冬目景『空電ノイズの姫君』2巻

 

 

空電ノイズの姫君

 

作者:冬目景

掲載誌:『月刊バーズ』(幻冬舎)2016年-

単行本:バーズコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

やはり冬目景のかすれた様なタッチには独特のものがあり、

自分で描いてるらしい背景も相まって、キャラクターに実在感をあたえる。

やわらかく透明な雰囲気がいい。

 

 

 

 

本作は、くせっ毛のギタリスト・マオと、黒髪の歌い手・夜祈子の、

ダブルヒロインを看板とする青春音楽ものである。

なにげない仕草や表情がすてきだ。

 

 

 

 

ふたりのイチャイチャは、『イエスタデイをうたって』のハルと、

『羊のうた』の千砂の夢のコラボとゆう感じで、初期作のファンにはたまらない。

 

そしてガールズトークのたのしさは、冬目景が時代に先んじてそなえた特質で、

このマイペースな作家をサバイブさせた主要因だろう。

 

 

 

 

ストーリー進行は本作もゆっくり。

夜祈子はいづれマオのバンドに加入するのだろうが、作者は焦らす。

もっと序盤から見せ場をつくればいいのに。

 

ただ、対バンでマオを打ちのめすイケメンガールズバンドなど、

「音楽」とゆうテーマを推し進め、世界観を着実に構築してはいる。

 

 

 

 

「冬目景ルネッサンス」は本物みたいだ。

まぶしい夏服セーラーがそれを物語っている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 冬目景 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03