ヘイト国家・日本――原朗『日清・日露戦争をどう見るか』

旅順虐殺事件で死体をいためつける日本兵(西洋の新聞の挿絵)

 

 

日清・日露戦争をどう見るか 近代日本と朝鮮半島・中国

 

著者:原朗

発行:NHK出版 2014年

レーベル:NHK出版新書

 

 

 

外務大臣・陸奥宗光の著書『蹇蹇録』には二面性がみられる。

欧米に対し卑屈なのに、朝鮮と清国には傲岸不遜。

 

それが国家意志でもあった。

1894年11月の「旅順虐殺事件」では、捕虜や民間人ふくめ無差別に殺したとされ、

翌年10月には朝鮮の王宮で「閔妃虐殺事件」をおこしている。

日本の野蛮さに世界は仰天した。

 

 

板倉梓『タオの城』(芳文社コミックス)

 

 

近代以降の日本人の内面には、支那人・朝鮮人への憎悪がうづまく。

ある種のエディプス・コンプレックスだろう。

インテリは漢文をたたきこまれ、庶民は関羽など支那の英雄にあこがれた。

この世界観をひっくり返さないと、戦争など不可能。

 

そして大国の清に勝ってはじめて、国民意識にめざめる。

「日本SUGEEE」と感動にふるえた。

天皇とやらも、ありがたいものとおもえる様に。

 

 

日比谷焼打事件

 

 

最近の研究では、日露戦争は日本のおもいこみで始まったとされる。

司馬遼太郎『坂の上の雲』で「日本軍のみは一兵といえども略奪をしなかった」

とある義和団事件でも、連合軍の先陣きって馬蹄銀をうばっている。

 

講和会議で調印したポーツマス条約の内容に、民衆は憤激。

政府はこの事件をちいさくみせようと「日比谷焼打事件」と名づけたが、

実際は東京市全体、そして神戸・横浜などへひろがり、戒厳令までしかれた。

 

 

李朝時代の西大門

 

 

暴走機関車は勢いおさまらず、1910年に韓国併合。

国際法上はともかく、ハーグ密使事件など利用した強引さは正当化できない。

 

1915年には「対華21か条要求」。

ただ支那は一枚上手で、内容を欧米にリークし、外交的に日本を翻弄。

 

 

『暁のヨナ』(テレビアニメ/2014年)

 

 

韓国併合と同年に「大逆事件」がおきている。

まったくの冤罪で、幸徳秋水ら12名を処刑。

文明国にあるまじき蛮行に、欧米各地で抗議の声があがった。

 

 

関東大震災後に虐殺された在日朝鮮人

 

 

1919年の「三・一運動」を、朝鮮総督府は徹底的に弾圧。

死者7645名といわれる。

日本の警察が、村民30余名を教会にとじこめ焼き殺した「提岩里(チェムアリ)事件」は、

歴史に関心あるものは知らないとマズイ。

 

1923年の関東大震災では、政府やマスコミがながした流言により、

多数の朝鮮人が自警団や民衆に虐殺された。

 

日本とゆう暴れん坊をとめたのは、かつて父親役をつとめた支那で、

105万人以上の日本兵と対峙して「戦勝国」となった。

 

日本のリーダーは、ヘイト国家の本質を理解しないと国益をそこなう。

たとえば野田佳彦は、2012年9月11日に尖閣諸島を国有化したが、

それは満州事変の国恥記念日「九・一八」の直前で、余計な刺激をあたえた。

外交当局はなにをしていたのか?




