あfろ『mono』

 

 

mono

 

作者:あfろ

掲載誌:『まんがタイムきららミラク』『まんがタイムきららキャラット』2017年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

写真部の女子高生をえがく4コマ漫画である。

先輩が颯爽と撮影する姿を、主人公「さつき」が撮影し、

そのさつきを親友の「アン」が撮影するのが、おもな活動だった。

ところが先輩が卒業したので、部は休止状態に。

 

アニメ化された『ゆるキャン△』がヒットし、一躍人気作家となったあfろだが、

持ち味である、シュールでひねくれた作風は健在の様だ。

 

 

 

 

作者の趣味をネタにする点は『ゆるキャン』と共通だが、

さつきがあやつるのは、スマホと連動させたパノラマカメラ。

一眼レフのレンズがどうとか、いかにもカメラマニア的な話題は皆無。

 

 

 

 

アンが購入したのはアクションカム。

猫の頭にマウントして町内を撮影する。

ゆるキャラにもみえる。

 

 

 

 

7話から一同は、山梨県にある『ゆるキャン』のロケ地をめぐる。

自作の「聖地巡礼」をえがくなんて前代未聞だ。

作品という概念が、読者の脳内で溶解する。

 

 

 

 

12話からは唐突なフードファイト。

小柄な「敷島さん」が意外な活躍をみせる。

 

尖ったセンスと、ハズシのテクニックで勝負する作家だが、

「かわいい女の子の日常」という、きららのお約束はきっちり守る。

 

 

 

 

カメラは女子の趣味としてポピュラーだし、それを題材とする漫画は多数ある。

ただ本作は、カメラを「青春の一コマを切り取る象徴」として扱わない点で独特。

単なる小道具として、ふかい意味を背負わずに存在する。

 

それゆえ、なにかが胸に直接せまってくる。

緑がかった空の色とか、本当にうつくしい。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  きらら系コミック 

秋アニメOPを語る 『となりの吸血鬼さん』と『アニマエール!』

 

 

『となりの吸血鬼さん』は、400歳の美少女吸血鬼と、

おせっかいな女子高生の同居生活をえがくコメディだ。

 

「ソフィー」は吸血鬼だが温厚な性格で、けっして人間を襲わない。

血液はアマゾンで購入している。

 

 

 

 

本作はゴシック要素が薄い。

かわいい女の子がいっぱいで、絵面もぱっと華やか。

 

 

 

 

僕は基本的に吸血鬼ものが苦手だ。

血を吸うという行為が、どうも不衛生に感じられる。

そして露骨に性的すぎるとおもう。

 

しかし本作は、「少女同士のちょっと過剰なスキンシップ」がモチーフで、

吸血行為がむしろそこに埋没するのがおもしろい。

 

 

 

 

OPアニメーションは、コンセプトデザインの杉村苑美が担当。

本作のビジュアル面をリードしている様だ。

ちらちらと健康的なエロスをアピールする。

 

 

 

 

園田健太郎による楽曲はにぎやかで、いわゆる電波ソングに分類できそう。

感心するのは、ソフィー役をつとめる富田美憂の歌唱力。

電波ソングはある意味、声優が強引な譜割りをたどたどしく追う、

「歌わされてる感」が魅力だが、この人はさらっと歌いこなす。

役柄もぴったり。

堕天使や吸血鬼をやらせたら、右に出るものはない。

 

相方をつとめる篠原侑は、アイムエンタープライズ所属の若手声優。

本渡楓や千本木彩花のひとつ下で、嶺内ともみの同期。

若いふたりの掛け合いが中心なのに、安定した芝居に感じられるのは、

音響監督・明田川仁の力量が大きいとおもわれる。

 

Studio五組制作ということで、『きんいろモザイク』をなぞる雰囲気を出しつつ、

「日常/非日常」「明/暗」「友情エピソード/ギャグ」「若手声優/中堅声優」などの、

絶妙なバランスをたのしめる秀作となりそう。



 

 

 

 

『アニマエール!』はチアリーディングを題材とするアニメ。

制作はきらら系を得意とする動画工房で、ハズレはないだろうと期待させる。

 

OP曲はチアを模しており、掛け声が飛び交って元気いっぱい。

おもわず体がうごくアクティヴな曲だ。

 

 

 

 

主人公ではないが、チア経験者の「有馬ひづめ」が鍵となるキャラ。

優等生で、ふだんは無表情。

 

 

 

 

しかし演技がはじまった途端、人がかわった様なキラキラの笑顔をみせる。

チアにかける情熱がつたわり、グッとくる。

 

 

 

 

