ひろやまひろし『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』4巻

 

 

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!

 

作者:ひろやまひろし

原作:Fate/stay night(TYPE-MOON)

企画原案:TYPE-MOON

掲載誌:『月刊コンプエース』(角川書店)2012年-

単行本:角川コミックス・エース

[以前の記事→2期/3期1-3巻/『いもかみさま』

 

 

 

エインズワース邸に囚われた「美遊」の救出作戦がつづく。

それは世界の存亡をかけたミッション。

 

 

 

 

美遊「わたしの友達はイリヤだけ。友達は生涯にひとりいれば十分でしょ?」

イリヤ「いやいやいやいやいやいや! 重いよ!」

 

歪でうつくしい友情。

「『エヴァンゲリオン』が「セカイ系」と「日常系」に枝分れした」とゆう、

ボクの假説にもとづくと、Fateはセカイ系だから日常がない。

めざわりな親はおらず、百合だけある。

優先的なカテゴリーは「家族」でなく、「敵か味方か中立か」。

 

 

 

 

暴走ロリの「エリカ」が、魂ぬきとられた「イリヤ」をもてあそぶ。

人形だから切り刻んでかまわない。

 

 

 

 

切るといってもドレスだけど。

ひろやま先生は読者の期待にこたえる。

裸が逆転の布石となるあたり、達者なストーリーテラーだ。

 

 

 

 

美遊が拉致された理由もあきらかに。

セカイを救済するため。

親友をとるべきか、地球をとるべきか。

 

 

 

 

「女の子の命は世界より重いのよ!!」とさけぶクロエ。

 

 

 

 

「ミユも世界も両方救う!!!」

 

模範解答をみちびくイリヤ。

 

 

 

 

父にお尻ペンペンされるエリカ。

 

セカイ系の大風呂敷はズタズタに。

おもいっきり、たっぷりと、かつ合法的に、幼女をお仕置きしたい!

イリヤたちの葛藤より、全男子の慾望に肩いれする。

この規格外のリアリティが『プリヤ』だ。




プリズマ☆イリヤ3rei!! 4―Fate/kaleid liner (角川コミックス・エース 200-13)プリズマ☆イリヤ3rei!! 4―Fate/kaleid liner (角川コミックス・エース 200-13)
(2014/03/22)
ひろやま ひろし、Fate/stay night 他

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ひろやまひろし  ロリ 

ひろやまひろし『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』

 

 

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!

 

作者:ひろやまひろし

原作:Fate/stay night(TYPE-MOON)

企画原案:TYPE-MOON

掲載誌:『月刊コンプエース』(角川書店)2012年-

単行本:角川コミックス・エース

[以前の記事→2期/『いもかみさま』

 

 

 

2期をとりあげた前回、アクション・シリアス・ギャグ・エロスと振り幅はげしい、作者の藝風をみた。

3期で魔法少女「イリヤ」は平行世界へとばされる。

中心部にクレーターができた深山町はゴーストタウンと化し、夏なのに降雪。

 

 

 

 

相棒の「美遊」は囚われの姫君となる。

あやしい儀式の贄にされるが、兄を折檻するとおどされ無抵抗に。

 

 

 

 

エインズワース家当主「ダリウス」が、茨の槍で両手をつらぬく。

すさまじい幻痛。

 

もともと自由奔放な『プリヤ』だが、3期はオリジナルキャラ中心にかたる。

 

 

 

 

独特のバランスはかわらない。

電車ごつこで姿をけすとか、いつも体操服の新キャラ「田中さん」とかで、鬱展開をひきもどす。

では、この作家が本当にえがきたいことはなにか?