日清・日露戦争をどう見るか―近代日本と朝鮮半島・中国 (NHK出版新書 444)日清・日露戦争をどう見るか―近代日本と朝鮮半島・中国 (NHK出版新書 444)
(2014/10/09)
原朗

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ: 天皇  刑罰 

小川進『防犯カメラによる冤罪』

 

 

防犯カメラによる冤罪

 

著者:小川進

発行:緑風出版 2014年

 

 

 

おそらく全容疑者の3分の1は冤罪と、防犯カメラの鑑定にたづさわる著者はゆう。

DNAとならび、猛烈に有罪をふやしている機械についてのショッキングな報告。

 

 

 

 

深夜1時、自転車をひく男が映っている。

これが身長や耳の形を特定する證拠。

耳の画像はわづか「4画素」しかない。

 

 

 

 

広角レンズに映る人物は別人みたく痩せてみえるので、

鑑定するときは「レンズ補正」をする必要がある。

しかし県警レヴェルの鑑識に、そこまでの科学リテラシーは期待できないし、

まして文系である検察や裁判所においてはなおさら。

 

 

 

 

著者は東京歯科大学教授・橋本正次を、冤罪乱発マシーンだと糾弾。

橋本は年間120-150件の鑑定をこなす。

鑑定書を1本書くのに普通は1か月-1年かかるところ、数時間で仕上げるらしい。

1件あたり2-30万円の経費がでるから、ウン千万の荒稼ぎだ。

 

橋本の専門は生物であり、画像処理の理論をしってるかあやしい。

裁判の尋問で「東大で聴講や研究生をした」とうったえ、

まるで東大で博士号取得した様な印象を、裁判員らにあたえたりも。

 

 

 

 

冤罪には政治がからむ。

2006年に法政大学当局が、中核派活動家とそのシンパを警察に逮捕させた。

そこでも橋本が「みえない画像」をみえると鑑定。

 

中核憎しのあまり、冤罪製造機と手をむすび学生を弾圧して、

はたして大学は、法や正義をおしえられるのか。

 

 

 

 

コンピュータで画像を鮮鋭化しても、うしなわれた情報は復元できない。

目鼻口耳は長方形のまま。

みえないものは、みえない。

 

冤罪鑑定人は、「明らかな」「可能性が極めて高い」など文学的修辞を駆使し、

「なんとなく似ている」のを根拠に無実のひとびとを有罪へみちびく。

 

 

 

 

著者は1971年の「渋谷暴動事件」で無期懲役が確定した、

星野文昭の再審請求にもかかわり、警官を殺した真犯人は別にいると結論。

なにものかによる突発的暴力に対し、警察・検察・裁判所は一丸となり、

「みせしめ」として組織のリーダーへ罪をなすりつけた。

 

国家権力はわれわれを監視している。

ただリヴァイアサンに不可視なものをみる力があることは、まだしられてない。

科学リテラシーをたかめ警戒をつよめねば。




防犯カメラによる冤罪防犯カメラによる冤罪
(2014/10)
小川進

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

タグ: 刑罰 

『終身刑を考える』

 

 

終身刑を考える

 

編者:大阪弁護士会死刑廃止検討プロジェクトチーム

発行:日本評論社 2014年

 

 

 

質問。

「日本で、またあなたの地域で、犯罪は増えてると思いますか?」

 

圧倒的に多い回答。

「日本のどこかで増えてるけど、自分の地域では増えてないと思う」

 

われわれは必死に、凶悪犯罪が増えてると信じこもうとしている。

ただ犯罪に関心あるものにとり、殺人件数が一貫して減少しているのは常識。

『トトロ』や『三丁目の夕日』などがえがく「日本人の心がうつくしかった時代」は、

実は家族や隣人が血で血をあらう、「殺人狂時代」だった。

 

 

 

 

「日本人の80%が死刑を支持している」といわれるが、

アンケートの回収率や質問形式などに疑問が呈されている。

 

 

 

 

アメリカの犯罪学会は2012年、「厳罰化に抑止効果はない」と結論をだす。

死刑に関しては、判決から執行まで時間がかかり、そもそも15%しか執行されず、

効果を測定しづらいため、いまのところ「どちらともいえない」とされる。

なお死刑執行は、40年の服役にくらべ3倍の費用がかかることも知っておきたい。

 

