加藤コウキ/無義歩『餡さんぶるっ!』

 

 

餡さんぶるっ!

 

作画:加藤コウキ

原作:無義歩

掲載サイト:『コミック アース☆スター』(アース・スター エンターテイメント)2016年-

 

 

 

和菓子職人の娘で16歳の「星川星波(せな)」が、自作の「桜いちご大福」をふるまう。

ひとくち口にするだけで、春の訪れを感じさせる逸品。

 

JKと和菓子をたっぷり詰めこんだ、ひたすらスウィーティな物語のはじまり。

 

 

 

 

「アン・ルクレール」は、フランスからの留学生。

本国では見習いパティシエールだが、和菓子好きが嵩じてわざわざ来日。

 

 

 

 

和菓子店「瑞星庵」をひらいている、星波の自宅でホームステイすることに。

知り合ったばかりの他人のベッドに飛びこむ、天真爛漫な白人少女、

シーツの乱れが気になる、几帳面な大和撫子。

『ハナヤマタ』と似た構図だ。

窓からスカイツリーが見える、下町浅草のローカル性もいい感じ。

 

 

 

 

原作の無義歩は、アダルトゲームでキャリアを積んでおり、

主人公の内面を陰影もふくめ立体的に描こうとしている。

和菓子へのアンビバレントな思い、亡き母の記憶、ライバルとの確執など。

 

 

 

 

作画の加藤コウキは、『幻影ヲ駆ケル太陽』のコミカライズを担当した作家。

もともとセンスがよいが、本作はより自由にキャラクターデザインの才能を発揮する。

爆発してると言ってもいい。

僕が好きなのは、風をイメージしたと言う「景」。

人力車を引く仕事をしている、ちゃきちゃきの江戸っ子だ。

 

あと、主人公のチャームポイントであるハート型の髪留めは、

ツンデレの「デレ」の部分を象徴している様だ。

 

 

 

 

クラスメートの「仁乃」の父親はヤクザの組長。

キセルをくわえた母親の描写は、

いまどきギャグ漫画でも見ないテンプレ姐御だが、世界観におさまっている。

 

 

 

 

1巻時点での印象を言うと、プロットが弱いとおもう。

全体的に薄味だ。

たとえば『ハナヤマタ』なら、ヤヤとのケンカ・常盤姉妹の軋轢・ハナの帰国など、

葛藤がつねに提示され、青春の光と影を緊張感をもって描いていた。

また、主人公がツンデレだと話は転がらず、結局デレてばかりになりがち。

つまりどれだけ可愛くても、笹目ヤヤは主人公に向かない。

「店の存亡をかけて全国高校和菓子コンテストに出場!」みたくシンプルな話の方が、

荒唐無稽だとしても、加藤コウキの作風に合ってそうだ。

 

いろいろ注文をつけたのは、本作の題材が魅力的だから。

繊細かつ華やかな絵柄をみるだけで、和菓子の上品な甘い香りがただよう。

要注目作だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ハナヤマタ 

吉村佳/あおしまたかし『タヒチガール』

 

 

タヒチガール

 

作画:吉村佳

原作:あおしまたかし

掲載誌:『まんがタイムジャンボ』(芳文社)2014年-

単行本:まんがタイムコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

わたしとオリタヒチ、しませんか?

 

南の島からやってきた褐色の少女「マハナ」が、

日本の高校で「タヒチアンダンス部」を設立、みんなを幸せにする物語。

 

 

 

 

主人公の「夕凪麻衣」はいわゆる無表情キャラ。

ふつうに接してるつもりなのにクラスメートを怯えさせる。

陽気なポリネシアンと正反対。

 

 

 

 

「天王寺林檎」はリゾート帝国の跡取り娘。

タヒチの踊り「オリタヒチ」にくわしいので入部する。

庶民をみくだす高飛車ツインテお嬢さまだが、

意外と世話焼きな性格で、ノリノリで部長就任。

 

 

