『スロウスタート』第7話

 

 

スロウスタート

 

監督:橋本裕之

7話絵コンテ:舛成孝二

7話演出:篠原正寛

原作:篤見唯子

シリーズ構成・7話脚本:井上美緒

脚本:井上美緒、山下憲一

キャラクターデザイン:安野将人

音楽:藤澤慶昌

アニメーション制作:A-1 Pictures

放送期間:2018年1月‐

[当ブログの関連記事はこちら

 

 

7話は、栄依子が誕生日をむかえる。

トレードマークのヘアピンをみんなから贈られ、頭がにぎやかに。

榎並先生がくれたのは、手持ちのゼムクリップ。

したたかな栄依子は即興でハートマークに変える。

 

 

 

 

Bパートは推理もの風にはじまる。

ある朝先生が自宅で目覚めると、異変がおきていた。

 

 

 

 

教え子である栄依子が、かわいい服を着て床で眠っている。

両手を縛られたまま。

いったいなにがあったのか。

 

 

 

 

栄依子の證言により、真相が判明する。

先生は友人と飲んだ帰りに栄依子と出くわし、マンションまで送ってもらった。

泥酔してたとは言え、教え子に介抱されたとはみっともない。

 

 

 

 

栄依子はブアイソな先生に興味津々で、やたらちょっかいを出し、からかう。

冠もそうだが、「自分」をもっていて、芯の強いタイプが好きらしい。

人当たりがよくて、つい他者の期待に応えすぎ、

流されがちな彼女にとって、うらやましい性格だから。

 

 

 

 

先生は栄依子を嫌いではないが、可愛げがないとおもっている。

高1にしては言動が大人びすぎ、あつかいづらい。

でもそこは亀の甲より年の功、帰りぎわの栄依子に「接触」し、意表をつく。

 

衣擦れの音のエロティシズムは、百合アニメの醍醐味。

 

 

 

 

栄依子役の嶺内ともみはド新人だが、達者な演技に舌を巻く。

沼倉愛美との心理戦は、見ごたえ聞きごたえたっぷり。

ぬーさんは、『ハナヤマタ』で豊口めぐみとぶつかり合った様に、

今度は新人に胸を貸している。

アニメっていいなとおもわされる。

 

 

 

 

情動はさらに昂まってゆく。

栄依子は、先生がつけているネックレスに目をとめる。

 

 

 

 

それは、アクセサリー制作が趣味の栄依子がつくったもの。

母が経営する雑貨店で、たまたま先生は買ったらしい。

 

 

 

 

こんな偶然って、あるんだな。

とにかく、めちゃくちゃうれしい。

 

 

 

 

栄依子の感情がどっと心に流れこみ、花名はおもわず泣き出す。

全然大事件じゃないし、自分は直接関係ないのに。

だからこそ、この涙はうつくしい。

 

 

 

 

自信家ぽくて、話が上手で、だれとでも仲良くなれる栄依子だが、

本当に自分が好きなものを人に知られるのは恥づかしかった。

隠してたつもりはないが、言えなかった。

でも、花名には言えた。

正反対とおもわれたふたりは、実は似たもの同士だった。

 

 

 

 

こちらは若手声優の、瑞々しいアンサンブルをたのしめる。

名作『ハナヤマタ』に匹敵する、心洗われるエピソードだ。





関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  百合 

川浪いずみ『籠の少女は恋をする』

 

 

籠の少女は恋をする

 

作者:川浪いずみ

掲載誌:『月刊コミック電撃大王』(KADOKAWA)2017年‐

単行本:電撃コミックスNEXT

[ためし読みはこちら

 

 

 

全寮制の女子高を舞台とする百合漫画だ。

僕の分類で言えば「クラシック百合」に相当するだろうか。

お姉さまがいて、挨拶はごきげんよう、みたいなアレだ。

 

作者の初単行本らしい。

背景描写が特別に巧みとゆうわけではないが、

むしろスカスカな感じが、漠然とした不安をかきたてる。

 

 

 

 

主人公の千鶴は、転校初日に身体検査をうける。

膣鏡をつっこまれ、処女であるかどうか確かめられる。

 

