文尾文『私は君を泣かせたい』

 

 

私は君を泣かせたい

 

作者:文尾文

掲載誌:『ヤングアニマル』(白泉社)2016年-

単行本:ヤングアニマルコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

主人公の「相沢羊(よう)」は高校2年生。

学業や人間関係において優等生とみなされてるが、

実は猫をかぶっていて、たとえば放課後に遊びに誘われても、

家の用事があると嘘をつき、ひとりで映画館へ行ったりする。

 

ただし、断るのは2回まで。

疑われない様に3回めは誘いにのる。

 

 

 

 

観客は自分だけで貸し切りだとよろこんでたら、

おなじクラスの「虎島ハナ」が入ってきて動揺する。

セーラー服にスカジャンを羽織り、ロングスカートのヤンキーで、

映画なんてまるで興味なさそうに見えるのに。

 

 

 

 

羊はハナと会話したことがない。

そもそもハナはほとんど学校に来ない。

なので気づかなかったフリをして映画を鑑賞する。

駄作だったが、ハナはなぜか号泣。

 

そしてハナは、羊が部長をつとめる映画研究部に入る。

本作は、正反対なふたりの不器用な関係をえがく百合漫画だ。

 

 

 

 

ヤンキー系の女子が出てくる百合漫画としては、

サブロウタ『citrus』やくみちょう『愛羅武勇より愛してる』などがある。

それらとくらべても、龍のあしらわれたスカジャンなど、

本作のキャラ造形は秀逸。

 

 

 

 

人当たりのよい美少女だが、内面に壁をつくってる主人公とゆう点では、

仲谷鳰『やがて君になる』を髣髴させる。

タイトルも似てるし、影響をうけてないとおもえない。

 

 

 

 

本作ならではのギミックは「映画」だが、

具体的な作品名などは言及されず、最大限に活かされてはいない。

それでも、ふたりがケンカする12・13話のオチなど気が利いてるし、

全体的にセーラー服がキレイにえがかれ、充実した百合漫画だ。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

マウンテンプクイチ『球詠』2巻

 

 

球詠

 

作者:マウンテンプクイチ

掲載誌:『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

女子が本格的な(つまり男子の)高校野球をしている以外、

あらゆる面でリアリズムを追究する野球漫画の新刊である。

 

 

 

 

とにかく『球詠』は情報量がおおい。

マネージャーで野球オタクの芳乃は、アプリで成績を管理しつつ、

圧倒的な知識量でチームを訓練し、編成し、指揮する。

 

 

 

 

百合的にも野球的にも「女房役」である珠姫は、

緻密かつ大胆なリードや守備でチームをひっぱる。

 

 

 

 

第1巻からつづく、練習試合の柳大戦も終盤へ突入。

打席に立つのは交代が確定したピッチャーで、打つ気がまるで感じられない。

つねに合理的に配球を組み立てる珠姫は、

バッターの内面の虚脱感まで見抜けず、困惑する。

 

 

 

 

相手は打つ気がないのでなく、ただ単にボーッとしていた。

ふと我にかえりバットを振ったら、出会い頭でホームラン。

これが決勝点となる。

 

高度な戦術と、あっさりそれをくつがえす偶然性。

球技の醍醐味がつまっている。

 

 

 

 

第10話は、上級生コンビの怜と理沙にスポットライトをあてる。

学校制服姿も絵になる。

 

 

 

 

中学時代からはぐくんできた、ふたりの絆。

合宿の夜に語らいながら、過去と現在と未来を共有する。

 

髪型や顔つきで、年格好のちがいを表現。

第2巻は、主人公がストーリーを牽引しておらず(なんか幸せそう)、

スポーツ漫画にありがちな群像劇の散漫さに陥っているが、

それでも描き分けの巧みさで、本作を傑出した水準にたもっている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  きらら系コミック 

tMnR『たとえとどかぬ糸だとしても』

 

 

たとえとどかぬ糸だとしても

 

作者:tMnR

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社)2017年-

単行本:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

女子高生「鳴瀬ウタ」を主人公とするストーリーは、兄の結婚式からはじまる。

新婦の「薫瑠(かおる)」は、ウタの幼なじみでもある近所のお姉さん。

その幸せそうな表情を最前列で見て、ウタはあることに気づいた。

自分が彼女に恋していて、はげしく嫉妬していると。

 

 

 

 

