板倉梓『泉さんは未亡人ですし…』

 

 

泉さんは未亡人ですし…

 

作者:板倉梓

発行:竹書房 2019年

レーベル:バンブーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

医学生の「肇」が下宿先を訪れると、話とちがってその家は、

若くうつくしい未亡人「透子」のひとり住まいだった。

ちなみに物語の舞台は昭和初期。

情報が正確に伝わらないこともあるだろう。

 

高橋留美子のファンだと公言する作者が、

『めぞん一刻』にオマージュを捧げてるのは、冒頭からビシビシ伝わる。

 

 

 

 

なにかと世間の目のうるさい時代だ。

透子は家に男子学生を置けないと拒否し、肇もそれを受けいれる。

ただ野宿させるのは不憫なので、一晩だけ泊まらせることにした。

 

しかしその夜。

夫を事故で失って以来、不眠に悩んでいた透子は、

ぼうっとした頭で、勝手に肇と添い寝してしまう。

 

 

 

 

翌朝、透子は肇に部屋を貸すと決めた。

ただし条件は、毎晩添い寝させてもらうこと。

自分がぐっすり眠るために。

 

肇が適当に口走った「女に興味がない」という発言を真に受けるなど、

透子の天然な言動も本作の見どころ。

 

 

 

 

透子は普段は看護婦として働いている。

肇とケンカして不機嫌なとき、顔は笑ってるけど内心は怒っていて、

無意識に患者に八つ当たりするシーンとか可愛い。

 

響子さんは 嫉妬深くてメンドくさい女ですね 笑

でもすごく内面が丁寧にリアルに描かれてて

時々 あーわかるよ響子さん て思ったり…

結局あたしも含め女はメンドくさい生き物ってことか 笑

 

作者ブログから引用

 

数々の忘れがたいヒロインを送り出してきた板倉梓だが、

今回はあの音無響子と渡り合おうとし、ある程度成功している。

 

 

 

 

本作は膨大な資料でリアリティを追求する、典型的な時代物ではない。

とはいえ浅草の夜景をバックに、しっとりした場面も描かれる。

 

幼い頃から

浅草界隈をはじめ銀座や神田や上野や新宿を

祖父たちと歩いた思い出は

大人になったら東京に住むんだ~と思わせるに

十分な動機になったと自覚してます

 

作者ブログから引用

 

頭でっかちになりそうでならないのが、板倉作品の美点だ。

 

 

 

 

舞台が戦前なのは、大家さんが未亡人でどうちゃらこうちゃらに、

2010年代の貞操観念を適用しても、ちっとも面白くないからだろう。

小津安二郎の映画みたく、日本人の心のうつくしさを描きたかったのでは。

 

しかし板倉ヒロインは、原節子とはちがう。

いろいろ参照してるけど、彼女らは板倉ヒロイン以外の何者でもない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓 

板倉梓『幼なじみと神さまと』

 

 

幼なじみと神さまと

 

作者:板倉梓

掲載サイト:『サンデーうぇぶり』(小学館)2018年-

単行本:サンデーうぇぶり少年サンデーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

長身でグラマラスな高校1年の幼なじみが、神様に憑依されたせいで、

一緒に子作りしようと夜な夜な迫ってくるラブコメ。

 

いろんな出版社で書いてる板倉梓が、ついに小学館に登場。

作風から想像つくが、高橋留美子が好きだったらしく、

ある種のホームアドバンテージが効きそうな気配がある。

 

 

 

 

ふたりは、東京から1000キロ離れた小さな島の出身。

リゾートホテル建設のため森が切り払われ、滅びかけた島の神は、

幼い頃から森で遊んでいた「しろね」に取り憑き、生き延びようとする。

 

どちらかといえば軽い作品だが、作者らしい世界観構築の巧さが光る。

 

 

 

 

しろねは神に憑依されてるとき、額にツノが生える。

大胆なふるまいは、本人が能動的に選択したものではない。

 

『間くんは選べない』と同様、作者は今回もセックスに執着している。

板倉梓はサンデー的であり、非サンデー的でもある。

あいかわらず、とらえどころがない。

 

 

 

 

『少女カフェ』以来、作者を追ってる読者としては、

本作の執筆動機がなんとなくわかる気がする。

おそらく太眉の女の子を描きたかったのだ。

多彩なテーマを描きこなす作家だが、結局それがすべてだ。

 

そして、しろねはかわいい。

シンプルで洗練されて、初期から完成された絵柄なのに、

ますます女の子がかわいくなっている。

環境がフルデジタル化したのも影響してるかもしれない。

 

 

 

 

渋谷へ遊びにゆくシーン。

いつもの板倉女子が流行の服を着る姿に、ファンは満足するだろう。

 

とはいえ『タオの城』『ガール メイ キル』みたいに、

がっつり作り込んで殺伐として陰鬱な「板倉ノワール」も、

またそろそろ読んでみたいと思わなくもない。




関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓 

板倉梓『間くんは選べない』完結

 

 

間くんは選べない

 

作者:板倉梓

掲載誌:『月刊アクション』(双葉社)2016年-

単行本:アクションコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

サイテーの二股愛をえがくラブコメが完結。

最終巻では友人の広田が、間を脅迫する。

恋人ふたりにバラされたくなければ3000万円よこせと。

 

 

 

 

銀行預金は270万円しかなく、要求額にまるで足りない。

間はナイフを購入し、受け渡し場所に指定された屋上へもってゆく。

これを見せつけて威嚇し、改心させるつもりで。

 