 

 

「桐原陽火(はるか)」は男子だが、カワイイので数あわせのため拉致される。

大胆コスチュームもよく似合う。

 

 

 

 

ヘタレのルカは、部内でつねにいじられ役。

あまりに度が過ぎるときは、マイがたしなめる。

人の外見をからかうのはよくないと。

 

原作担当のあおしまは、『ゆるゆり』などアニメの脚本を手がけたひとで、

たとえば男の娘を出すならその葛藤をえがくとか、作劇術はさすがに緻密。

『どろんきゅー』でしられる吉村との相性もいい。

 

 

 

 

テンプレぽい登場人物が、ゆるゆるドタバタすごす日常に、

ふっと絶妙のリズムでときめく瞬間がはさみこまれ、

ツンデレなんだからそろそろデレると予期していても、胸にひびく。

 

アニメ『ハナヤマタ』がすきで、ヤヤちゃんに会えなくてさびしい僕の心を癒やす。

 

 

 

 

無邪気な褐色少女、目を惹きつける南国の衣装、そして百合……。

わざわざタヒチへゆかなくても、そこに楽園はあった。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  男の娘  ハナヤマタ 

『ハナヤマタTVアニメ公式ガイドブック colorful flowers』 奥野香耶の水彩ボイス

原画:MADHOUSE 彩色:MADBOX 背景:山根左帆(草薙) 特効:イノイエシン

 

 

ハナヤマタTVアニメ公式ガイドブック colorful flowers

 

編:まんがタイムきらら

発行:芳文社 2014年

[過去の記事→3話/7話/9話/11話/12話

 

 

 

アニメ『ハナヤマタ』の配役で難航したのは勿論、「笹目ヤヤ」だ。

作中でツンデレツンデレとからかわれつづける、

自己言及的パラドックスをはらむ「漫画っぽいキャラ」だから。

 

スタジオオーディションできまらず再テストするがそれも不調、

なやむ音響監督・藤田亜紀子のかわりに監督いしづかあつこが、

ちょっと声にクセのある新人・奥野香耶をえらんだ。

 

 

奥野香耶(撮影:辺見真也)

 

 

奥野はアニメがすきで声優になったタイプ。

それは決して当然のことじゃない。

不動産屋がみな不動産がすきで職につくとはかぎらない。

 

彼女の場合、いろんなアニメの全セリフを録音して遊んでたほどだから相当だ。

なかでもツンデレ役にあこがれていた。

 

 

7話

 

 

念願の大役をえて収録がはじまるが、不安はますばかり。

ヤヤちゃんがあまりに可愛すぎ、追いつけず焦った。

 

 

 

 

ヤヤは感情の振れ幅がおおきく、自分と逆。

音響監督・藤田に「渋谷系のギャルのイメージで」と指示をだされる。

大学卒業まで岩手に住んでたので、シブヤなんて全然しらない。

 

ただタミ役の大坪由佳は、奥野がギャルっぽさをよく出せてると評価。

ちょっとシャクれる感じとか、語尾の処理がうまいらしい。

岩手での独学のおかげか。

 

 

9話

 

 

マチ役の沼倉愛美はこうかたる。

 

収録が始まって、一番印象が変わったキャラクターはヤヤなんですよ。

(奥野)香耶の声が入って、驚いたし、もっと好きになっちゃった。

なんなんでしょうね、香耶の声の中毒性ったら。

 

典型的なツンデレ演技にやわらかい響きをにじませ、淡い印象をのこす。

水彩画みたいな声は、本作のピンクがかった色彩設計とも共鳴。

 

 

原画:MADHOUSE 彩色:MADBOX 背景:山根左帆(草薙) 特効:イノイエシン

 

 

主要スタッフを女性でかためたせいか、ヒロインたちはある意味アニメっぽくない。

「なる」なんて、はっきりと足を太く短く描いている。

自戒しないとアニメーターの理想が投影され、ついついスタイル抜群になる。

 