刑罰の「逆進性」も重要なテーマ。

経済力やコミュニケーション能力や引受人の有無が、示談にできるかを左右。

たとえ同罪でも、金持ちがお目こぼしにあづかるのは、国際比較でもあきらか。

 

 

 

 

国家を正義へむけ導かねばならない。

 

冤罪の蓋然性はたかい。

アメリカでは死刑判決の1/9が無実と判明している。

 

絞首刑の残虐さは周知されるべき。

首を吊ったところですぐに死なない。

アメリカでは(なんでもアメリカを例にだすのは癪だが、死刑存置がむしろ異常なんでしかたない)

絞首刑がのこっている州はふたつだけだし、薬物をえらぶことができる。

 

終身刑とゆう選択肢をもちこむのも、戦術的に有効だろう。

「終身刑ほど残酷な刑はない」などと、法務省も日弁連も反対している。

じゃあ、そんなに苦痛をあたえるなら、終身刑こそ望ましい刑罰では?

 

法務省はこの手の議論をしたがらない。

論理的に答えようがないから。

「死刑にしたいから死刑にする」、いつだって死刑存置論者のリクツはこれだけ。

 

 

 

 

1999年の「光市母子殺人事件」の加害者のため辯護士21人が結集、

遺族の感情や輿論により、死刑でないはずの事件が死刑になるのを阻止しようとした。

それに対しマスコミは、本来なら「国家vs被告人」の戦いである裁判を、

「遺族vs辯護団」のギスギスした泥仕合として報道する。

辯護士に国民の怒りが集中するのは、麻原彰晃の裁判でもなかったのに!

 

悪意はないにせよ、遺族である本村洋は日本の司法を破壊した。

 

 

『プリパラ』(テレビアニメ/2014-5年)

 

 

広島高裁は判決文で、「被告人が反省してないこと」を延々のべた。

2名殺害とはいえ、事件に計画性がないため、

死刑にするのに悪質さがたりないのは、裁判官が一番わかっている。

そこで「2名殺害+α=死刑」の「α」に「無反省」を代入、

従来の基準の範囲内でどうにか方程式を解いた。

 

事件を大法廷へまわし新基準をたてず、それでも輿論にはいい顔したくて、

広島高裁に汚れ仕事をおしつけた最高裁のズルさは、遺憾にたえない。

 

2012年、日本の裁判は単なるくじ引きとなった。

死刑ガチャだ。

 

 

 

 

あかるい面に目をむけると、本村らによる司法テロがもたらした動揺で、

司法権力の権威がうすれたおかげで、本書が出版されたともいえる。

これまで日弁連は、終身刑を議論することさえゆるさない雰囲気だった。

 

ネブラスカでの判決文を引用する。

 

我々は、死刑囚が罪なき犠牲者に苦痛を与えたのと同じだけ

死刑囚にも与えたいとの誘惑を認識している。

しかし、残虐な行為に対して残虐な行為を行うことなしに罰することが、

その文明の輝かしい証明なのだ。

 

 

『さばげぶっ!』(テレビアニメ/2014年)

 

 

さてオマケに、ボクがいまかんがえる死刑廃止論の想定問答を披露しよう。

 

死刑を廃止すべき理由、それは「自分が死刑にされたくない」から。

あなたは、もし自分や家族や友人に死刑判決がくだされたとして、

それでも死刑制度を支持しますか?

 

……なになに、「本当に悪いことをしたならしかたない」って?

なるほど、ではあなたのかんがえる善悪の基準はなんですか?

まさか裁判所じゃないでしょう。

上記の冤罪率をしっているのだから。

 

えっ、「自分や家族や友人が重罪を犯すはずないから、その質問は無意味」?

そうかな、加害者と被害者はほぼ同数だから、確率はおなじですよ。

「それでもありえない」って?

