鍵空とみやき『ハッピーシュガーライフ』5巻

 

 

ハッピーシュガーライフ

 

作者:鍵空とみやき

掲載誌:『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)2015年-

単行本:ガンガンコミックスJOKER

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

焦らしプレイがやや鼻についたこの百合サスペンスは、

5巻に入っていよいよ話がうごきだす。

直接的な暴力が牙をむく。

 

 

 

 

さとうは、しおとの愛の巣をまもりたい。

狭まる包囲網を逆に利用し、局面の打開をはかる。

 

 

 

 

幼女に幻想をいだく三星に対し、脱ぎたてのしおの靴下を投げつける。

ほのかにただようミルクの匂いが変態的。

 

 

 

 

人間は欲求に駆られる、ただの動物にすぎない。

餌付けすれば、たやすくコントロールできる。

 

 

 

 

だがさとうの世界観は、ドライなだけではない。

因果関係で説明できない、ピュアな愛情を信じている。

さとうが恋愛論を熱く語る第20話は、本作のハイライトのひとつ。

 

 

 

 

ほとんど台詞なしで描かれる第23話。

しょうこはさとうを理解しようとするが、それは不可能なミッションだった。

悲劇は必然だった。

 

 

 

 

『ハッピーシュガーライフ』は緻密で論理的な作品だが、

不意に恋情と暴力が炸裂し、理性を崩壊させる。

こんなカタルシスをあたえる作品は、ほかに見当たらない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 

中山敦支『うらたろう』3巻

 

 

うらたろう

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

『うらたろう』第15話は温泉回。

現代サブカルチャーのハイライトである。

でも中山敦支の場合、エロくならない。

異端だが、健全な作家だ。

 

 

 

 

主人公一行は、目的地である黄泉比良坂へひとっ飛び。

離陸の仕方が少年漫画的でおもしろい。

 

 

 

 

たのしい空の旅は、鬼である「金熊童子」に妨碍される。

『トラウマイスタ』4巻を髣髴させる急展開。

 

 

 

 

ちよの家族がいる六波羅京は、妖怪によって滅ぼされていた。

廃墟と化した世界と言えばトラウマイスタ5巻だが、こちらの方がすさまじいイメージ。

 

 

 

 

苛酷な環境で男女がまっすぐな感情をぶつけあうのは、『ねじまきカギュー』の反響。

独自解釈をとりいれた和風の世界観は、『こまみたま』

 

 

 

 

死と隣り合わせの旅のなかで、ちよは成長してゆく。

『アストラルエンジン』のロランドみたく崇高なうつくしさ。

 

 

 

 

僕は『うらたろう』2巻に脱帽し、1巻へくだした低評価を猛省したが、

3巻はまたとっちらかった内容になっている。

それでもファンなので、ナカヤマらしさの欠片をいくらでも見つけられる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 

『ナデシコ女学院諜報部!』 第4章「セレブリテ学園」


登場人物・あらすじ(準備中)


全篇を読む(準備中)







 練習試合の翌日。

 部室棟三階のサルーンで、諜報部の四人が沈鬱な表情で話し合っている。正しくは、ミキはまだ仮入部扱いではあるが。

 国宝である七星剣が強盗団に奪われたニュースは、日本全国を揺るがせた。もちろん報道でミキをふくむ女学生たちは、不運な被害者として名を伏せられていた。糾弾されてるのは犯行を防げなかった警備員と、監督官庁である文部科学省だ。

