばれた。

校内で案内役をつとめるのが、理事長の娘・天沢イズミ。

繊細な金髪と蒼い瞳は、いわくありげな生い立ちを想起させる。

マジメな性格、雲をつく長身、ゆたかな胸までアヤとは好対照で、

ここに凸凹霊能探偵コンビが誕生した!

 

 

バカデカい鈴はこうつかう。

洗錬にかける捜査手法を駆使し、寮をうろつく幽霊の正体と、

人身売買にまつわる学園の秘密をあばきだす。

 

 

午前零時にあらわれる、ながい髪の幽霊。

なやめる子羊を、永遠の闇夜にいざなう。

だがこの女が徘徊するのは、イズミの不幸な過去と、

内面にかかえる苦悩に因縁があつた。

……話のつづきは、本書を手にとつてからのお楽しみ。

 

 

 

 

 

睦月のぞみ。

失礼ながらほぼ未知の作家だつたが、十年以上の職歴をもつ。

なめらかな描線、あざやかな明暗。

ため息がでるほどの。

 

 

耽美的な作風とおもわせつつ、凸凹コンビの漫才で物語はつづられる。

どうも一筋縄でゆかないセンセイらしい。

 

 

当世風(?)に「百合展開」もあつたりして。

『兎の角』は、はじめての長篇連載の様だが、満を持してというか、

知る人ぞ知る作家が世に出るときの、自信と勢いを感じる。

 

 

 

 

 

だがしかし、事の顛末はさらにややこしくなる。

イズミが十年も書きためたポエムのおかしさは、幽霊話がふきとぶ破壊力。

 

 

挙句の果てに――

 

 

――耳をうたがう事実があきらかに。

 

 

 

 

豆乳

 

それは兎も角。

タイトルが意味不明なのと、作者が意地悪だという瑕瑾こそあれ、

『兎の角』は、見逃してはならない漫画だと断言しよう!





兎の角 1巻 (ビームコミックス)兎の角 1巻 (ビームコミックス)
(2010/09/15)
睦月 のぞみ

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  睦月のぞみ  男の娘 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03