小池ノクト/外薗昌也『殺戮モルフ』

 

 

殺戮モルフ

 

作画:小池ノクト

原作:外薗昌也

掲載誌:『ヤングチャンピオン』(秋田書店)2017年-

単行本:ヤングチャンピオン・コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

女子高生3人が、制服姿で池袋を闊歩する。

真ん中のボブヘアが主人公の「まどか」。

ひとりだけ彼氏がいない。

 

 

 

 

唐突に通り魔事件が発生。

覆面男が二丁のナタをふりまわし、無差別に通行人を殺戮する。

 

 

 

 

恐怖のあまり硬直したまどかは、立ち尽くしたまま惨劇を見とどける。

サンシャイン通りが一瞬にして地獄へかわる瞬間を、

可憐な少女の視点から生々しく描いている。

 

 

 

 

犯人は逮捕され、まどかは保護されるが、一件落着とならない。

家族と一緒に帰宅途中の車内から、収監されてるはずの犯人を目撃。

ビルのなかで人を殺していた。

 

 

 

 

同一人物が複数の場所に出現する「バイロケーション」が、本作のギミックだ。

犯人はあちこち出没し、見境なく殺し回るが、だれもそれを止められない。

 

 

 

 

まどかは、ある集団セラピーに勧誘される。

半信半疑で足をのばすと、そこには今回の事件の生存者があつまっていた。

犯人がいまだあらわれるのは、PTSDによる幻覚だと匂わされる。

本作は、心理を主題とするホラーでもある。

 

それはともかく、外ハネでオーバーオールを着た「典子」が、

イタズラ好きでおちゃめな性格で、かわいい。

 

 

 

 

これまで小池ノクトの作品をちゃんと読んでなかったが、ファッションが魅力的とおもう。

僕が好きなのは3話の服装。

重ね着の仕方やショートパンツなど流行をとりいれつつ、普通っぽくもみえる。

おしゃれしすぎないおしゃれの匙加減が巧みで、

オリジナルを描ける作家が、作画に集中するときの醍醐味をあじわる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『ナデシコ女学院諜報部!』 第12章「ディズニー」


登場人物・あらすじ(準備中)


全篇を読む(準備中)






 ところはJR京葉線・舞浜駅ちかくにある東京ディズニーランドホテル。結婚披露宴がホールでひらかれている。ミッキーマウスとミニーマウスが新郎新婦に付き添い、ウェディングケーキの入刀をおこなう。ドナルドダックが感動の瞬間を祝福する。

 そしてミッキーたちがダンサーをまじえて踊り、記念撮影をし、幸せの絶頂にある二人を送り出して、披露宴は幕を下ろす。

 ディズニーキャラクターの三体は控室へもどり、被り物を脱ぐ。

 ミッキーマウスの中に入っていたミキは、汗だくのまま笑顔で言う。

「たのしかった! いきなり引っぱりこまれて焦ったけど」

 ミニーマウスだった千鳥は号泣している。

「うんうん、結婚式っていいもんだなあ。あたしも早く相手見つけて結婚したい。でもって子供は三人ほしい」

 きららは口を尖らせる。

「なんで私がドナルドなのよ。月に二回来るくらいディスニー好きなのに。部長なんだから選ぶ権利あるでしょ」

「まあまあ」ミキが言う。「そんなことより、CIAがホテルをうろついてますね。しきりに無線で交信してる」

「ミニーちゃんになるのが夢だったのよ……」

「泣くほどショックとは」

 きららは泣きじゃくりつつノートPCをひらく。すでにホテルの監視システムをハッキングしており、廊下が画面に映っている。スーツを着た白人の男が、控室のドアの前を駆け足で横切る。ミキたちを探している様だ。

 赤い制服を着た女が、控室に入ってきた。ナデシコ女学院諜報部のOGで、今回ミキたちを手引きした、ホテル従業員で二十三歳の白井だ。

「うざっ」白井が言う。「物騒なやつらが、私たちの夢の国を荒らしてる。懲らしめてやって」

 ミキが答える。「協力ありがとうございます」

「お安い御用よ。東京ディズニーリゾートの職員で一番多いのは、学院出身者なの。ゲストもふくめれば、学院がここを支配してると言っていい」

「へえ」

「女子のネットワークをなめたら痛い目にあうと、CIAは知らないんでしょうね」

 白井は後輩であるきららの髪を手で梳き、頭頂部に顎をのせる。妙に馴れ馴れしいが、きららは表情を変えずPCを操作する。ネットワークとやらが何を意味するか、深く追求すべきでないとミキは判断した。




