Bad Religion "The Handshake"

ハーグでの日米韓首脳会談

 

 

The Handshake

 

バッド・リリジョン(Bad Religion)のアルバム『Stranger Than Fiction』収録曲

 

作曲:グレッグ・グラフィン(Greg Graffin)

発行:アメリカ 1994年

 

【上の画像クリックでYouTubeへとびます】

 

 

 

グレッグ・グラフィン

 

 

 

だれかと握手するたび、友情みたいなヘンな感情をおぼえるだろ

Every time you shake someone's hand and it feels like your best friend,

 

それは表面上の問題じゃない

could it be that it's only superficiality?

 

たがいの便宜をはかるとか、歩み寄りとか、いろいろあるけど

Without regard to well-being, without an inkling of compromise,

 

つまり握手ってのは、「クソッタレ」の裏返しだ

handshakes are nothing but a subtle "fuck you"

 

そして形式が人間関係を支配する

Contracts determine the best friendships

 

 

 

近代世界の住人は、他者に保護されたくてしかたない

This is the way of the modern world, everyone's vying for patronage

 

なにかを犠牲にしてまで

This is the way of the modern world, and something has gotta give

 

 

 

オレは人間同士の協調を信じるし、ときには妥協も否定しない

Now I believe in unity, and I am willing to compromise,

 

だが魂を売るのはゴメンだ

but I'm not gonna lie or sell my soul

 

 

 

抵抗しろ、抵抗しろ、抵抗しろ、握手なんていらない

Fend for yourself, and shun the handshake,

 

ほかの誰かのためにも

someone's gotta give

 

 

 

1973年のパリ平和協定で、レ・ドゥク・トとヘンリー・キッシンジャー

 

 

 

大嶽秀夫『ニクソンとキッシンジャー』(中公新書)をよんでるとき、この曲をおもいだした。

はじめて聞いたとき仰天したものだ。

握手が悪いことだったなんて!

 

強大な権力に対し、ひとり石つぶてを投げてもむなしい。

ヤツらの影響力は、われわれの日常の枝葉末節まで浸透している。

まづそこから変えてゆくことが、真のパンク魂。

 

訳詞とおもえぬ「カタい日本語」になったけど、原文はもっとカタい(笑)。

 

 

 

 

 

 

YouTubeのスタジオライヴをみると、ボビー・シェイヤーのドラムに圧倒される。

安定感ある一方で、ぐいぐい牽引。

こんなドラマーのまえで演奏するのはたのしかろう。

しかしシェイヤーは肩をこわし2001年に脱退する。

パンクの道はきびしい。




Stranger Than FictionStranger Than Fiction
(1994/09/06)
Bad Religion

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

タグ: あいまい訳詞クラブ 

メイヤ『All 'Bout the Money』

 

 

 

All 'Bout the Money

 

メイヤのシングル曲

 

作曲:Anna Pernilla Beckman/Douglas Carr

発行:1998年

 

【上の画像クリックでユーチューブへとびます】

 

 

 

 

 

 

ときどき 自分で自分がわからない

Sometimes I find another world inside my mind

 

人間っておかしな生き物でしょ

When I realise the crazy things we do

 

やってらんないというか

It makes me feel ashamed to be alive

 

穴があったらはいりたいというか

It makes me wanna run away and hide

 

 

 

いつもお金がからんでる

It's all about the money

 

あれもこれもそれもどれも

It's all about the dum dum didudumdum

 

笑いごとじゃないわ

I don't think it's funny

 

マジでいってんのよ

to see us fade away

 

結局お金よ

It's all about the money

 

あれもこれもそれもどれも

It's all about the dum dum didudumdum

 

みんなわかってないけど

And I think we got it all wrong anyway

 

 

 

 

 

 

なぜかこないだ、うどん屋でかかつた曲(笑)。

 

ABBA『Money, Money, Money』への返答歌なのかな?

お茶目に女声で金銭について歌つても、あざとく感じないのは、北欧文化の神秘というか。





マイ・ベストマイ・ベスト
(2002/01/23)
メイヤ
関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

タグ: あいまい訳詞クラブ 

ヨ・ラ・テンゴ『Detouring America with Horns』

 

 

 

Detouring America with Horns

 

ヨ・ラ・テンゴ(Yo La Tengo)のアルバム『May I Sing with Me』収録曲

 

作曲:ジョージア・ヒューブリィ

プロデュース:ジーン・ホルダー

発行:アメリカ 1992年

 

【上の画像クリックでユーチューブへとびます】

 

 

 

 

 

 

ボクの敵をしつてたんだね

You know the way to my enemies

 

キミの目は釘づけ

You keep your eyes on my enemies

 

うしろむきになにかいうけれど

Calling me backwards

 

ボクはおいてきぼり

Stringing along my heart (that way)

