尾崎かおり『金のひつじ』

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

[当ブログの関連記事はこちら

 

 

 

河川敷に捨てられた車のなかで練炭自殺しようとした少年を、

ボンネットに乗った明るい髪の少女が、ギターでフロントガラスを割って助ける。

 

 

 

 

少女は涙ぐんでおり、はげしく複雑な感情が内面で渦巻いてるのが解る。

 

寡作で知られる尾崎かおりの新連載が、『アフタヌーン』11月号からはじまった。

繊細かつ洗練された、あいかわらず魅力的な絵だ。

 

 

 

 

自殺未遂とゆう、のっぴきならない状況を説明したあとで、

すこし時間を遡ったところから物語がはじまる。

 

高校生の「三井倉継(みいくら つぐ)」は、小学校まで住んでいた街へもどってきた。

家族は母と姉に、妹がふたり。

父の死が、引っ越しのきっかけらしい。

 

 

 

 

本作は、男ふたり女ふたりの幼なじみの関係を中心にえがく青春もの。

仲良しだった4人は、多感な時期である6年間を経て変わってしまった。

キリキリと胸を締めつける、センシティヴな作風は尾崎かおりならでは。

 

 

 

 

第1話の38ページに、練りこんで磨きあげた物語の実質がつまっている。

上から目線で恐縮だが、本作を読まずに漫画は語れないとさえ言いたい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 

小川亮『私人警察』

 

 

私人警察

 

作者:小川亮

掲載サイト:『マンガボックス』(講談社)2017年-

単行本:講談社コミックス マガジン

[ためし読みはこちら

 

 

 

「ストーカー捕まえます」と書かれたオンボロのVWに乗ってるのは、

長髪でイケメンな元警察官の「麻木蓮二」。

 

 

 

 

アイドルの「古都みはる」は麻木に警護を依頼するが、ライブ中に拉致される。

ストーカーたちの手のこんだ陵辱シーンが本作のみどころ。

 

 

 

 

バトルも迫力がある。

速乾性の樹脂で窒息させられた麻木は、

ペンを自分の頬に突き刺し、口金だけのこして空気孔にする。

ストーカーへの敵意がすさまじい。

 

 

 

 

傭兵あがりとの一戦もよかった。

意識をうしないながら、自身を介して鉄柵と敵を手錠でつなぐ。

 

妻子を殺された経験のある麻木は警察を辞め、

ストーカーを「私人逮捕」するのに執念を燃やしている。

 

 

 

 

作者の画力は相当高い。

ちなみに小畑健が単行本帯に推薦のコメントを寄せている。

荒木飛呂彦的なケレン味も魅力だ。

 

 

 

 

細いのに出るところは出ている女体の描写に惹かれるが、

本作の女キャラはあくまでターゲットであり、さほど主体的に動かないのが惜しい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

さんかくやま『概念』

 

 

概念

 

作者:さんかくやま

掲載誌:『月刊ドラゴンエイジ』(KADOKAWA)2016年-

単行本:ドラゴンコミックスエイジ

[ためし読みはこちら

 

 

 

女子高生が反復横飛びしたら、枠線をシュンとはみ出した。

そして本来関係ないはずの、となりの4コマのオチに影響をあたえる。

ジャンルの制約を逆手にとったシュール系4コマだ。

 

 

 

 

ブルーベリーを食べるつもりが、イクラじゃないかと疑われ不安に。

たしかに色がついてないから解らない。

 

残酷に突きつけられる記号性や概念性により、もはや読者は、

流行中のグルメ漫画を以前の様にたのしめなくなるだろう。

 

 

 

 

あちこちに罠が仕掛けられている本作は、読者に集中をもとめる。

挙句の果てにコマそのものが迷路に。

僕は解いてみたが、けっこう本格的だった。

 

 

 

 

少女たちは、文字どおり4コマの枠をこえて自由にふるまうが、

いきなりあらわれた警察官に拘束されたりも。

 

 

 

 