そこは特殊な学園だった。

少女たちは、裕福な男に「高値で売れる」よう教育されている。

 

 

 

 

「実技」の授業もある。

買われたあと役立つスキルを、女同士でみがく。

でも、ただの勉強では終わらないかもしれない。

 

 

 

 

同室の「冬子」に買い手がつき、卒業式がおこなわれる。

ウェディングドレスみたいな衣装を着せて、おくりだす。

悪趣味だと眉をひそめる生徒もいる。

 

いささか型破りな世界観の作品にちがいない。

 

 

 

 

やや理論的に本作を分析してみよう。

 

物語にはかならず「嘘」がある。

むしろ嘘があった方がおもしろいが、その数はひとつであるべき。

本作は「娼婦を育成する教育機関」と「百合」とゆう、二つの嘘をついている。

こんな学校があってもいいけど、でもそこで百合なんてあるかな?

読者はそう疑問におもう。

プロットに負荷がかかりすぎ、ギシギシ悲鳴をあげている。

 

ただ上掲画像からわかる様に、はっと息をのむ瞬間が本作にはいくつかある。

そのページをひろいあつめ、脳裏でつなぎあわせつつ読む作品だろう。

百合漫画は本来、そうゆうものではないか。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

仲谷鳰『やがて君になる』5巻 水族館デート

 

 

やがて君になる

 

作者:仲谷鳰

掲載誌:『月刊コミック電撃大王』(KADOKAWA)2015年-

単行本:電撃コミックスNEXT

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

5巻所収の第24話は、あなめづらしや、侑が燈子を誘っての水族館デート。

人間関係では冷めてるくせに、クラゲをみると目をかがやかす。

 

ラブコメや百合において、デートシーンは最大の見せ場。

アカデミックな要素のある水族館は、世界観をどことなくハイブラウに演出する。

 

 

 

 

クラゲとメンダコをまちがえた燈子に怒ったり、

ふだん可愛げのない侑がやけに可愛らしい。

 

さいきんダイオウグソクムシとか、海洋生物が女子の人気をあつめている。

『スプラトゥーン』がウケてるのもその一環だろう。

 

 

 

 

ウェットな海洋生物は、性的な匂いをただよわす。

イルカショーの最前列でふたりがびしょ濡れになる場面は、

仲谷の淡白で乾いた絵柄においては、もっともエロティックなもの。

 

 

 

 

トンネル型水槽の描写は圧巻。

仲谷はカラーが非常にうまいが、モノクロでも深い「色彩」をほどこす。

閉塞感と開放感、不安と希望がからみあい、消失点にすいこまれる。

 

 

 

 

すでに本作は、ストーリーをたのしむ作品ではなくなっている。

葛藤がはっきりしないし、成功や挫折や、主人公の成長はえがかれない。

セリフつきの画集みたいなものだ。

 

それでもこの水族館デートは、可憐で繊細なのに、やけにひんやりとした、

仲谷の作風にぴったりで、読んでてため息が出てしまう。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

吉沢雅『クロユリ学園 大奥学科』

 

 

クロユリ学園 大奥学科

 

作者:吉沢雅

掲載誌:『アワーズGH』(少年画報社)2017年-

単行本:YKコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

主人公は新高1の「水無月美雨」。

勉強はできないが、なぜか超名門の「黒百合学園」に合格した。

まわりはお嬢さまばかりで、なじめない。

 

 

 

 

美雨はストレスをためこみながらも、適応しようと努力する。

ヒロインの過剰な感情表現がみどころ。

 

 

 

 

美雨は連日、精神的な攻撃をうけつづける。

ただしこれはイジメではない。

なんの変哲もない庶民なのに、スクールカーストの上位12名による、

生き残りをかけてのバトルロイヤルに巻きこまれた。

 

 

 

 

美雨に特別な能力はない。

育ちが悪いからと自分をみくだす女たちと正面からむきあい、

ひとりひとりの心をひらかせてゆく。

 

太めのくっきりした描線が魅力的だ。

 

 

 

 