ウタはマンションで、新婚夫婦と三人暮らしをする。

日に日にふくらむ恋心を、義姉に悟られない様にしながら。

 

 

 

 

薫瑠は、家族関係に問題をかかえるウタのため、

母親代わりになろうと、かいがいしく世話を焼く。

 

ウタは葛藤する。

もとめているのは、そうゆう愛情じゃない。

けれども本当の気持ちを口にすれば、自分の世界は一瞬で崩壊する。

 

 

 

 

ツインテールの「クロちゃん」はウタの友人。

恋の迷宮をさまよう親友の愚痴を聞くのが日課となっており、

「感情サンドバッグ屋」を自称する。

 

 

 

 

ある日ウタは、友人を自宅に呼んだ薫瑠の会話を耳にする。

「いずれ自分の子供はほしい」と。

 

悪意のまったくない、死刑宣告。

ウタの胸のなかの時限爆弾がカウントダウンをはじめる。

もし出産が現実となれば、すべて手遅れだ。

 

 

 

 

自分の初恋が、だれより不幸せな終わりをむかえるのは仕方ない。

最初から覚悟している。

でもこんなに近くにいるのに、なにごともなく恋が消滅するなんて、かなしすぎる。

 

本作はtMnRの商業デビューであり、初単行本。

絵になる構図と、複雑かつ細やかな心理描写で、

百合の宇宙の深淵にせまっている。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 

春雨『JKすぷらっしゅ!』

 

 

JKすぷらっしゅ!

 

作者:春雨

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

舞台となる「鮮水(あざみ)高校」は、ユニークな校則がある。

つねに水着を身につけないといけない。

ただし大胆なビキニでもスク水でも、好きなものを着ていい。

 

 

 

 

主人公は、転校生である「汐女(しおのめ)かなた」。

おかしな校則の存在を知って仰天する。

だって、彼女は泳げないから。

 

貯水池のほとりに建つ鮮水高校は、水泳に関する行事がやたら多く、

かなたは転校初日に高飛び込みをやらされるハメに。

 

 

 

 

もちろん通学中も校則は適用される。

生徒は水着をファッションとして楽しんでるが、かなたは恥づかしくてしかたない。

友達になった「澪花」に隠してもらったところ、むしろ注目の的に。

 

 

 

 

スク水だけでは地味すぎるので、あたらしい水着を買いにお出かけ。

「はじめて友達と水着売り場へゆくときのドキドキ」は萌え系作品の定番だが、

下着の上に試着するなどの描写に、作者の水着へのこだわりが感じられる。

 

 

 

 

ビキニのパンツをなくした澪花に予備の下着を貸したら、変態あつかいされる。

下着とかスカートとか、恥づかしくて着れないらしい。

 

かなたの照れ顔が最高にかわいく、きらら作品のなかでも百合度は高い。

 

 

 

 

まるごと水着だけをテーマに1冊。

ちょっとエッチだけど爽やかな本作は、夏にむけて本棚にならべておきたい。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  百合  きらら系コミック 

鍵空とみやき『ハッピーシュガーライフ』5巻

 

 

ハッピーシュガーライフ

 

作者:鍵空とみやき

掲載誌:『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)2015年-

単行本:ガンガンコミックスJOKER

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

焦らしプレイがやや鼻についたこの百合サスペンスは、

5巻に入っていよいよ話がうごきだす。

直接的な暴力が牙をむく。

 

 

 

 

さとうは、しおとの愛の巣をまもりたい。

狭まる包囲網を逆に利用し、局面の打開をはかる。

 

 

 

 

幼女に幻想をいだく三星に対し、脱ぎたてのしおの靴下を投げつける。

ほのかにただようミルクの匂いが変態的。

 

 

 

 

人間は欲求に駆られる、ただの動物にすぎない。

餌付けすれば、たやすくコントロールできる。

 

 

 

 

だがさとうの世界観は、ドライなだけではない。

因果関係で説明できない、ピュアな愛情を信じている。

さとうが恋愛論を熱く語る第20話は、本作のハイライトのひとつ。

 

 

 

 

ほとんど台詞なしで描かれる第23話。

しょうこはさとうを理解しようとするが、それは不可能なミッションだった。

悲劇は必然だった。

 

 

 

 

『ハッピーシュガーライフ』は緻密で論理的な作品だが、

不意に恋情と暴力が炸裂し、理性を崩壊させる。

こんなカタルシスをあたえる作品は、ほかに見当たらない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03