松本ひで吉『境界のミクリナ』2巻

 

 

境界のミクリナ

 

作者:松本ひで吉

掲載誌:『少年マガジンエッジ』(講談社)2015年-

単行本:マガジンエッジコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

人間界を支配しにきたロリ魔女っ娘のミクリナが、

いつの間にやら人間界に順応した日常をえがくコメディ。

きょうも火責め(サウナ)やら水責め(水風呂)やらで大騒ぎ。

 

 

 

 

夏祭り回では、物体移動の魔法を披露。

ラムネの瓶からビー玉を抜き出し、幼女を笑顔にする。

このネタは、カバー下の謎ポエムの伏線なのでお見逃しなく。

 

 

 

 

腐れ縁の魔女仲間「インゲル」が登場。

ミクリナとちがい魔力がたかく、大人の姿に華麗に変身したり。

 

ちなみに「フドーさん」と言うのは、「不動産」が人名だと勘違いし、

あらゆる土地を所有する権力者と思いこんでいる。

 

 

 

 

インゲルはミクリナが大好き。

特にぷにぷにのほっぺが。

1巻にくらべて百合成分を増量!

 

 

 

 

16話に出てくる「椎名リサ」。

偏差値80超えの天才で、メカを自在にあやつる。

つねにお菓子を食べてるなど、キャラ造形がキマっている。

 

 

 

 

こちらは日曜朝のアニメ『プリティ☆モモカ』のヒロイン。

デザインは普通だが、『さばげぶっ!』ファンにとってうれしいネーミングだ。

 

 

 

 

松本ひで吉は、短距離のスプリントをくりかえして主導権をにぎる、

サッカー選手にたとえるならギャレス・ベイルの様な作家だろう。

だいぶとっ散らかっている本作だが、1話ごとの中身は濃く、

笑いのあとで不意に泣かせるカウンターアタックが炸裂する。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ロリ 

桜井瑞希『いつか私は、君を裏切る』/石見翔子『しょーがくせいのあたまのなか』

 

 

きらら系コミックを2作紹介しよう。

まづは桜井瑞希『いつか私は、君を裏切る』(ためし読み)から。

女子高校のドロドロした人間関係がひきおこす事件を、

小柄で小生意気な「ウイコ」が探偵となって真相をあばくミステリ漫画。

JKが正面切ってJKを断罪する。

 

 

 

 

『フォワード』連載なのもあり、きららにしては鬱展開満載。

美少女たちの醜い内面を目の当たりにし、ウイコは呆然とした横顔をみせる。

 

 

 

 

本作は横顔が印象的。

うつくしい横顔同士がむきあえば、必然的にキスへ発展する。

百合とゆうミステリーがますますふかまってゆく。

 

 




 

 

つぎに石見翔子『しょーがくせいのあたまのなか』(ためし読み)。

アニメ化された『かなめも』につづく作品で、舞台は小学校。

おへそのチラリズムがまぶしい。

 

 

 

 

おきにいりキャラは、黒髪ポニーテールで清楚だが毒舌な「ふたば」。

連れションの変態性など、女子小学生のエロスを曝露する。

 

 

 

 

小学校はスキンシップの機会がひっきりなし。

まじめに授業をうけてるだけなのに、彼女らは禁忌の快感に身悶える。

 

 




『いつか私は、君を裏切る』

 

 

女学生はお人形の様に愛くるしいのに、いやだからこそ、

毒々しく自堕落な本性が僕らの目に際立って見える。



関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  ロリ  百合 

綱島志朗『人狼機ウィンヴルガ』/中村卯月『エンゲージ バレル』

 

 

『人狼機ウィンヴルガ』(チャンピオンREDコミックス/Kindleストア)は、

ジンキシリーズなど巨大ロボット漫画に定評ある綱島志朗の新作。

 

 

 

 

主人公は、赤い瞳と銀髪をもつ「真白」。

暮らしていた平和な町が武装集団に襲われ、囚われの身となる。

 

 

 

 

妹の様にかわいがっていた幼い「マイ」はレイプされ、残酷に殺される。

アマゾンレビューを見ると、「凌辱シーンは気持ち悪くて見てらんない」

「性に対しての綱島さんの考えに毎度少しだけ引いてます」

「綱島先生は何処へ向かっているのか?」など、

本作の性描写に対し批判的な意見がおおく寄せられている。



 

 

 

 

中村卯月『エンゲージ バレル』(YKコミックス/Kindleストア)は、

第一次世界大戦風の戦場から脱走した兵士「フリッツ」の物語。

 

 

 

 

空腹のあまり森で倒れていたところ、近くの村にすむ「アンナ」に救われる。

極限状況で出会った男女の心の交流がテーマだ。

これまで学園モノがおおかった作者は絵柄を大幅にかえ、

異国の風景・衣装・軍装などをきめこまかく描写する。

 

 

 

 

ひとり暮らしをしていたアンナとの共同生活がはじまる。

実は彼女は体を売って生計を立てていた。

きびしい情勢でほかに手段はないし、恥じるつもりもないが、

それをフリッツに知られるのは辛いことだった。



 

 

 

 

言うまでもなく、現実世界で国家間の戦争は減少傾向にある。

つまり戦争はオワコン化してるのだが、あいかわらず物語の題材として好まれる。

殺伐とした戦場や、剣呑な兵器が、女たちをよりうつくしく引き立てるからか。



関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  近未来 

春河もえ『異議ガール!』

 

 

異議ガール!

