マウンテンプクイチ『球詠』2巻

 

 

球詠

 

作者:マウンテンプクイチ

掲載誌:『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

女子が本格的な(つまり男子の)高校野球をしている以外、

あらゆる面でリアリズムを追究する野球漫画の新刊である。

 

 

 

 

とにかく『球詠』は情報量がおおい。

マネージャーで野球オタクの芳乃は、アプリで成績を管理しつつ、

圧倒的な知識量でチームを訓練し、編成し、指揮する。

 

 

 

 

百合的にも野球的にも「女房役」である珠姫は、

緻密かつ大胆なリードや守備でチームをひっぱる。

 

 

 

 

第1巻からつづく、練習試合の柳大戦も終盤へ突入。

打席に立つのは交代が確定したピッチャーで、打つ気がまるで感じられない。

つねに合理的に配球を組み立てる珠姫は、

バッターの内面の虚脱感まで見抜けず、困惑する。

 

 

 

 

相手は打つ気がないのでなく、ただ単にボーッとしていた。

ふと我にかえりバットを振ったら、出会い頭でホームラン。

これが決勝点となる。

 

高度な戦術と、あっさりそれをくつがえす偶然性。

球技の醍醐味がつまっている。

 

 

 

 

第10話は、上級生コンビの怜と理沙にスポットライトをあてる。

学校制服姿も絵になる。

 

 

 

 

中学時代からはぐくんできた、ふたりの絆。

合宿の夜に語らいながら、過去と現在と未来を共有する。

 

髪型や顔つきで、年格好のちがいを表現。

第2巻は、主人公がストーリーを牽引しておらず(なんか幸せそう)、

スポーツ漫画にありがちな群像劇の散漫さに陥っているが、

それでも描き分けの巧みさで、本作を傑出した水準にたもっている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  きらら系コミック 

春雨『JKすぷらっしゅ!』

 

 

JKすぷらっしゅ!

 

作者:春雨

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

舞台となる「鮮水(あざみ)高校」は、ユニークな校則がある。

つねに水着を身につけないといけない。

ただし大胆なビキニでもスク水でも、好きなものを着ていい。

 

 

 

 

主人公は、転校生である「汐女(しおのめ)かなた」。

おかしな校則の存在を知って仰天する。

だって、彼女は泳げないから。

 

貯水池のほとりに建つ鮮水高校は、水泳に関する行事がやたら多く、

かなたは転校初日に高飛び込みをやらされるハメに。

 

 

 

 

もちろん通学中も校則は適用される。

生徒は水着をファッションとして楽しんでるが、かなたは恥づかしくてしかたない。

友達になった「澪花」に隠してもらったところ、むしろ注目の的に。

 

 

 

 

スク水だけでは地味すぎるので、あたらしい水着を買いにお出かけ。

「はじめて友達と水着売り場へゆくときのドキドキ」は萌え系作品の定番だが、

下着の上に試着するなどの描写に、作者の水着へのこだわりが感じられる。

 

 

 

 

ビキニのパンツをなくした澪花に予備の下着を貸したら、変態あつかいされる。

下着とかスカートとか、恥づかしくて着れないらしい。

 

かなたの照れ顔が最高にかわいく、きらら作品のなかでも百合度は高い。

 

 

 

 

まるごと水着だけをテーマに1冊。

ちょっとエッチだけど爽やかな本作は、夏にむけて本棚にならべておきたい。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  百合  きらら系コミック 

相崎うたう『どうして私が美術科に!?』

 

 

どうして私が美術科に!?

 

作者:相崎うたう

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

本作の舞台は高校の美術

美術ではない。

主人公の「桃音」は願書の記入をまちがえ、普通科のつもりで入学した。

ちゃんとした絵なんて描けないし、描く気もないのに。

 

「きららの次世代を代表する」とのキャッチコピーが単行本帯にある。

2コマめのデフォルメを3コマめのクロースアップにつなぐ手並みなど、

萌え4コマの表現技法に習熟した、きららネイティヴ世代の作家らしい。

 

 

 

 

粘土をつかい自分の手の塑像をつくることに。

「手をつないでる構図」をモチーフにすると決め、早速スケッチ開始。

おそろしく描きづらいけど。

 