 

 

 

キミはまつしぐら

You're on your way to my enemies

 

ボクの記憶のなかまで

You're moving in on my memories

 

よび声がきこえる

Calling me over

 

心みだれる

Taking this heart of mine (away)

 

 

 

 

 

 

detourは「回り道」などの意。

 

映画のオープニングみたく、とりとめなく脳裏に映像うかぶ、不思議な曲。

どちらかというとヨ・ラ・テンゴ初期の作品で、みづみづしい。





MAY I SING WITH MEMAY I SING WITH ME
(1992/02/21)
YO LA TENGO

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

タグ: あいまい訳詞クラブ 

マシュー・スウィート『往かないで』

 

 

往かないで

Don't Go

 

マシュー・スウィート(Matthew Sweet)のアルバム『ガールフレンド(Girlfriend)』収録曲

 

作曲:マシュー・スウィート

発行:アメリカ 1991年

 

【画像をクリックするとユーチューブへ飛びます】

 

 

 

 

 

往くなよ

Don't go

 

愛することが悪いのかい

Don't let my love drive you away

 

話を聞いてくれ

There is so much I have left to say

 

往くなよ

Oh don't go

 

白日の悪夢

Don't bring my nightmare to the day

 

 

 

 

もどつてこいよ

Come back

 

また曲を書いたから

You know I wrote another song

 

時が解決するなんてウソッパチ

They keep telling me the past is gone

 

因果応報つて言うんだろ

But it looks like my evil deeds are coming 'round

 

けど指をくわえ見てられない

I can't watch them put you in the ground

 

往かないでくれ

Oh don't go

 

このまま忘却の河に沈むなんて

I can't watch them put you in the ground

 

往かないで

Don't go

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-010_20120506144811.jpg

 

 

ロバート・クワイン、男泣き。

ギターをここまで歌わせる演奏もまれだ。

 

聞いてもらえぬと知りつつ、それでも熱唱する、アメリカのド演歌。

女々しさのなかに、漢らしさの核がある、なんておもつたり。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/3-125.jpg

 

 

あなたも気軽にアーティスト気分!

「あいまい訳詞クラブ」は会員募集中です。

 

『RISING STEEL』のバーンズさん

 

『子育て 時々 映画』のマミイさん

 

『THE KING OF FOOLS』のけー坊さん

 

『映画鑑賞の記録』のmiriさん

 

……以上の方々の訳詞もお楽しみください!




GirlfriendGirlfriend
(1996/09/17)
Matthew Sweet

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

タグ: あいまい訳詞クラブ 

モルヴェル/アンドレセン『まごころ』

 

 

まごころ

Merciful 1

 

ニルス・ペッター・モルヴェル(Nils Petter Molvaer)のアルバム

『ソリッド・イーザー(Solid Ether)』収録曲

 

歌唱・作曲:シゼル・アンドレセン(Sidsel Endresen)

ピアノ:ニルス・ペッター・モルヴェル

発行:ECMレコーズ 2000年

 

【画像をクリックするとユーチューブへ飛びます】

 

 

 

 

 

これはやさしい物語

Merciful, are these stories we spin

 

自分をからめとる蜘蛛の巣

Merciful, are these cobwebs that we cling to

 

 

 

 

涙に暮れ

All to be sad

 

雲に隠れ

All to be lost in a cloud

 

流され

And to be found

 

はしやぎまわる

And turn around laughing

 

あなたの目の前で

To laugh while you know

 

 

 

 

のこつたのは影だけ

You'll leave just a shadow

 

無人の駅みたいに

Like trains forever leaving stations

 

 

 

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/1-vlcsnap-2012-04-29-11h34m49s133.jpg

左がアンドレセン。右はStåle Storløkkenで別の人

 

 

ノルウェイの音楽家によるアルバムから。

箸休め風におかれた短い曲だけど、気にいつている。

同好の士はいるもので、ユーチューブの動画も趣味がよい。

 

枯れた、俳諧にも似た世界。

空間は緊張し、濡れた感触もある。

 

すかしたECMは、歌詞カードなんて気のきくブツを用意しないし、

ウェブにすら存在しないので、今回は自分で聞きとつてみた。

正確さは保証しません。

 

 

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/e/a/nearfuture8/2-059.jpg

 

 

あなたも気軽にアーティスト気分!

「あいまい訳詞クラブ」は会員募集中です。

 

『RISING STEEL』のバーンズさん

 

『子育て 時々 映画』のマミイさん

 

『THE KING OF FOOLS』のけー坊さん

 

『映画鑑賞の記録』のmiriさん

 

……以上の方々の訳詞(訳詩)もお楽しみください!




Solid EtherSolid Ether
(2001/01/23)
Nils Petter Molvaer

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

タグ: あいまい訳詞クラブ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03