ライバルにはさまざまなタイプがおり、上級生の「葉月梢」などは、

指と道具で絶頂へみちびくテクニックをもちい、じわじわ美雨にせまる。

 

 

 

 

本作が初単行本だそうで、あちこち荒い部分はあるけれど、

表情や動きや構図など、絵面のはなやかさは注目に値する。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

2018年冬アニメ(OPを中心に)

 

 

『citrus』はサブロウタの百合漫画が原作で、アニメ自体がひとつの事件だ。

義理の姉妹の、複雑ではげしい恋愛感情をえがく。

闊達な竹達彩奈と、なぜか百合姫作品に縁がある津田美波の、

緊迫感と親和性を両立させたやりとりが水際立っている。

 

 

 

 

親の再婚がどうとか、ストーリーは荒唐無稽だが、

アニメ版はいまのところ忠実に原作をなぞっている。

カメラワークや声優の演技により、『citrus』の時空が現出するのに感動した。

 

 

 

 

EDでは、サブロウタのイラストをつかっている。

原作のタッチを活かすとゆう宣言だろう。

キャラデザなどでアニメに最適化した変更をほどこすのはよくあるし、

決して間違いではないが、本作はその道をえらばない。

芽衣の憂いをふくんだうつくしさは、見ていてため息がでるほど。

 

 

 

 

OPテーマはnano.RIPEが担当。

ナイフの様にするどく、それでいてエモーショナルな楽曲を提供している。

尖っていて取り扱いは要注意だけど、時代の先端にふれられるアニメだ。

 

 

 

 

『三ツ星カラーズ』は、カツヲが『コミック電撃大王』に連載する漫画のアニメ化。

女子小学生3人からなるグループが、わちゃわちゃ大騒ぎしながら、

地元である上野の街におこる事件を解決する。

 

 

 

 

本記事でとりあげる4作品のOPでは、楽曲の質が一番高いかもしれない。

サビの部分のコーラスなどヘッドホンで聞いていると、

畑亜貴による歌詞もあいまって、かるくトリップできる。

 

 

 

 

僕の好みから言うと、話のテンポがやや物足りない(シリーズ構成:ヤスカワショウゴ)

でも、丹念にロケハンしたであろう上野の風景などはアニメむきの題材で、

見ていてたのしい作品にはちがいない。

 

 

 

 

『スロウスタート』は篤見唯子原作

『まんがタイムきらら』連載の4コマ漫画だ。

 

 

 

 

OPテーマの作詞はベテランの岩里祐穂。

「ポップコーンみたいにね めざめてく細胞」なんて、

キラーフレーズがとびだす冒頭からゴキゲン。

 

 

 

 

主要キャストは、近藤玲奈・伊藤彩沙・嶺内ともみ・長縄まりあと若手をそろえる。

近藤は18歳だし、嶺内は新人にちかい。

しかしこれがまあ、ぴったしの配役なのだ!

原作を読むとき脳内再生されていた音声が、テレビから流れてきて仰天。

音響監督は明田川仁だが、いったいどうゆう秘術を駆使してるのか。

 

 

 

 

きらら系アニメはOPがすべて、みたいなところがある。

パワーポップ的なイントロに、流麗なストリングが重なり、画面に桜吹雪が舞い、

そしてサビの「ne!ne!ne!」でキャスティングの妙を存分にしめす。

本篇もよいが、このOPはまさしく「きららポップ」の完成形だ。

 

 

 

 

『刀使ノ巫女』は、Studio五組制作のオリジナルアニメ。

刀をふるって戦う少女たちの物語だ。

 

 

 

 

Studio五組はゴンゾから独立した会社で、

かつて『ストライクウィッチーズ』に関わっていたそうだ。

ストパンファンの心をくすぐるOPになってるし、

チャンバラの動きのよさは『織田信奈の野望』を髣髴させる。

 

 

 

 

女の子の横並びとか、「日本刀×JK」とかの絵に、僕はよわい。

先鋭的だったり誘惑的だったり、革新的だったり迎合的だったりする、

深夜アニメのもののふたちが、あらたな時代へ斬りこんでゆく。



関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03