美術科・百合・ギャグの三原色のトーンをたのしむ漫画だ。

 

 

 

 

きららと言えば学校制服。

かわいいJKが、かわいい制服を着てれば、10000%かわいい。

一方で差別化がむつかしい。

本作は作業用のつなぎで美術科らしさをアピール。

 

 

 

 

みんなで美術館へ。

前衛藝術を愛する「紫苑」は、いつもはクールなのに気負いこみ、

謎めいたオブジェをみつけて評論家みたく解説するが、

それはクラスメートの「蒼」がうっかり落とした定期入れだった。

 

 

 

 

写真の課題のため、足をのばし野外撮影。

山にのぼって大好きな街の全景をおさめる。

 

本作は相崎うたうにとって初連載かつ初単行本だが、

ハッとする様なシーンをいくつか切り取るのに成功している。

 

 

 

 

美とゆう理念の周縁でたわむれる美少女たち。

そこは鑑賞者に幸福をもたらす百合色の展覧会だ。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  きらら系コミック  百合 

卯花つかさ『アニマエール!』1巻/如意自在『はるかなレシーブ』3巻

 

 

きらら系コミックを2作紹介。

卯花つかさ『アニマエール!』(ためし読み)は、チアリーディングもの。

単行本が5巻まで出た『はじおつ』の作者による新作だ。

 

 

 

 

チアリーダーはかわいい。

そして、きらら作品の女の子はかわいくないといけない。

ゆえに相性のよい題材と言える。

 

 

 

 

軽音楽部とかSNS部とか、きらら系作品は「文化部」をおもな舞台としてきたが、

最近は女子野球をとりあげたマウンテンプクイチ『球詠』に代表される様に、

スポーツで汗をながす少女たちの爽やかなセックスアピールを追求する。

 

 




 

 

如意自在『はるかなレシーブ』ためし読み/当ブログの関連記事は3巻突入。

競技性と女性美の両立とゆう点で、ビーチバレーにまさる種目はないだろう。

 

 

 

 

後輩やコーチなどの新キャラが登場したせいもあり、3巻はストーリー面が薄い。

きらら最大の弱点である。

かわいさなら世界一だが、プロットらしいプロットをもつ作品がほぼ皆無。

 

 

 

 

それでも夕刻の海を背景に肩をならべて絆をたしかめあう、

水着姿の少女たちはやっぱり絵になるし、心惹かれる。

 

 

 

 

買ったけど短すぎてはけないスカートも、水着にあわせれば問題なし。

可憐な娘をえがくため各種スポーツを利用してるだけな気もするが、

そんな貪欲さもきらら作品の魅力だ。

 

 


関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  きらら系コミック  萌え4コマ 

桜井瑞希『いつか私は、君を裏切る』/石見翔子『しょーがくせいのあたまのなか』

 

 

きらら系コミックを2作紹介しよう。

まづは桜井瑞希『いつか私は、君を裏切る』(ためし読み)から。

女子高校のドロドロした人間関係がひきおこす事件を、

小柄で小生意気な「ウイコ」が探偵となって真相をあばくミステリ漫画。

JKが正面切ってJKを断罪する。

 

 

 

 

『フォワード』連載なのもあり、きららにしては鬱展開満載。

美少女たちの醜い内面を目の当たりにし、ウイコは呆然とした横顔をみせる。

 

 

 

 

本作は横顔が印象的。

うつくしい横顔同士がむきあえば、必然的にキスへ発展する。

百合とゆうミステリーがますますふかまってゆく。

 

 




 

 

つぎに石見翔子『しょーがくせいのあたまのなか』(ためし読み)。

アニメ化された『かなめも』につづく作品で、舞台は小学校。

おへそのチラリズムがまぶしい。

 

 

 

 

おきにいりキャラは、黒髪ポニーテールで清楚だが毒舌な「ふたば」。

連れションの変態性など、女子小学生のエロスを曝露する。

 

 

 

 

小学校はスキンシップの機会がひっきりなし。

まじめに授業をうけてるだけなのに、彼女らは禁忌の快感に身悶える。

 

 




『いつか私は、君を裏切る』

 

 

女学生はお人形の様に愛くるしいのに、いやだからこそ、

毒々しく自堕落な本性が僕らの目に際立って見える。



関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  ロリ  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03