 

 

 

 

それは無論、ランドセルせおう幼女。

または大腿から臀部にかけてのライン。

 

 

 

 

つよがりな「エリカ・エインズワース」は7歳。

おしつこだつて(多分)ひとりでできるし、ヒロインの資格十分(3巻表紙ゲット)

小学5年生はそだちすぎか。

 

 

 

 

美遊の奪還をはかる魔法少女と敵対するが、エリカの家の戦力は圧倒的、

イリヤを拉致して意識を体からきりはなし、ぬいぐるみに封じこめる。

「イリヤのお人形」を、幽閉の身の美遊へプレゼントするため。

 

 

 

 

よろこんでもらいたい一心のエリカに悪意はない。

おさな子の天真爛漫さはどこかイビツ。

 

「身体から独立し、物理的因果性にしたがわない、自由な精神が実在する」

このデカルト的心身二元論は、400年にわたり批判され学問上の影響力をうしなうが、

オンナノコという超心理的存在を説明するのにまだ有効。

 

 

 

 

親友のかわりはてた姿をみて、美遊は涙する。

がつかりするエリカ。

なんでよろこんでくれないの?

そんなにイシキが大事なら、お人形さん捨てようかな?

 

オンナノコは心あるゆえ、よわく、あやまち、たやすく利用され、傷つく。

 

 

 

 

学校の屋上からながめる街は、灯りがほとんどない。

美遊をすくいだし、もとの世界へかえりたい。

でもウジウジ弱音をはくしかできない。

 

ひろやまひろしは、少女のよわさを肯定する。

すべて肯定するから。

実例あげよう。

 

 

 

 

 

 

「ベアトリス・フラワーチャイルド」はエインズワース家の兵。

ゴスロリ服&巨大ハンマー&粗野な口調で、登場した瞬間に心をわしづかみ。

『なのは』ならヴィータのポジションか。

 

 

 

 

「悉く打ち砕く雷神の槌(ミョルニル)」

元素まで分解する神の一撃!

 

 

 

 

「ひさびさにブッぱなせて神きもちィー」

精をはなつた様に恍惚。

 

 

 

 

対抗策ないほどの難敵だが、イリヤが封じられたと気づかず、

例のぬいぐるみを自室へもちこみ、抱き枕とか合成音声とか、

重症なアイドルオタクという正体をしられてしまう。

残忍な仇は、ただのさびしんぼだつた。

 

結論をいうと、ひろやまひろしにとり、少女とは「聖杯」。

はちきれるほど、時空がゆがむほど、あらゆる感情を器へながしこむ。

 

 

3巻所収の番外篇より、「桂美々」の問題発言

 

 

そして少女はメルトダウン。

百合でも、兄妹愛でも、BLにハマるでも、きまぐれに全方位へ暴走。

 

 

 

 

慾望のままふるまい、空疎なルールを粉砕。

乙女は恋愛バーサーカー!

 

 

 

 

最弱かつ最強。

カワイイは正義。

この美少女神話が完成した暁には、相対性理論の様に、

なにがしか宇宙の原理が解明されるはず。




Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ! !  (1) (カドカワコミックス・エース)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ! ! (1) (カドカワコミックス・エース)
(2012/11/19)
ひろやまひろし

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ひろやまひろし  百合  ロリ 

ひろやまひろし『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』

 

 

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!

 

作者:ひろやまひろし

原作:Fate/stay night(TYPE-MOON)

企画原案:TYPE-MOON

発行:角川書店 2009-12年

レーベル:角川コミックス・エース

 

 

 

この『Fate/stay night』のスピンオフ作品を、ようやく既刊全10巻そろえた。

今回は2期をとりあげ、ひろやまひろしの作風中心にかんがえる。

 

 

うごきのある絵

 

 

主人公は小学5年生の「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」。

作者は同人時代イリヤ本をだしまくり、「イリヤの人」とよばれた(参考:『アキバ☆PRESS』

 

 

 

 

『Fate』シリーズの世界観は、どちらかといえば殺伐とするが、

イリヤは本作で「魔法少女」としてマジカルに活躍。

『Fate』と『魔法少女リリカルなのは』を交配したおもむき。

 

同人作家が、愛する幼女キャラを主役にすえたスピンオフで商業デビュー、

「平行世界だから」を言いわけにやりたい放題、ついにアニメ化まではたす!

