フライ/竹岡葉月『今日、小柴葵に会えたら。』

 

 

今日、小柴葵に会えたら。

 

作画:フライ

原作:竹岡葉月

掲載誌:『コミックREX』(一迅社)2019年-

単行本:REXコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

おしゃれな女子高生の主人公「成田佐穂子」が登校前に着替える、

冒頭のシーンが本作のほぼすべてを物語っている。

誰も見てないはずなのに、他者からの視線を意識してる様な、

スキのない端正なたたずまいが示される。

 

スカートの柄の描写なども、こういうところで手を抜かないぞという、

作画担当者の宣言みたいなものを感じる。

 

 

 

 

佐穂子には気になる人がいる。

おなじ学年の「小柴葵」。

長身でバスケが好きで、いつも男子とつるんでる様なタイプ。

性格が真逆なのもあり、ふたりはほとんど接点がなかった。

 

 

 

 

放課後の駐輪場で、佐穂子は葵とふたりきりになる。

このチャンスに仲良くなりたくて、無意識的にキスしてしまう。

 

原作者はまずキャラ絵を渡され、それから話を考えたと語っているが、

たしかに本作のストーリーは少々とりとめない。

それでもフライは、コミック百合姫の表紙を担当していた人なので、

絵それ自体はなんの瑕疵もなくそこに存在している。

 

 

 

 

第1巻でいちばんエモーショナルな第5話。

明るい態度の下に隠していた悩みを打ち明けた葵は、

おもわず涙をこぼすが、その描写はあっさりしている。

 

 

 

 

むしろ次ページの、月とふたりの少女が織りなす不思議な遠近感の方が、

静かなのにずっとドラマチックに読者の胸に迫ってくる。

 

 

 

 

イラストレーターによるストーリー付きのイラスト集にすぎない、

みたいな低評価もアマゾンなどで散見する。

しかし、そもそも漫画とはストーリー付きのイラスト集なのであり、

本作みたいなシンプルさを許容する懐の深さがあると思う。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

はづき『ゆめぐりゆりめぐり』

 

 

ゆめぐりゆりめぐり

 

作者:はづき

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社)2019年-

単行本:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

東京から温泉地に引っ越してきた女子高生が、

地元の女の子と湯巡りしながら、親睦を深めるワイド4コマ漫画。

 

 

 

 

「つばき」と「ひより」の出会いは、駅前の足湯だった。

黒髪の少女が、うっとりした表情でぬくもりを堪能する様子は、

あまりに絵になるので、おもわず見惚れてしまった。

 

 

 

 

勿論、裸形を披露するシーンもたっぷり。

ころころぷにぷにで、つるつるすべすべな少女たちの、

ウェットアンドメッシーな裸の付き合いが描写される。

 

 

 

 

とはいえ、見どころはやはり足湯だ。

道端ですっとストッキングを脱いで入浴する展開は健全なのに、

ありふれた日常を吹き飛ばすエロスの爆弾となる。

 

 

 

 

ストーリーはあってない様なもの、というかほぼない。

でも漫画に可愛さを求めるなら、本作は全篇がクライマックスシリーズ。

いろいろな意味でアツいテーマパークは読者を癒やすだろう。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合姫コミックス  萌え4コマ  百合 

高橋哲哉『はつ恋、ときめき うすいほん』

 

 

はつ恋、ときめき うすいほん

 

作者:高橋哲哉

掲載誌:『電撃萌王』(KADOKAWA)2018年-

単行本:電撃コミックスNEXT

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

陽姫(ひめ)と絃葉(いとは)は、名門女子校の先輩後輩。

後輩である陽姫の方から告白し、交際をはじめた。

ふたりとも恋愛に疎く、女同士が普通じゃないのをよく解ってない。

 

 

 

 

ウブすぎるのも考えもので、恋人とは何をする関係なのかさえ知らない。

なので友人から借りた同人誌で恋愛を勉強することに。

タイトルは『調教姉妹』。

 

 

 

 

その教科書は、恋愛ビギナーには刺激が強すぎた。

ふたりはアブノーマルな性の世界へ一気にのめり込み、

所かまわず乳繰り合う、暴走百合カップルに変貌するのだった。

 

本作は同人誌をギミックとした、明るくエッチな百合漫画である。

 

 

 

 

これはアマゾンレビューで批判されたシーン(例1,2)。

テーマである同人誌をビリビリ破くのは不謹慎だと憤慨している。

でも事故だし、陽姫は謝ってるし、保存用がもう1冊あるし、

むしろ布教に成功してシメシメと持ち主が喜ぶ様子も描いてるのに。

 

