楠木ともり/やぎぬまかな『ビター・エスケープ』

 

 

ビター・エスケープ

 

メディアミックス企画『バンめし♪』OP曲

 

歌唱:楠木ともり(「栗花落 夜風」役として)

作詞・作曲:やぎぬまかな

演奏:侍文化

発行:コナミデジタルエンタテインメント 2018年

クロスフェード試聴/コナミスタイル販売ページ

 

 

 

『ひなビタ♪』につづく、コナミによる音楽配信企画の楽曲である。

いわゆるキャラソンだ。

声優の楠木ともりが歌うバージョンを中心に書こうとおもう。

 

 

ティザーPV

 

 

作曲者のやぎぬまかなは、カラスは真っ白というバンドをやってた人。

僕はよく知らないが、ジャンルは「ファンクポップ」だったそうで、

ブンブン跳ねるベースの上でウィスパーボイスがたゆたう本作の曲調は、

バンド時代の延長線にあるとおもわれる。

あと歌詞は、田舎暮らしの少女の脱出願望をテーマとしている。

 

いかにもインディーロック調のサウンドに、幼さを強調した可憐な歌声。

相対性理論を連想させられる。

『人工衛星』とか『四角革命』とか。

 

 

 

 

相対性理論のデビューは2007年。

僕が『ハイファイ新書』を聞いたのが2009年1月。

あれから10年だ。

 

相対性理論は、アニメ文化への親近感を前面にだして成功した。

そして、あっち系のプレゼンスがますます高まる現在からみると、

コロンブスの卵的な発想のバンドだったなあと痛感する。

 

 

ツイッターへの投稿

 

 

そこで楠木ともりである。

彼女は、やくしまるえつこにないものを持っている。

たとえば18歳という若さ、とびぬけた顔とスタイルのよさ、

そしてなにより、すでにメインキャラ3名を演じた人気声優であること。

 

たしかにこれまでも同様の試みはあった。

花澤香菜とやくしまるのコラボとか。

でもざーさんは、パン屋さんめぐりが趣味のリア充お姉さんであって、

授業中に宇宙人の来襲を妄想してそうなタイプではない。

 

一方でともりるは、アート指向のサブカル少女だ。

イラストを描いたり、イベントのロゴをデザインしたり、作詞作曲したり、

中学時代のいじめ経験にもとづく自作曲を披露したりしている。

 

真部脩一とやくしまるが提示した先見的なビジョンが、

10年のときを経て具現化したのが、楠木ともりという存在なのだ。

 

 

 

 

作曲者による歌唱と、ともりるバージョンを聞き比べよう。

けだるく歌う、前者の解釈の深さも捨てがたいが、僕は後者に軍配をあげたい。

まるで耳許で囁かれる様に聞き手に錯覚させる声の透明度、

拙さも役作りとおもえるキャラソンならではのアドバンテージ。

 

「選択のない未来に」の部分の、前のめりのアーティキュレーションにハッとする。

背伸びして生き急ぐ、なにかを背負ってしまった少女の切迫感が、暴発している。




関連記事

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

つくしろ夕莉『広島妹 おどりゃー! もみじちゃん!!』

 

 

広島妹 おどりゃー! もみじちゃん!!

 

作者:つくしろ夕莉

掲載誌:『ヤングエース』(KADOKAWA)2018年-

単行本:角川コミックス・エース

[ためし読みはこちら

 

 

 

高校2年生の「一都」に、親の再婚で妹ができた。

燃える様な髪色の少女は、中学2年生の「もみじ」。

広島から東京に来たばかりで緊張してるだろうと、一都はやさしく話しかける。

 

 

 

 

ところがもみじちゃんの口調は、ヤクザ映画さながらのコテコテの広島弁。

見た目はおとなしく可憐なので、一都は仰天する。

 

 

 

 

そんなもみじちゃんのギャップ萌えと、熱い地元愛をたのしむ作品だ。

広島あるあるネタが満載で、特にカープへの言及は多種多様。

引用では4コマ部分だけ切り取っているが、欄外の解説も読みごたえあり。

 

 

 

 

たとえばお好み焼きについて。

広島っ子は「広島焼き」という呼称を嫌う。

あちらで食べられるお好み焼きにもいろいろあるからだ。

焼きそばが入ってるアレを指して適当に口走ったら、

彼らのソウルフードに対する侮辱と受け取られかねない。

 

 

 

 

作者は県東部の福山市出身。

広島市民からは岡山県の一部とみなされがち。

もみじと一都をめぐるライバルになる「びんごちゃん」が福山だ。

「なにもない」のを逆手にとってアピールする町おこしが笑える。

 