……うーん、頑固ですね。

まあ「刑罰の逆進性」をかんがえれば、わからなくもないかな。

あなたの属する階級が高ければ、自分や仲間が処罰される蓋然性は低まる。

 

でもじゃあ聞きますけど、自分がよければそれでいいんですか。

金持ちが貧乏人を殺すシステムを放置して、良心は痛まないんですか。

そもそも「自分が上の階級にいる」とゆう認識自体、幻想じゃないですか。

 

社会の残虐さをコントロールすることに、反対する理由はないでしょう。

おっと、「そうゆうオマエは、家族を殺されても死刑をのぞまないのか」って?

あたりまえでしょ、死刑廃止論者をナメないでくださいよ。




終身刑を考える終身刑を考える
(2014/09/24)
大阪弁護士会死刑廃止検討プロジェクトチーム

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

タグ: 刑罰 

エミリー・バゼロン『ある日、私は友達をクビになった スマホ世代のいじめ事情』

Sticks and Stones

Defeating the Culture of Bullying and Rediscovering the Power of Character and Empathy

 

訳者:高橋由紀子

発行:早川書房 2014年

 

 

 

2005年、アメリカの最高裁判所は神経学の研究成果をとりいれ、

少年犯罪者に死刑を求刑するのをやめた。

保釈なしの終身刑もほぼ禁じている。

思春期の子供の脳は前頭葉が未発達で、衝動をコントロールできないから。

 

二児の母でもあるジャーナリストが、21世紀型いじめ問題をとりあげた本。

ちなみに件数はふえてない。

諸国の研究をみると、加害者または被害者の割合は「10-25%」で一定。

時や場所におおきく左右されない現象だ。

 

 

『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』(日本映画/2011年)

 

 

テクノロジーにより、質的変化がみられる。

ネットで他者を攻撃するのはおもに女。

やさしくあれと社会的に期待される彼女らの攻撃性は、水面下にもぐりがち。

 

思春期女子がもつ最強の武器は「友情」。

仲間はづれほどおそろしいものは、ほかにない。

 

 

百乃モト『無敵の迷子』(一迅社刊『トゥルー・トゥルー』所収)

 

 

アイルランドからの高校生「フィービー」が自殺した2009年の事件は、示唆にとむ。

転校早々複数の男とつきあい、「スラット(slut=あばずれ)」よばわりされた。

もともとリストカット癖のある彼女は首をつって死んだ。

美人だったこともあり社会問題化、6人が起訴される最悪の事態に。

 

いじめと自殺の因果関係は、慎重にあつかうべき。

各種調査をふまえれば、懐疑的にならざるをえない。

遺族は復讐心から単純な説明にとびつくが、原因は複雑にきまっている。

 

いじめの9割は、ほかの子供の前でおこなわれる。

そのうち犠牲者をかばうものは20%以下。

保身のためでもあるし、そもそもいじめは大抵ある種の正当性がある。

フィービーの場合も「あれじゃ仕方ないよ」と、加害者たちは暗黙の支持をうけていた。

 

 

フェイスブックのソーシャルレポーティングツール

 

 

いまのティーネイジャーは停学処分より、フェイスブックのアカウント削除をおそれる。

SNSへの投資は、うしなうには莫大すぎる。

 

それほど権威あるフェイスブックのエンジニアは、問題に首をつっこみたがらない。

「AがBを妊娠させた」とゆう投稿に悪意があるか判定するアルゴリズムを、構築するのは可能か?

シリコンヴァレーが自由主義を信奉することも、障碍となっている。

 

 

 

 

「問題行動へのポジティヴな介入と支援(PBIS)」とよばれる、教育のアプローチがある。

簡単にゆうと、校長室に生徒がよびだされる回数を分析し、

教師が教室をコントロールできるシステムをつくること。

PBISはいじめ防止が直接の目的ではないが、あきらかな効果がでている。

 

まづ実證ずみの合理的手法を教育現場に普及させたうえで、

フェイスブックなどSNSと連携とれば、いじめはへってゆくだろう。

 

 

『さばげぶっ!』第10話(テレビアニメ/2014年)

 

 

それでも被害にあったら?

