ちると『とっても優しいあまえちゃん!』

 

 

とっても優しいあまえちゃん!

 

作者:ちると

掲載サイト:『ドラドラドラゴンエイジ』(ドワンゴ)2017年-

単行本:ドラゴンコミックスエイジ(KADOKAWA)

[ためし読みはこちら

 

 

 

「あまえちゃん」は乳房が発達してるけど、まだ小学生。

マンションの隣に住む漫画家志望の「おにーさん」になついている。

むしろあまえちゃんの方が、おにーさんを小動物みたく可愛がっている。

 

 

 

 

あまえちゃんは恋愛感情に目覚めてないし、おにーさんは性欲を抑制している。

ふたりの仲は進展しそうにない。

巨乳JSが全身から発散する、無邪気なエロスを堪能する作品だ。

 

 

 

 

1巻時点で、あまえちゃんの家庭環境は説明されない(おそらく描き様がない)

ヤンキーっぽい毒舌な友達「まともちゃん」とか、ロリキャラの描き分けは巧みだ。

 

 

 

 

公園であまえちゃんに抱きついてるところを、婦警さんに目撃される。

現行犯逮捕されてもしかたない状況だが、

婦警さんが天然キャラだったため意外な結果に。

 

 

 

 

萌え文化を「甘ったれたマザコン趣味」と腐すのは典型的な論法だが、

批判を逆手にとって、ヒロインの属性にギュッと凝縮したのが本作。

このダメすぎる世界観を受けいれるべきか判断に迷っていたら、

いつの間にか思考停止し、全面降伏している恐るべき踏絵だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 

鍵空とみやき『ハッピーシュガーライフ』6巻

 

 

ハッピーシュガーライフ

 

作者:鍵空とみやき

掲載誌:『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)2015年-

単行本:ガンガンコミックスJOKER

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

前巻で許されざる罪を犯したさとうは倒れ、放心状態となる。

見よう見まねで、幼いしおが台所にたつ。

グツグツと煮えるカレーの鍋をながめていると、

心の奥底に沈殿していた記憶がうかびあがってくる。

 

 

 

 

しおの父はヒモで、母に暴力をふるっていた。

ツナ缶をいじりながら、しおは耐え忍ぶ。

 

直接的表現を迂回する技巧はあいかわらずだ。

 

 

 

 

母が娘のほかに大切にしていたのは、一枚の着物。

着付けできないので自分は着たことないが、

いつかしおが成長したとき着てもらうのが夢だった。

 

 

 

 

夫に命じられて着物まで売るはめになり、母の精神は崩壊する。

 

壊れるきっかけが物理的暴力でないのが、うまい。

と言うより、こわい。

独特な浮遊感のある世界観に、日本の伝統文化を挿入したのも効果的。

 

 

 

 

カーテンレールで縊死した母の姿を、子供の落書きの様にえがく。

しおの目には、そう見えたのかもしれない。

 

 

 

 

無理して保護者ぶるさとうを、つめたく突き放す。

しおが求めているのは母性愛ではない。

そんなものは当てにならないと知っていた。

愛が本当の愛であるためには、愛し愛されないといけない。

対等に向き合わねばならない。

 

しおの幼い顔立ちのなかで、現実を直視する瞳がかがやく瞬間は、

本作の白眉と言えるほどうつくしい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ロリ 

前原タケル『おはようサバイブ』

 

 

おはようサバイブ

 

作者:前原タケル

掲載誌:『週刊少年マガジン』(講談社)2017年-

単行本:講談社コミックス マガジン

[ためし読みはこちら

 

 

 

山手線車輌の上に洗濯物を干す。

この若者たちは、文明崩壊後の世界で生きている。

新病のパンデミックにより人々は斃れた。

 

 

 

 

16歳の「ナユタ」と「ユメ」の視点で物語はすすむ。

冒頭の引用画像に商業ビルのBIG BOXが描かれているとおり、

ふたりのサバイバル生活は高田馬場ではじまる。

 

 

 

 

女の子のかわいさを前面に出しているが、マガジン連載らしく、

どちらかと言えばストーリードリブンな作品だ。

ユメの食欲を満たすためプリンをつくるのが、当面の目標。

 

 

 

 