僕が好きなのはサビのはじめの部分。

カメラが奥に、つづいて横にうごくなかでとらえた、勢いよく跳ねるポニーテール。

熱い青春の一コマを象徴している。



関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  萌え4コマ  きらら系コミック 

湖西晶『三時限目は魔女の家庭科』

 

 

三時限目は魔女の家庭科

 

作者:湖西晶

発行:芳文社 2018年

レーベル:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

魔界からきた、2000歳の家庭科教師「マジョリカ」が、

婚活を目的としてなぜか女子校へ赴任、そこで騒ぎをひきおこすお話。

ジャンル分けするなら、ドラクエインスパイア系萌え4コマかな。

 

 

 

 

フルパワーのボケとツッコミがとびかう、ギャグよりの作風。

ゆっくりお茶をたのしむ暇もない。

 

 

 

 

ツッコミ役は1年生の「悠木紗菜(ゆうき しゃな)」、あだ名は「ユーシャ」。

いうまでもなく魔女の天敵である。

普通にしてれば可愛いのに、死んだ魚の様な目で毒舌をふるう。

そこがおもしろい。

 

 

 

 

ファンタジー設定も、ところどころで利いている。

液体状のネコスライムとか。

 

 

 

 

マジョリカの母親の幼女っぷりも見どころ。

ロリお母さんは、そう突飛なキャラづけではないが、こちらは関西弁でかわいい。

 

 

 

 

デリヘルがどうのこうのと、きらら的にギリギリの下ネタも。

絵もネタも情報量がおおく、1巻完結だが読みごたえのある作品だ。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ  ロリ 

マウンテンプクイチ『球詠』4巻

 

 

球詠

 

作者:マウンテンプクイチ

掲載誌:『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

4巻前半で、謎めいた影森高校との試合が決着する。

非力で気弱で、しかも初心者だった息吹が、打撃に投球に大活躍。

その成長ぶりが感慨ぶかい。

 

 

 

 

3回戦の相手は、全国レベルの強豪「梁幽館高校」。

 

団体競技をえがく漫画は、勝ち進むほどキャラデザの負担が重くなる。

でも、たとえば梁幽館のリードオフガールである「陽秋月」は、

メカクレでかわいく、作者の描き分けの在庫はまだ潤沢らしい。

俊足の二塁手「白井さん」もいい。

 

 

 

 

名参謀・芳乃の知識と勝負勘が、本作の醍醐味。

しかし小細工の通じない難敵に、バントの指示をだすのにも迷いをみせる。

 

 

 

 

1回裏、芳乃はきびしい判断をせまられる。

そして2死2塁で4番「中田奈緒」との勝負をさけ、敬遠策を命じる。

エースで50本塁打の中田のプレーをみにきた観客は怒る。

 

 

 

 

女子高生に、大観衆からのヤジはきつい。

息吹など震え上がってしまう。

一方で、おかしな理屈で反論する、希の熱い野球バカっぷりがいい。

いちいち福岡ローカルネタをしこんだり、セリフが全体的におもしろい。

 

 

 

 

敬遠は卑怯か、それともルールにのっとった正当なプレーか。

それを高校球児にやらせるのは正しいのか。

古典的な議論である。

 

本作があたらしいのは、議論の対象が女子高生である点。

つまり、勝負のために勝負から逃げるJKは、かわいいのか?

答えは勿論、かわいい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック 

コト/深見真『ライター×ライター』

 

 

ライター×ライター

 

作画:コト

原作:深見真

掲載誌:『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)2017年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

アニメ脚本家の世界をえがく漫画である。

『ゆるゆり』や『ベルセルク』などを手がけた深見真が原作なので、

原稿用紙の使い方から、この業界の基礎知識をまなべる。

 

 

 

 

主人公は18歳の「橋本カエデ」。

高校在学中にデビューし、その勢いで熊本から上京したが、

デビュー作は酷評されて自信喪失、いまはコスプレ喫茶で働いている。

 

 

 

 

デビュー作でお世話になったプロデューサーから、

23歳の人気脚本家「十文字ユキカ」を紹介される。

カエデは藁にもすがる思いで、住み込みのアシスタントとなる。

 

 

 

 

アニメファンなら、業界話を興味ぶかく読めるだろう。

原作をめちゃくちゃにされた経験のあるラノベ作家に嫌われたり。

 

予算やスケジュールの都合で、どうしても原作を改変せざるをえない場合がある。

そんなとき脚本家は「原作レイプ」などと言われ、批判の矢面に立たされがち。

僕も安易に叩いてたかもしれないと、読んでて反省した。

 

 

 

 

体系的に脚本術を学んだことのないカエデは、

「三幕構成」などの作法を一からじわじわ吸収してゆく。

ストーリーをつむぐ女の子のストーリーが、かわいくさわやかに展開される。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03