以上の枠線藝が本作のウリだが、「やる気を出すためのやる気が出ない」とか、

阿部共実作品などに通底する、イマドキの女子のたたずまいもステキだ。

 

 

 

 

猫も杓子もデジタルな時代なので、自分も倣おうとするが、

友人が実演してくれたのに、かわいくないのでアナログにとどまる。

 

「かわいいは正義」がゼロ年代のイデオロギーだとしたら、

「かわいいしか正義がない」が10年代のそれに当たるだろうか。

 

 

 

 

突発する不条理な暴力性。

刹那性と虚無感。

かわいさの残像だけが、コマのないコマにただよう。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 

『ナデシコ女学院諜報部!』 最終章「七星剣」


登場人物・あらすじ(準備中)


全篇を読む(準備中)






 ジェーンはミキに憤慨し、ケーブルが張り巡らされた床をドシンドシンと踏みつける。

 銃と刀だ。絶対的な優位はうごかない。でもあの女は、いちいち予想外の手を打ってくる。自分の立ってる土台が崩れてゆく様な、漠然たる不安。

 ジェーンはファイブセブンの照準を、汗で前髪が貼りついたミキの額にさだめて言う。

「そんな近接武器でどうするつもり? 日本は石器時代から進歩がない」

「石器時代に金属器はないだろ」

「いまだに人が外でタバコを吸っている。文化は差別主義的で、女性を蔑視している」

「お前にだけは言われたくない」

「日本は先進国じゃない。土人の国よ」

「かもね。だからと言って、ボクがお前に劣ってるわけじゃない」

 ミキはかすかに腰を落とし、七星剣を天に突き上げる。

「信じられない」ジェーンが言う。「この期におよんでカミカゼアタック」

「さっさとケリをつけよう」

「刀は日本の魂ってわけ? アルカイダと変わらない野蛮な原理主義」

「ゴチャゴチャうるせえな。お前は嫉妬してる。日本の文化に」

「なんですって」

「アメリカには歴史がないからな。シンデレラ城みたいな単なるハリボテだ」

 ジェーンが手にするファイブセブンが揺れる。深呼吸するが、耳鳴りがやまない。壁一面を覆う巨大な星条旗がぼやけて見える。星条旗こそが正義で、地上の唯一の真実なのに。もともと激しい気性だが、これほどの怒りは経験がない。

「この銃は二十発装弾できる。予備弾倉が四つ。全弾ぶちこんでやる」

「超音速の刃で、そのキレイなお顔を真っ二つにするのが先だ」

「お前たちは弱すぎる。原爆二発であっさり降伏するなんて。私が大統領なら千発落とした」

「それは典型的なプロパガンダだ。日本が降伏した直接的原因はソ連参戦だ」

「ファッキンジャップ!」

 ジェーンはファイブセブンを発砲する。彼女はさほど優秀な射手ではない。激情に駆られての射撃では、命中率は五割を切っていたろう。

 ミキは五メートルを全力疾走し、右足を最大限に踏み出し、袈裟懸けに斬る。巨匠による彫刻の様な顔は傷つけるに忍びなく、相手の左肩から右腰にかけて振り下ろす。心臓を両断し、蘇生不可能なダメージを負わせた。

 ジェーン・カラミティは死んだ。

 ミキは七星剣にまとわりついた血を振り払う。怯えながら決闘を見守っていた三人の技術者はミキに睨まれ、なだれをうって逃げ散る。

 ミキは嘔吐をもよおしていた。氷雨が部室棟の屋上から飛び降りて以来、ずっと煮え滾っていた復讐の念願を果たしたが、気分は晴れない。

 後悔はしていない。しかしこの罪悪感は、死ぬまで自分を苦しめるだろう。




 ゴトンとゆう重い物が落ちた音が、出入口から聞こえる。ミキが視線をむけると、両手で口を覆うおかっぱ頭のアルテミシアがそこにいた。足許に木工用ドリルが転がっている。

 アルテミシアが叫ぶ。「ジェーン!」

 嗚咽を漏らしながらジェーンの上半身を抱き上げる。頬を血糊で染め、目を極限までひらいてミキを凝視する。アルテミシアはこれまでジェーンの陰に隠れがちだったが、壮絶なうつくしさだ。