本来論争を呼ぶ様な作品ではないので、反論するのは野暮だが、

もっと野暮な輩どもがマジョリティを形成するのは厄介だ。

尾崎かおりも、漫画読者の幼稚化を嘆いてたのは記憶にあたらしい。

輩どもは作品に、「楽しさ」より「正しさ」を求める。

「トイレのレバーを足で踏むな」とか、低次元なルールを振りかざして。

 

 

 

 

僕はコミケなどに行ったことがなく、作者に直接お会いしたことはないが、

ツイッターで気さくに接してくれるので、人となりはなんとなく解る。

サービス精神が旺盛なのだ。

同人誌を破いたのは、メリハリをつけて感情の起伏を明瞭に表現するためだ。

 

たとえばラーメンを注文したら、チャーハンと餃子まで出てきたとする。

「こんなもの注文してない! ふざけるな、金返せ!」と怒るだろうか?

ひとことお礼を言って、ありがたくいただくべきではないか?

 

 

 

 

第5話には、作者お得意の妹キャラも登場。

これまた可愛い。

メインディッシュの暴走百合カップルだけでなく、

デザートでも楽しませてくれる名店である。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合   

晴瀬ひろき『私以外人類全員百合』

 

 

私以外人類全員百合

 

作者:晴瀬ひろき

配信サイト:『ComicWalker』(KADOKAWA)2018年-

単行本:角川コミックス・エース

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

16歳の「茉莉花」は、知らぬ間に世界が変貌しているのに気づく。

そこらじゅう探しても女しかいない。

 

 

 

 

とうぜん茉莉花は当惑するが、まわりは意に介さない。

騒げば騒ぐほど、頭がおかしいと思われるだけ。

ただひとり、科学マニアの「りり」だけは、

茉莉花が並行世界からやってきたらしいと察した。

そして条件つきで、元の世界へ帰るのに協力する。

 

 

 

 

条件とは、自分と交際すること。

勿論この世界で女同士の恋愛は普通だ。

 

初デートでの待ち合わせの場面。

ふたりの視線が交錯する描写が、巧緻をきわめている。

 

 

 

 

たしかに本作は、パラレルワールドSF的テーマを匂わせてるが、

作中で科学用語が飛び交うわけでなく、強みはビジュアルにある。

 

弟はこちらでは妹なのだが、こっそり姉を監視するときの、

脚のシルエットの描き方などにセンスがみなぎる。

 

 

 

 

コントラストの利いた絵柄や、全体的なデザインのよさが際立つ。

手掛かりを求めて山奥を探検するときのアウトドアファッションも、

流行を取り入れたハイウエストでかわいい。

 

 

 

 

作者はあとがきで、最初に本作のタイトルを思いつき、

そこから遡ってストーリーや世界観を構築したと明かしている。

とはいえ、アドリブっぽい創作過程のわりに読みごたえがある。

百合というジャンル自体がサイエンスフィクションだからかもしれない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

FLOWERCHILD『割り切った関係ですから。』

 

 

割り切った関係ですから。

 

作者:FLOWERCHILD

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社)2019年-

単行本:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

右のメガネの高校1年生は、主人公である「鏑木綾」。

内気な性格の持ち主。

その隣は24歳の「黒崎静(せい)」。

美人だが地味めの服装なのは、高校教師だからなのもあるだろうか。

そんなふたりの関係をえがく百合漫画だ。

 

身体や下着の描写のみだらさが目に飛びこんでくる。

 

 

 

 

ふたりは別の高校に属している。

いわゆる出会い系アプリを通じて知り合った。

秘密の花園感のない、ドライな世界観だ。

 

 

 

 

思わせぶりだったり、激しく体を求めてきたり、

年上なのに気まぐれな女に、綾は翻弄される。

いくら突っ撥ねても、手のひらの上で遊ばれてる気がする。

 

 

 

 

肉感性が強調された画風だ。

タートルネックやデニムパンツのふくらみ。

いつも濡れてる様な黒髪の質感。

それでいて全体の印象は重くなくシャープ。

 

 

 

 

綾には「陽紀(はるき)」という幼なじみがいる。

ボーイッシュでさわやかだが、綾に重い愛情を抱いており、

静との仲を引き裂こうと妨碍してくる。

ただ、自分の感情に正直なところがメインのふたりと対照的で、

作品のよいアクセントになっている。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03