 諜報部の三人は、ホテルのエレベーターで地下三階まで降りる。ドアがひらかない。操作盤のカバーをスライドし、鍵を差し込んでひねる。ミキが総支配人室に忍びこんでアイフォンで撮影し、白井に3Dプリンタで複製してもらった鍵だ。

 エレベーターから出ると、そこは日本最大の地下通路だった。数匹のネズミが足許を駆け抜けたのが、鳴き声でわかる。照明はまばらで薄暗く、剥き出しの太いパイプが左右に設置されている。ごく限られた関係者のみアクセスを許された区域であり、テスラシステムのある軍事基地へ通ずる。

 ミキの服装は、ジャンパースカートもタイツも靴も帽子も黒づくめ。チョーカーまで黒で、白く細い首とのコントラストがあざやかだ。迷彩柄のアーマーで胴体を守っている。

 きららはアキュラシー・インターナショナル社の狙撃銃である、AWライフルを装備する。

 目を輝かせてミキが言う。

「諜報部にこんなのあったんですね。教えてくれればいいのに」

 きららが答える。「これは私物よ」

「マジすか」

「実は父が自衛官で、銃の使い方を叩きこまれたの。狩猟にもよく連れてかれるし」

「ボクの父はサバゲが趣味でした」

 ミキはサブマシンガンのMP7を、コンコンと右中指の関節で叩く。たのむぜ、相棒。

 すべての電灯が消えた。

 ミキが叫ぶ。「暗視装置!」

 光量が増幅された緑色の世界が、ミキの眼前にひろがる。待ち伏せにあったのに、不思議と落ち着く。

 ライフルの連射音と、銃弾がコンクリートやパイプで跳ねる音が、トンネルに反響して耳を聾する。数十メートル先で、緑の人型のシルエットがうごめく。敵は六人ほどいる。

 ミキは前方へ猛然と駆け出す。

 普段は予防接種も嫌で逃げるほど臆病だが、勝ち負けが絡むと恐怖心が吹き飛ぶ。だれが相手だろうと負けたくない。

 まるで背中に翼が生えた様に、体が軽い。筋肉が勝手にうごく。単色の風景がフルカラーに感じられる。敵味方の位置取りや次の動きが、気配として伝わる。

 ミキは瞬く間に三人を斃す。

 CIAの特別行動部隊(SAD)らしき敵対勢力は、死傷者を放置してトンネルの奥へ撤退する。




 SADはミキの戦闘力を侮ってない。イラクで即席爆弾を隠し持つ幼女を、冷徹に射殺した経験さえある連中だ。作戦中に油断はしない。

 ありふれた戦闘の一局面だ。接触直後にはげしく攻撃した側が、主導権をにぎるのは道理。プロフェッショナルであるSADは、彼我の戦力差を客観的に認識している。練度と装備が桁違いだ。敵の攻勢終末点まで後退し、そこで反撃に転じればよい。

 MP7の四・六ミリ弾で頬を撃ち抜かれた、身長百九十センチのSADオペレーターが、最後のエネルギーを燃やし立ち上がる。死んだと思いこんで通り過ぎたミキに、ナイフを振り下ろす。

 ターンッ!

 三〇八口径弾で、さらに大きな穴を後頭部に開けられたオペレーターは、脳漿を闇に撒き散らしながら倒れる。きららがAWを発砲した。

 ミキは、原形をとどめないオペレーターの頭部を見下ろす。

 悪く思わないでくれ。付随被害だ。

 ミキはヘッドセットできららと交信する。

「ありがとうございます」

「もっと周囲に気を配って」

「ゲームと同じにはいきませんね。ヘッドショット一発で死ぬとはかぎらない」

「笑えない冗談だわ」

「ボクの暴走癖に呆れてるのはわかってます。でも、こうゆう風にしか戦えないんです。とにかく後ろは任せました」

「私はともかく、千鳥ちゃんは納得してない様ね」

 肩を怒らせた千鳥のシルエットが、暗視装置のスクリーンに浮かぶ。右拳を固く握り、ミキを殴りつけようとしている。

 ミキは先手を取って、千鳥を突き飛ばす。そして自分もコンクリートの床に伏せる。

 バシューッ!

 ロケット弾が頭上を通過する。後方の壁にあたって爆発し、狭いトンネル内を焼き尽くす。

 ズダダダッ、ズダダダッ!