「ひどい」アルテミシアが言う。「これほど崇高な美を破壊するなんて」

「…………」

 ミキは返す言葉もない。

 アルテミシアは口づけできるほど顔を寄せ、ジェーンに語りかける。

「ごめんなさい。いつかこうなると解っていた。身を挺して止めるべきだった。でも勇気がなかった」

 アルテミシアは、ミキに視線をもどして言う。

「あなたは私の最愛の人を殺した。決して許すことはできない」

「…………」

「でもジェーンは誇り高い。彼女の名誉を守らなきゃいけない。この場は私が収めるから、あなたは今すぐどこかへ消えて」

 ミキは整った右眉をもちあげる。

「あんた中国政府のスパイだろ」

「……侮辱する気?」

「警報がガンガン鳴ってるのに、いまごろになって部屋に戻ってきた。そのくせ事後処理を任せろって? 漁夫の利を得ようとする魂胆ミエミエだ」

 アルテミシアは腕のなかの遺骸を取り落とす。ジェーンの十字架が血の海に沈む。

 立ち上がったアルテミシアが三歩近づく。武装してるかは不明だが、彼女はマーシャルアーツの心得があり、数十分前にミキをねじ伏せたばかり。七星剣をもった今でも、格闘ではミキの不利だろう。

「憶測の真偽はともかく、この愁嘆場で動揺しないのは大したものね」

「コミュ障だから感情に流されない」

「ふふ。あなたには驚かされ続けた。諜報の世界は狭い。きっとまたどこかで会うでしょう」

「一緒にすんな。ボクはゲーム漬けの毎日にもどる」

「わかってないわね。諜報の世界の方が、あなたを放っておかないの」

 アルテミシアはすれ違いざま、ミキのなめらかな頬にキスする。まったく信用できない女だが、同性愛者だとゆう情報だけは本当だったかもしれない。




 狂騒の日々から一か月経った。

 ミキは手にした色紙をながめつつ、高等部校舎の階段を下りている。きょうで学院を退学するので、クラスメートから寄せ書きをもらった。辞めるよう圧力を受けてはいないが、ケジメをつけるべきと自ら判断した。

 転校するつもりはない。どうやら自分にはゲームの才能があるらしいと解った。家業の蕎麦屋を手伝いながら、本気でプロゲーマーをめざそうと考えている。

 下駄箱で厚底のレザーブーツに履き替える。ほかのクラスの生徒たちとすれ違い、昇降口から出る。女子校の賑やかさの中にいるのも最後と思うと、柄にもなく感傷的になる。

 秘密の抜け穴をつくった校舎裏のフェンスへたどりつく。もう一度色紙を見る。「かわいい」とか「おしゃれ」とか「かっこいい」とか、褒め言葉が書き連ねられている。クラスメートとあまり交流は持てなかったが、それでもうれしい。なにかと言うと女子が寄せ書きを書きたがるわけだ。ただし、まだ入院中の氷雨からのメッセージはない。

 革のリュックサックに色紙をしまう。中に隠してあるMP7を撫でる。この相棒との別れだけは耐えられず、早朝に部室へ忍びこみ、実弾三百発と一緒にいただいてきた。公安が交換した錠前を、テンションレンチとレークピックでこじ開けた。学院でまなんだもっとも有益な技能だ。将来食うに困っても、空き巣で稼げるだろう。