 しかし泣き寝入りするつもりのないミキは、テーブルを叩いて叫ぶ。

「あれが偶然とかありえない! ジェーン・カラミティが仕組んだに決まってる!」

「落ち着いて考えて」きららが答える。「なんでハリウッドスターがわざわざ日本の国宝を盗むの」

「さあ。刀剣マニアか何かじゃないですか。もしくは審神者かも」

「サニワ?」

「刀剣乱舞ってゲームのプレイヤーのこと」

「……それはともかく、私たちがプロフェッショナルな組織犯罪に対応するなんて無理。巻き込まれたのは気の毒だけど、はやく忘れるべきよ」

 顎に手をあてて考えこんでいた千鳥が、ぼそっとつぶやく。

「あたしは平手さんに賛成」

「千鳥ちゃん」きららが言う。「先輩のあなたが冷静にならないと」

「レンジローバーの運転席に、アルテミシアってコがいるのを見たんだよ。マスクしてたけど」

「私もそばにいた。判別できる距離じゃなかった」

「あたしは自分の直感を信じる。セレブリテ学園はなにか企んでるから、潜入して調べよう。あたしと平手さんの二人だけでもいい」

 きららが椅子を蹴って立ち上がる。スマートグラスが傾いている。唾を飛ばしながら叫ぶ。

「いい加減にして!」

「なにをそんなに怒ってるのさ」

「部長として、危険な行動は認めない」

「ルールに則ってやるから」

「そもそも平手さんは正式な部員じゃない。勝手な真似をしたら、千鳥ちゃん、あなたも強制退部よ」

 普段は温和なきららの気迫に飲まれ、千鳥は肩をすくめて沈黙する。

 すすり泣きの声がサルーンに響く。

 パーカーのフードを目深にかぶった氷雨が、嗚咽をもらしている。きららは何事かささやきながら、右手を氷雨の手に重ね、左手で肩を抱き寄せる。

「きょうはこれで解散」きららが言う。「くれぐれも言っておくけど、暴走は許さないわ」




 ミキはツインテールをいじりつつ、肩を落として靖国通りをすすむ。

 諜報部への入部は許可されなさそうだ。したがって退学も避けられない。今週はいろいろありすぎて、どうすればいいものやら。

 氷雨はなぜ泣き出したのだろう。部員同士のいさかいを見て悲しくなったのか。それともミキを諜報部に誘ったら事件に巻き込んでしまい、責任を感じたのか。氷雨がやさしくて繊細なのは知ってるが、やや過剰反応におもえる。

 モヤモヤする。

 こうゆうときはゲーセンに行って、音ゲーでフィーバーするにかぎる。

 うしろから肩を叩かれた。

 振り返ると千鳥が、黒のレザージャケットのポケットに両手を突っこんで立っている。

「悪かったね」千鳥が言う。「きららを説得できなくてさ。あの人が怒るのをはじめて見た」

「千歳川先輩が擁護してくれて嬉しかったです。嫌われてると思ってたから」

「まさか。平手さんはオシャレでお人形さんみたいだから、相性悪そうな気はしたけど」

「そうですか? ボクは先輩の服好きですよ。その革ジャンかわいい」

 鼻をこすりつつ千鳥が言う。

「これは双子の弟にもらった。千歳川万太って知らない? 十六歳でFC東京の正ゴールキーパーだから、結構有名なんだ」

「サッカーには疎くて」

「逆にあたしはちっちゃい頃からサッカー漬けで、ひどいファッション音痴になった」

「はぁ。なら今からルミネでも行きます?」

「え、お金ない」

「試着だけでも楽しいですよ」

「マジで! つきあってくれんの!?」

 千鳥は小躍りする。無邪気に喜ぶ先輩をみて、ミキはくすりと笑い声をもらす。

「情けないけど」千鳥が続ける。「あたし自分で服を選べなくてさ。でも周りにファッションに詳しいコあんまいないし」

「そんなに喜んでもらえるとは」

「いやいや、ありがたい。なぁ、平手さんのこと下の名前で呼んでいい?」

「ええ。ボクは千鳥先輩って呼んでいいですか?」

「おっけー!」

 千鳥はミキを抱きしめる。まるでミキがサッカーの試合でゴールを決めたみたいに。

 気づくのが遅かったかもしれないけど、友達をつくるのは案外簡単なのだとミキは思った。

 ふたりは歌舞伎町一番街の手前の横断歩道をわたる。ユニカビジョンに公開中の戦争映画『アメリカン・サバイバー』のCMが流れる。

 イラク戦争で、アメリカ空軍の女性パイロットが乗機を撃墜されて捕虜となるが、収容所から自力で脱出するとゆう、実話にもとづいた映画だ。主演はジェーン・カラミティ。物語の終盤だろうか、重傷を負った主人公が味方部隊に合流する場面が映る。男性兵士の手首に髑髏のタトゥーがある。髑髏は王冠をかぶり、額には十字架があしらわれている。

