守月史貴『捻じ曲げファクター』/箸井地図『ホーンテッド・キャンパス』

 

 

守月史貴『捻じ曲げファクター』(ヤングアニマルコミックス)3巻。

ふわふわとろけそうな「鴨川紗知」のカラダは、あいかわらずおいしそう。

 

 

 

 

紗知にちょっかいを出す、謎のツインテ少女「灰子(はいね)」にも見せ場あり。

言うまでもなく守月史貴は豊満な体型を得意とする作家だが、

濡れたブラウスごしに透ける小ぶりな胸の乳首でも、読者をしびれさせる。

 

 

 

 

百合ビッチな「九重百花」は表紙を奪取するだけでなく、

「九重P」を名乗り陰謀をくわだて、紗知を幼なじみの男から引き離そうとする。

 

こんな具合で3巻は脇役に食われ、ヒロインの影がうすい。

シンプルなラブコメに分類しづらくなったのは、よろしくない傾向だ。

まあそれはともかく、九重Pはかわいい。



 

 

 

 

 

箸井地図/櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス』(Nemuki+コミックス)3巻。

かなしいが箸井版の「灘こよみ」はこれで見納め。

 

 

 

 

当ブログでは、「清楚」や「透明感」みたいな常套句をできるだけ避けてるが、

箸井版灘こよみに関しては禁を破りたくなる。

飾り気ないが洗練された服装、マジメな性格がにじみでる表情。

理想の女子大生とよぶべき隙のないうつくしさ。

 

 

 

 

最終11話。

自殺が頻発すると噂される沼での怪現象をえがく。

ビアズリーの絵みたいな幻想性にとむ扉絵だ。

 

 

 

 

アップでは勿論のこと、背景の一部としても絵になる箸井版こよみだが、

その恋模様はもどかしいほど進展ないままだった。

 

ヒロインの寿命は永遠ではない。

息のあるうち、もっともっとはげしく燃え上がってほしい。




関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 守月史貴  箸井地図 

守月史貴『捻じ曲げファクター』2巻

 

 

捻じ曲げファクター

 

作者:守月史貴

掲載誌:『ヤングアニマルイノセント』『ヤングアニマル嵐』(白泉社)2014年-

単行本:ヤングアニマルコミックス

ためし読み/同作者についての過去記事

 

 

 

帽子を忘れたのをプールでの授業中に気づき、

スク水のまま校舎へもどる「鴨川紗知」が、野良犬に襲われる。

ラッキースケベをよびこむ捻じ曲げファクターの発動だ。

 

妙に犬の描写がうまく、デッサン力の高さをうかがわせる。

 

 

 

 

公園のベンチで恋人と睦み合うシーン。

これでも最終的に結ばれない。

赤らむ紗知の表情、下着などの描き込み、ふわふわおいしそうなカラダ、

そしてそれらすべての要素をまとめる構成力が冴えている。

入ってるかどうかなんて、たいした問題じゃない。

 

 

 

 

紗知を慕う「九重百花」にカラオケ店でせまられる、7話が白眉。

純情ぶってもエッチに興味津々と見抜かれ、手玉に取られる。

百合の心理戦がたのしい。

 

 

 

 

百花は、紗知の胸を執拗に責める。

指先でなぞり、おさえつけ、つまみ、くすぐる。

おっぱいを舞台に、十本の指が優雅なワルツを踊る。

 

 

 

 

ゼリーよりやわらかで甘そうなものにむしゃぶりつき、思う存分吸いつくす。

 

守月史貴が描く女の子は、ある意味デッサンが崩れている。

女体の魅力が誇張され、あたかもおっぱいが物語の主人公みたい。

 

 

 

 

現場を目撃しても平然とする恋人に、紗知は不満を言う。

たとえ相手が女の子でも、これは一種の浮気だ。

もっと動揺して、嫉妬して、怒ってほしい。

 

フィジカルなアピールのあと、メンタルなアプローチで読者を虜に。

 

 

 

 

守月作品の女子は「完成度」がたかい。

たとえば百花の冬の装いとか、どこに出しても恥づかしくない。

 

 

 

 

自分の病気について調査するため、伊達眼鏡で知性派気取り。

けっきょく知恵熱を発し、体温をはかろうと肩を出したら勢いあまった。

隙だらけの、隙のないうつくしさに感動する。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 守月史貴  百合 

守月史貴『神さまの怨結び』3巻 エニシチギリ篇完結

 

 

神さまの怨結び

 

作者:守月史貴

掲載誌:『チャンピオンREDいちご』『チャンピオンRED』(秋田書店)2014年-

単行本:チャンピオンREDコミックス

ためし読み/同作者の過去記事

 

 

 

「江西知霧(えにし ちぎり)」は、ビッチなギャルである。

いろんな男と寝て、呪いの力で殺す。

 

現代の漫画やアニメは、ギャルをとりこむのに苦労している。

エゴイスティックな彼女たちはヒロインらしくない。

女から母親みたいに肯定されたがる、日本の男を特に困惑させる。

 

 

 

 

1話の巨乳少女「櫻」が成長し、刑事となって再登場。

自分の様に、呪いで人生を狂わされた少女たちを救おうと奮闘する。

あいかわらずの豊かな胸と、物語の壮大さに感動した。

 