 背後から声がした。

「あいかわらず手癖が悪いな」

 振り向くと、ボマージャケットを着た千鳥が苦笑いを浮かべている。思えば彼女とはじめて話したのも校舎裏だった。

 ミキが答える。「えっと、これはその」

「まあ銃のことはともかく、きょうが最後なら先輩に一言挨拶しなきゃダメだろう」

「別に縁を切るわけじゃないですし」

「どうだか。学院辞めてなにして過ごすんだ? 朝から晩までゲーム三昧か?」

「ボクなりに夢ができたんです」

「ふうん。ならこうゆうのはどうだ?」

 千鳥がスマートフォンの画面を見せる。どこかのホームページらしい。モデル風に端正な顔立ちの女子高生が、銃を構える写真が載っている。

「なんですか、これ」

「スパイゲームが復活するんだ。文科省が絡まない形で。あたしの親父は顔が広いから、スポンサーを集めてくれてる。ただひとつ条件をつけられて……」

「ボクが参加するってことですか」

「話が早いのもあいかわらずだな」

 ミキは唇を噛み、首を回す。

 心は揺れる。

 斜めに刀傷を負ったジェーンの姿が、いまだに毎晩夢に出て悩まされている。許されざる罪だ。スパイゲームは封印したい過去なのだ。

 一方で、こっそりMP7を盗み出したくらい、自分にとってもっとも充実した日々でもある。

 キーキーとゆう金属音とともに、校舎の陰から車椅子があらわれた。座るのは氷雨で、きららが背後から押している。

「氷雨ちゃん!」ミキが叫ぶ。「退院したの」

「きょうからね。驚かせたくて内緒にしてた」

「車椅子だと学校生活大変でしょ。手伝ってあげたいけど、ボクはもう……」

「リハビリも順調だから大丈夫。スパイゲームの実行委員としても、みんなでがんばるつもり」

「そうなんだ」

 氷雨の優しい笑顔に、ミキは胸をしめつけられる。飛び降り自殺をこころみるほど追い詰められてたのに、また前向きな姿勢を見せている。

 やっぱり一緒にいたい。またチームを組みたい。

「あの」ミキが言う。「退学届って、いまからでも撤回できるかな……」

 千鳥が飛び跳ねながら叫ぶ。

「よっしゃ来たあ! きららの作戦どおりだ。頑固なミキも、氷雨の説得なら耳を貸すって」

「ボクは頑固じゃないですよ」

「なに言ってんだか。あたしがどんだけ苦労したか」

 諜報部の四人は、声をあわせて笑う。いますぐ試合に出れそうなくらい、息はぴったりだ。

 いたづらっぽく右目を細め、ミキが言う。

「ところで新しいスパイゲームですけど、実弾射撃ありにするのってどうです?」




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

栗山ミヅキ『保安官エヴァンスの嘘』

 

 

保安官エヴァンスの嘘

 

作者:栗山ミヅキ

掲載誌:『週刊少年サンデー』(小学館)2017年-

単行本:少年サンデーコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

「エルモア・エヴァンス」は、西部の街をまもる保安官。

銃のあつかいも凄腕だ。

しかし頭の中ではつねに女の子のことを考えている。

モテたいため保安官になったから。

 

 

 

 

富豪令嬢の警護をまかされるなど、毎話美少女が登場する。

その都度いい雰囲気になるが、1話14ページではさしたる進展もなく終わる。

『男はつらいよ』的な寸止めエピソードの連続は、日本人好みかもしれない。

 

 

 

 

孤高のガンマンをきどるエヴァンスは、結局のところモテない。

ウェイトレスのスカートの中をのぞいたりする、

職業柄にそぐわないムッツリスケベぶりが本作のみどころ。

 

 

 

 

西部劇の世界観は、20世紀以降の自由恋愛主義とは趣きが異なる。

たとえば氏素性さだかならぬ女を助けたら、

相手はお礼をカラダで支払おうと服を脱ぎはじめる。

こうゆうことに慣れてるらしい。

独特の味つけとして利いている。

 

 

 

 

本作のヒロインは、賞金稼ぎの「フィービー・オークレイ」。

ウサ耳風のリボンが、アメリカンな感じでかわいい。

 

 

 

 

射撃の練習にかまけたエヴァンスとオークレイは、ともに恋愛はからっきし。

おたがいを憎からず思ってるのに、いがみ合ってばかり。

西部劇映画でよく見る、あのじれったい恋模様が、

ラブコメのフォーマットとの意外な相性のよさを発揮している。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03