若木民喜『キング・オブ・アイドル』

 

 

キング・オブ・アイドル

 

作者:若木民喜

掲載誌:『週刊少年サンデー』(小学館)2017年-

単行本:少年サンデーコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

『神のみぞ知るセカイ』などで知られる若木民喜の新作は、アイドルもの。

主人公の「遥名まほろ」は養成学校へ入り、頂点をめざす。

 

 

 

 

本作には、ほのかなSF/ファンタジー風味がある。

まほろの声には魔力があり、人をあやつれる。

「道を空けてください!」と叫ぶと、人混みがザッと左右に分かれたり。

 

 

 

 

もう一つのまほろの秘密は、男であること。

性別を偽ってまでアイドルになろうとするのは、

養成学校のシステムでホログラムを生成し、若死にした母親と再会したいから。

しかし寮生活で隠し通すのは無理があり、ルームメイトの「瀬奈」にバレてしまう。

 

 

 

 

まほろは女装趣味の持ち主ではないので、下着は男物。

転ぶとダサいトランクスが丸見えで、かえって危険だったりする。

 

 

 

 

女の子のかわいさに定評ある作家であり、アイドルものとの相性は抜群だ。

愛くるしく親しみやすいと同時に、独特の艶のある絵柄を、読者は堪能できる。

 

 

 

 

異性への興味が薄いまほろは、スケベ心ゆえ女子寮に潜入したのではない。

ところが、なぜか歌をうたうとビンビンに勃起する習性があり、

マジメな瀬奈の拒絶反応を誘発し、そのたび大騒ぎに。

このギミックをこの絵柄で描かれると、破壊力がある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 男の娘 

佃煮のりお『双葉さん家の姉弟』

 

 

双葉さん家の姉弟

 

作者:佃煮のりお

掲載誌:『ヤングアニマル』(白泉社)2017年-

単行本:ヤングアニマルコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

高校2年の「寧子」と「乙宏」を中心人物とする、双子姉弟ものである。

乙宏はラノベ主人公風のネガティブキャラで、

寧子は縦にならぶリボンが印象的な、才色兼備の生徒会長。

奇を衒ってはないが、よく練りこまれたキャラデザだ。

 

 

 

 

学校では模範生の寧子だが、家では重度のブラコン。

ベタベタと弟に甘える姿は、恋人同士にしかみえない。

胸がおおきいので、スキンシップの描写に迫力が。

 

 

 

 

寧子が弟に執着する理由は、作中で特に説明されない。

そんなヘリクツより、パンツの縫い目やシワや隆起を堪能すべき作品だ。

黒髪の流れもなまめかしい。

 

 

 

 

おたのしみの入浴シーン。

うなじ・肩甲骨・背中・腰回りのラインに昂奮させられる。

長い髪をツインお団子にし、トレードマークのリボンでまとめてるので、

いつもより幼い雰囲気が、エロスに歯止めをかけている。

 

 

 

 

寧子の友達である、同級生の「妹子」。

嫉妬心から乙宏に食ってかかる。

 

 

 

 

妹子には秘密があった。

自分にも双子の兄がいて、しかもその「阿仁」が男の娘であること。

もっこりふくらんだ縞パンの描写は、『ひめゴト』の作者ならでは。

 

 

 

 

妹子が、自分が阿仁の妹である事実を親友にも隠すのは、

身内が変態で恥づかしいからではなく、かわいさを独占したいから。

ちょっと変則的なツンデレ妹エピソードが語られる7話は、ハイライトのひとつ。

 

佃煮のりおは、作家性を前面に出すタイプではないが、

「可愛いおんなのこ(男の娘含む)は最高」「みんな仲よく」といった、

ポジティブなメッセージが丁寧な作画につまっており、共感できる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   男の娘 

内々けやき『グレートヤンキーみちるくん』

 

 

グレートヤンキーみちるくん

 

作者:内々けやき

掲載サイト:『チャンピオンクロス』(秋田書店)2016年-

単行本:少年チャンピオン・コミックス エクストラ

[ためし読みはこちら

 

 

 

男子高校を舞台とするショタものである。

読者は子猫みたいな美少年、「大河みちる」を愛でることになる。

 

 

 

 

私立京北高校は、地元でも有名なヤンキー校。

みちるは転校初日から不良に絡まれる。

 

 

 

 

ショタは乙女っぽい言動で、不良の巣食うジャングルを生き抜く。

本格的なティーセットを用意し、スコーンにはクロテッドクリームを塗り、

屋上にむさくるしい男どもをあつめてお茶会をひらく。

 

 

 

 

本作は『しょたせん』と世界観を共有している。

「ショタ×ヤンキー」のミスマッチ感が、かわいさを増幅。

 

 

 

 

ケンカの場面も、パンチの重さなどをリアルにえがく。

版元である秋田書店のヤンキー漫画に引けをとらない。

 

 

 

 

内々けやきは、評論家っぽく論じるのがむつかしい。

「意味」を読み取ったり、「解釈」されるのを嫌いそうな作風だ。

ただヌイて笑って泣いてくれればそれでいいと。

今後の研究課題である。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 男の娘 

えびさわまよ『LiLy』

 

 

LiLy

 

作者:えびさわまよ

掲載サイト:『裏サンデー』(小学館)2016年-

単行本:裏少年サンデーコミックス

 

 

 

秋葉原にあらたなメイドカフェ誕生!