 

 

 

男嫌いの知霧は、男らしくない「浦見台」に惚れている。

でも知霧は女らしくないので、思いをつたえられない。

 

 

 

 

好きな男を救うため、好きでもない男と交わる。

囚人のジレンマにおちいり、孤立無援のまま汚れてゆく。

 

 

 

 

守月史貴は、ギャルのひとりよがりな営みの核にある、とびきりピュアな熱情を、

ねっとり粘液がまとわりついたカラダへ手を突っこんで取り出す。

 

 

 

 

守月は泣きながらエニシチギリ篇のネームを切ったらしい。

エロティックサスペンスとしてのジャンルの要求と、普遍性が高度に両立。

近年稀にみる、うつくしいエピソードだ。

 

 

 

 

守月は女のサガを巨視的にとらえ、明暗善悪聖俗ないまぜにして描く。

なぜこの作家だけが、これほどの高みに達しているのだろう?






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 守月史貴 

守月史貴『神さまの怨結び』2巻 アンチヒロイン・江西知霧

 

 

神さまの怨結び

 

作者:守月史貴

掲載誌:『チャンピオンREDいちご』『チャンピオンRED』(秋田書店)2014年-

単行本:チャンピオンREDコミックス

ためし読み/1巻と『捻じ曲げファクター』の記事

 

 

 

8話に登場する「江西知霧(えにし ちぎり)」である。

縁を、契る。

ひとことで形容すると、ギャルっぽい。

不幸な少女がさらに堕ちてゆく顛末を、読み切り形式でえがく本作において、

ツリ目で性格のキツい知霧は、1話の「櫻」に匹敵する印象的なキャラ。

 

 

 

 

一見遊んでる風だけど、大の男嫌い。

カラオケで騙され、酔い潰れたところをイタズラされる。

 

前にも書いたが、守月史貴による女体、特に胸は杏仁豆腐を連想させる。

白くて水分たっぷり、ぷるぷるふにゃふにゃで、口にふくめば甘そう。

デッサンの狂いすら美点に感じられる特異な画風。

 

 

 

 

虐げられ、辱められ、汚されても、知霧は復讐心を圧し殺して生きる。

それが「シューダン生活」ってヤツだから。

 

一瞬の殺意のあとの空疎な笑顔。

ピアスのエレガンス。

漫画のトリックをつかいこなす。

 

 

 

 

彼女の素行が不良のそれに近いのは、家に帰りたくないから。

母の交際相手と顔をあわせる虞れがある。

 

 

 

 

ここで本作のギミックである「怨結び」が発動。

セックスにより憎い相手を消し去る。

穢らわしい体液しか残さずに。

「死の本能」を説いたフロイト『快感原則の彼岸』のコミカライズだ。

 

 

 

 

知霧は、「怨結び」のルールを超越したモンスターへ変異してゆく。

 

伝統社会では男が権力を握っていたから、

神話は男の観点から語られていると思ったほうがよい。

神話の女性とは男の観念のなかの女性である。

この結果、女性は美しい至上のものとしてか、

あるいは忌むべき恐ろしい存在という両極端に分化して語られる。

 

『世界神話辞典』 松村一男「女性」

 

良くも悪くも神話的なヒロインが誕生した。

 

 

 

 

掲載誌『チャンピオンREDいちご』休刊をのりこえて復活した本作は、

次巻予告によると、暴走する知霧と、刑事となった櫻の相剋を描くらしい。

 

正直僕は守月をナメていた。

お色気しか能のない作家のひとりに数えていた。

これほど壮大な叙事詩をものすなんて想定外だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 守月史貴 

守月史貴『捻じ曲げファクター』『神さまの怨結び』

 

 

守月史貴『捻じ曲げファクター』(ジェッツコミックス/ためし読みのヒロインは、

ラッキースケベを発生させる特殊体質のもちぬし。

「必然的な御都合主義」とゆうパラドクスをたのしめる。

 

 

 

 

守月史貴は女体描写に定評ある作家。

「紗知」のおっぱいは杏仁豆腐を髣髴させる。

ふにふにして含水率高そうで、でも適度な歯ごたえがあり、口にふくめば甘そう。

 

 

 

 

キスシーンもねっとり濃厚で、息ぐるしいほど。

幼なじみを救うためとはいえ、視覚的にも物理的にも積極性がひかる。







 

 

 

 

同作者の『神さまの怨結び』(チャンピオンREDコミックス/ためし読み

いじめられっ子の「櫻」が、大嫌いな同級生から強引に巨乳を吸われる。

 

 

 

 

タイトルにある「怨結び」とは、嫌いな人間とあえてセックスし、

その相手を消滅させる呪いのこと。

男女の交わりに禁忌性が附与され、読者をより一層昂揚させる。

 

 

 

 

ミステリアスな少女「叶(きょう)」による夜の公園でのパイズリ。

フライパンの上のバターみたくとろけるおっぱい。

こちらの体内のすべてが吸収されそう。

 

 

 

 

路面にうつる叶の素顔。

水のごとく癒やす女体で、男は溺死するまであそぶ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 守月史貴 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03