Perfumeでいうと、あ~ちゃんとかしゆかが広島で、のっちが福山。

たしかにのっちは、ふたりとなんかちがう。

 

 

 

 

「萌え×地方」漫画では、『北陸とらいあんぐる』などもあるけれど、

方言のインパクトの強さという点で、本作は特別な地位を占めるだろう。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

佐々木ミノル『中卒労働者から始める高校生活』11巻

 

 

中卒労働者から始める高校生活

 

作者:佐々木ミノル

掲載誌:『コミックヘヴン』(日本文芸社)2012年-

単行本:ニチブンコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

作者いわく、後篇のはじまりとなる11巻である。

単純計算すると全20巻で完結。

これほどの大長篇になるとは想像しなかった。

 

 

 

 

まことは、ついに父と再会した。

横領と傷害の罪で収監されていたらしい。

まことは、自分と妹の人生をめちゃくちゃにした父を許さないだけでなく、

はげしく動揺し、恋人の前でみっともない姿をさらす。

 

 

 

 

それに対し、過剰に反応する莉央。

深刻なトラウマを、さらにグサグサと抉るストーリーだ。

 

 

 

 

幼少期の回想シーン。

まことはむしろ、父親になついていた子供だった。

その分、幻滅したあとの反動が大きいのだろう。

 

 

 

 

小2の真彩が、亡き母に甘える様子もグッとくる。

風変わりな兄妹になった経緯が、家族の風景からつたわる。

 

もし最終的に、息子が父と和解するとしたら、

そこで重要な役割をはたすのは妹かもしれない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

相川有『人外さんの嫁 宵町の巫女』

 

 

人外さんの嫁 宵町の巫女

 

作者:相川有

原案協力:八坂アキヲ

発行:一迅社 2018年

レーベル:ZERO-SUMコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

現在アニメが放映されている人気作のスピンオフである。

本篇では原作担当の相川有が、作画も受け持っている。

 

相川はベテラン作家だが、最近は原作仕事が多い様だ。

当ブログでは『無関心探偵AGATHA』をとりあげた。

個人的に好みの絵柄だ。

『人外さんの嫁』はよく知らなかったが、ためし読みしたところ、

本作のヒロインの憂いをふくんだ佇まいに惹かれ、購入決定。

 

 

 

 

主人公である15歳の「都」が住む町には、あるしきたりがある。

嫁取りにあらわれた神にえらばれたら、拒否できないという。

そして都は、禍々しい黒龍の花嫁になることに。

 

 

 

 

もちろん都は抵抗する。

それでもそこは乙女の習性で、「結婚」という言葉に心はゆれる。

大切にされることの安心感が距離をちぢめてゆく。

 

 

 

 

1巻完結なので、やや駆け足で関係が進展してゆく。

滝壺のシーンとか、殊更にうつくしい。

特に都の脚が。

 

 

 

 

都には秘められた記憶があり、すでに幼少期に龍神と出会っていた。

 

あと僕は、冒頭の叙述トリックに引っかかった。

ストーリー面でも読みごたえのある作品だ。

 

 

 

 

セーラー服でポニーテールの凛としたヒロインが、

不思議な世界観のなかで、さまざまな表情をみせてくれる。

おすすめだ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

榎屋克優『高梨さんはライブに夢中』

 

 

高梨さんはライブに夢中

 

作者:榎屋克優

掲載誌:『Dモーニング』(講談社)2018年-

単行本:モーニングKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

うだつの上がらないサラリーマン「坪坂」は、ビンゴの景品でもらったチケットで、

生まれてはじめてロックのライブ会場へやってくる。

そこで意外にも、職場の同僚「高梨さん」に出くわす。

 

 

 

 

ライブでは音量のすさまじさや、観客の動きの激しさに度肝をぬかれる。

そしてなにより、ふだんは地味な同僚の変貌ぶりに。

 

ライブ会場あるあるネタと、高梨さんのギャップ萌えをたのしむ漫画だ。

 

 

 

 

フェスで泥まみれになってサークルモッシュとか、おいしい場面を押さえている。

 

正直僕は、会場の後方で腕組んで鑑賞する地蔵タイプだが、

こうやってバカ騒ぎする快感もありかもしれないと思った。

 

 

 

 

高梨さんは守備範囲が広い。

王道ロックもいけるし、デスメタルもいける。

 

 

 

 

アイドルの現場にもいく。

坪坂にリフトされ、推しからレスもらえて大興奮。

 

 

 

 

ちなみに当ブログは、音楽漫画とグルメ漫画に点が辛い。

前者は聴覚、後者は味覚に焦点をさだめた題材であり、

視覚重視のメディアにそぐわないと思うからだ。

 

しかし観客サイドからえがく音楽漫画はめづらしく、本作の価値を高めている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03