 ミキは横断歩道の途中で立ち尽くす。

 千鳥が尋ねる。「どうした?」

「おなじタトゥーです。目出し帽の男と」

「へ?」

「ボクを押し倒した強盗犯が、ジェーンの主演映画に出てたんです。絶対つながりがある」

「タトゥーが似てるだけじゃ」

「昨日の今日で、見間違えるわけない。ボクはそこまでバカじゃない!」

「と、とりあえず横断歩道わたろうぜ」

 靖国通りの南側の歩道にわたったミキは、ブツブツつぶやきながら吉野家の前をうろつく。右の瞳が復讐心で燃え上がってるのは、カラーコンタクトのせいだけではない。

 千鳥は、ジャケットからエクスペリアを取り出して言う。

「きららに電話するよ。タトゥーのことを話せば、気が変わるかもしれない」

 エクスペリアを操作する千鳥の手を押さえ、ミキが言う。

「いいです。わからない人は何を言ってもわからない。ボクひとりでセレブリテに忍びこみます」

「さすがに単独行は危険すぎる」

「千鳥先輩を巻き込みたくない。やられっぱなしじゃ気がすまない、ボク個人の問題です」

 ミキは厚底のブーツを鳴らして早足に立ち去る。自宅にもどり潜入の準備をするつもりだ。

 千鳥はミキの手首をつかみ、力強く引き寄せて言う。

「勝手に帰るなよ」

「だから」

「巻き込みたくないとか、冗談じゃない。あたしは仲間を見捨てない。なにがあっても」

「先輩」

「ミキはあたしの友達だ。だから信じる。部室から装備をもってくるから、三十分後にここで会おう」




 ふたりは東京駅で京葉線に乗り換え、新宿駅から五十分ほどで新浦安駅に到着した。ミキは制服のスカートを紫のミニに、千鳥は七分丈のデニムに着替えている。高層マンション群を通り抜け、徒歩でセレブリテ学園へむかう。

