尾崎かおり『金のひつじ』完結

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

単行本:アフタヌーンKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

「いじめ→駆け落ち同然の家出→帰還」という形で、物語は締め括られる。

しかし作者は、読者からの反応に不満の様だ。

 

間違ったことをした人をみんなで叩くという、ここ数年のSNSの風潮がありますが、
そのままの勢いが、マンガの登場人物にまで及んで来ているのでしょうか…。

 

作者ブログから

 

本作は、いじめる側にも理解を示す描写があるため、

勧善懲悪的ストーリーをもとめる幼稚な読者から不評を買った様だ。

 

 

 

 

羊の公園での和解のあと、継は自宅へもどる。

家族は大騒ぎするが、継だけはあっけらかんとしている。

おおらかで、包容力のある主人公だ。

 

 

 

 

帰宅する前の、離婚後は別居している父親との会話。

継はそれとなく復縁の可能性をさぐるが、きっぱり否定される。

子供の目からはわからないだろうが、自分たちはもう完全に他人なのだと。

 

この絶望感があるから、あっさりした再会シーンに深みが生まれる。

家族や友人はすばらしい。

ほかの何ものにも代えがたい。

でも、それがとても儚いということも知っておくべきだ。

 

 

 

 

三井倉継は、すべてを肯定する主人公だ。

思春期の少女らしく傷つくときもあるが、ほとんど表に出さない。

また、他者に悪感情をいだく描写は作中にないはずだ。

 

非常に魅力的なキャラクターだが、登場時からすでに十分強いので、

全3巻のなかで精神的な成長が感じられないきらいがある。

継と同世代の読者に、とっつきづらい物語という印象をあたえたかもしれない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 

尾崎かおり『金のひつじ』2巻

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

単行本:アフタヌーンKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

駆け落ち同然に、継は東京へやってきた。

祖父が経営するコロッケ屋ではたらきはじめる。

 

 

 

 

ブログなどでの作者の発言にふれない訳にゆかない。

どうやら1巻の売上が芳しくなく、本巻の初版部数が相当しぼられたらしい。

講談社編集部とケンカしたのを匂わせてもいる。

 

いじめというテーマが暗すぎたと作者は分析する様だ。

 

 

 

 

作風の刷新をはかっているのだろう。

『神様がうそをつく。』『人魚王子』は、思春期女子の視点からえがかれる、

みづみづしくも切迫した世界観が異彩を放っていた。

本作ではより視野をひろげ、群像劇に接近している。

主人公の継もふわっとした印象で、近作みたくピリピリしてない。

 

アーティスト魂が、過去作品のコピペを拒絶するわけだ。

 

 

 

 

それでも、継が夜に観覧車に乗るところはすばらしい。

僕は観覧車のシーンをいろいろ見てきたが、この浮遊感はあざやかとおもう。

 

つまり、過渡期の作品なのだ。

 

 

 

 

ボクシングのプロテストで失敗した優心が、シャワー室で無力感に崩れる。

たしかにここには、未知の風景がある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 

尾崎かおり『金のひつじ』1巻

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

単行本:アフタヌーンKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

寡作で知られる尾崎かおりの新作は、青春もの。

6年ぶりに再会した幼なじみ4人の、すれちがいがテーマだ。

テイストは、かなり苦い。

 

 

 

 

優しいまま、純粋なままであり続けるのを許さない世界に対し、

主人公は不器用なやりかたで抵抗をみせる。

絵柄はときに愛らしく、ときに繊細で、ときに大胆で、

それに瑞々しくかつ老練、まあ達者な画力と言うほかない。

 

舞台は山麓の田舎町。

地元民は方言をつかわない。

制服のない高校が多いと聞く長野県かとおもったが、

上京するのに飛行機に乗ってたので違うかな。

意図して読者の地理的追求をはぐらかす描写もある。

 

 

 

 

本作はいじめのシーンがくりかえし描かれる。

作者の表現力が卓抜すぎ、読んでいて息がつまる。

いじめる側にも共感できるので、やるせないのだ。

 

だから主人公の母親のかわいらしさにホッとする。

 