 増援と合流し十名となったSADが、復讐心を滾らせてアサルトライフルのSCARを斉射する。




 テスラシステムが鎮座する広い管制室は、いまはCIA高官や準軍事要員や技術者も加わり、総勢四十人ほどでごった返している。SADがミキたち諜報部員三名に思わぬ苦戦を強いられたので、一部はその対応でドタバタ走り回り、足を床の配線に引っかけて転ぶ者もいる。

 壁の巨大なディスプレイに、上空から見た東京ディズニーランドが映る。無人航空機であるMQ9リーパーが、高度五千メートルから撮影する映像だ。CIAと連携しつつ、アメリカ空軍パイロットが本国から遠隔操作している。

 首から十字架をさげたジェーンが、ノートPCをつかうアルテミシアの耳許でささやく。

「リーパーを乗っ取ってちょうだい」

 アルテミシアが答える。「どうする気?」

「蟻の巣をつぶして、生き埋めにする」

 壁のディスプレイに、SADと諜報部の交戦の様子も映っている。増援の到着により戦力比が逆転したため、諜報部はエレベーターで地上へ逃げる可能性が高い。

 おかっぱ頭のアルテミシアは虚ろな表情で、言われるまま空軍基地のコンピュータへ侵入する。PCの画面がシンデレラ城の俯瞰映像に切り替わった。

 一方でミキたち三名が、エレベーターに乗りこむ。

「発射」ジェーンが言う。

「なにを言ってるの」

「ヘルファイアをあの城に撃ちなさい」

「一般市民が何千人もいる」

「どうせ二時間後にみな死ぬでしょ」

 椅子に座るアルテミシアは、立っているジェーンを下から睨みつける。

「やはりあなたは狂ってる。大声を出すわ」

「ご勝手に。私はCIAを理解してる。だれもあなたに味方しない。九・一一以降、テロリストとみなされる人間をCIAが何人殺したか知ってる?」

「議論なんて必要ない」

「一万一千人よ。二十一世紀において、これほど『戦果』を上げた西側の軍事組織は他にない。CIAはいまや世界最大の軍隊のひとつなの」

「きっとあの中にアメリカ人もいるわ!」

 ジェーンは手でアルテミシアの口をふさぐ。椅子を横取りし、キーボードを叩く。

 画面の中心で爆炎が生じる。シンデレラ城のもっとも高い尖塔が折れ、煙のなかで逃げ惑う群衆の上に落ちる。

 リーパーの予期せぬ動作に、管制室内は恐慌状態となる。ジェーンは騒ぎを黙殺し、ノートPCに見入っている。

 笑えるわ。

 黄色い顔の猿が棲む国に、なんで中世ヨーロッパ風のお城が建ってるわけ?

 あいつらには、焼け野原がお似合いよ。




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

中山敦支『うらたろう』5巻

 

 

うらたろう

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

ヒロインであるちよの死から一年を経て、第二幕「回生篇」がはじまる。

うらたろうは、ちよの生首を鞄にいれて旅をする。

爆散した肉体をすべて拾い集めて復活させるために。

 

7つに別れたちよを探す旅に出るとかいう

ドラ○ンボールとキ○肉マンをくっつけたような展開に

色んな意味で驚かされます

ちよはバッファローマンにバラバラにされたミートくんだった・・・?

 

アマゾンレビュー

 

あまりに純粋に週刊少年ジャンプ的すぎて、

かえってジャンプに受け容れられなかった中山ならではか。

 

 

 

 

恋人の死を経験した、うらたろうの性格は反転。

他者をいつくしみ、生命を大切なものとみなす様に。

中山作品の主人公らしくなった。

 

でも、僕は信者にちかいファンだからあえて言うけれど、

これまでの4巻はなんだったんだろうとおもう。

うらたろうは「共感しづらいキャラ」として登場したので、

読者との距離がちぢまらないまま話はすすむ。

 

 

 

 

第二幕に花を添えるのが「もがり」。

色仕掛けの直後に悪態をつく慌ただしさがおかしい。

 

 

 

 

遺体を奪い合うライバルが「平六代(たいらのろくだい)」。

ちよの兄である。

 

 

 

 

六代は人形としてちよを愛玩するのが目的。

ネクロフィリアとインセストの混淆は、玄妙なあじわいだ。

 

 

 

 

乳母の死体を愛した、幼少期のエピソードもかたられる。

「母性への屈折した感情」とゆう、作者にとり重要なテーマがうつくしく再浮上。

 

 

 

 

以上の引用画像はすべて見開き2ページ。

ストーリーは迷走ぎみで、修正不可能なレベルにおもえるが、

作者のイラストレーター的技量をたしかめられる点では、読む価値がある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 

『そしてボクは外道マンになる』2巻に鳥嶋和彦登場

 

 

そしてボクは外道マンになる

 