魔法みたいな成功物語。

 

 

 

 

 

 

 

人気の理由は、「伝奇活劇もの」として原作のツボをおさえたこと。

イリヤの相棒「美遊」と、褐色肌の「クロエ」の決闘をみよう。

 

『プリズマ☆イリヤ』の戦闘はカードバトル形式。

カードにやどる英霊を「夢幻召喚(インストール)」すると、衣装もかわる。

「セイバー」に扮する美遊。

 

 

 

 

美遊の斬撃は、クロエの「投影」スキルでとめられた。

ボクの様に不案内な読者にも、原作のエッセンスを凝縮して味わわす。

 

 

 

 

おいつめた美遊の、おさなく華奢な体をもてあそぶ。

 

 

 

 

上空から魔法少女コスのイリヤが助太刀に。

アクション描写はクールかつロリで、たまらなく美味。

 

 

 

 

 

 

 

イリヤ対バゼット戦。

「友だちのため命をかける」のはリリカルな王道。

 

 

 

 

素手で英霊を斃したバゼットは強敵。

主人公にあるまじき弱さを痛感し、涙目なのがカワイイ。

 

 

 

 

傷をおい力つき、足蹴にされても、カードをてばなさない。

それぞれの戦闘シーンに、グッともりあがる劇的な見せ場がある。

 

 

 

 

 

 

 

さかのぼつてクロエとの緒戦は智恵くらべだつた。

擬態させていた地面の下は、魔術を封じる底なし沼。

あまりに古典的なトラップだが……

 

 

 

 

……「遠坂凛」と「ルヴィア」のリアクションがおもしろくてゆるせる。

子ども相手によろこびすぎ(笑)。

 

 

 

 

クロエのぐぬ顔が最高!

ここまでアクション・シリアス・ギャグの三側面を観察した。

 

 

 

 

 

 

 

ひろやま先生最後の武器は、倒錯したエロス。

おなじ顔をよいことに、イリヤとすりかわつたクロエが兄を誘惑。

「お兄ちゃんてば、妹の肌がそんなに気になるんだ」

かぼそい二の腕、ふくらみかけの胸。

「肌フェチ」でない男がいるとおもえないが、あえて言語化するとエロい。

 

 

 

 

ひとまず休戦したクロエが、イリヤから魔力補給。

だいぶ濃厚に。

ロリも百合も、個人的にアリだが、原作ファンはムリかもしれない。

スピンオフというよりスピンアウト。

 

 

 

 

2巻所収の特別篇で『なのは』とコラボ。

「高町なのは」のえもいわれぬ風格をたくみに表現し、二次創作として完璧。

さすがは元有名同人作家とおもうし、

一方オリジナルの『いもかみさま』は妹ものの傑作で、底なし沼みたいな才能だ。

 

 

 

 

というわけで次回は、さらに作家性をふかめた3期をとりあげる。

今風の「萌え絵師」の枠にとどまらない、解体再構築の本質をさぐる予定。




Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (1) (角川コミックス・エース 200-3)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (1) (角川コミックス・エース 200-3)
(2009/12/26)
ひろやまひろし
関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合    ひろやまひろし  ロリ 

濡れたスカートをしぼる制服女子

 

 

最近よんだ漫画で、トレスしたみたいにそつくりな場面が三つ。

美少女が、びしよ濡れの制服のスカートをしぼるところ。

 

 

 

 

琴慈『あんハピ♪』(まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)の「はなこ」は、

橋から川へおち、水もしたたるイイ女となつた。

 

残念ながらボクの半生において、女の子がスカートをはいたまま、

ギュッとしぼるさまを目撃したことはない。

着用した経験もなく、ふつう濡れたらしぼるかも不明。

その性的含意にときめくだけ。

 

 

 

 

青インク『デモンポゼッション』(電撃コミックスNEXT)の「和歌月縫」が、

悪魔の力で壁にたたきつけられた。

 

水は脅威でもある。

無形の形として、敵の虚をつく。

 

 

 

 

うたれづよい縫はどこふく風。

スカートをまさぐる手つきは、被害を夕立ち程度にしかおもわせない。

 

 

 

 

冒頭の雨の一幕でも、縫は濡れている。

演出に水はかかせない。

物語自体が、水のごときもの。

 

 

 

 

ひろやまひろし『いもかみさま』(ジェッツコミックス)から、ラッキースケベの例をひく。

妹が浄めの水をばらまき、主人公は幼なじみの「真耶」の股間に顔をうづめ、ずぶ濡れに。

 

