中山敦支『うらたろう』2巻

 

 

うらたろう

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

新キャラの「伏丸(ふせまる)」は犬に化ける能力の持ち主で、脱走したちよを追う。

 

2巻時点で性別は不明。

中山敦支の作品は、ある意味で性を超越しているため、

こうゆうユニセックスなキャラ造形が映える。

 

 

 

 

冷静沈着なイメージの伏丸だが、イヌの本能にはあらがえず、

主君の藤原秀衡にナデナデされるとアヘアヘ状態となる。

ギャップ萌えの威力はさすが。

 

 

 

 

森の奥から琵琶法師があらわれた。

身なりはみすぼらしく、言動は飄々としている。

 

 

 

 

その正体は「源九郎義経」。

歴史を改変した作品世界では、壇ノ浦の戦いで討ち取られたはずの男。

琵琶にしこんだ刀を手に、八艘飛びさながらの立ち回りをみせる。

 

『うらたろう』1巻のアクションは、中山作品にしては平凡だった。

作者は攻撃衝動が涸れたので、文化人っぽい歴史モノへ逃げたのかと疑った。

杞憂だった。

ナカヤマが源平合戦を題材とした理由のひとつは、

日本史上最大のアクションヒーロー「牛若丸」に挑戦するため。

 

 

 

 

大爆発とともに、白河関が崩壊する。

こわしたのは小柄な少女と、黒づくめの不気味な従者。

ふたりを目にした秀衡が狼狽する。

 

 

 

 

少女は安徳天皇、男は義経のライバルだった平教経。

日本の存亡の鍵となるちよを抹殺しに来た。

 

1巻の感想で「中山と歴史モノの相性は最悪」などと書いた僕は、

ナカヤマ信者を自称するくせに、とんだ過小評価をしたものだ!

中山が過去を指向した最大の目的は、「天皇」と斬り結ぶため。

鹿児島出身なのにオープニングの舞台が奥州なのも、僕は不自然さを感じたが、

それはちよを東から西へ旅させ、まるごと「日本」を表現するため。

 

 

 

 

安徳天皇はロリ暴君系のキャラ。

身分が今上天皇ゆえ、個性の説得力がすさまじい。

 

 

 

 

不死である温羅太郎が、頭部だけの状態で安徳天皇の首筋に食らいつく。

そして一息に食いちぎる。

こんな漫画、あっていいのか。

 

ビン・ラディンが聖人君子におもえるほどの過激性。

中山敦支は、やっぱり中山敦支だった。

創作意欲を疑った僕は万死に値する。

先生、死ぬまで必死に死力をつくして決死の覚悟でついてきます。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支  ロリ 

柴『おおきなのっぽの、』

 

 

おおきなのっぽの、

 

作者:柴

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2016年-

単行本:ワイドKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

「古戸蛍(ふるど ほたる)」は小学4年生だが、身長170cm。

大きな背中に小さなランドセルを背負う姿は、やたら目立つ。

 

 

 

 

学校では下級生になつかれている。

どうやら先生に間違われてるみたいだけど。

 

 

 

 

蛍の内面は、年齢以上に幼い。

友達とデパートへ買い物にいったところ迷子になるが、

子供に引率してもらう頼りない母親だと、店員にあきれられる。

 

 

 

 

4コマ漫画ならではの年中行事も、のっぽネタで解釈。

背が1年で急激にのびたので、雛壇がちぢんだと錯覚したり。

 

 

 

 

本作は柴の初単行本。

力づよい太めの描線が異彩をはなっている。

 

作品全体としては、学校や商店街の人物の出入りがはげしい群像劇で、

ちょっと気負いすぎたのか、散漫な印象がある。

ただ、初潮をむかえた同級生が保健室で相談にのってもらうのを見かけても、

蛍が全然察しないとか、心にのこるシーンはたくさんあるけど。

 

 

 

 

pixivのプロフィール欄にこうある。

 

自分が描きたい作品と

自分に描くことのできる作品、

そして自分に求められている作品。

 

要はこの三つのせめぎ合いなんでしょうね。

 

いろいろかんがえるタイプの、マジメな作家なのだろう。

僕はすきだ。

うつくしい描線で、個性的なキャラをえがけるなら、贔屓せざるをえない。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  萌え4コマ 

ねこ末端『陽下3姉妹はかまってほしい』

 

 

陽下3姉妹はかまってほしい

 

作者:ねこ末端

掲載誌:『コミック電撃だいおうじ』(KADOKAWA)2016年-

単行本:電撃コミックスNEXT

[ためし読みはこちら

 

 

 

きょうだいモノの注目作である。

中学3年生「貞利」の母親の再婚相手に娘が三人いて、

しかも美人ばかりなため自宅はいきなり花園と化した。

 

 

 

 

高校1年の次女「美乃里」はかまってちゃん。

ぱっつん前髪に三つ編みがかわいい。

もともと弟がほしかったそうで、やたらちょっかいを出してくる。

薄着でうろつく義姉に90cmのバストを見せつけられ、貞利は目のやり場にこまる。

しまいにはやりすぎて、新米姉弟は気まづい雰囲気に。

 

 

 

 

長女の「珠璃(じゅり)」は家では裸でいる主義だったが、

思春期男子にはあんまりだから、水着で手をうつ。

胸の大きさはともかく、スタイルのよさは美乃里に負けてない。

水着も日替わりで、裸よりかえってエロいかも。

 

 

 

 

三女の「杏梨」は爬虫類がすきな小学生。

ちょっと反応うすい子だが、お兄ちゃんができて嬉しいらしく、徐々に心をひらく。

 