たたかうしかない。

人生はサバイバルゲームなのだから。




ある日、私は友達をクビになった――スマホ世代のいじめ事情ある日、私は友達をクビになった――スマホ世代のいじめ事情
(2014/08/08)
エミリー・バゼロン

関連記事

テーマ : "いじめ"問題
ジャンル : 学校・教育

タグ: 刑罰 

川本杏奈『ゆげ塾の構造がわかる世界史』

 

 

ゆげ塾の構造がわかる世界史

 

脚本・絵:川本杏奈

脚本:野村岳司

原作者:ゆげひろのぶ

発行:飛鳥新社 2014年

 

 

 

クレオパトラ7世は、近親婚によりギリシア系の血筋をたもったので、

その肌は映画などでみる褐色でなく、白人のそれだったはず。

ふむふむ、なるほど。

 

本書は、池袋の世界史専門塾「ゆげ塾」の塾長と門下生による、

漫画で勉強できる「はやわかり系」の一冊。

てゆうか、絵うまいな。

 

 

 

 

カトリック教会の組織力の所以を解説する第7章でも、

農家のポールとエミリーがいちいちエロい。

率直にいって歴史より、この夫婦の営みのつづきをみたい。

 

 

 

 

えてして「萌え」と「歴史」は両立しない。

現代の自由恋愛至上主義があてはまらないから。

しかし本書は、中世ヨーロッパの「初夜権」なんかもえがく。

その真偽はともかく。

 

 

 

 

第1章は奴隷貿易の話。

米英の鬼畜ぶりの證拠であり、全人類が記憶すべき事実だが、

絵柄がこうも可憐だと、読者へのダメージがおおきい。

 

 

 

 

作画担当は川本杏奈。

塾生時代は質問の嵐で、塾長をなやませたらしい。

中世ヨーロッパの重装騎兵のつよさを表現するのに、

『ファイアーエムブレム』を援用したり、FEファンなのはバレバレ。

 

 

 

 

本書の白眉は第二次世界大戦。

日丸屋秀和『Axis powers ヘタリア』の焼き直しにみえる「国家の擬人化」だが、

「フランスちゃん」がツインテのツンデレ少女だったりして、抵抗できない。

 

 

 

 

かしこいかわいい「ドイツちゃん」が、社会保障を整備し、

フランスちゃんに負けじと、急ピッチで国民国家をうちたてる。

 

 

 

 

あせるフランスちゃん。

アリスっぽい「イギリスちゃん」に、スエズ運河などの権益をまもってもらう。

 

 

 

 

だがイギリスちゃんは、おカネと植民地を愛する腹黒幼女だった。

ドイツをソヴィエトにぶつけ、漁夫の利を得ようとする。

 

 

 

 

問題は、ドイツちゃんがマジメすぎたこと。

必要以上に国民意識がたかまり、「劣等民族」の絶滅をはかったりして。

 

 

フランスちゃんはシャネルずき

 

 

20世紀は、帝国主義ロリと、共和主義ツンデレと、ファシズム優等生がつくった。

負の歴史を反省し、国家をこえた組織「ヨーロッパ連合」までうみだす。

 

 

 

 

EU加盟の絶対的条件が「死刑制度廃止」であることなど、

書くべきことが書かれている良書とおもう。

 

 

 

 

ブロック経済で封じこめられ、着物を軍服にきがえる「日本ちゃん」もカワイイ。

 

奥附によると作画の川本は、立教大学文学部史学科を卒業後、

歴史漫画家をめざしているらしいが、おそらく気のきいた編集者なら、

本書をよんでとっくにオファーをだしたことだろう。




ゆげ塾の構造がわかる世界史ゆげ塾の構造がわかる世界史
(2014/03/19)
ゆげ塾、ゆげひろのぶ 他

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ: ファイアーエムブレム  刑罰 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03