 

作者:春河もえ

掲載誌:『月刊コンプエース』(KADOKAWA)2016年-

単行本:角川コミックス・エース

[ためし読みはこちら

 

 

 

ある女子大生が法律事務所をおとづれたところ、

眼鏡をかけた知的な感じの弁護士っぽい人と、

ツインテールで愛くるしい助手っぽい少女にむかえられる。

女性でも安心できる雰囲気の事務所だ。

 

 

 

 

ところが、メガネの「繭子」の方が助手だった。

その正体は、音大を中退して引きこもっているアニメオタクで、

もちろん法律の知識などまったくない。

 

 

 

 

「リタ」は留学先のアメリカで資格取得した、14歳の弁護士。

かわいすぎるせいで信用されないため、影武者として幼なじみの繭子を雇った。

 

法律面はプロの監修をうけたらしく、離婚裁判での破綻主義と有責主義など、

専門用語が飛び交う、まじめなリーガルコミックとなっている。

 

 

 

 

春河もえは『東方鈴奈庵』で知られる作家。

世にもめづらしい「ロリ弁護士」とゆう題材を、あでやかに視覚化する。

 

 

 

 

「冬木智子」は、史上最年少の検事。

アメリカ時代に知り合ったリタをライバル視し、強引に有罪を立証しようとする。

 

ひらひらして派手な服装は、狩魔冥など『逆転裁判』シリーズを髣髴。

 

 

 

 

反目するリタと智子だが、内心はおたがいを認めあい、惹かれあっている。

本作は、百合の香りが濃いめなのが特色。

東方世代のフィルターをとおしアップデートされた逆裁系作品とも言える。

 

 

 

 

離婚、ストーカー、悪徳業者……。

街は揉めごとであふれかえる。

それでもかわいさとゆう正義をつらぬき、彼女らはたたかう。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 

中山敦支『うらたろう』2巻

 

 

うらたろう

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

新キャラの「伏丸(ふせまる)」は犬に化ける能力の持ち主で、脱走したちよを追う。

 

2巻時点で性別は不明。

中山敦支の作品は、ある意味で性を超越しているため、

こうゆうユニセックスなキャラ造形が映える。

 

 

 

 

冷静沈着なイメージの伏丸だが、イヌの本能にはあらがえず、

主君の藤原秀衡にナデナデされるとアヘアヘ状態となる。

ギャップ萌えの威力はさすが。

 

 

 

 

森の奥から琵琶法師があらわれた。

身なりはみすぼらしく、言動は飄々としている。

 

 

 

 

その正体は「源九郎義経」。

歴史を改変した作品世界では、壇ノ浦の戦いで討ち取られたはずの男。

琵琶にしこんだ刀を手に、八艘飛びさながらの立ち回りをみせる。

 

『うらたろう』1巻のアクションは、中山作品にしては平凡だった。

作者は攻撃衝動が涸れたので、文化人っぽい歴史モノへ逃げたのかと疑った。

杞憂だった。

ナカヤマが源平合戦を題材とした理由のひとつは、

日本史上最大のアクションヒーロー「牛若丸」に挑戦するため。

 

 

 

 

大爆発とともに、白河関が崩壊する。

こわしたのは小柄な少女と、黒づくめの不気味な従者。

ふたりを目にした秀衡が狼狽する。

 

 

 

 

少女は安徳天皇、男は義経のライバルだった平教経。

日本の存亡の鍵となるちよを抹殺しに来た。

 

1巻の感想で「中山と歴史モノの相性は最悪」などと書いた僕は、

ナカヤマ信者を自称するくせに、とんだ過小評価をしたものだ!

中山が過去を指向した最大の目的は、「天皇」と斬り結ぶため。

鹿児島出身なのにオープニングの舞台が奥州なのも、僕は不自然さを感じたが、

それはちよを東から西へ旅させ、まるごと「日本」を表現するため。

 

 

 

 

安徳天皇はロリ暴君系のキャラ。

身分が今上天皇ゆえ、個性の説得力がすさまじい。

 

 

 

 

不死である温羅太郎が、頭部だけの状態で安徳天皇の首筋に食らいつく。

そして一息に食いちぎる。

こんな漫画、あっていいのか。

 

ビン・ラディンが聖人君子におもえるほどの過激性。

中山敦支は、やっぱり中山敦支だった。

創作意欲を疑った僕は万死に値する。

先生、死ぬまで必死に死力をつくして決死の覚悟でついてきます。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支  ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03