高橋哲哉『はつ恋、ときめき うすいほん』

 

 

はつ恋、ときめき うすいほん

 

作者:高橋哲哉

掲載誌:『電撃萌王』(KADOKAWA)2018年-

単行本:電撃コミックスNEXT

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

陽姫(ひめ)と絃葉(いとは)は、名門女子校の先輩後輩。

後輩である陽姫の方から告白し、交際をはじめた。

ふたりとも恋愛に疎く、女同士が普通じゃないのをよく解ってない。

 

 

 

 

ウブすぎるのも考えもので、恋人とは何をする関係なのかさえ知らない。

なので友人から借りた同人誌で恋愛を勉強することに。

タイトルは『調教姉妹』。

 

 

 

 

その教科書は、恋愛ビギナーには刺激が強すぎた。

ふたりはアブノーマルな性の世界へ一気にのめり込み、

所かまわず乳繰り合う、暴走百合カップルに変貌するのだった。

 

本作は同人誌をギミックとした、明るくエッチな百合漫画である。

 

 

 

 

これはアマゾンレビューで批判されたシーン(例1,2)。

テーマである同人誌をビリビリ破くのは不謹慎だと憤慨している。

でも事故だし、陽姫は謝ってるし、保存用がもう1冊あるし、

むしろ布教に成功してシメシメと持ち主が喜ぶ様子も描いてるのに。

 

本来論争を呼ぶ様な作品ではないので、反論するのは野暮だが、

もっと野暮な輩どもがマジョリティを形成するのは厄介だ。

尾崎かおりも、漫画読者の幼稚化を嘆いてたのは記憶にあたらしい。

輩どもは作品に、「楽しさ」より「正しさ」を求める。

「トイレのレバーを足で踏むな」とか、低次元なルールを振りかざして。

 

 

 

 

僕はコミケなどに行ったことがなく、作者に直接お会いしたことはないが、

ツイッターで気さくに接してくれるので、人となりはなんとなく解る。

サービス精神が旺盛なのだ。

同人誌を破いたのは、メリハリをつけて感情の起伏を明瞭に表現するためだ。

 

たとえばラーメンを注文したら、チャーハンと餃子まで出てきたとする。

「こんなもの注文してない! ふざけるな、金返せ!」と怒るだろうか?

ひとことお礼を言って、ありがたくいただくべきではないか?

 

 

 

 

第5話には、作者お得意の妹キャラも登場。

これまた可愛い。

メインディッシュの暴走百合カップルだけでなく、

デザートでも楽しませてくれる名店である。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合   

馬場彩玖『僕が妹を殺すまで』

 

 

僕が妹を殺すまで

 

作者:馬場彩玖

配信サイト:『夜サンデー』(小学館)2019年-

単行本:夜サンデー少年サンデーコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

ヤンデレ妹に翻弄されるサスペンスである。

窓の桟でまどろむセーラー服の少女が、中学生の「藤咲美琴」。

アンニュイな空気がたまらない。

 

 

 

 

藤咲家は箏の家元の家系で、美琴は跡取りと目されている。

本家だの分家だの、いかにも日本的にドロドロした世界観がみどころ。

 

 

 

 

兄の「真秀」も奏者だったが、怪我のせいで断念した。

生みの親を亡くしたこともあり、美琴は兄に異常に執着している。

兄に害をなす者を片っ端から殺めるほど。

 

 

 

 

叔父の殺害は、転落事故として処理された。

うつくしい妹は人を操る力があり、兄は自首するよう説得できない。

 

猫の様にくるくる変化する瞳が、非常に印象的。

 

 

 

 

真秀とクラスメートのデートなど、明るい場面もある。

もちろん妹はふたりを尾行しており、悲惨な事件がつづいて起こるが。

 

 

 

 

ヤンデレ妹、日本的情緒、かっちり構図のきまった画風。

これらの要素に価値を感じるなら、無視すべきでない佳作だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  

米田和佐『だんちがい』7巻

 

 

だんちがい

 