 

 

 

はなこは上向きに「じょばー」、縫は腰にひきつけ「ギューッ」、

ツンデレの真耶はピンと両腕をはり「ギュッ……ポタポタ」。

みなうつくしい。

 

 

 

 

水はきよらかな濡れ場をみちびく。

ながれのまま、そのいきおいのまま。



関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ひろやまひろし 

ひろやまひろし『いもかみさま』

 

 

いもかみさま

 

作者:ひろやまひろし

掲載誌:『ヤングアニマルあいらんど』(白泉社)2011年-

単行本:ジェッツコミックス

 

 

 

タイトルに「妹」とあればとりあえず買う男としては、今月の最注目作にあげたい。

ちなみに芋ぢやなくて妹、妹神様。

 

 

ミクリさまは水からあらわれる

 

 

神社の娘「華深川鳴華(はなみかわ めいか)」は、

力をうしなつた氏神「ミクリ」のため、神代行をつとめることに。

お祓い棒みたいな蛇口つきのパイプからは、清めの水がでる。

 

 

 

 

兄の「蒼人(あおと)」は猛反対。

人の願いは、人がかなえればよい。

神のまねごとをしたつて、ロクなことにならない。

 

なお、パイプは武器にもなる。

 

 

 

 

ラノベがどうとか、兄妹ゲンカがほほえましい。

作者は、『Fate/stay night』のスピンオフで、

アニメ化された『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』(カドカワコミックス・エース)で人気だが、

本作は初のオリジナル漫画となる。

 

 

足のラインがうつくしい

 

 

街角で出会い頭にフランケンシュタイナーをかますなど、妹力のたかさに感服。

正直TYPE-MOONがらみゆえ敬遠してたが、『プリズマ☆イリヤ』をあつめたい。

 

 

 

 

兄の不同意は事情がある。

蒼人はおさないころ、交通事故で一度死んだ。

轢き逃げされた亡骸のそばで、鳴華は神にすがつた。

願いはうけいれられ、禁忌をおかしたミクリさまは衰弱。

妹が責任を感じていると、兄は痛いほどわかつており、

これ以上自分のことで苦労させたくない。

 

 

 

 

どんな忠告も、どんな危険も、鳴華の信念をゆるがさない。

だれもたよれないとき、どうしようもないとき、人は神に助けをもとめる。

町のみんなのため、神はいますべき。

 

 

 

 

魂をよびもどす際、龍玉が蒼人の体にうめこまれていた。

妹のピンチで能力が覚醒する展開は、中二病ラノベみたいだけど感動的。

半人前の兄妹は、ふたりで一柱の氏神となる。

 

 

 

 

あとでミクリさまに散々からかわれるが。

シスコンでなにがわるい!

ふたりの活躍で「氏神ランク」は一気に1万ほど上昇。

 

 

 

 

物語はさらにひろがる。

鳴華は兄とおなじ中学へはいり、新入生代表として演説をぶつ。

すでに地元の有名人ゆえ、「わたしは神です」発言はうたがわれない。

 

 

 

 

校内に奉納所をつくり、絵馬をあつめる。

めざましい行動力。

 

 

 

 

妹だけで満腹だが、幼なじみの「美々原姉妹」を紹介しないわけにゆかない。

突飛な設定と、シリアスな心理描写と、ハーレムラブコメ。

単行本一巻だけでも、たべきれないほど。

 

 

 

 

「死ねばいいのに」が口癖で、ツンデレな「真耶」の真の願いが、聖水の力でうかぶ。

「わたしと蒼にい以外 人類めつ亡」

恋する乙女は、ライバルだつて利用するし、

氏子の願いをかなえることが、妹神様のしあわせとかぎらない。

 

たしかに妹キャラは、神聖な存在。

でもそれは、兄のものか、みんなのものか。

 

 

 

 

合言葉は「ゴッドモーニング(神の朝)」!!

さわやかな笑顔で、最大多数の最大幸福をめざす。




いもかみさま 1 (ジェッツコミックス)いもかみさま 1 (ジェッツコミックス)
(2013/07/26)
ひろやまひろし
関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   ひろやまひろし 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03