 

OP

 

 

ゆえに、まるでアニメみたいなヤヤのシルエットが際だつ。

中学生らしい無防備さもあいまって、えも言われぬ情趣が足元からたちのぼる。

 

 

原画:MADHOUSE 彩色:MADBOX 背景:吾田愛美(草薙) 特効:イノイエシン

 

 

放映開始の2年前に脚本会議がはじまっていた。

単行本はまだ2巻しか出ておらず、原作者・浜弓場双の提示したプロットを、

いしづかと脚本家・吉田玲子をまじえた3人で形にしていった。

原作とアニメの関係は、「主従」とゆうより「双子の姉妹」にちかい。

 

たとえば吉田が猛烈に食いついてやりたい放題した、

『けいおん!』を髣髴させる10話の「合宿回」は、のちに原作でも描かれる。

 

 

12話

 

 

女の子同士の物語をつくるうえで、吉田が意識していること。

 

空気感みたいなものは意識しています。

その場のなごやかさ、張りつめ方、人と人の距離感、声には出さない思いやり。

そうしたものを含んだ会話になるといいなと。

 

第12話冒頭の、屋上でアイスキャンディをたべるくだり。

ほかに語るべきことはいくらでもあるし、なくてもいいシーンだ。

でも醸しだされる季節感、色彩、女の子らしさ、

つまり「空気感」が、最終話をより感動的なものとする。

 

 

11話

 

 

言葉にならない思いが、青春の光となり空気をふるわせる。

ときに人はそれを「ツンデレ」とよぶ。




ハナヤマタTVアニメ公式ガイドブック colorful flowers (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)ハナヤマタTVアニメ公式ガイドブック colorful flowers (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2014/12/12)
原作:浜弓場 双、編:まんがタイムきらら 他

関連記事

テーマ : ハナヤマタ
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ハナヤマタ  きらら系コミック  百合 

『ハナヤマタ』最終話 ツンデレ黄金比

 

 

ハナヤマタ

 

テレビアニメ『ハナヤマタ』第12話

 

出演:上田麗奈 田中美海 奥野香耶 大坪由佳 沼倉愛美 豊口めぐみ

絵コンテ:佐山聖子

監督・演出:いしづかあつこ

シリーズ構成・脚本:吉田玲子

キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺敦子

色彩設計:大野春恵

原作:浜弓場双『ハナヤマタ』(芳文社刊)

アニメーション制作:マッドハウス

放送:2014年

[過去の記事→3話/7話/9話/11話

 

 

アニメ版『ハナヤマタ』で一番すきなシーンは、12話のアイスをたべるところ。

屋上で汗をながす部員たちに、サリーちゃん先生が差し入れ。

 

 

 

 

「なるはイチゴでしょ?」

「えっ、いいの、もらって!?」

 

ヤヤとしてはちょっと気をきかせてるだけだが、

客観的にみて「なるのことわかってるアピール」となり、愛情はダダ漏れ。

一方なるは、なんのうたがいもなく、母娘の様にあまえる。

まったく、このコらは最後まで……。

 

 

 

 

色とりどりのアイスキャンディ。

それぞれの味、それぞれの愛、それぞれの夢。

はかなくとける、ひと夏の経験。

 

色彩ゆたかなアニメ版の美点がつまった、ちっちゃい名場面だ。

 

 

 

 

最終話序盤は、オープニングのカットをなぞる。

ハナの不在を強調する。

おもえばOPは5人の視線がズレてたし、防波堤ではハナだけ立っていた。

すれちがいは、1話冒頭からはじまっていた。

 

 

本番前なのに……

 

 

雨ふって百合さいた常磐姉妹のラブラブぶりに、「ズルい、身内びいき」とわりこむ。

ヤヤはうごくものすべてに嫉妬するタチらしい。

愛とゆう本能だけでいきるケモノみたい。

 

 

 

 