仲のよかった友人同士が、死ぬか生きるかの瀬戸際まで追い詰められる。

オチもふくめて非凡なエピソードだった。

 

 

 

 

間の行動がおかしいのは、恋人たちも認識する様に。

面とむかって、浮気してないかとあんりに問いただされるが、

間もある意味覚悟を決めており、舌先三寸でごまかしてしまう。

 

 

 

 

作者はおそらく鏡香に肩入れしている。

吊り目でショートカットでクールな物腰、板倉梓のオルターエゴだろう。

最後のラブシーンも熱がこもる。

 

 

 

 

結末に関して言うと、大きなどんでん返しはない。

二股を肯定したまま、丸く収められたらすごいと期待して読んだが、

もともと女子にやさしい作風だし、社会通念から逸脱する内容ではなかった。

それならなぜ、こんな題材をえらんだのだろう?

 

性や暴力を大胆にえがきつつも、可憐でシンプルで洗練された表現。

個々のエピソードの魅力。

目を見張るほどの技量であり、僕は大好きなのだが、でもあいかわらず、

作品ならではのテーマ、言いたいことが稀薄なきらいがある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓 

板倉梓『きらきらビームプロダクション』完結

 

 

きらきらビームプロダクション

 

作者:板倉梓

発行:竹書房 2016-7年

レーベル:バンブーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

アイドルもの4コマ漫画は、完結となる2巻が刊行。

からぁ~ず☆の3人が海で、カレンダーの撮影をおこなう。

2月なので寒くて震える。

 

 

 

 

士気を高めようと、無理な仕事をいれたマネージャーも上着を脱ぐが、

自分たちとおなじく生足になれと、リーダーのあかねが要求。

そんな些細なことでテンションあがる、箸が転んでもおかしい年頃だから。

 

 

 

 

撮影がおわり、温泉であたたまる。

ヌード撮影もこなす女性カメラマンが、「いまこの瞬間を写す意味」を語る。

つい、この人にヌードを撮ってもらいたいと思ったメンバーは、

プロカメラマンのもつ吸引力におどろく。

 

天使の様な無邪気さから、そこはかとないエロスへの落差。

あいかわらず板倉梓は、エピソードの盛りこみ方が巧み。

 

 

 

 

カレンダー発売を記念してのイベント。

ファンから直接「8月のが夏らしく元気でよかった」と言われ、してやったりの表情。

 

うつろう季節のなかで、偶像と実像を表現するアイドルの、

はかなさとしたたかさを描く第24話は、本作の白眉かも。

 

 

 

 

本作は2巻で終了したので、「板倉梓の代表作はなにか」問題は未解決のまま。

僕は比較的萌え4コマを読む方だが、なんでも描ける板倉は、

このジャンルにおいても一流でありつづけてると思う。

 

でもやっぱり、器用なんちゃらなのは否めないかな。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓  萌え4コマ 

板倉梓『間くんは選べない』2巻

 

 

間くんは選べない

 

作者:板倉梓

掲載誌:『月刊アクション』(双葉社)2016年-

単行本:アクションコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

第1巻の最後で、仕事仲間のあんりと結ばれた間くんは、

軽く二股(キスまで)をかけてた鏡香に対し、別れ話をきりだす。

ところが鏡香はひどく動揺する。

女子高生にしては大人っぽいから、わかってもらえると思ってたのに。

 

 

 

 

間はその場をごまかし、鏡香を自宅へつれこむ。

制服を脱がされた鏡香は、なにもかもはじめてで、羞恥のあまり身悶える。

よくないと自覚しつつも、間は鏡香の処女をうばう。

 

26歳まで童貞だった間は、とくべつ女癖が悪くはない。

個人の性格や理性では抵抗できない、大きな力に押し流された。

 

 

 

 

それからは二股セックス三昧。

2巻収録の5話だけで、鏡香と3回、あんりと2回。

憧れの女性が求められるまま、フェラチオしてくれたり騎乗位で乱れたり。

夢の様な生活をおくる。

 

成人向け指定されてないのが不思議なほど、2巻はエロい。

ショッキングですらある。

だって『少女カフェ』の作者が、初期から完成してた絵柄を変えず、これだもの。

 

 

 

 

脇役の存在感は、板倉作品の特徴のひとつ。

鏡香の親友である「美沙」が、間を品定めしにやってきた。

 

背伸びするタイプの鏡香が、年上に惹かれるのはわかる。

でもその嗜好につけこまれ、悪い男に遊ばれてないか心配。

 

 

 

 

あんりを交じえた飲み会で口をすべらせ、浮気がバレそうになる。

いつもは軽薄で嫌味な上司が、さりげなく話を逸らせて窮地からすくう。

 

 

 

 

それとは逆に、学生時代からの友人でノイズミュージックが趣味の「広田」が、

急にモテだした間に嫉妬し、二股の報いを受けさせようと暗躍。

 

あちらが立てば、こちらが引っこむシーソーゲーム。

確固たるバランスと構成力は、作者ならでは。

 

 

 

 

ぐっちょんぐっちょんにエロエロで、板倉先生どうしたのと不安なくらい、

相当タガが外れている本作だが、暴走すればするほど逆説的に、

作者の器用貧乏っぷり(失礼)が顕著になる奇妙な作品で、

藝のない僕はいつもの結論をつぶやくことになる。

 

板倉ガールズはやっぱりピュアで、やっぱりかわいいと。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03