作者:米田和佐

掲載誌:『まんが4コマぱれっと』(一迅社)2011年-

単行本:4コマKINGSぱれっとコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

総扉を飾るのは、通り雨にあったらしい、びしょ濡れの姉妹たち。

弥生のブラウスが透けている。

セクシー担当の夢月に対抗。

 

 

 

 

すっきりした描線と、四姉妹のかわいさのバランスが、本作の魅力。

ただし7巻は、咲月が目立っている。

団地の自治会長さんと会話するなど、成長をみせる。

 

 

 

 

第88話は、アニメ大好きな咲月の妄想ネタ。

小学3年生のダークなエロスがファンタジックだ。

 

 

 

 

つづく89話で、夜の団地を冒険。

晴輝に甘えるときの表情は、われわれ読者の知らない咲月だ。

 

 

 

 

ついに咲月まで完全にデレてしまい、ツンデレ担当の弥生が最後の砦に。

90話では晴輝と映画館デート。

あやうい姉妹間バランスをたもつ。

 

 

 

 

本巻は羽月の活躍がたりない気はするけれど、

ちょっとづつ変化してるのにかわらない、きょうだいの日常は、

やはり一種の奇跡だなあとおもう。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ    ロリ  米田和佐 

米田和佐『だんちがい』6巻

 

 

だんちがい

 

作者:米田和佐

掲載誌:『まんが4コマぱれっと』(一迅社)2011年-

単行本:4コマKINGSぱれっとコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

先週末に漫画の新刊をチェックしていたら、

米田和佐の新連載『悪役王子は恋ができない』が26日にでると知った。

そして、昨年9月の『だんちがい』6巻を見逃していたことも。

いろんな作品を追ってると、どうしても漏れてしまうのがつらい。

ツイッターで作家をフォローとかもしてないし。

 

 

 

 

いわゆる日常系に分類される作品だが、7年におよぶ長期連載なので、

たとえ年齢は変わらなくても、登場人物はすこしづつ成長している。

インドア派の四女・咲月は、昆虫採集で大活躍。

 

 

 

 

本作のシンボルは、おっぱいとゆう飛び道具をもつ長女・夢月だろう。

一方で僕のお気にいりは、次女・弥生と咲月。

でも最重要キャラはだれかと問われたら、三女・羽月と答えるかも。

感情表現がヘタな姉ふたりとちがい、いつだってポジティブ。

6巻では夢月にかわって母親役に挑戦。

 

 

 

 

萌え4コマのジャンル内で相対的にみると、米田和佐は内面描写が巧いとおもう。

きょうだいは、わがままを言いつつ、おたがいを気にかけている。

ああでもない、こうでもないと、かんがえている。

結果として、いつもの風景になってるだけ。

 

 

 

 

たしかに「穏やかな日常」を描いてはいるけれど、

「女4男1のきょうだいの団地暮らし」とゆうテーマは新しかったし、

連載中にめきめき上達してゆく作者の画力も見ものだった。

どこがどうすごいのかをズバッと指摘するのはむつかしいが、

いまでもなお『だんちがい』は意義深い作品だとおもう。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ    米田和佐 

土屋計『鉄刻の清掃員さん』

 

 

鉄刻の清掃員さん

 

作者:土屋計

掲載誌:『月刊コミックガーデン』(マッグガーデン)2017年‐

単行本:マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ

[ためし読みはこちら

 

 

 

他人の時間を売りさばく「ブローカー」が暗躍し、混乱におちいった世界で、

それと戦う「清掃員」を描くダークファンタジーである。

 

 

 

 

このテの話の常として、世界観はやや難解。

ただ黒々としたヴィジュアルの魅力はつたわるだろう。

 

 

 

 

インタビューによると、作画はフルアナログらしい。

たしかにアクションの生々しさがちがう気がする。

 

 

 

 

清掃員たちは高校などでも仕事をする。

若ければ若いほど時間の値打ちは高い。

リスクを軽視し、大金を手にした生徒もいる。

 

 

 

 

幼い子供の命は「神の時間」とよばれ、特別な価値をもつ。

愛する兄のため禁を犯した「まひろ」のエピソードは痛切。

 

 

 

 

インクがたっぷり染みこんだ紙面の迫力。

漫画らしい漫画だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03