蝶の様なリボン、くせのある長髪、すらっとした体型、ニーソ……。

笹目ヤヤは本作のアイコンだ。

足もとが映っただけで、「あっヤヤちゃん」とわかる。

 

 

 

 

かつてのバンド仲間が「花彩よさこい祭」の応援にきた。

根にもつタイプのヤヤは、勝手に解散したことをゆるしてない。

そっけない態度をとる。

 

 

 

 

「……で、なにしにきたのよ」

「急にきてゴメン……でも、ヤヤの踊るところ見たかったから。がんばってね」

「なによ、言われなくてもがんばるにきまってるじゃない!」

 

 

 

 

「くっそちょろい、コイツ……」とバンドメンバーがおもったかはともかく、

自分らの好意をつたえれば、決して拒絶されないと確信してたろう。

 

 

 

 

「だれかじゃなくて、自分ががんばれば、なりたい自分にちかづけるんだね……」

波のきらめきを背に夢をかたる。

 

 

 

 

本作は「痛々しいポエムアニメ」とゆう側面がある。

生のまま食卓にだしたらギャグになってしまう。

 

 

 

 

「ちゃんと輝いてるとおもうよ、いまのなる……」

 

 

 

 

ぽわわんと後頭部まで真っ赤のヤヤ。

アニメーターにとっては、天使みたいにありがたいキャラだ。

どんな恥づかしい会話も、数本の色トレスで中和する、マジカルなツンデレ言語

 

 

 

 

ハナのサプライズ参戦をむかえ、5人で本番スタート。

「ぱあっとぱあっと、はれやかに。さかせましょう、花の様に♪」

 

 

 

 

みなれたパフォーマンスが実現。

おそろしく出来のよいOPは、本作のハイライト集でもあった。

 

 

 

 

また各話のエピソードひとつひとつが、『ハナヤマタ』そのもの。

どれもわすれられない、すてられない。

 

 

 

 

ケンカばかりだった気もするけど、なつかしい。

夏をあざやかにそめた虹色の記憶が、鳴子をふるたびよみがえる。

 

 

 

 

3か月って、長い様な、短い様な。

ぐるっと時はめぐり、物語の円環がとじる。

 

 

 

 

ツンデレベースのカクテルは、レシピは複雑だけど、フルーティでさわやか。

 

 

 

 

なるはヤヤちゃんの愛にもっとこたえてよ、とおもわなくもないけど、

この鈍感な詩人の涙が、あまずっぱさの隠し味だから仕方ないか。

 

 

 

 

一瞬とゆう永遠をとじこめたステージ。

完璧、以外の言葉はでてこない。




ハナヤマタ6 [初回生産限定盤][Blu-ray]ハナヤマタ6 [初回生産限定盤][Blu-ray]
(2015/02/27)
上田麗奈、田中美海 他

関連記事

テーマ : ハナヤマタ
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  百合  ハナヤマタ 

『ハナヤマタ』11話 畑亜貴をこえて

 

 

スマイル・イズ・フラワー

 

テレビアニメ『ハナヤマタ』第11話

 

出演:上田麗奈 田中美海 奥野香耶 大坪由佳 沼倉愛美 豊口めぐみ たかはし智秋

演出・絵コンテ:渡邉こと乃

監督:いしづかあつこ

シリーズ構成・脚本:吉田玲子

キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺敦子

色彩設計:大野春恵

原作:浜弓場双『ハナヤマタ』(芳文社刊)

アニメーション制作:マッドハウス

放送:2014年

[過去の記事→3話/7話/9話

 

 

元気娘ハナの心はいづこへ。

水遊びに興味しめさないなんて!