看板娘は手前の「かなで」。

小柄だがアイドルなみのルックスで人々を癒やす。

 

 

 

 

けれどもかなでは、キラキラした笑顔の陰で悩んでいる。

メイドなんてやめたいと。

だって彼女の本名は「奏(そう)」、高1の男子だから。

 

喫茶店を営む親がつくった借金1億円を返済するため、

店をメイドカフェに改装し、そこで働きはじめた。

 

 

 

 

元凶は姉だった。

弟をオモチャにし、女装させて楽しむ悪趣味にふりまわされてきた。

 

奏は外見はともかく、内面は男らしいタイプ。

しかし嫌がれば嫌がるほど、恥づかしがれば恥づかしがるほど、

ますます可愛く見えるとゆう魔のサイクルにはまる。

そして侠気を発揮してがんばる姿が、これまた健気でいじらしい。

「男の娘」の世界は、まるでアリ地獄。

 

 

 

 

こんな可愛いコを人が放っとくわけない。

街をあるけばナンパされるし、チンピラに襲われることも。

屈辱のあまり、かなでは涙ぐむ。

 

男の娘はぺったんこな胸もいいが、ぷりぷりのお尻もいい。

作者は新人だが、よくわかっている。

 

 

 

 

かなでが危機に陥ると飛んでくるのが、幼なじみの「心葉(このは)」。

メイドカフェの同僚でもある。

古武術の道場の娘で、ケタ外れの強さの持ち主。

 

 

 

 

萌え系漫画はおろか、バトル系漫画でもそうそう目にしない、

チンピラが気の毒になるほど残虐な攻撃のあと、啖呵を切る。

かよわい女子に暴力をふるうなんて許さないと。

 

 

 

 

男たちを天国へいざなう、これが本当の「冥途カフェ」ってな具合に、

切れ味するどいギャグにしびれる。

巨熊や大王イカとの戦いなども笑えるので、ぜひ単行本で。

 

 

 

 

とびきりの可愛さ、ドタバタアクション、頭のネジが外れてるギャグ……。

『わぁい!』休刊でやや下火になった感のある「男の娘もの」だが、

ここにきて大本命ヒロインが爆誕したのだった。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 男の娘 

もこやま仁『百合な私と悪魔な彼女(?)』

 

 

百合な私と悪魔な彼女(?)

 

作者:もこやま仁

掲載誌:『ヤングエース』(KADOKAWA)2015年-

単行本:角川コミックス・エース

[ためし読みはこちら

 

 

 

高校1年の転校生「西園寺みこと」のうつくしさは、全校の話題を掻っ攫う。

なかでも驚いたのが同級の「野々山やしろ」。

カノジョとは小学校以来の再会だから。

 

 

 

 

トロいやしろは、いつも男子にいじめられていた。

助けてくれるみことに恋心を抱く様に。

 

「男子=悪魔」とゆう思想が、本作の土台。

 

 

 

 

高校生になってもみことは、かわいくて優しくてカッコイイ。

やしろは求められるまま唇を許す。

男の子は大嫌いだけど、女の子ならあり。

むしろうれしい。

 

 

 

 

でも、カノジョは男だった。

先天的なホルモン分泌の異常で女らしく見えるだけ。

女体化を止めるには、だれかと毎日キスしないといけない。

 

つまり本作は、百合風味の男の娘モノ。

 

 

 

 

やしろは二重に騙された。

相手が女子とおもい安心してたら男子だった。

それ以上に、情熱的なキスが治療目的だったのに傷つく。

 

 

 

 

ここからの心理描写と駆け引きが読みどころ。

いくら騙され、利用されても、惚れた弱みでついつい流される。

嫌々してあげてるつもりなのに、キス顔のまま放置される屈辱とか。

 

作者は少女漫画出身(2007年に講談社『別冊フレンド』でデビュー)で、

純情乙女が恋に惑うラブコメ展開はお手のもの。

 

 

 

 

女心をたやすく手玉に取る、みことの小悪魔ヒロインぶりが印象的。

「男子=悪魔」としたら、最強の小悪魔は「男の娘」にきまってる。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  男の娘 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03