 ミキが着ているタータンチェックのジャケットをまじまじとながめ、千鳥が言う。

「なんかミキって、いつもちがう服着てるよな。何着もってんの」

「さぁ。多すぎだと親によく怒られます」

「お金は? バイト?」

「バイトはしたことないです。お小遣いは月三千円。服とゲーム代に消えます」

「三千円じゃそんなに洋服買えないでしょ」

「メルカリで売ったり買ったりしてるうちに、どんどん増えてくんですよ」

「いまどきの若いコはすごいなあ」

 千鳥はマンションの敷地内にあるベンチに腰をおろし、さりげなく単眼鏡を覗く。境川の向こう岸に、セレブリテ学園の石造りの巨大な校門が見える。

 鉄製の二枚の扉はかたく閉じられ、手足のない寸胴の警備ロボットが複数台、周囲を巡回している。上空をドローンが飛んでいる。

「あちゃあ」千鳥がつぶやく。「水も漏らさぬ警戒ぶりだ。氷雨がいればハッキングできたかもしれないけど……」

 隣に座るミキが単眼鏡を借りる。

 鉄扉がゆっくり内側に開くのが目に映る。すべての警備ロボットが停止する。ドローンが飛び去る。

 誘っている。

 ジェーンがボクを。

 ベンチから立ち上がったミキは、単眼鏡を千鳥に返して言う。

「校門が開きました。行きましょう」

「おいおい、正面突破かよ。罠だろ。アウェーでは慎重に戦うもんだ」

「敵の策は読めてます。怪我するのが怖いなら東京に帰っていいですよ」

「言ってくれるじゃんか」




 ミキと千鳥は、高さ十メートルの石造りの門を通過する。静寂が校内を支配している。平日の五時なのに生徒はどこへ消えたのか。

 ミキは背中のメッセンジャーバッグを正面にまわし、サブマシンガンのMP7をとりだす。千鳥は愛用するハンドガンのグロック19を抜く。

 木立にはさまれた小道は、無数の石柱がならぶ広間に通じている。古代オリエントの宮殿を模した「百柱殿」だ。

 銃を構えたミキと千鳥が広間に入ると、鼻にかかった甲高い声が柱のあいだで反響する。

「ふふ……いまだ懲りずにパールハーバー。日本人は奇襲しか能がない」

 ミキが答える。「真珠湾攻撃は、空母を逃したのが失敗だった。今回は再起不能になるまで叩く」

 奥の柱の陰からジェーンがあらわれる。アサルトライフルのF2000を両手でもつ。おかっぱ頭のアルテミシアが影のごとく付き従う。

 MP7を腰だめに構え、ミキが言う。

「七星剣を返せ。お前が盗んだのはわかっている」

 ジェーンが答える。「そう主張する根拠は?」

「強盗団はお前の仲間だ。映画で共演してる」

「意外だわ。猿に知性があるなんて」

 ジェーンのF2000が火を吹く。ペイント弾とは桁外れの、鼓膜を圧迫する銃声が響きわたる。石柱が粉微塵に砕け、床に散らばる。

 ミキと千鳥は柱に隠れる。千鳥は口をぽかんとして放心状態だが、ミキはだまってMP7の弾倉を交換し、ハンドルをひいて給弾する。

 千鳥にむけてグロック用の弾倉を床にすべらせ、ミキが叫ぶ。

「そのマガジンは実弾です! すみません、内緒で自宅に持って帰ってました!」

「お前なに言ってんの!?」

「火力で負けたら二人とも殺られます。ひとっ走りするんで掩護してください。いきますよ!」

「ちょ……」




 二分後。

 黒のセーラー服を着たジェーンとアルテミシアが膝をつき、両手をあげている。足許にF2000が二挺ころがる。

 ミキが背後からふたりにMP7を突きつけている。千鳥に支援されながら迂回し、敵の背面にまわって降伏を勧告した。

 ジェーンは金髪を掻きむしり、背後のミキにむかって言う。

「平手ミキ、お前はどこの組織に属してる」

「組織?」

「正規の訓練をうけたエージェントだろう」

「ボクが属すのは神だけだ。死の天使として、お前たちに裁きをくだす」

 ミキの斜め後方に立つ千鳥が、不審そうに眉をひそめる。ただのサッカー少女である千鳥にとり、ペイント弾でなく実弾を撃ち合うなど、悪夢以外の何物でもない。しかしミキを置いて逃げるわけにもゆかず、ここまで引きずられてきた。

 千鳥が観察するところ、ミキはトランス状態にある。自己陶酔だ。ゲーム実況で「死の天使」とゆうキャラを演じるときと同じ。

「ふざけるな」ジェーンが言う。「自分のおこないを認識しているのか。私たちはかならず報復する。お前と、この国の全員を血祭りにする」

 ミキは御影石の床にむけ、四・六ミリ弾をセミオートで五発撃ちこむ。

 ジェーンは短い悲鳴をあげ、頭をかかえる。アルテミシアは涙を流し、ジェーンにしがみつく。彼女たちも実弾による銃撃戦は初めての経験だ。

 バキバキバキッ!

 ツゲの植え込みを踏み散らし、レンジローバーが急接近する。ナデシコ女学院で強盗をはたらくとき用いられた、フロント部分がへこんでいる車輌だ。百柱殿のそばで停まり、武装した四人の男が車を降りる。きのうと同様にFN・SCARを装備するが、目出し帽はかぶってない。

 ミキと千鳥はアイコンタクトをとる。

 そろそろ潮時だ。




 タクティカルサングラスをつけた男が、うずくまるジェーンに手を差しのべる。手首に髑髏のタトゥーが彫ってある。アメリカ陸軍のアレックス・ハミルトン准尉だ。ジェーンはその手を払いのけて立ち上がる。セーラー服のスカートの汚れをはたく。