 

 

 

 

離婚して別居中の母が、来日しているのが原因。

ママはだいすきだけど、うれしいことばかりじゃなく……。

 

 

 

 

メールには「成績わるかったら生き埋めだよ :-)」とかいてある。

中3でこれがよめる真智の語彙力はなかなか。

 

 

 

 

みんなにいえなかったこと。

両親が再婚すること。

あす自分もアメリカへかえること。

 

 

 

 

家族がはなればなれになったのが、人生で一番つらかったこと。

ふたりの関係修復を邪魔するなんて、絶対ゆるされないこと。

 

 

 

 

「よさこいやりたい」と大騒ぎしたあげく、途中で放り出すこと。

自分がただの迷惑ガイジンだったこと。

信頼をうらぎり、親友をうしなうかもしれないこと。

 

 

 

 

ハナは、本作のシンボルにしてウィークポイント。

おとぎ話みたいな味をつけるためのスパイスにすぎず、

血肉そなえた、感情移入できるヒロインじゃない。

 

 

 

 

親友ライヴァル・幼なじみ・姉妹……うつくしいエピソード群に比して、

フォンテーンスタンド家母娘の関係は具体性にかける。

アニメの作り手と受け手のあいだに、アメリカ文化についての共通認識がない。

無国籍風のお辨当では、「あるある」って共感できない。

 

 

 

 

アニメ版が成功した理由は、ゆたかな色彩。

赤い振袖をきたヤヤのはなやかさといったら!

 

 

 

 

和のヴィジュアルと、女子中学生の日常がかなでるハーモニー。

そこに金髪碧眼ロリがいてこそ映える。

 

 

 

 

部員に紙をくばるヤヤ。

手書きの文章がしるされている。

 

 

 

 

題して『花ハ踊レヤいろはにほ』。

OP曲の作詞担当は、ニーソのツンデレ少女だった。

 

 

 

 

自作の歌詞を堂々披露した度胸におそれいるが、

平気でアイドルっぽく「魔法のキー☆」とか、手直しする真智もすごい。

 

『ラブライブ!』の歌詞は、「園田海未」ひとりで書いてることになっており、

畑亜貴はその設定をふまえ、どちらかとゆうと素朴な言葉づかいをする。

かたや『ハナヤマタ』は共同作業。

いろは歌の断片をちりばめた技巧はプロの水準だが、

女子中学生のコラボレーションとおもえば、筋はとおる。

 

 

 

 

畑亜貴の軽妙な言語表現が、原作つきの物語をうごかす。

いま世界でいちばん影響力ある作詞家じゃないか?

 

ただし、国語の苦手なハナはおいてきぼり。

ハタアキ的空間は、イロハをしらないものを排除する。

 

 

 

 

たしかに日本文化はうつくしい。

でもその純粋さが、「異質なものの排除」を意味するとしたら。

 

 

 

 

たとえばハナには八重歯がある。

貧困などの問題がないなら、アメリカ人ならとっくに矯正して当然。

絵としてはカワイイが、彼女は文化をせおってない。

 

 

 

 

『ロミオとジュリエット』や『赤と黒』の様に、親友の部屋へ侵入したハナ。

なるはやさしくさとす。

 

「ワタシ、どうしたら……」

「ハナちゃんは、ハナちゃんのしあわせをえらんで」

 

 

 

 

「ハナちゃんが笑顔でいられる様に……わたしは笑っているハナちゃんが、一番すきだから!」

そのことばはディレンマを解決しない。

けれども笑顔とゆう普遍言語が、すべてをあたたかくつつむ。

 

東国出身の浮舟が、『源氏物語』の京を震撼させた様に、

小柄なアメリカ人が、『ハナヤマタ』の鎌倉を浄化する。

 

 

 

 

「最後にバカヤローって言ってやろうとおもって……」

 

翻訳不可能なツンデレ言語でしめくくり、嫋々たる余韻をのこす。

「lily」と訳したらきっと通じない、百合のテレパシー。

なるほどこれが「魔法のキー」か。




ハナヤマタ6 [初回生産限定盤][Blu-ray]ハナヤマタ6 [初回生産限定盤][Blu-ray]
(2015/02/27)
上田麗奈、田中美海 他

関連記事

テーマ : ハナヤマタ
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  百合  ハナヤマタ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03