 

 

 

やはり胸囲が物を言うのか、次女の美乃里がヒロイン格だ。

描写がこまやかで、ブレザーの皺や影にみとれる。

あと右の黒髪ショートの子は僕好みで、モブキャラなのに印象的。

 

ねこ末端はあとがきで、本作は作画に特に力をいれたと述べており、

ヴィジュアルは実際、前作とくらべ格段に充実している。

腕が上がったのだろうし、リソース配分見直しのおかげもあるだろう。

プロット構築やネーム作成や取材や資料集めより、

女の子をえがく作業にひたすら時間をついやすべし。

それが自分の強みだから。

 

 

 

 

とはいえ空疎な作品ではない。

映画館デート中にガラの悪い連中にからまれたとき、

俺は「弟」なんかじゃないと、貞利は男らしさをアピール。

 

親の事情で共同生活をおくることになった思春期の男女が、

おたがいを知りながら関係をふかめてゆく一方で、

義理とはいえ姉弟であるため葛藤も表面化する。

 

 

 

 

2017年1月現在、きょうだいモノに目新しさは感じられないが、

かわいさの一点突破によって群を抜いた輝きをはなつ本作は、

極上の癒やしを読者に注入してくれる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   ロリ 

江島絵理『柚子森さん』

 

 

柚子森さん

 

作者:江島絵理

掲載サイト:『やわらかスピリッツ』(小学館)2016年-

単行本:ビッグスピリッツコミックス

[当ブログの関連記事はこちら

 

 

 

公園で猫の化身みたいな、妖精みたいな小学4年生を見かけたとする。

くらくらと目眩がして当然だ。

 

 

 

 

とはいえ、いきなり話しかけるのは非常識だろう。

「野間みみか」はれっきとした女子高生だから、

生徒手帳をみせれば信用してもらえるかもと、淡い期待をいだく。

 

講談社から小学館へうつって、主人公に「野間」を名乗らせるアイロニー。

 

 

 

 

もちろん効果はない。

「柚子森楓(ゆずもり かえで)」は防犯ブザーでみみかを撃退。

 

第1話の5ページで、読者は異様な愛の世界へ叩きこまれる。

 

 

 

 

7歳差の柚子森さんとみみかは、とりあえず友達になる。

自宅へ招いたらおしゃれしてくれて、それだけで感動。

 

 

 

 

ヴァージンスノーみたいな肌。

首や腕の細さ。

ムダな肉が1グラムもない、うすっぺらな体つき。

 

ウラジーミル・ナボコフが嫉妬しそうな技巧でえがく。

 

 

 

 

柚子森さんに脳のなかを占領されたみみかに、クラスメイトの「栞」が言う。

あんたはロリコンだと。

顔半分をフキダシで隠した病名宣告が容赦ない。

 

 

 

 

血みどろの闘争をえがく『少女決戦オルギア』から作風は大きく変化したが、

少女同士の不毛な関係がテーマなのはかわらない。

たがいを高めあうパートナーシップとはかけ離れている。

江島絵理が紙面にさらけだす性愛は、つねに無目的で醜悪な暴力性をはらむ。

 

 

 

 

パンキッシュな疾走感と、クールな構成力が共存する傑作『オルギア』とくらべたら、

ゆるゆるふわふわな『柚子森さん』は、江島にしては小品と言える。

さらっと一筆書きで描いた様な。

勿論、読者にそうおもわせる伎倆がすさまじいのだが。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ロリ 

晴瀬ひろき『魔法少女のカレイなる余生』

 

 

魔法少女のカレイなる余生

 

作者:晴瀬ひろき

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2015年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

魔法少女モノの4コマ漫画である。

上掲画像のとおり、「かわいさ」とゆう当ジャンルの必須条件を満たしている。

 

晴瀬ひろきは10年以上のキャリアをもつ作家で、

単行本の表紙をならべて見比べると、絵柄の変化がわかりやすい。

いまは縦長で、キャラによっては瞳孔を白くするなど、

瞳の表現にクセがあるがバランスはよく、独特の洗練を感じさせる。

 

 

 

 

14歳の「黎明しじま」が主人公。

魔法少女見習いとして養成学校の寮に入居するが、

そこには引退した「元」魔法少女3人が住んでいた。

 

魔法少女は、引退した時点で体の成長がとまる。

上でキレている「桜花リラ」の外見は幼女だが、実年齢は100歳以上。

ロリババア好きの心を鷲掴みにするキャラだ。

 

 

 

 

高3で魔法少女になった「銀河ささり」の外見は大人っぽいが、

実年齢は30歳前後で、寮のなかでは若い方。

でもときどき言動から、しじまとの世代差がバレてしまう。

 

 

 

 

生活費を稼ぐため、コンビニでバイトしたり。

魔法少女幻想をぶち壊す様な、モラトリアム生活がえがかれる。

 

 

 

 

髪型や服装はひらひらふわふわと装飾がおおく、

4コマにしては情報過多と言えるが、たとえばツンデレお嬢様である、

「白鳥ななほし」の内面を付き人にフリップで代辯させるなど、

手法面でも工夫が凝らされていて、読みごたえあり。

 

 

 

 

入浴シーン。

つるぺたロリから、ボンキュッボンの三十路JKまで、

艶のある曲線で描き分ける手腕にうならされる。

 

 

 

 

本作の「痒いところに手が届いてる」感じが、以上の拙文でつたわったろうか。

ゆるゆるだけど、隙がない。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  きらら系コミック  ロリ  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03