 日本刀用のキャリングバッグを背負ったハミルトンが、ジェーンに言う。

「救出が遅れて申しわけない」

「ふん」ジェーンが笑う。「あなたに助けを求めた覚えはないわ」

「と言うと?」

「私は命令しただけ。遂行できないあなたが無能」

「……あまり調子にのるなよ。俺たちは好きでベビーシッターを務めてるわけじゃない」

「あらそう」

 ジェーンは、ハンドガンのファイブセブンの照準をハミルトンの眉間にあわせ、発砲する。

 アルテミシアが叫ぶ。「ジェーン!」

 セーラー服の二人と、屈強な男三人が銃口を向け合う。男たちの方がより狼狽している。みな口々に四文字単語をわめく。ジェーンとアルテミシアは、無言で同胞を射殺した。

 おかっぱ頭のアルテミシアはへたりこみ、めそめそ泣きはじめる。消え入りそうな声でつぶやく。

「なんてことを……」

 ジェーンはファイブセブンをもったまま腕組みし、アルテミシアに言う。

「アル、あなたが見たのはどっち」

「いったい何を言ってるの」

「眼帯をつけた猿が、私のキャリアに汚点をのこしたところ? それともあの女が、我が軍の最精鋭を殺したところ?」




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

いちかわ壱『ねーちゃんはぼくが守るっ』

 

 

ねーちゃんはぼくが守るっ

 

作者:いちかわ壱

掲載誌:『まんがホーム』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

急に同居生活をはじめた「家族」をえがく物語。

12歳の「真矢」と5歳の「真人」は、母が病気のため実家へやってきた。

母の弟、つまり叔父である「晴一」に出迎えられるが、初対面なので気まづい。

 

 

 

 

真矢は年のわりに落ち着いており、慣れない田舎でも平然としている。

もっと子供らしく大人に甘えていいと晴一がアドバイスすると、

ためこんでいた感情が一気にあふれだす。

 

えらそうに家族面しないで。

ここは私の家じゃない。

すぐ都会へもどって、ママと一緒に暮らすんだから。

 

 

 

 

やさしさが反発を招くこともある。

憤慨した真矢は家をとびだすが、田舎の夜の暗さにおびえて足が止まる。

 

思春期女子の繊細さが丹念にえがかれる。

 

 

 

 

ある朝真矢が目覚めたら、知らない人が勝手に居間に上がっていて仰天。

都会ではありえない。

「山育ち」と作者がカバー袖で語るだけあり、田舎あるあるも面白い。

 

 

 

 

作者はほかにBL系の単行本が4冊ある。

「恋愛メインでない漫画を描くのは初めて」と後書きにあり、

たしかに全体的に淡白で、運動会など見せ場の描写が物足りない。

 

それはともかく、瑞々しいヒロインが成長してゆくさまに心惹かれる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

弐瓶勉『人形の国』

 

 

人形の国

 

作者:弐瓶勉

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2017年-

単行本:シリウスKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

本作の舞台は、一面雪におおわれた人工天体。

かつて「漆黒」が弐瓶勉のトレードマークだったが、

『シドニアの騎士』の途中から絵が白くなり、本作で極限に達する。

 

 

 

 

主人公は、ゴスロリ風の服を着た少女が軍隊に追われるところに遭遇。

よくわからないメモリや銃弾をわたされる。

世界の命運がかかるほど重大な物らしい。

 

人間のあいだの軍事衝突とゆうテーマは、弐瓶作品ではめづらしい様だ。

 

 

 

 

本作のおたのしみは、サイボーグ同士のバトル。

「鎧」を身にまとい、特殊能力でたたかう。

 

陰鬱な世界観を、強烈な銃撃一発で顛覆させるカタルシスが作者の持ち味だが、

本作は特撮ヒーロー的な描写が中心で意外性あり。

 

 

 

 

ただし拷問シーンなど、作者らしい非情さは健在。

すり潰される様に人間が死んでゆく。

 

 

 

 

シドニアで人気だったおしっこネタが本作でも。

殺伐とした物語ゆえ、しみじみとしたおかしさがある。

 

 

 

 

全体的にミリタリー色が濃いのも特徴。

銃器の描写もそうだが、たがいのリソースをすこしづつ削り合う、

人間同士の駆け引きが読みどころとなっている。

 

 

 

 

シドニア以降の好調を維持しつつ、さらに作風をひろげた、

SF好きなら無視できない作品にちがいない。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 近未来 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03