作者:平松伸二

掲載誌:『グランドジャンプPREMIUM』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックスGJ

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

初連載ながら成功した『ドーベルマン刑事』は三年めに入り、

担当編集者が後藤広喜から、鳥嶋和彦へかわる。

のちに伝説の編集者と称される鳥嶋だが、当時はまだヒットを飛ばしてないはず。

 

ジャンプ編集部における不和がそれとなく描かれる。

70年代のジャンプは、本宮ひろ志的な熱血路線まっしぐらであり、

ヴィジュアル重視の鳥嶋は不遇をかこっていたとか。

なお集英社における世代間抗争は、西村繁男『漫画王国の崩壊』にくわしい。

 

 

 

 

鳥嶋は尋常でない毒舌家だった。

初対面の作家にむかい、師匠である中島徳博の『アストロ球団』をバカにしたり、

カラーイラストが暑苦しすぎてセンスないなどと、言いたい放題。

 

誇張もあるにせよ、インタビューなどでつたわる鳥嶋の人柄からそう遠くない。

 

 

 

 

鳥嶋がかんがえたテコ入れ策は、ハードな『ドーベルマン』のラブコメ化。

平松は、新キャラである婦警さんのデザインをすることに。

ここで伝説の「ボツ地獄」がはじまる。

 

いかに作家に無駄弾を撃たせて、いかに何度もダメ出しをして、

最後には作家に「自分は他人よりなにが優れているか」を悟らせるか、

これに尽きるんだね。

 

編集の側から「こうすればいい」とサジェスチョンしても、

結局は作家の身にならない。

作家自身に自分で気づかせる以外にないんです。

ということは、編集の仕事は短時間に的確にダメ出しを

繰り返すことに尽きるんだよ。

まあ、技術論のレベルでの指導もしていくわけだけどね。

 

対談での鳥嶋の発言

 

鳥嶋による冷酷なダメ出しの連続は、戦略的なもの。

徒弟制度風だった漫画編集の仕事をモダナイズしたのが、彼の功績だろう。

 

 

 

 

結果、不振だった『ドーベルマン』の人気は復活する。

話してみると、鳥嶋が意外と人情を解するのもわかった。

 

以降の鳥嶋の業績を箇条書きすると、こんな感じ。

 

・鳥山明や桂正和などの漫画家を発掘

・「ジャンプ放送局」「ファミコン神拳」などの企画ページを編集

・ジャンプ作品をアニメやゲームとクロスオーバーさせる

・漫画単行本を洗練されたデザインへ変更

・『ドラゴンクエスト』『クロノ・トリガー』の座組を準備

・『Vジャンプ』創刊

・低迷期のジャンプの再建

 

日本のサブカルチャーにおける、最大の貢献者かもしれない。

 

 

 

 

鳥嶋はいま、白泉社の代表取締役社長をつとめている。

平松が自伝漫画の内容をチェックしてもらいにゆくと、

いい年して相変わらず毒舌だったとゆうオチがつく。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

若木民喜『キング・オブ・アイドル』

 

 

キング・オブ・アイドル

 

作者:若木民喜

掲載誌:『週刊少年サンデー』(小学館)2017年-

単行本:少年サンデーコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

『神のみぞ知るセカイ』などで知られる若木民喜の新作は、アイドルもの。

主人公の「遥名まほろ」は養成学校へ入り、頂点をめざす。

 

 

 

 

本作には、ほのかなSF/ファンタジー風味がある。

まほろの声には魔力があり、人をあやつれる。

「道を空けてください!」と叫ぶと、人混みがザッと左右に分かれたり。

 

 

 

 

もう一つのまほろの秘密は、男であること。

性別を偽ってまでアイドルになろうとするのは、

養成学校のシステムでホログラムを生成し、若死にした母親と再会したいから。

しかし寮生活で隠し通すのは無理があり、ルームメイトの「瀬奈」にバレてしまう。

 

 

 

 

まほろは女装趣味の持ち主ではないので、下着は男物。

転ぶとダサいトランクスが丸見えで、かえって危険だったりする。

 

 

 

 

女の子のかわいさに定評ある作家であり、アイドルものとの相性は抜群だ。

愛くるしく親しみやすいと同時に、独特の艶のある絵柄を、読者は堪能できる。

 

 

 

 

異性への興味が薄いまほろは、スケベ心ゆえ女子寮に潜入したのではない。

ところが、なぜか歌をうたうとビンビンに勃起する習性があり、

マジメな瀬奈の拒絶反応を誘発し、そのたび大騒ぎに。

このギミックをこの絵柄で描かれると、破壊力がある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 男の娘 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03