飴野『高嶺の花はウソツキです。』

 

 

高嶺の花はウソツキです。

 

作者:飴野

発行:一迅社 2018年

レーベル:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

「ギャルJK×清楚OL」の百合漫画だ。

左が17歳の「巡(めぐる)」、右が24歳の「雪帆」。

本来なら接点をもたないふたりだが、

電車で痴漢にあう雪帆を助けたのがきっかけで、親しくなる。

 

 

 

 

巡は外見こそギャルだが、性格は素直。

やさしく包容力のある雪帆に惚れこみ、仔犬みたいになつく。

雪帆にしても妹ができた様なもので、あれこれ相談にのる。

 

 

 

 

しかしある日、巡はラブホテルから出てきた雪帆をみかける。

相手はいかにもチャラそう。

ヒマだったので、たまたまナンパしてきた男に体をゆるした。

 

 

 

 

いても立ってもいられず、巡は疑問を直接ぶつける。

雪帆さんはそんな人じゃないのにおかしいと。

それに対し雪帆は、不機嫌な暗い表情をみせる。

自分の清楚な外見や、やさしい言動は、すべて作り物だったとあかす。

あなたと遊んでやったのも、ただの暇つぶしだと。

 

 

 

 

だまされたと知った巡は怒り、動揺する。

でも幻滅すればするほど、自分がいかに雪帆に執着してるかに気づく。

もう引き返せない深みにまで。

本気で好きだから、こんなにつらいんだ。

 

 

 

 

作者は別名義でBL系の単行本をだしてるが、雑誌連載は本作がはじめて。

キラキラまぶしい正統的少女漫画風の絵柄は、百合姫ではやや異色かも。

自分の気持ちに正直な、巡のまっすぐなふるまいが印象的で、

どきどきしながらストーリー展開をたのしめる、1巻完結の名作となっている。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 

大宮宮美『リリィマリアと和解せよ』

 

 

リリィマリアと和解せよ

 

作者:大宮宮美

発行:一迅社 2018年

レーベル:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

漫画家をめざす女子大生「ゆり」の家に、かわいいロリ女神がやってきた。

ただ女神さまは、おのれの趣味をおしつけ、ゆりに百合漫画を描かせようとする。

 

 

 

 

かなり振り切った、女神「リリィ」の百合豚っぷりがみどころ。

街をあるくJKを見てよだれを垂らし、百合ップルだと妄想する。

 

 

 

 

そこに男が絡んできたら、さあ大変。

リリィは怒りにまかせ、神隠しで男を消滅させる。

 

画面に男が映っただけで発狂する、いわゆる百合豚の生態を、

幼女の姿を借りてマイルドに表現したコメディである。

 

 

 

 

ゆりの担当編集は女性で、なぜかヤンキーっぽい。

オタクの天敵といえば、ギャルとヤンキー。

それでもリリィは数々の百合作品をおもいだし、たとえば『citrus』みたいに、

外見はガサツだけど中身は繊細……みたいな展開を期待する。

 

コロコロした絵柄によるメタ視点のギャグは、独特の味わい。

 

 

 

 

神さまであるリリィは、プレイヤーでなく、あくまで観客として百合に参加する。

でもここは百合姫というフィールド。

美少女に観客席は、似合わない。

 

このカルト宗教は、ますます猛威をふるいそうだ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ロリ  百合姫コミックス 

長代ルージュ『イヴとイヴ』

 

 

イヴとイヴ

 

作者:長代ルージュ

発行:一迅社 2018年

レーベル:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

「百合×SF」の相性をうらなう試金石となりうる短篇集だ。

たとえば、冒頭の『奇跡の好きを遺したい』で少女たちは、

自分たち以外の人類が絶滅した世界をさまよう。

 

つくみず『少女終末旅行』など、同工異曲の作品はあるが、

はげしい性愛をえがく点で、本作は一歩ふみこんでいる。

 

 

 

 

少女たちは堂々と、少女たちを生み、そだててゆく。

ディストピアという名のユートピア。

 

百合には、頭でっかちな側面がある。

荒唐無稽なテーマをもっともらしく表現する努力は、見方によっては滑稽だ。

タイムマシンや透明人間の話みたいに。

後世の文学史家は、百合をSFの一ジャンルとみなすかもしれない。

 

 

 

 

『永遠一号二号はイヴとイヴ』。

それぞれウェディングドレスを着たふたりは、これから手術をうける。

自分たちの脳をとりだし、人工衛星に搭載する。

ふたりの愛を永遠のものとするため。

 

 

 

 

百合の定義についてここでは触れないが、

ジャンル全体の傾向として、「男性性に対する低い評価」をあげられる。

男の肉欲は利己的で醜く、女の愛は純粋に精神的でうつくしい。

 

それを極限まで追究すると、この「精神的な愛」へゆきつく。

百合の歴史において語り継がれるだろう描写だ。

 

 

 

 

本短篇集は、「地に足のついた百合」も用意されている。

心と心がぶつかり、きしみ、すれちがうドラマを、全身全霊であじわおう。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 

土室圭『徒然日和』

 

 

徒然日和

 

作者:土室圭

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社)2017年‐

単行本:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

単行本冒頭のカラーページだが、グラデーションをほとんどつかわない、

べたっとしたいわゆるアニメ塗りで、おっこれは何かちがうぞと思わせる。

 

 

 

 

初連載らしい本作は、田舎の女子高生4人の日常もの。

そのうち「七揶」と「実里」はルームシェアしている。

 

 

 

 

炊事や洗濯など、家事を分担して生活する。

アパートの内と外を自在に飛び回るカメラワークがあざやか。

ある意味本作は、背景が主役だ。

 

 

 

 

第6話は、雨降りの退屈な一日をえがく。

庇からこぼれる雨水を、なんとなく傘の先でうける「真冬」の虚ろな顔つき。

 

以上の三ページでは、右下から左上への視線誘導がつかわれている。

 

 

 

 

雨があがる。

ドラマのない日常のなかのドラマを、鮮明な絵として浮かび上がらせる。

 

 

 

 

とはいえ土室圭は、一枚絵が自慢のイラストレータータイプではなく、

動きのある表現もソツなくこなしている。

百合ジャンルにおける大型新人なのは間違いない。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 

みもと『コイゴコロクリップ』

 

 

コイゴコロクリップ

 

作者:みもと

発行:一迅社 2018年

レーベル:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

百合のオムニバスである。

読後感は『あの娘にキスと白百合を』にちかい。

 

巻頭の「1クリップ」が白眉だろう。

入学初日、黒髪でマジメそうな「蒼海」がクラスの注目をあつめる。

そのとびぬけた美貌ゆえ。

 

 

 

 

しかし、自己紹介で化けの皮が剥がれる。

蒼海はとんでもないポンコツ少女だった。

 

一般に百合漫画の絵柄は、流麗なのや可憐なのが多いが、

本作はちょっとクセがあり、そこがおもしろい。

 

 

 

 

ギャルっぽい容姿の「紅」は世話焼きな性格で、蒼海の面倒をみる。

中庭に弁当を落としたと言うので、一緒にさがしてあげたり。

 

 

 

 

あたえる愛は、もとめる愛でもある。

庇護している様で、依存している。

オセロみたくあざやかに盤面が急転。

心理戦とゆう百合漫画の醍醐味を、本作はたのしめる。

 

 

 

 

こちらはドロドロ病んでいる「クリップ3」。

収録作のストーリーは、ほとんどギミックにたよらない。

少女たちは感情をぶつけあい、原始的な本能をさらけだしてゆく。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03