半壊した東京駅。

周辺に市場がひらかれ、物々交換経済が成立している。

ロケハンにもとづく風景描写がみどころ。

 

 

 

 

「かなぴー」とゆう年上の女がメンターの役割をはたす。

電波系でエッチが大好きなキャラだ。

たとえるなら夢眠ねむみたいな、アートスクール出身っぽい雰囲気。

 

 

 

 

食うか食われるかの弱肉強食の世界なのに、いやだからこそ、

若者の頭のなかは煩悩ばかりで、暇をみつけてセックスにはげむ。

それが本作のテーマだ。

 

 

 

 

それぞれ異なる意図をもった組織同士の争いなど、

ポスト・アポカリプスSF的なお楽しみについても紹介すべきだったが、

12歳で東北辯の「ツキミ」とか、やはりキャラ造形に惹かれる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 

江島絵理『柚子森さん』3巻

 

 

柚子森さん

 

作者:江島絵理

掲載サイト:『やわらかスピリッツ』(小学館)2016年-

単行本:ビッグスピリッツコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

いつもより絵面がきらきらでふわふわ。

あとがきに重要な情報がある。

 

じつはすこし前から「自分の絵を見つめ直したいな」という気持ちがありまして、

ためしにこの巻はアシスタントさんお願いしないでひとりで描いてみました。

絵に気合いを入れれば入れるほど画面がうるさくなってくんだけど、

多少うるさくないと私っぽくないような気も…?

 

作者は転機をむかえてるらしい。

本巻は、江島の作家性をよみとるのに都合がよい。

 

 

 

 

江島絵理と言えば、女同士のたわいないおしゃべり。

緊迫したメインプロットの合間に、別種のおたのしみがやってくる。

 

 

 

 

「友達未満恋人未満」をあらわすグラフとか、なんともおかしい。

カフェの内装や栞のワンピースなどにさりげない魅力があり、

漫画としての密度が高まっている。

 

 

 

 

19話でみみかと柚子森さんが、架空の対戦型格闘ゲームに興じる。

描写がやけにマニアックで、『少女決戦オルギア』のルーツがわかった気がする。

華やかなヴィジュアルと苛酷なバトルの、二兎を追う理由が。

 

 

 

 

江島作品はキャラが立っている。

立ち姿にただならぬ雰囲気があり、キャラ同士で、

そして読者と作者のあいだで、差し合いがはじまる。

格ゲー脳がうみおとした果実だろう。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ロリ 

瀬口たかひろ『漫画家接待ごはん』

 

 

漫画家接待ごはん

 

作者:瀬口たかひろ

掲載誌:『月刊少年エース』(KADOKAWA)2016年-

単行本:角川コミックス・エース

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

さいきんグルメ漫画があまりに多すぎ、文字どおり食傷ぎみだが、

本作は食べるのが好きな漫画家の話なので読んでみた。

 

 

 

 

主人公は、作者とおなじく福岡在住の中堅漫画家。

漫画家は編集者と打ち合わせするとき、会社のカネでうまいものを食べられる。

この職業のオイシイ部分をテーマにすえたわけ。

 

 

 

 

漫画家は店からサインをもとめられることがある。

おとづれるたび、捨てられてないか不安でたしかめる。

 

 

 

 

「編集者が電話してくるタイミングベスト3」など、漫画家あるあるがおもしろい。

なにせ現名義だけでざっと数えて単行本69巻のベテラン、ネタにこまらない。

 

 

 

 

主人公はプロットを綿密に練りこむタイプだそうで、

行き当たりばったりなのに人気のある作家を妬んでいる。

左下の休載ばかりの男は冨樫義博がモデルか。

 

主人公が作者の自画像かどうかはわからない。

手堅い職人タイプなのは共通だが、原作つきが多い瀬口とは別人におもえる。

おそらくモデル問題にカムフラージュをほどこしている。

瀬口は食えない作家なのだ。

 

 

 

 

取材で東京にきたとき、新宿の思い出横丁(ションベン横丁とも言う)で、

観光客らしい金髪の幼女に目をとめる。

やけに印象的なカットであり、作者が実際に見たのだろう。

 

作家性を前面に打ち出さない瀬口が、20年以上活動できた理由がわかる。

街頭のふとした光景を記憶に焼きつける、その観察力のするどさだ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03