 

 

 

酔っぱらって帰宅した母が、たいして現実味のない再婚話を口にする。

転校先で問題をかかえる主人公は、つれない態度をとる。

呆けた感じの横顔、冷蔵庫の閉まる音……空気感が圧倒的。

 

 

 

 

家出してやってきた渋谷で、別居中の父と会う。

作者は情報を出し渋りつつ、それでも個性をきわだたせる。

 

 

 

 

1巻時点では、「ギター」とゆうギミックを十分いかせてない印象。

別にバットや竹刀やバイオリンでもいい気がする。

ゆえにもうひとつのギミック、つまり「いじめ」が目立ちすぎ、読後感が重い。

 

尾崎かおりに代わる作家などいないので、

これはこれとして受けとめるしかないけれど。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 

尾崎かおり『金のひつじ』

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

[当ブログの関連記事はこちら

 

 

 

河川敷に捨てられた車のなかで練炭自殺しようとした少年を、

ボンネットに乗った明るい髪の少女が、ギターでフロントガラスを割って助ける。

 

 

 

 

少女は涙ぐんでおり、はげしく複雑な感情が内面で渦巻いてるのが解る。

 

寡作で知られる尾崎かおりの新連載が、『アフタヌーン』11月号からはじまった。

繊細かつ洗練された、あいかわらず魅力的な絵だ。

 

 

 

 

自殺未遂とゆう、のっぴきならない状況を説明したあとで、

すこし時間を遡ったところから物語がはじまる。

 

高校生の「三井倉継(みいくら つぐ)」は、小学校まで住んでいた街へもどってきた。

家族は母と姉に、妹がふたり。

父の死が、引っ越しのきっかけらしい。

 

 

 

 

本作は、男ふたり女ふたりの幼なじみの関係を中心にえがく青春もの。

仲良しだった4人は、多感な時期である6年間を経て変わってしまった。

キリキリと胸を締めつける、センシティヴな作風は尾崎かおりならでは。

 

 

 

 

第1話の38ページに、練りこんで磨きあげた物語の実質がつまっている。

上から目線で恐縮だが、本作を読まずに漫画は語れないとさえ言いたい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 

尾崎かおり『人魚王子』

 

 

人魚王子

 

作者:尾崎かおり

発行:新書館 2015年

レーベル:ウィングス・コミックス

ためし読み/『神様がうそをつく。』の記事]

 

 

 

10月にも書いたが、「痴漢」は恰好のインサイティング・インシデントだ。

『氷の微笑』でアイスピックを振るうシャロン・ストーンほど異常じゃないにせよ、

思春期の娘が巻きこまれる事件として最悪なもののひとつで、読者を刺激する。

 

本短篇集の「アメツキガハラ」では、尻を触られた「海野あかり」と、

彼氏ができたばかりの親友との対位法が、功を奏している。

 

 

 

 

72ページの短篇がうごきだす。

親友に八つ当たりしたあと、今度はトイレで自分のパンツに敵意をむける。

 

 

 

 

高らかな笑い声をあげ、多摩川ぞいの町を疾走。

ノーパンの天使は22ページで最高速に達し、

散文的な現実から韻文的なファンタジーへ飛翔した。

 

 

 

 

後篇。

処女喪失のあとの入水。

海とゆう大きなものが、破瓜の痛みを通じて、

自分のカラダとゆう小さなもののカタチを明確化する。

 

 

 

 

「人魚王子」の舞台は沖縄。

たかみち『りとうのうみ』に続けて読んでも違和感ないだろう。

アラフォーで「中二病な自分をも抱擁出来る」ようになった作者が、

その内向性を保持しつつ、開放的な風や光を物語へよびこんだ。

 

 

 

 

沖縄の海に、死のイメージをかさねて表現する手法は、

北野武の映画でも顕著だが、尾崎かおりの解釈は独特で深遠だ。

 

 

 

 

限りなく青にちかいモノクローム。

キタノブルーやたかみちブルーに匹敵するうつくしさを湛えつつ、

そっけなく共感を拒絶したり、気まぐれに愛を謳い上げる世界観。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03